ぶどうのなみだ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ぶどうのなみだ
監督 三島有紀子
脚本 三島有紀子
出演者 大泉洋
染谷将太
安藤裕子
音楽 安川午朗
撮影 月永雄太
編集 加藤ひとみ
配給 アスミック・エース
公開 日本の旗 2014年10月11日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 1億4030万円[1]
テンプレートを表示

ぶどうのなみだ』は、日本の映画作品。2014年10月4日北海道先行公開し、10月11日に公開された。出演は大泉洋染谷将太安藤裕子ほか。監督・脚本は三島有紀子

解説[編集]

2012年1月に公開され、小規模の公開ながら興行収入3.8億をあげる大ヒットを記録した『しあわせのパン』のスタッフが大泉を主演に迎えて贈るオリジナル北海道企画第2弾である。2013年9月15日に北海道でクランクインし、オール北海道ロケを敢行。同年12月10日にクランクアップし、翌10月4日に北海道先行公開し、11日に全国公開した。今作は、空知地方ワイナリーが舞台となる。

あらすじ[編集]

北海道空知地方で、兄のアオと弟のロクは父の遺した小麦畑と葡萄の樹で農業を営んでいた。ロクは小麦を、アオはワインを作っていた。

アオは"黒いダイヤ"と呼ばれる葡萄ピノ・ノワールの醸造に励んでいたが、なかなか理想のワインができずに悩んでいた。

そんなある日、キャンピングカーに乗った女性エリカが二人の前に現れた。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ キネマ旬報」2015年3月下旬号 101頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]