ぴったんこカン・カン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ぴったんこカン・カン
ジャンル クイズ番組 / トーク番組 / バラエティ番組
原作 秋房子(原案)
演出 平野彰子(総合演出)
司会者 安住紳一郎TBSアナウンサー
出演者 久本雅美
薬丸裕英
石原良純
石塚英彦ホンジャマカ
ほか
ナレーター 古賀慶太
オープニング 音楽服部隆之
エンディング 同上
製作
プロデューサー 髙宮望、壁谷政彦、西沢雅文、原田康弘(担当P)
谷澤美和(CP)
制作 TBSテレビ
放送
放送チャンネルTBS系列
映像形式文字多重放送[注 1]
音声形式モノステレオ放送[注 2]
放送国・地域日本の旗 日本
公式サイト
ぴったんこカン・カン(火曜30分時代)
放送期間2003年4月15日 - 9月9日
放送時間火曜日 19:24 - 19:54
放送分30分
火曜1時間時代
放送期間2003年10月14日 - 2009年3月24日
放送時間火曜日 18:55 - 19:54
→18:55 - 19:56
放送分59→61分
金曜20時台第1期
放送期間2009年4月10日 - 2017年9月29日
放送時間金曜日 19:55 - 20:54
→19:56 - 20:54
放送分59→58分
金曜20時台第2期
放送期間2017年10月6日 - 2021年9月24日 [1]
放送時間金曜日 20:00 - 20:54[1]
放送分54分
番組年表
前作ぴったし カン・カン

特記事項:
番組開始当初はPOLAの一社提供だったが、現在は提供を降板し、複数社提供となっている。
旧タイトル名:ぴったしカン・カン(昭和版・久米宏司会)
テンプレートを表示

ぴったんこカン・カン』は、2003年4月15日から2021年9月24日まで、TBSテレビ系列で放送されたクイズトークバラエティ番組である。通称は『カンカン』だが『ぴったんこ』と呼ぶ人もいる。モノステレオ放送2015年9月4日より)、字幕放送2007年4月17日から)を実施していた[注 1]

概要[編集]

TBSアナウンサー時代の久米宏が司会を務めた『ぴったし カン・カン』のリメイク版として、2003年4月15日に放送開始。開始時点で元番組『ぴったし カン・カン』のタイトルは番組に提供していた日立製作所登録商標であり、同社を含めた日立グループが提供しなかったためにタイトルを変更した[注 3]

当初は「ぴったし」のテイストを引き継ぎクイズを主体としていたが、安住やゲストらによるトークやコントが増えて、2021年現在はロケーションVTRが番組のほぼ全編を占め、出題されるクイズは通常1問もしくは2問のみで、スタジオ収録部分はごくわずかとなっている[注 4]。初回のゲストは黒柳徹子

開始当初は、毎週火曜日の19時24分 - 19時54分(JST)に視聴者参加クイズ番組として放送していたものの、視聴率は不振していた。状況打開のために6月で視聴者参加を打ち切り、男性タレントを“ぴったんこチーム”、女性タレントを“カン・カンチーム”とするチーム対抗戦に変更した。その後、「1時間番組にして欲しい」という視聴者の要望に応え、開始から半年後の2003年10月から1時間枠に拡大し、グルメ占い等のオールロケVTRを中心にして、クイズは1問になった。

2005年は『学校へ行こう!MAX』と交互に2時間スペシャル(18時55分 - 20時54分に放送)として多く放送され、本番組は月に2 - 3回程度の放送になっていた。また、本番組の単独スペシャルの翌週に通常放送を行う回もあった。

放送開始から7年目を迎える2009年4月の改編で、17時50分 - 19時50分(JST)の時間帯に『総力報道!THE NEWS』を開始するため、本番組が金曜の20時台に枠移動することを2009年3月3日放送分のオープニングエンディングで安住が発表した。2003年10月に番組開始時間を30分前倒して以来、曜日と放送時間が大幅に変更され、ハイビジョン制作として放送される。

