GOLGOLGO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

GOLGOLGO(ゴルゴルゴ)は、2000年4月から2006年12月29日まで、AIR-G'(エフエム北海道)で毎週金曜19:00 - 19:55(JST)に放送されていた、生放送のラジオ番組

本項目では前身である「GOLGO」(ゴルゴ)についても併せて取り扱う。また本番組の終了直後の2007年1月から3月まで、『GOLGO』時代も含めた過去の本番組の名場面による再編集版「GOLGODON」(ゴルゴドン)も同局にて放送された。

概要[編集]

『GOLGO』としては1998年4月から2000年3月まで放送、2000年春の改編に合わせて『GOLGOLGO』に改題された。本番組と同時期には札幌コミュニティ放送局(ラジオカロスサッポロ)にて、TEAM NACSの他のメンバーによる『森崎博之の元気出していこうぜ!』(1997年10月 - 1999年3月)が放送されており、同番組内でも時折本番組の話題が挙がることもあった。

改題前後を通して大泉洋安田顕がパーソナリティを務め、この両名が毎週テーマ(今週の議題)に沿ったトークを繰り広げる、というのが基本的な番組内容であった。「Hギリギリセーフ」や後述の「ヘコイダーマン」など、金曜のゴールデンタイムとしては毛色の変わったテーマを取り扱うことも多く見られた。また時には大泉・安田による対決企画も度々行われており、安田の得意なビートルズのイントロクイズで対決した際には、大泉の姑息な手段(曲の途中からのイントロ)に嵌まり、番組エンディングで当時新規加入した安田の携帯電話の番号を番組中に公表。放送終了間際に安田の携帯にいたずら電話が鳴り続けるという一幕も見られた。

前述の通り生放送というスタイルであるが、大泉・安田の都合がつかない時は事前の収録分を放送することもあった他、安田が別の仕事で番組を欠席した際には、ヤスダヒロシ(父親)が出演したこともある。

ヘコイダーマン[編集]

半年に一度の聴取率調査の時期には、安田が扮する「ヘコイダーマン」というキャラクターが登場し、屁を1発出す毎にさっぽろテレビ塔の階段を一段ずつ登る、という企画も行われた。その為ヘコイダーマン登場の際には、テレビ塔周辺にヘコイダーマンを応援するリスナーが多数訪れ、テレビ塔周辺は異様な雰囲気に包まれた。

2006年12月8日には、年内で番組が放送終了するのに合わせ「へコイダーマン・フォーエバー」という企画を実施。前回終了地点のテレビ塔27階から19:00過ぎにスタートし、最上階の44階への到達を目指した。この時のへコイダーマンは、番組開始20分で企画終了かと思わせるほどの屁の勢いを見せ、その後は番組内で曲の流れる間に5、6発は出しながらも屁を少し我慢しつつ、19:40頃に最上階の44階に無事到着した。番組放送中、テレビ塔の下には100人程が集まりへコイダーマンを見守っており、到着した瞬間テレビ塔下は拍手喝采となるが、事情を知らない観光客やサラリーマンは驚いていた。

この企画のために、安田は放送の3日前から大便を我慢し、空気を口から飲んで万全の体制で挑んだが、本番中にガスが出ず実が出てしまうという「ヘコイダー・トラブル」が発生した。またこの日は、番組のゲストに樋口了一が来ていたが、前述の通り樋口の曲の途中にへコイダーマンの屁が入る、というアクシデントも発生している。

水曜どうでしょう関連[編集]

「GOLGO」開始から間もない1998年5月15日放送分にて、放送終了間際に大泉・安田が北海学園大学のアメフト部員らに連行されるという事態が発生した。これは同時期にHTBにて放送されていた深夜番組『水曜どうでしょう』の企画・「十勝二十番勝負」(同年6月放送)の収録の一環であり、連行直後には『どうでしょう』出演者兼構成作家の鈴井貴之が飛び入りで出演し、リスナーに事情を説明するという一幕もあった。

この他、同年8月に放送された同番組の企画「門別沖釣りバカ対決」の後枠でも、安田がGOLGOライブの宣伝をしている。

関連番組[編集]

外部リンク[編集]