デビルマン (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
デビルマン
DEVILMAN
監督 那須博之
脚本 那須真知子
製作 冨永理生子
松井俊之
北﨑広実
製作総指揮 泊懋
出演者 伊崎央登
伊崎右典
酒井彩名
宇崎竜童
阿木燿子
音楽 安川午朗
主題歌光の中でhiro
撮影 さのてつろう
編集 只野信也
制作会社 東映東京撮影所
製作会社 『デビルマン』製作委員会
配給 東映
公開 日本の旗 2004年10月9日
上映時間 116分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
製作費 10億円[1]
興行収入 5.2億円[2]
テンプレートを表示

デビルマン』(DEVILMAN)は、2004年10月9日東映系公開の日本特撮映画永井豪漫画デビルマン』の実写映画化作品で、PG-12指定

制作費10億円[1]に対して興行収入は5.2億円[2]と興行的大失敗に終わった。評価も非常に低く、公開前より「すべてにおいて徹底できない映画」「めまぐるしくアングルを変えればごまかせると思っている安いCG」「すべてに通暁する中途半端さ」と評され[3]、後年においても「多くの酷評が寄せられたことで知られている」と公然の事実として言及される[4]

概要[編集]

「原作漫画の完全実写映画化」というキャッチフレーズのもと、制作費10億円[1]をつぎ込みVFXをふんだんに用いて製作された。当初、公開は2004年5月ごろを予定したが「驚異の映像をふんだんに駆使し、満足のいくクオリティーに仕上げること」を確約するため10月に延期した。特撮映画・テレビを手掛ける東映と、アニメを手掛ける東映アニメーションがタッグを組んで特撮シーンが製作され、それを「T-Visual」と名づけて売り出した。先にアニメによる作画を行い、それにしたがってCGに動きをつけ、CGカットの中に一瞬だけ手描きの絵が挿入されたりと「アニメと実写の融合」という新しい表現を試みている。

評価とその背景[編集]

本作品が公開された2004年には他にも『CASSHERN』(4月)、『キューティーハニー』(5月)、『NIN×NIN 忍者ハットリくん THE MOVIE』(8月)と往年の人気漫画・テレビアニメをVFXを用いて実写化した映画が公開された。それらの評価はまちまちであるが本作品はその中でも特別に評価が低く、多くの酷評が寄せられた。

映画評論家の前田有一は本作品を「ポスターだけはいい映画」として100点満点中2点と評し[5]、作家の山本弘も自身の公式ホームページで冗談めかしながらも「僕はこれから映画を作ろうという人間すべてにこの映画を観せるべきやと思う。だってこの映画を観たら、娯楽映画を作る際に、何をやったらあかんかがよく分かるやろ? それさえ守れば、駄作が作られる可能性が極端に減らせると思うねん」と述べている[6]。また唐沢俊一もこの作品を「事故」にたとえ、野次馬気分で見に行く映画であると指摘した。第14回東京スポーツ映画大賞特別作品賞において、審査委員長の北野武は「映画『デビルマン』は『みんな〜やってるか!』『シベリア超特急』『北京原人 Who are you?』に続く映画史に残る四大おバカ映画。酔っ払って見たらこれ以上のものはない」と述べた[7]。その他にも各新聞・各種の映画サイトで酷評が寄せられ、最低映画を決定する「文春きいちご賞」(週刊文春主催)の2004年度で1位を獲得、同趣旨の第1回「蛇いちご賞」(スポーツ報知)でも作品賞に選ばれた。

これらの評者が挙げる批判点としては以下のものがあり、最低映画として世間に知られることとなった。

  • 主演の伊崎兄弟をはじめとしたメインキャストに演技経験が皆無か乏しいタレント[注 1]が大量に起用され、その様子は「学芸会」と評された[5][注 2]
  • 原作の話の筋を短い上映時間に詰め込んだ結果、原作では整合性の取れる部分が映画で意味不明になっている。全体が細切れのエピソードの単なる羅列になり、物語の進行上で重要な場面の大半がカットされている。
  • 小林幸子[注 3]ボブ・サップ小錦などの有名人のカメオ出演に全く意味がなく話の緊張感を削ぐだけになっている。
  • 格闘シーンのCGに迫力が無い。
  • 公開前のポスターと全く異なるシレーヌのデザインが批判を浴びた[要出典]