オープニングの安住・久本・ぴったんこガエルによる本番前トークとタイトルアニメーションは、TBSテレビ・新潟放送琉球放送で19時50分 - 19時55分に放送されていた『ナビっち』の枠へ移動し、他局は視聴できなくなったが、同番組自体も6月下旬に消滅することとなり、19時50分に繰り上がりとなった。

これまでは『探偵学園Q』から『JNNニュースの森』を挟み『イブニング・ファイブ』から本番組へ、とステーションブレイクを挟まずに放送されていたが、放送枠の移動に伴い、本番組では初めてとなるジャンクションステーションブレイクが用いられることとなった。

2010年4月以降、19時台の『がっちりアカデミー!!』→『爆報! THE フライデー』→『オオカミ少年』または、本番組司会の安住も進行役として出演している21時台の『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』が交互に2時間スペシャルを放送することもあった。前者は改編期が中心で、後者は本番組が金曜へ移行後ほぼ1 - 2カ月に1回、それぞれ交互に2時間スペシャルを放送した。

2010年春期の改編で『総力報道!THE NEWS』が同年3月26日で終了し、4月からは金曜日19時台に『がっちりアカデミー!!』が19時56分まで放送され、本番組は4月2日から5分間の直前枠がなくなり、本編も1分縮小され、直前番組からの接続はステーションブレイクを挟まなくなった。

2015年9月4日から編成上の音声はステレオに変更されたが、収録と放送はモノラルである[注 5]

2017年10月6日より『爆報! THE フライデー』の枠が拡大し、本番組は4分縮小して、『ドリーム・プレス社』以来8年ぶりとなる20時00分 - 20時54分の放送に変更された[1]

2019年4月12日、金曜日の20時台に枠を移動してから10周年を迎えた。

2021年4月9日、本来は2時間スペシャルの予定だったが、脚本家・橋田壽賀子の死去により、急遽4時間スペシャルに変更[2][3]。番組冒頭と20:57頃より生放送で追悼特別企画を放送した[注 6]

番組の終焉[編集]

2021年7月に、同年9月末で番組を終了させることを発表した[4][5]。これは同年10月1日から開始される朝の新情報ワイド番組『THE TIME,』に、本番組司会の安住が総合司会に起用[6][注 7]されることを受け、スケジュールの都合で物理的にロケーションなどの時間が確保できなくなることや、安住の後継司会者候補に適任者が見当たらなかったことなどが理由である[4]。視聴率面においても、2021年7月現在でも世帯視聴率で10%以上を記録することも少なくないが、その反面、番組の個人視聴率が伸び悩んでおり、視聴者層が高齢化していたことも理由としている[4]。なお、同枠の後継は2020年より特番として放映されていた『ザ・ベストワン』をレギュラー番組化する予定[5]。9月24日に最終回を迎え[9]、前週の同月17日放送分と最終回は『ぴったんこ大感謝祭』と題し、前者では18年半の名場面集を20時からの2時間スペシャル、後者では大泉洋香川照之米倉涼子をゲストに迎えた新作ロケを中心とした内容を19時からの3時間スペシャルでそれぞれ放送した[10]。視聴率は14.1%だった[11]。2022年以降は、2回の改編期にスペシャル番組として放送する予定。

放送時間[編集]

期間 放送時間(日本時間
2003年4月15日 2003年9月9日 火曜日 19:24 - 19:54(30分)
2003年10月14日 2006年3月 火曜日 18:55 - 19:54(59分)
2006年4月18日 2009年3月24日 火曜日 18:55 - 19:56(61分)
2009年4月10日 2010年3月19日 金曜日 19:55 - 20:54(59分)
2010年4月2日 2017年9月29日 金曜日 19:56 - 20:54(58分)
2017年10月6日 2021年9月24日 金曜日 20:00 - 20:54(54分)
※一部系列局では不定期で週末に再放送されているところもある。

出演者[編集]

司会[編集]

番組マスコット[編集]

主なパネラー[編集]

