千原せいじ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
千原ちはら せいじ
Seiji Chihara
本名 千原 靖史
ニックネーム せいじ
生年月日 (1970-01-25) 1970年1月25日(52歳)
出身地 日本の旗 日本京都府福知山市
血液型 O型[1]
身長 181 cm
言語 日本語
方言 京都弁
最終学歴 福知山成美高等学校
出身 NSC大阪校8期
コンビ名 千原兄弟
相方 千原ジュニア
芸風 コント(ツッコミ)
立ち位置
事務所 吉本興業
活動時期 1989年 -
同期 FUJIWARA
バッファロー吾郎
なだぎ武[2]など
配偶者 既婚
親族 千原ジュニア(弟)
弟子 レジくん
テンプレートを表示

千原 せいじ(ちはら せいじ、1970年(昭和45年)1月25日 - )は、日本お笑いタレント実業家、俳優。お笑いコンビ千原兄弟のツッコミを担当。本名および旧芸名は千原 靖史(読み同じ)。相方は実弟の千原ジュニア

身長181cm、体重87kg[1]京都府福知山市出身。吉本興業所属。

人物[編集]

福知山成美高等学校卒業。NSC8期生。NSC入学後、当時引きこもりだった弟の千原浩史(千原ジュニア)を誘い、お笑いコンビ・千原兄弟を結成。

2002年入籍[3]。そのはせいじのファンで結婚した。長男がいる[4]

2007年、芸名を千原せいじに正式に改名した。

デリカシーがないが、その反面社交的で[5]、人間とも動物とも打ち解けるという。

近年では飲食店を経営したり[6]、ダンススクールを主宰するなど活動の場を広げている[7]

2015年、プライベートでキックボードをしたさいに、右手甲を骨折したのに加え、あばら骨を負傷し、左手を捻挫の負傷[8]

レギュラー時代の世界の村で発見!こんなところに日本人のコーナー「千原せいじがアフリカ54ヵ国に住む日本人全員に会いに行きます!」は2008年からコーナーがあり、現在2019年3月26日放送時点で32ヵ国を訪問している。

プロ野球阪神タイガースのファンである。

2018年メンタルケアカウンセラーの資格を取得した。2021年には、貧困、就学困難への支援や国際協力の推進等を主な事業とする一般社団法人ギブアウェイを設立、代表理事となる[9]

エピソード[編集]

