阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らし
著者 阿佐ヶ谷姉妹
発行日 2018年7月12日
発行元 幻冬舎
ジャンル エッセイ
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判
ページ数 254
公式サイト 阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らし|株式会社 幻冬舎
コード ISBN 978-4-344-033214
ISBN 978-4-344-429383文庫判
Portal.svg ウィキポータル 書物
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らし』(あさがやしまいの のほほんふたりぐらし)は、お笑いコンビ阿佐ヶ谷姉妹」(渡辺江里子木村美穂)による日本エッセイ2018年7月12日幻冬舎から刊行[1]され、のちに2020年2月6日に文庫化[2]。実の姉妹ではないが、ひとつ屋根の下でともに暮らす疑似姉妹である阿佐ヶ谷姉妹が四六時中一緒にいることで迎える倦怠期を乗り越えながら理想の暮らし方を見つけるまでを描いている[3]

2021年11月にテレビドラマ化の予定。

収録作品[編集]

  • 阿佐ヶ谷2人ぐらし
  • 妙齢事情
  • 引っ越し騒動
  • フキノトウはまだ咲かない(渡辺江里子の恋愛小説)
  • 3月のハシビロコウ(木村美穂の恋愛小説)

書誌情報[編集]

テレビドラマ[編集]

阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らし
ジャンル テレビドラマ
原作 阿佐ヶ谷姉妹
脚本 ふじきみつ彦
演出 津田温子
堀内裕介
新田真三
佐藤譲
出演者 木村多江
安藤玉恵
音楽 高城晶平(cero
王舟
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本語
製作
制作統括 三鬼一希
櫻井壮一
撮影地 愛知県名古屋市
NHK名古屋放送局
放送
放送チャンネルNHK総合
音声形式ステレオ放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2021年11月1日 - (予定)
放送時間月曜 22:45 - 23:15
放送枠よるドラ
放送分30分
回数全7回(予定)
テンプレートを表示

2021年11月1日から、NHK総合テレビの「よるドラ」枠で放送予定[3][4]。全7回(予定)[3][4]。姉の江里子を木村多江、妹の美穂を安藤玉恵が演じる[3][4]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作 - 阿佐ヶ谷姉妹 「阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らし」(幻冬舎
  • 脚本 - ふじきみつ彦[3][4]
  • 音楽 - 高城晶平(cero)、王舟[3][4]
  • 制作統括 - 三鬼一希、櫻井壮一
  • 演出 - 津田温子、堀内裕介、新田真三、佐藤譲[3][4]

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル 演出
第1話 11月01日(予定)
NHK総合 よるドラ
前番組 番組名 次番組
古見さんは、コミュ症です。
(2021年9月6日 - 〈予定〉)
阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らし
(2021年11月1日 - 〈予定〉)
-

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]