ぴったんこチーム(男性チーム)
  • 石塚英彦ホンジャマカ
    食べ歩き企画「石塚グルメ」のVTRのみに出演する場合もある。2010年2月26日放送分では、相方の恵俊彰と共演。
  • 薬丸裕英
  • 石原良純
    高田と石原はロケ企画「チョイ悪親父、ぶらり旅」のVTRのみに出演する場合もある。
  • 八嶋智人(2019年10月11日 - 2021年9月24日)
    以前からロケ企画「ぴったんこヤセ部」のコーナーMCとして、渡辺えりと共に出演している。
  • 藤井隆(2020年1月 - 2021年9月24日)

キャプテンはカン・カンチームとは異なり固定されていない。

カン・カンチーム(女性チーム)
  • 久本雅美(レギュラー出演者、固定キャプテン)
    2012年1月20日・2月3日、2013年4月12日放送分は久本が欠席したため、1月20日は久本朋子(雅美の妹)が、2月3日は安めぐみが、4月12日はRIKACOが、同月19日は磯野貴理子がそれぞれキャプテン代行をした。
    番組ホームページでは安住も合わせて司会扱いになっている。
  • 川田裕美
  • 福地桃子(2019年10月11日 - 2021年9月24日)
  • 江口のりこ(2019年10月18日 - 2021年9月24日)

久本以外は不定期で出演する。上記以外にもゲスト出演する場合がある。

VTR出演[編集]

スタジオに出演しない(香川を除く)が、不定期に放送されるロケ企画VTRのみに出演する主な出演者は以下の人物。

  • 泉ピン子
    • 最終回時点で、ゲストの中では出演回数最多の63回出演[12]。ロケVTRでは「泉ピン子」としてではなく、様々なキャラクター[注 8]に扮装して、その名前を名乗って登場する。安住の制止を振り切って暴走的な行動を取る演出がお約束になっている。
  • 冨士眞奈美
  • 吉行和子
    • 冨士、吉行は「俳句の旅」のロケVTRに出演。
  • 大竹しのぶ
  • 渡辺えり
  • キムラ緑子
    • 大竹、渡辺、キムラは、「三婆の旅」のロケVTRに出演。
  • 米倉涼子
    • 海外ロケも何度かあった。
  • 吉田羊
    • 米倉、吉田は、それぞれゲスト出演のロケVTR後に「酒場放浪記」のコーナーVTRに出演。
  • 大泉洋TEAM NACS
    • 最終回時点で、男性ゲストの中では出演回数2位[10]。2019年9月時点では、男性ゲストの過去最多出演だった。また、安住とは予備校での同級生だった[13]。所属するTEAM NACSとしても出演。
  • 香川照之
    • 最終回時点で、男性ゲストの中では出演回数最多[10]。大泉と最多出演を争った。パネラーとして出演したことがある。吉田羊が「酒場放浪記」のコーナーに出演している場合は、吉田蹄として出演する。
  • 勝村政信
    • 高田純次と共に「港区赤坂おじさん」に出演。
  • 野村彩也子(TBSアナウンサー)
    • 2020年11月13日放送回より不定期出演。
  • 宇賀神メグ(TBSアナウンサー)
    • 2020年11月20日放送回より、野村とともに安住のアシスタント、または代役的役割で不定期出演。
  • ゲッターズ飯田
    • 2021年2月5日放送回より、冠コーナー「ゲッターズ占い酒場」に不定期出演[14]

過去出演者[編集]

パネラー

ほか

薬丸ファミリー

ネット局[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送日時
関東広域圏 TBSテレビ (TBS) TBS系列 金曜 20時00分 - 20時54分
北海道 北海道放送 (HBC)
青森県 青森テレビ (ATV)
岩手県 IBC岩手放送 (IBC)
宮城県 東北放送 (TBC)
山形県 テレビユー山形 (TUY)
福島県 テレビユー福島 (TUF)
山梨県 テレビ山梨 (UTY)
新潟県 新潟放送 (BSN)
長野県 信越放送 (SBC)
静岡県 静岡放送 (SBS)
富山県 チューリップテレビ (TUT)
石川県 北陸放送 (MRO)
中京広域圏 CBCテレビ (CBC)[注 9]
近畿広域圏 毎日放送 (MBS)[注 10]
鳥取県島根県 山陰放送 (BSS)
岡山県・香川県 RSK山陽放送 (RSK)[注 11]
広島県 中国放送 (RCC)
山口県 テレビ山口 (tys)
愛媛県 あいテレビ (ITV)
高知県 テレビ高知 (KUTV)
福岡県 RKB毎日放送(RKB)
長崎県 長崎放送 (NBC)
熊本県 熊本放送 (RKK)
大分県 大分放送 (OBS)
宮崎県 宮崎放送 (MRT)
鹿児島県 南日本放送 (MBC)
沖縄県 琉球放送 (RBC)
ネット配信
配信サイト 更新時間 備考
TVer 金曜 20:54 更新 最新話限定で無料配信
GYAO! 月曜 18:00 更新

