きたろう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
きたろう
本名 古関安広(こせき やすひろ)
ニックネーム きたろうさん
生年月日 1948年8月25日(68歳)
出身地 千葉県市川市
血液型 O型
身長 164cm
最終学歴 中央大学文学部
グループ名 シティボーイズ
相方 大竹まこと斉木しげる
事務所 ASH&Dコーポレーション
活動時期 1971年 -
同期 風間杜夫
過去の代表番組 風まかせ 新・諸国漫遊記
ほか
他の活動 俳優(テレビドラマ・映画・舞台)
配偶者  既婚
公式サイト 外部リンク参照

きたろう1948年8月25日 - )は、日本俳優タレント。本名、古関 安広(こせき やすひろ)。コントグループシティボーイズのメンバー。

千葉県市川市出身。ASH&Dコーポレーション所属。

来歴[ソースを編集]

千葉県立国府台高等学校を経て、中央大学文学部卒業[1]。学生時代から俳優を目指し、しばしば舞台などで演劇活動をしていたが、演出家から「芝居を学び直したほうがいい」と言われ、大学4年生の時に劇団俳優座小劇場(俳小)に入る。同期生には後にシティボーイズを結成する大竹まこと斉木しげるの2人と俳優の風間杜夫がいた。女優では1期先輩に市毛良枝、同期に岡本麗がいた[2]

1971年の秋、劇団俳優座小劇場の解散[3]に伴い退団。同じく俳小を出た大竹、斉木、風間と組んで劇団「表現劇場」を結成する。

「きたろう」という芸名は以前、漫画『ゲゲゲの鬼太郎』の主人公・鬼太郎のような長髪でチャンチャンコを着ていて、非常によく似ていたため芸名に使ったとのこと(『ごきげんよう』より)。その名前を勝手に拝借したため、原作者の水木しげるが怒っているに違いないと思い、謝罪に行ったが、結構あっさり許しを得たため、現在は水木公認で堂々と使っている。1998年に放送されたスズキの販促キャンペーン「スズキにきたろう」のコマーシャルでは『ゲゲゲの鬼太郎』の主題歌の替え歌を歌っていた。

モンゴルの遊牧民が住む簡易テント「ゲル」を趣味で購入して持っている(山梨県韮崎市に設置)。

23歳で結婚し、夫人は所属していた劇団仲間(エチュードでのキス相手役だったことがきっかけ)。息子は俳優の古関昇悟(旧芸名・北川昇吾)。

還暦を迎で、白髪交じりの大竹・斉木とは対照的に黒髪を貫いている。

エピソード[ソースを編集]

以前、明石家さんまに「いつか俺はブレイクする(いつ頃の発言かは不明)」と言ったが、「ブレイクせぇへんやないか」とさんまに突っ込まれ、「ブレイクっていうのは、『息抜きする』って意味なんですよ」と、『明石家マンション物語』のワンコーナーで、さんま演じる「杉本酔っ払い」に切り返している。これには共にゲスト出演していた大竹まことも「俺も初めてその意味知ったよ」と、あきれ返っていた。

相田翔子のデビュー時からのファンで、「天使のよう」と表現するほど惚れこんでいる。その相田と蛭子能収と共に『踊る!さんま御殿!!』にゲスト出演。相田の後ろに座っていたきたろうと蛭子だったが、相田の何でもないようなトークでも蛭子がクスクスと笑ってしまい、「相田に対する冒涜では?」と勘違いしたきたろう(実際は蛭子の笑いに対する観点が一般人とは著しくズレていることが原因で蛭子本人に悪気は無い)が怒って蛭子の頬を引っ叩いたエピソードがある。その以前に蛭子と共演したドラマの収録でもきたろうの刑事役が「きたろうが刑事役であることが可笑しい」とのことで蛭子の笑いのツボに入ってしまい、同じシーンを15回も撮り直す目に遭っている。

カラスに2回襲われている。1回目は映画の収録で竹藪にて撮影を行っていた際、カラスの鳴き声がうるさいためADが石を投げてカラスをおっぱらったところ、数分後にきたろうの頭を爪で持ち上げようとした。2回目は朝方駅に向かって歩いていたらカラスの鳴き声がうるさく、「カラスは夕焼けには似合うが、日の出は似合わない」と思っていたら後ろからカラスに襲われた。それ以後、カラスを見かけたら「黒がお似合いですね」、「カラス様」と思うようにしている。

ハードなスカトロマニアであることを公言しており、「脱糞姿に興奮する」と『タモリ倶楽部』で熱く語っていた。

かつての演劇仲間である風間杜夫は「大竹はわかるけど、きたろうがお笑いをやるとは思わなかった」と語っている。

囲碁が得意ではあるが、囲碁仲間同士で対局するため、「井戸の中のかわず」ときたろう本人が語っている。

出演作品[ソースを編集]

テレビドラマ[ソースを編集]

映画[ソースを編集]

バラエティ[ソースを編集]

情報番組[ソースを編集]

紀行番組[ソースを編集]

ドキュメンタリー[ソースを編集]

その他のテレビ番組[ソースを編集]

  • 囲碁フォーカス(2012年4月 - 2013年3月、NHKEテレ) - 司会 
  • 新春お好み囲碁対局 逆転必至!プロ・タレント夢の連碁戦(NHK教育、2013年1月3日)
  • 新春お好み囲碁対局 プロ・タレント混合!ドキドキ連碁戦(NHK Eテレ、2014年1月3日)

ラジオ[ソースを編集]

コマーシャル[ソースを編集]

PV[ソースを編集]

音楽活動[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ きたろうの台詞覚えのよさについて、大竹は「きたろうさんは早大の法学部を出ている。勉強の仕方を知っているから。近くで見ている人は分かると思うが、シティーボーイズのシンクタンクはきたろうさん」と語っている。(大竹まこと ゴールデンラジオ! 文化放送 2010年10月28日)
  2. ^ くにまるジャパン サロン・de・くにまる 文化放送 2016年4月4日 - 4月8日放送
  3. ^ その元々は新人会劇団新人会と言う1954年に結成された劇団。劇団仲間、劇団青年座、劇団三期会(現・東京演劇アンサンブル)と並ぶ俳優座スタジオ劇団の一つ。1954年に俳優座養成所二期生・三期生の卒業生が結成。1960年に小沢昭一俳優小劇場に分裂。再建するが、渡辺美佐子は退団し、劇団新人会は解散。1970年に長山藍子山本學前田昌明ら“第二次「劇団新人会」”を結成。1994年に「劇団朋友」に変更。

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]