  • マンスリーよしもと』芸人ブサイクランキングにおいて毎年上位にランクインする顔面の持ち主だがスタイルやプロポーションは抜群で、デザイナーの知人がモデル用に誂えた洋服のサイズがピッタリだったこともある。
  • 兄弟で同じ自動車学校に通っていた。その日は雨だったが既に止み、実習中のジュニアが車を運転しながら横を見ると、歩道でせいじが閉じた傘をぐるぐる回しながら一人歩きながら思いっ切り熱唱していた。「えー…こいつ普段こんなんなん?」とドン引きしていると、隣に座っていた教官が、「はーいよそ見しなーい。外出たら頭おかしい人一杯いるからねー!」と言った。
  • 「ワゴン車から木村拓哉が出てくると思いこませ、実際に現れるのは、せいじ」というドッキリを、木村ファンの女性通行人に仕掛けたところ、女性通行人があまりのギャップに腰を抜かして、立てなくなった。
  • ジュニアが公園ブランコに座り地面を眺めて泣いていたせいじに「どないしてん」と聞くと「アリが一生懸命エサ運んでんねん」と答えた。ジュニアはその話を聞いて「こんなに心優しい男はいませんよ!」と感動した。同じく公園でオンブバッタがお互い離れていく様子を見たときは「バッタが離れ離れに~!」と言いながら泣いていた。
  • 子供の頃、野球をしに行こうと家を出る時、閉まっていることに気づかずにガラス戸に突進して割ってしまったことがあるが、そのまま何事も無かったように野球に行った。
  • 息子に「中途半端にハゲやがって」と言われたことがある。
  • DVDで記録するタイプのビデオカメラを持っており、旅行に50時間分のDVDを持って行ったが、本体のビデオカメラを忘れた。
  • 車での外出中、マクドナルドのドライブスルーでメニューを注文し、高速道路に入ってから中身を確認したところ、ポテトが入れ忘れられていたことが分かった。すぐさま怒り心頭で店に引き返し、入れ忘れのポテトのみならず、引き返したことで無駄足となってしまった高速道路の利用料金についても賠償するよう要求した。最終的には直接本社へクレームの電話を入れる事態にまで発展したが、応対した担当者が「我が社のポテトをそれ程までに愛して頂き、ありがとうございます」と低姿勢に応じると、「構わへん、構わへん!」と途端に上機嫌になり丸く収まった。その後ジュニアに「あの店は最高やで!」と自信満々に語ったという。
  • 心斎橋筋二丁目劇場に出演していた若手時代、二丁目劇場メンバーが出演するテレビ番組の打ち合わせをしていた会議室にせいじがいきなり入ってきて、「桧山のホームランじゃー!」と言いながら突然カラーバットで構成作家の頭を殴打するという事件があった。以後、二丁目劇場では「桧山ホームラン事件」として語り継がれることになった。[10]
    • せいじによると、その構成作家は千原兄弟がまだ無名だった頃にネタ見せで意味の分からないダメ出しを散々してきた人物であり、それから数年経ち千原兄弟をはじめとする二丁目劇場芸人たちが人気を博すようになると手の平を返して態度を変えてきたため、無性に腹が立ってバットで殴ったとのこと
    • その場に居合わせたメッセンジャーあいはらは、「せいじさんがあの作家に腹を立てた気持ちは分かる。でも、いくら何でもやり過ぎだというくらいの強さで殴っていた」と語っている
  • 高校入学の際に知能指数を計り、普通に勉強すれば東京大学に入れるレベルという開校して以来の高い数値を叩き出した。そのため特別進学コースに入れられるものの成績が悪すぎて2年生から普通科になった。
  • 海外ロケでマサイ族の村を訪問した際には、いきなり村人に「オイ!自分の子どもはどれや?」と聞き、「ここにいるのは全部、私の子どもです」との返事に「めっちゃヤルやんけ、お前」と村人の肩を抱いて褒めたたえると、翌日にはすっかり村に溶け込み、いつしかせいじの歩く後ろをマサイ族がゾロゾロと付いて行くまでになった[11]ベトナムを訪れたときには、バイクタクシーの運転手が指定した場所の道をよく知らずモゴモゴしていると、運転手を押しのけて自分で運転した[11]
  • 新大阪駅から新幹線に乗り、車内で仲良くなった一般の中年女性と名古屋駅で大ゲンカをした[11]
  • 「初対面のカメラマンとふたりきりになったらどうするか」という番組企画では、開始数秒で積極的に話しかけて打ち解けた[11]
  • オセロ松嶋尚美が番組に登場した際、司会のジュニアは騒動には触れないように気を遣っていたが、せいじがいきなり「おう!何や、お前、松竹辞めたんやて~?」と言い放つと、それまでの妙に緊張した、重苦しいスタジオの雰囲気が一気に解放された[11]
  • ロケ番組で、普通なら躊躇するような怪しい料理をあっさりと食べた後にすぐさま「不味い!」と言った[11]
  • 徹子の部屋』(テレビ朝日)に出演した際、黒柳徹子のペースに一切惑わされず、自分の思い通りにトークをした。一部ネットでは、せいじが出演した回は神回として扱われている[11]
  • 世界的に有名なフィリピンのプロボクサーマニー・パッキャオが好き過ぎて、マカオでの試合後のパッキャオをホテルに押し掛けて起こし、ツーショットで写真撮影をした[12]
  • 一時期Facebookをやっていたが、すぐに「友だち」が上限に到達してしまい、その後Facebookを閉鎖した[13]
  • 同期のなだぎ武とは「プロとしての仕事ができない」「お互いの良いところを殺し合う」という理由で共演NGとなっている[14]。せいじからNGを出した[15]
    • その後、2019年頃に映画で共演することがあり、せいじがなだぎをボコボコにするシーンがあった。そこで、「何かスッキリした」という理由で、共演NGではなくなった。[16]
  • ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』(日本テレビ)の特番『絶対に笑ってはいけないスパイ24時』(日本テレビ)では、「せいじ ガサツやから OUT」と宣告され、レギュラー陣以外で初めて罰を受けた。
  • 同期の竹若元博バッファロー吾郎)と同居していた時期もあった。
  • 『帰れま10』の企画東京湾で釣れる魚ベスト10を全て釣れないとロケが終わらない。
    番組内で最後に千原せいじが釣ったヒラメは何故か養殖魚の様にお腹の色がマダラ模様だった

出演作品[編集]

テレビバラエティ[編集]

レギュラー番組[編集]

過去

特別番組(MCもしくはメインキャスト)[編集]

現在
過去
  • 〜熱血人生相談室〜「答えて!ほんこんせいじ」(メ〜テレ、2011年3月29日)
  • ヨルスパ!(関西テレビ)
    • フライングMAN 〜先に行き過ぎてる凄いヤツら〜(2014年8月18日)- MC
  • 千原せいじの竹田式 元気旅(岡山放送、2015年12月13日)
  • 千原兄弟のせいじ記者クラブ(中京テレビ、2019年3月31日) - 記者
  • 千原社長と愉快な社員たち ~知らなかった!宮城の歩き方~(東日本放送、2019年6月22日)
    • 千原社長のいきなり★宮城ツーリスト(東日本放送、2019年9月28日)

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

* 護られなかった者たちへ(2021年) −国枝 役

ラジオ[編集]

  • 千原せいじ、住みます芸人の東北6県入魂!(文化放送、2016年10月 - )[24]

ウェブテレビ[編集]

ウェブドラマ[編集]