スタッフ(最終回時点)[編集]

  • ナレーター:古賀慶太[注 12]
  • オープニングテーマ:服部隆之
  • 構成:都築浩樋口卓治、若尾守重、佐藤雄介、小林正和、デーブ八坂、佐藤大地、本松エリ、村城大輔
  • 原案:秋房子
  • タイトル:薮内省吾
  • CG:大宮司徳盛【毎週】、小室泰樹【週替り】
  • TM:山下直(一時離脱→復帰)
  • TD:早川征典
  • VE:湊里実
  • CAM:平井洋子、中里子(TDの回あり)、橋場照幸【週替り】
  • 照明:紺野淳一、永田泰二【週替り】
  • 音声:中村心
  • PA:桑原知之
  • TK:常藤直子
  • 音響効果:加藤博紀、久本幸奈
  • 編集:田山智博
  • MA:湯浅絵理奈
  • 美術プロデューサー:山口智広
  • 美術デザイナー:鈴木直人(以前は美術制作)
  • 美術制作:町山充洋
  • 装置:佐藤恵美、西原武志
  • 装飾:野呂利勝
  • 植木装飾:菊地起矢
  • 電飾:石井誠吾
  • メカシステム:庄子泰広
  • 特殊道具:島田憲一
  • 図案:伊佐佳世子
  • 衣裳:渥美智恵
  • 持道具:岩本美徳
  • メイク:アートメイク・トキ
  • デスク:高橋美樹
  • 技術協力:TBS ACT(旧 東通)【毎週】、SWISH JAPANJ-crew【週替り】
  • 制作協力:ファルコン、ボトム、山口社、テレバイダー、クラリシオン
  • 編成:青木伸介、東仲恵吾
  • AP:上田彩、清水なつみ【毎週】、安孫子礼菜【週替り】
  • ディレクター:田村暢大、清水裕香、赤阪千明、黒田賢史、三宅佑治、飯干友樹、山口博、中山拓也、佐藤秀樹、近藤智彦、横山健一、石川峻一
  • 演出:伊藤嘉彦、伊藤高史、坂本圭亮、石野将、小谷昌輝、むたゆうじ
  • 総合演出:平野彰子(以前はチーフディレクター)
  • 担当プロデューサー:髙宮望(2019年10月11日-、以前はディレクター)、壁谷政彦、西沢雅文(共に以前はプロデューサー)、原田康弘(以前はAP)【毎週】、原田廣一【週替り】
  • チーフプロデューサー:谷澤美和(以前はプロデューサー)
  • 制作:TBSテレビコンテンツ制作局バラエティ制作一部(旧制作局制作1部)
  • 製作著作:TBS

過去のスタッフ[編集]