本作と同じく東映東京撮影所が制作し、2022年に公開された映画『大怪獣のあとしまつ』も評価が低く、『令和のデビルマン』とする声もあり[8]、評価の低い映画の典型例としても扱われるようになった[9][10][11]

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

受賞[編集]

ソフト化[編集]

東映ビデオより発売された。

  • DEVISUAL ver.0 デビルマン解体新書 -シレーヌ編-(DVD1枚組、2004年9月21日発売)
  • デビルマン 通常版(DVD1枚組、2005年4月21日発売)
  • デビルマン プレミアムセット(DVD2枚組、2005年4月21日発売・初回限定生産)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 多くがインタビューなどで「演技は初めて」と述べている。
  2. ^ ただし、川本巳依子(ミーコ)を演じた渋谷飛鳥だけは例外で、「原作を知らなかったから、ミーコになりきるために原作を読んで役に臨んだ」とコメントしたことが、「プロの鑑」などと好意的に受け止められた。
  3. ^ 小林は第14回東京スポーツ映画大賞特別作品賞の表彰式において、ビデオレターを寄せた際に「突然呼び出されて何が何だかわからないうちに出演することになった」とのコメントを残している[7]

出典[編集]

  1. ^ a b c サンケイスポーツ. (2003年10月31日). 
  2. ^ a b 「2004年度 日本映画・外国映画 業界総決算 経営/製作/配給/興行のすべて」『キネマ旬報2005年平成17年)2月下旬号、キネマ旬報社、2005年、 152頁。
  3. ^ 柳下毅一郎. “サタンはなぜ髪を脱色しているのだろうか?”. 映画.com. 株式会社エイガ・ドット・コム. 2022年3月15日閲覧。
  4. ^ 伝説級の実写版デビルマン、ニコ生配信の評判 「流石にやばいな」「言うほどの悪魔的映画では...」”. J-CAST ニュース. 株式会社ジェイ・キャスト. 2022年3月15日閲覧。
  5. ^ a b 『超映画批評』内のデビルマンのページ
  6. ^ 『山本弘のSF秘密基地』内の「『デビルマン』は映画ファン必見だ!」
  7. ^ a b 第14回東京スポーツ映画大賞 授賞式の模様”. 東京スポーツ新聞社 (2005年2月6日). 2005年12月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年12月20日閲覧。
  8. ^ カレー沢薫 (2022年2月12日). “「大怪獣のあとしまつ」に対して「デビルマン」古参としてやってしまったこと (Paid subscription required要購読契約)”. 幻冬舎plus. 株式会社幻冬舎. 2022年2月13日閲覧。
  9. ^ 山田涼介とばっちり! 主演映画「大怪獣のあとしまつ」が酷評祭りでトレンド入り”. 東スポWeb. 株式会社東京スポーツ新聞社 (2022年2月5日). 2022年9月15日閲覧。
  10. ^ 五月アメボシ (2022年2月6日). “「冒涜と捉えるか挑戦と捉えるか」 土屋太鳳、出演映画「大怪獣のあとしまつ」母親の感想を紹介「考えさせられる」”. ねとらぼ. アイティメディア株式会社. 2022年9月15日閲覧。
  11. ^ Taka (2022年2月8日). “「令和のデビルマン」「邦キチ案件」とネットで評判の映画「大怪獣のあとしまつ」が肉汁餃子のダンダダンとコラボ!”. ガジェット通信. 株式会社東京産業新聞社. 2022年9月15日閲覧。

外部リンク[編集]