今井雅之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いまい まさゆき
今井 雅之
生年月日 1961年4月21日
没年月日 2015年5月28日(満54歳没)
出生地 日本の旗 日本 兵庫県城崎郡日高町
死没地 日本の旗 日本 東京都
身長 178 cm[1]
血液型 O型
職業 俳優演出家脚本家エッセイスト
活動期間 1986年 - 2015年
活動内容 演劇・映画・ドラマ・講演会
配偶者 あり
事務所 オスカープロモーション(最終所属)
公式サイト 今井雅之の押忍!
オスカープロモーション
主な作品
演劇
THE WINDS OF GOD
映画
静かな生活』 『THE WINDS OF GOD』
テレビドラマ
お金がない!』 『味いちもんめ
今井 雅之
外国語 いまい まさゆき
生誕 1961年4月21日
日本の旗 日本・兵庫県城崎郡日高町(現豊岡市
死没 2015年5月28日(満54歳没)
日本の旗 日本東京都
所属組織 Flag of the Japan Self-Defense Forces.svg 陸上自衛隊
軍歴 1980 - 1981
最終階級 陸士長
除隊後 俳優
テンプレートを表示

今井 雅之(いまい まさゆき、1961年昭和36年)4月21日 - 2015年平成27年)5月28日)は、日本俳優演出家脚本家タレントエッセイスト兵庫県城崎郡日高町出身。代表作は自身が「自分の魂」と形容している特別攻撃隊が主題の演劇・映画『THE WINDS OF GOD』や、自身の出身地で撮影した初監督映画作品『SUPPINぶるうす ザ・ムービー』など。最終所属先はオスカープロモーション

来歴[編集]

生い立ち〜自衛官[編集]

幼いころから映画洋画)・テレビドラマが好きだった。特に千葉真一の熱狂的なファンで[2][3][4][5][6]、テレビドラマ『キイハンター』に影響され、友達と『キイハンター』ごっこで遊ぶときには千葉に扮していた。

兵庫県立豊岡高等学校卒業後、俳優になろうと志すが、俳優になりたいのであれば自活するよう自衛官の父に言われ、1980年4月陸上自衛隊一般曹候補学生で入隊。同年12月滋賀県今津町第3師団第3戦車大隊今津駐屯地)に配属。上官に俳優になりたいため辞めたい旨を告げ、「自衛隊は俳優養成所ではないぞ」と叱られる[7]1981年9月、陸士長で自己都合退職。1986年3月法政大学文学部英文学科卒業[要出典]

俳優として[編集]

1986年奈良橋陽子演出『MONKEY』にて演劇デビュー。1988年特別攻撃隊が主題の演劇「リーインカーネーション」の初演、これは後に今井のライフワークともいえる『THE WINDS OF GOD』に発展していく。映画『静かな生活』のストーカー役で1996年日本アカデミー賞優秀助演男優賞受賞。当初奈良橋の主宰するアップスアカデミーに所属していたが、『THE WINDS OF GOD』のニューヨークオフ・ブロードウェイ公演が頓挫したことに端を発する事務所とのトラブルから独立。1997年エル・カンパニーを立ち上げる[8]1998年幾多のトラブルに見舞われながらも、オフ・オフ・ブロードウェイで公演、成功を収める[要出典]

2008年2月1日、エグゼに移籍。エル・カンパニーを今井の著作権管理会社として存続する[8]

2009年10月1日、オスカープロモーションに移籍[9]

闘病〜死去[編集]

2014年末に腸閉塞のために体調を崩し医師から「余命3日」を宣告され緊急手術を行い、術後には回復した事をブログで報告[10]。2015年4月21日、ブログにて、大腸癌のため、主演舞台『THE WINDS OF GOD』を降板することを発表[11]。同年4月30日には記者会見を開き、3月から入院中で、抗がん剤治療をしており、「ステージ4」の末期ガンであることを明かした[12]。長らく健康診断を受けていなかったこともあり、発見時には既に手の施しようのないほど病状が悪化していた。舞台そのものは降板したものの、新国立劇場公演千秋楽の5月5日にはステージに登壇し、舞台挨拶を行い復帰への思いを語った。[13] しかし、その挨拶から23日後の5月28日午前3時、入院先の病院で家族に看取られながら死去した[14][15]。54歳没。通夜・葬儀は本人の意向から、地元にて近親者のみの密葬で行われた[16]