  • ナレーション:滝口順平( - 2011年9月9日(逝去の為降板))
  • 構成:川上共子、塚田ゆみ、播田ナオミ、矢島悦子、谷岡千江里
  • TM:中澤健、長谷川晃司、森哲郎(森→2019年10月11日-)
  • TD:阿部智昭、小笠原朋樹(小笠原→以前はCAM)
  • VE:石田伸夫
  • CAM:朝比奈圭吾
  • 音声:倉上宏之、西森公二、小高康太郎
  • PA:杉山雄飛、小沢成人、道見雄一、飯田庸安芸
  • 編集:浦辺啓、宮原明男、水澤望、小川義也
  • MA:池亀淳一
  • 音響効果:早船麻季、江端柚月
  • ENG:齋藤和彦、中島純、太田拓男
  • 美術プロデューサー:小畑光良、飯田稔、中江大志
  • 美術デザイナー:藤井豊
  • 装飾:増田豊
  • 電飾:西山邦章、有吉裕二
  • 特殊道具:白鳥保夫
  • 衣裳:横尾毅
  • 植木装飾:吉野敏晴
  • 編成:藤原麻知、高橋務、御法川隼斗、高橋智大、渡瀬暁彦
  • ディレクター:米田潤、重藤尚志、菊島由佳子、黒津健太郎、細谷知世、諏訪拓朗、岡安清志、前川侑也、
  • チーフディレクター:瀬川郷守
  • マネージメントプロデューサー:小谷和彦吉橋隆雄(吉橋→2018年7月20日 - 2019年3月22日)、樋江井彰敏(樋江井→2019年4月12日-2020年9月)
  • EP:大木真太郎(2018年7月20日-2020年9月、以前は演出・プロデューサー→2018年7月6日まではEMP)
  • チーフプロデューサー:阿部龍二郎
  • 制作:TBSエンタテインメントTBSテレビ

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ a b 実施されない放送回もあった。
  2. ^ 2015年9月4日放送分より実施。
  3. ^ なお、日立製作所の商標権は2013年に期間満了のため、消滅している。
  4. ^ ただし、スタジオ収録やクイズがないこともある(例:2021年5月14日)。
  5. ^ 元番組の『ぴったし カン・カン』は、番組開始から終了までフル規格でステレオ放送していた。
  6. ^ 20:57から放送予定だった『中居大輔と本田翼と夜な夜なラブ子さん』ゴールデンスペシャルは休止となり、5月21日の20:00 - 21:57に改めて放送された。
  7. ^ ただし、10月以降も安住は『新・情報7DAYS ニュースキャスター』や『安住紳一郎の日曜天国』(後者はTBSラジオ)に継続して出演するため[7]、安住の出演は月 - 木曜日となり、金曜日は当番組にも度々ゲスト出演したことがある俳優の香川照之が総合司会を担当する[8]
  8. ^ 謎のバスガイド「ぴったん子」など。
  9. ^ 2014年3月21日(2013年度最終放送日)までは認定放送持株会社移行並びに分社化前のため、中部日本放送。
  10. ^ プロ野球・阪神タイガース中継放送時は週末に振替放送。
  11. ^ 2019年3月29日(2018年度最終放送日)までは認定放送持株会社移行並びに分社化前のため、山陽放送。
  12. ^ 基本的(滝口のマネをするとき)にはノンクレジットであるが、まいう〜遺産放送時は滝口のマネをしないため、VTR中にクレジットあり。

出典[編集]

