草刈民代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
くさかり たみよ
草刈 民代
本名 周防 民代(すお たみよ)[1]
旧姓:草刈
生年月日 1965年5月10日(51歳)
出生地 日本の旗 日本東京都新宿区
身長 168 cm
職業 女優、元バレリーナ
ジャンル テレビドラマ映画舞台バラエティ
活動期間 1973年 -
配偶者 周防正行1997年 - )
著名な家族 草刈龍平(父)
草刈親雄(祖父)
主な作品
テレビドラマ
龍馬伝
映画
Shall we ダンス?

草刈 民代(くさかり たみよ、本名;周防 民代<すお たみよ>[1]1965年5月10日 - )は、日本女優。元バレリーナ。愛称は「たみちゃん」。東京都新宿区出身。オスカープロモーション所属。

経歴[ソースを編集]

3姉妹の長女。夫は映画監督周防正行。父は中央精版印刷株式会社社長の草刈龍平。父方の祖父は元中央精版印刷社長の草刈親雄。

川村小学校卒業、川村中学校卒業、川村高等学校中退。札幌五輪のジャネット・リンに憧れバレエを始める。1973年、小林紀子バレエアカデミーに入門し、1981年牧阿佐美バレヱ団に参加。

1983年デビュー以来、同バレエ団の主役クラスを演じるダンサーに成長した。その後数々の賞を受賞。1990年ソビエト文化省招聘により海外で初めて公演を行った。

1996年、『Shall we ダンス?』で初映画出演及び初主演を果たす(役所広司とダブル主演)。同年3月9日に監督だった周防と結婚。

1997年、上記映画への出演に対して第20回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞やキネマ旬報新人女優賞など、数々の賞を得る。

2001年、草刈が憧れていたといわれる『カルメン組曲』への出演を果たす。2009年、自身がプロデュースも兼ねた公演『エスプリ〜ローラン・プティの世界〜』最終日(4月24日)をもって、バレリーナとしての現役を引退[2]

バレエダンサー引退後は、女優業に完全に転身し、2010年に放映されたNHK大河ドラマ龍馬伝』にて、テレビドラマ初出演した。2011年、『ダンシング・チャップリン』に主演。

2016年2月1日、個人事務所からオスカープロモーションに移籍[3]

レパートリー[ソースを編集]

出演[ソースを編集]

テレビドラマ[ソースを編集]

映画[ソースを編集]

舞台[ソースを編集]

劇場アニメ[ソースを編集]

ビデオ[ソースを編集]

  • プリマエクササイズ(2000年)

ドキュメンタリー[ソースを編集]

  • 草刈民代・もう一つのカウントダウン 〜東急ジルベスターコンサートの舞台裏〜(テレビ東京)
  • わたしが子どもだったころ(2009年6月10日、NHK BS hi)
  • ヒーローたちのオリンピック 美しき女たち 〜体操女子〜(2012年4月4日、NHK) - ナビゲーター
  • 第24回高松宮殿下記念世界文化賞授賞式(2012年10月29日、フジテレビ) - ナビゲーター
  • 草刈民代が行く 世界遺産とバレエの旅(2014年2月15日、BSフジ) - ナビゲーター
  • 草刈民代 日本バレエの母を求めて〜エリアナ・パヴロバの波乱の生涯と謎〜(2014年6月29日、BS朝日) - ナビゲーター
  • ザ・プレミアム ロマノフ秘宝伝説 栄華を支えた女たち(2015年2月7日〈前編〉、2月14日〈後編〉、NHK BSプレミアム) - ナビゲーター
  • 古代ローマ 食浪漫紀行(2015年11月21日、BS日テレ) - ナビゲーター[8]

バラエティ[ソースを編集]

CM[ソースを編集]

書籍[ソースを編集]

著書[ソースを編集]

写真集[ソースを編集]

関連書籍[ソースを編集]

  • バレリーナを生きる 草刈民代のすべて(1998年2月25日、新書館、編集:ダンスマガジン)ISBN 4-403-32005-8
  • プリマエクササイズ(1996年7月1日、広美出版事業部、編纂:造事務所)ISBN 978-4877470005

DVD[ソースを編集]

受賞歴[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『日本紳士録 第八十版』(交詢社出版局)より
  2. ^ 草刈民代 引退公演終え「幸せでした」と笑顔 スポニチ Sponichi Annex ニュース 2009年4月25日
  3. ^ 草刈民代 2月1日付でオスカープロモーションに所属”. オスカープロモーション (2016年2月1日). 2016年2月2日閲覧。
  4. ^ “小栗旬、吉田鋼太郎に恋のアドバイス!? 「東京センチメンタル」初回マドンナも発表”. シネマカフェ. (2015年12月17日). http://www.cinemacafe.net/article/2015/12/17/36499.html 2015年12月18日閲覧。 
  5. ^ “檀れい&小泉孝太郎ら追加キャストが決定! 上川隆也主演「沈まぬ太陽」”. シネマカフェ (株式会社イード). (2016年2月13日). http://www.cinemacafe.net/article/2016/02/13/37830.html 2016年3月11日閲覧。 
  6. ^ “『グ・ラ・メ!』阿藤総理に愛人スキャンダル 料理で救える?”. ORICON STYLE. (2016年8月13日). http://www.oricon.co.jp/news/2076757/full/ 2016年8月15日閲覧。 
  7. ^ “『ドクターX』“失敗しない新布陣”発表 生瀬、吉田、滝藤、草刈が出演”. ORICON STYLE. (2016年9月1日). http://www.oricon.co.jp/news/2077704/full/ 2016年9月1日閲覧。 
  8. ^ サタデースペシャル 古代ローマ 食浪漫紀行〜イタリアのオリーブはなぜ世界を変えたのか〜”. インターネットTVガイド (2015年11月21日). 2016年10月10日閲覧。
  9. ^ “「オトナの夢は、カタチにしよう。」をキャッチフレーズに、夢の実現を応援する「Panasonic リフォーム」の新CMを4月13日より全国でオンエア”. CM JAPAN. (2016年4月15日). http://www.cmjapan.com/watcher/pr/cmrelease/panasonic23416/ 2016年4月20日閲覧。 
  10. ^ “菜々緒、自慢の美脚は“遺伝” トレーニング法も告白「脚はおしりから」”. ORICON STYLE. (2016年11月22日). http://www.oricon.co.jp/news/2081829/full/ 2016年11月22日閲覧。 

外部リンク[ソースを編集]