クメピポ! 絶対あいたい1001人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クメピポ! 絶対あいたい1001人
ジャンル トークバラエティ番組
放送時間 水曜日22:00 - 22:54(54分)
放送期間 2009年4月15日 - 7月29日(15回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 毎日放送
演出 福岡元啓
滝川均(総合演出)
監修 秋元康
プロデューサー 中野伸二
出演者 久米宏
千原ジュニア
八木亜希子
ベッキー
他 ゲスト1-2人
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
エンディング 大石昌良「ラブ」

特記事項:
ナレーター:ビビる大木藤田淑子
テンプレートを表示

クメピポ! 絶対あいたい1001人』(クメピポ ぜったいあいたいせんいちにん)は、2009年4月15日から同年7月29日まで、TBS系列で毎週水曜日22:00 - 22:54(日本標準時)に放送された毎日放送製作のトークバラエティ番組である。久米宏冠番組

概要[編集]

毎回、近代日本を代表する「今知っておくべき人」に登場してもらい、再現ドラマを交えながら久米、千原ジュニアらと座談を繰り広げた。番組タイトルの「1001人」とは、久米が一応の目標として「1001人の著名人とインタビューしたい」ということで付けられていた。

前番組『久米宏のテレビってヤツは!?』では放送当日の撮って出しモノラル放送だったが、本番組は事前に収録が行われたため、文字多重放送による字幕放送及びステレオ放送を実施していた。

視聴率は6%前後と苦戦が続き、制作局のMBSは7月29日をもって終了させ[1]、目標としていた1001人には遠く及ばない形で打ち切りとなった。またビートたけしをゲストに迎えた最終回は番組の最高視聴率10.0%を記録した。

本番組終了後はつなぎ番組として、8月は今田耕司久保純子司会の『クイズなんでもNo.1決定戦』を、9月以降はMBS制作の特別番組を放送。10月からは特番などを経て、10月28日から浜田雅功ダウンタウン)・藤本美貴司会の『THE 1億分の8』が開始された。

出演者[編集]

司会
アシスタント
ナレーター
ゲスト

主なコーナー[編集]

  • クメピポ!転職リサーチ
手相鑑定家・西谷泰人が、取材時に氏名を伏せた状態でゲストの手相を鑑定し、そのゲストに最も適した職業を指摘した。
  • クメピポ!仕事人 
毎回ある職業で活躍する人物を密着取材する。番組の出演者ナンバーは上述ゲストと含めた通し番号で付された。

スタッフ[編集]

  • EDテーマ:「ラブ」大石昌良
  • 総合演出:滝川均
  • 演出:福岡元啓
  • ディレクター:高橋尚樹、大熊一郎、田頭悟、板倉裕司、古市誠、浅井理映
  • 構成:都築浩、橋克弘、そーたに、野尻靖之
  • サウンドプロデュース:川嶋あい
  • 技術:テイクシステムズ
  • TD:平野友章
  • CAM:平間隆啓、高橋広
  • VE:時見正和
  • VTR:小松淳
  • 照明:湯浅洋一
  • 協力:毎日新聞社GUSTY
  • イラスト:ウッディ荒井、川崎あっこ
  • リサーチ:ビスポ(野村直子、小林加奈)
  • 音楽効果:白根沢修
  • TK:西岡八生子
  • 編集:宮島洋介(麻布プラザ
  • MA:佐藤卓也(麻布プラザ)
  • ロケ技術:ベイシス、マリポーリ カンパニー
  • メイク:金子義幸
  • 宣伝:石田敦子
  • デスク:前田真希
  • チーフAD:眞方真忠
  • AD:中松謙介、鈴木祐馬、西山和利、藤巻香織、羽田野晃男
  • AP:村橋直樹
  • 協力プロデューサー:文分曜子
  • プロデューサー:中野伸二、井口高志(電通)、こもだ義邦、日枝広道(電通)
  • 監修:秋元康
  • 制作:オフィス・トゥー・ワン
  • 製作著作:毎日放送

備考[編集]

視聴率低迷で前番組同様に打ち切られ、番組制作を担当したオフィス・トゥー・ワンに所属していた番組スタッフが責任をとり辞職した。以前からテレビ番組が視聴率低迷で打ち切られた際に番組スタッフが冗談半分で辞職願を出すという慣習があったが、このときばかりは冗談では済まされず、辞職願が本当に受理されたとのエピソードが『たかじん胸いっぱい』(関西テレビ製作)で後日暴露された。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

毎日放送製作・TBS系列 水曜22時台
前番組 番組名 次番組
クメピポ! 絶対あいたい1001人