  1. ^ a b c TVステーションダイヤモンド社、関東版2017年20号、P.70。
  2. ^ 橋田寿賀子さんTBS追悼番組 ぴったんこカン・カンなど名場面で振り返る”. 日刊スポーツ. 株式会社日刊スポーツ新聞社 (2021年4月8日). 2021年5月14日閲覧。
  3. ^ TBS9日に橋田壽賀子さん追悼番組「ぴったんこ-」4時間 BSで「渡鬼」”. デイリースポーツ online. 株式会社デイリースポーツ (2021年4月9日). 2021年5月14日閲覧。
  4. ^ a b c "ぴったんこカン"完" 9月で幕、安住アナ"異動"でロケ時間確保できず". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 8 June 2021. 2021年6月8日閲覧
  5. ^ a b TBS『ぴったんこカン・カン』18年半の歴史に幕 鶴瓶&今田MC『ザ・ベストワン』スタートで“金8戦争”へ”. ORICON NEWS (2021年7月16日). 2021年7月16日閲覧。
  6. ^ TBS、今秋朝情報番組の金曜司会に香川照之を起用 月~木は安住アナ「THE TIME,」”. スポーツ報知. 報知新聞社 (2021年6月28日). 2021年9月24日閲覧。
  7. ^ TBS安住アナ、異例の“金休”シフト 過重労働防止で土日レギュラーと両立へ”. Sponichi Annex. 株式会社スポーツニッポン新聞社 (2021年6月23日). 2021年9月24日閲覧。
  8. ^ 香川照之 初キャスター 10月スタートTBS朝の情報番組 安住アナ“定休日”金曜に抜てき”. Sponichi Annex. 株式会社スポーツニッポン新聞社 (2021年6月28日). 2021年9月24日閲覧。
  9. ^ TBS「ぴったんこカン・カン」9・24最終回 安住アナ&米倉涼子ラストツアーへ 18年半の歴史に幕”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社 (2021年9月3日). 2021年9月24日閲覧。
  10. ^ a b c 『ぴったんこカン・カン』最終回に米倉涼子・香川照之・大泉洋ら登場 安住アナ「さみしい気持ちがいっぱい」”. ORICON NEWS. 2021年9月24日閲覧。
  11. ^ "安住紳一郎アナ司会「ぴったんこカン・カン」最終回視聴率は14.1%". スポーツ報知. 報知新聞社. 27 September 2021. 2021年9月27日閲覧
  12. ^ 泉ピン子 「何が米倉涼子だ。私なくしてこの番組は終わらない」 「ぴったんこ」最終回に登場 - スポニチ Sponichi Annex 芸能” (日本語). スポニチ Sponichi Annex. 2021年9月25日閲覧。
  13. ^ 価格.com - 「ぴったんこカン・カン ~【大泉洋&安住が故郷北海道に&ぴったんこ名家部】~」2019年1月4日(金)放送内容 | テレビ紹介情報”. kakaku.com. 2021年2月22日閲覧。
  14. ^ 菅田将暉は「一生小学1年生」隠れた素顔明かされる”. モデルプレス. 株式会社ネットネイティブ (2021年2月6日). 2021年3月12日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

TBS系列 火曜18:55 - 19:24枠
前番組 番組名 次番組
探偵学園Q
※18:55 - 19:24
【土曜17時台後半枠に移行】
ぴったんこカン・カン
(2003年10月14日 - 2009年3月24日)
総力報道!THE NEWS(第2部)
※18:45 - 19:50
TBS系列 火曜19:24 - 19:50枠
サバイバー
※18:55 - 19:54
ぴったんこカン・カン
(2003年4月15日 - 2009年3月24日)
総力報道! THE NEWS(第2部)
※18:45 - 19:50
TBS 火曜19:50 - 19:54枠
サバイバー
※18:55 - 19:54
ぴったんこカン・カン
【この番組まで全国ネット枠】
ナビっち
※19:50 - 19:55
【この番組からローカル枠】
TBS 火曜19:54 - 19:55枠
学校へ行こう!MAX
※19:54 - 20:54
【2分縮小して継続】
ぴったんこカン・カン
(2006年4月18日 - 2009年3月24日)
ナビっち
※19:50 - 19:55
TBS 火曜19:55 - 19:56枠
学校へ行こう!MAX
※19:54 - 20:54
【2分縮小して継続】
ぴったんこカン・カン
【この番組から全国ネット枠】
TBS 金曜19:50 - 19:55枠
ナビっち
もうすぐぴったんこカン・カン
(2009年6月26日 - 2010年3月19日)
【この番組までローカル枠】
TBS 金曜19:55 - 19:56枠
もうすぐドリーム・プレス社
※19:54 - 20:00
【この番組までローカル枠】
ぴったんこカン・カン
(2009年4月10日 - 2010年3月19日)
【この番組から全国ネット枠】
がっちりアカデミー!!
※19:00 - 19:56
TBS 金曜19:56 - 20:00枠
もうすぐドリーム・プレス社
※19:54 - 20:00
【この番組までローカル枠】
ぴったんこカン・カン
(2009年4月10日 - 2017年9月29日)
【この番組から全国ネット枠】
爆報! THE フライデー
※19:00 - 20:00
【4分拡大】
TBS系列 金曜20:00 - 20:54枠
ぴったんこカン・カン
(2009年4月10日 - 2021年9月24日)
ザ・ベストワン
(2021年10月15日〈予定〉 - )