  • ハコヅメ~もっとたたかう!町山署の人々~(2021年9月15日 - 、Hulu) - 吉野正義 役

CM[編集]

舞台[編集]

Vシネマ[編集]

  • はぐれ記者 こちら大阪社会部(1996年)
  • 義兄弟(2021年)
  • 義兄弟 第二章(2021年)

著書[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 芸人顔検索プロフィール 千原兄弟”. 吉本興業. 2013年5月27日閲覧。
  2. ^ 30年目の告白。なだぎ武がテレビから離れた理由”. Yahoo!ニュース (2019年10月20日). 2021年5月5日閲覧。
  3. ^ 千原ジュニア、兄・せいじ不倫報道イジる リビングに『文春』が「6冊くらい積まれている…」”. ORICON NEWS (2019年5月21日). 2021年4月28日閲覧。
  4. ^ 千原せいじ、また不倫報道で長男も呆れ「お前、もう知らんぞ」”. ORICON NEWS (2019年11月14日). 2021年4月29日閲覧。
  5. ^ 【エンタがビタミン♪】「本当に“残念”だったのは弟のジュニア。」千原兄弟の幼少時代。”. Techinsight (2011年9月23日). 2015年5月17日閲覧。
  6. ^ 食べログ「ずるずる処 せじけん」
  7. ^ “軟式globe”パーク・マンサーがダンススクールの校長に!? EXILE、千原せいじとの意外なカンケイ”. LivedoorNEWS (2013年2月22日). 2015年5月17日閲覧。
  8. ^ 千原せいじ 右手甲骨折&肋骨負傷など大ケガ…キックボードで転倒”. スポニチ (2015年10月14日). 2015年10月14日閲覧。
  9. ^ 組織概要 - 一般社団法人ギブアウェイ”. 一般社団法人ギブアウェイ. 2021年11月30日閲覧。
  10. ^ 2022年9月4日 関西テレビ「マルコポロリ!」
  11. ^ a b c d e f g 「残念な兄」が秘めた規格外の“人間力” 千原せいじの魅力とは?”. ORICON NEWS (2015年11月6日). 2021年9月24日閲覧。
  12. ^ 2014年2月4日(火)OA  放送内容・面白コメント集”. 『踊る!さんま御殿!!』番組公式サイト (2014年2月4日). 2015年5月17日閲覧。
  13. ^ TVでた蔵「2013年9月15日放送 ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!」”. ワイヤーアクション (2013年9月15日). 2015年5月17日閲覧。
  14. ^ 千原せいじ&なだぎ武「共演NG」 本人がかつて語った「プロとしての仕事がでけへん」理由とは”. J-CASTニュース (2020年10月22日). 2021年9月24日閲覧。
  15. ^ 千原せいじ なだぎと「共演NG」告白”. デイリースポーツ (2015年1月11日). 2021年9月24日閲覧。
  16. ^ 2022年9月4日 関西テレビ「マルコポロリ!」
  17. ^ 千原せいじ - オリコンTV出演情報
  18. ^ “千原せいじ、地方レギュラー番組にも不倫報道の影響”. 日刊スポーツ. (2019年11月27日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201911260000681.html 2019年12月9日閲覧。 
  19. ^ 第4週 | ストーリー | やすらぎの刻~道”. www.tv-asahi.co.jp. 2019年8月19日閲覧。
  20. ^ 土曜ドラマ「きよしこ」”. NHK. 2021年3月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月20日閲覧。
  21. ^ “オダギリジョー×池松壮亮「オリバーな犬」シーズン2に松たか子、浜辺美波ら出演”. 映画ナタリー. (2022年9月16日). https://natalie.mu/eiga/news/493939 2022年9月16日閲覧。 
  22. ^ 巨人四天王の吹き替えキャスト決定!”. 映画『ジャックと天空の巨人』公式サイト. 2013年2月26日閲覧。
  23. ^ にけつッ!! 2014年7月15日放送回にて千原ジュニア談
  24. ^ “千原せいじ冠番組「東北6県入魂!」スタート、芸人が東北の伝統工芸をPR”. お笑いナタリー. (2016年9月28日). http://natalie.mu/owarai/news/203492 2016年9月29日閲覧。 
  25. ^ 走る!ぶつける!壊す!燃える!浜田軍VSジュニア軍のカーバトル「戦闘車」”. お笑いナタリー (2017年9月7日). 2017年10月11日閲覧。
  26. ^ せいじ&岩尾メルカリ新CM、インポッシブルら参加の架空トーク番組も公開”. お笑いナタリー (2017年3月25日). 2017年3月25日閲覧。
  27. ^ 小学館よしもと新書「がさつ力」 著/千原せいじ”. 小学館. 2016年7月29日閲覧。
  28. ^ 知らないからこそプロに聞く!せいじの見る日本の矛盾「ニッポンどうなん」発売”. ラフ&ピース ニュースマガジン (2019年6月9日). 2019年8月19日閲覧。

外部リンク[編集]