今井の憧れで映画『THE WINDS OF GOD』でも共演している千葉真一は「無念という言葉がピッタリだ。いつも一緒に飯を食うと『俺たちが映画界を引っ張っていかないと』と話をしていた。あのくらい燃える若者が今いるのかな。俺は大好きだった」と偲んだ[4][5]。今井がファンだったアグネス・チャン[17]、演劇仲間の別所哲也川平慈英[18]、舞台で共演し今井が慕っていた梅沢富美男[16]、ドラマの夫婦役で何度も共演した田中美奈子[5]酒井法子[19]、病気で降板後の代役を務めた重松隆志[17]ミッツマングローブ[17]黒田アーサー[17]ラサール石井[17]武田梨奈[17]坂上忍[20]勝俣州和[21]、生前の多数の共演者や仕事での関係者からマスコミ、公式サイト、SNS、事務所を通しての声明などを通して、その死を悼むコメントが発表された。葬儀では生前の仕事での関係者から多数の献花がなされた[16]

同年7月15日、映画『戦国自衛隊』の大ファンである今井が続編となるシナリオを約20年前に執筆していたことや、2001年には同作のプロデューサーである角川春樹と映画化の話も進んだが、角川の問題で頓挫していたことが明るみとなった[22]

翌16日にお別れ会が都内でしめやかに営まれた[23]。祭壇はイメージカラーで大好きだった赤を基調にユリ・バラ・カーネーション・胡蝶蘭など計3,005本の花と、中心の遺影は舞台『THE WINDS OF GOD』の写真[24][25]。棺桶には靴、闘病中に届いた励ましの手紙、千羽鶴が納められた[24][25]。戒名は「雅風徹信居士(がふうてっしんこじ)」[24][25]。弔辞は千葉真一と奈良橋陽子が読み上げた[23][26]。千葉は、その熱い一面[23][25][26]、映画作りを「カブトムシ捕りと一緒だ」と例えていた様[23]、撮影時の在りし日の姿に思いを馳せ[23][25]、「ハリウッドで共演したかった[23][25][26]」と、その死に悔しさをにじませながら「(一緒に仕事できたことで千葉自身も)成長できた」と感謝を込めていた[23][25]。奈良橋は、今井が主演予定だった映画『手をつないでかえろうよ』は2016年5月の一周忌に全国を回れるよう頑張る[26]、「(今井が)書いたもの、演出したもの、魂はみんなの中に生き残る」と訴えていた[23]。同会には梅沢富美男、金山一彦橋本マナミ池谷幸雄池谷直樹大和田伸也入江慎也なだぎ武、酒井法子、マイケル富岡麻丘めぐみ井戸田潤岩城滉一、アグネス・チャン、竹内力宮川大輔渡辺裕之陣内智則中居正広ら著名人・関係者600人が参列した[23][24]

人物[編集]

身長178cm。スリーサイズはB102・W85・H99。空手道弐段、柔道初段。銃剣道初段[1]

千葉真一[4][5][6]、アグネス・チャン[17]、の熱心なファンで[4][5][6][17]、自身のブログやテレビ番組で度々公言している[2][3]

料理が得意。売れない時代にラ・ボエム1号店(原宿店)に7年間勤める。自衛官時代の癖で大声で客の注文を復唱し、店長の顰蹙を買い調理に回される[27]

愛車は2014年春に納車されたばかりのジャガー・XJであった。

日本文化チャンネル桜の賛同者であり[28]神社本庁日本会議、靖国会館などでの講演会で特攻隊を「武士道精神に溢れる」と語るなど、保守系文化人としての側面を見せるとともに、『THE WINDS OF GOD』公演の最後には涙ながらに「NO MORE WAR!」と叫ぶなど、反戦への意志も強い。

学生時代[編集]

大学受験時、入学した法政大学の他、青山学院大学文学部にも合格し、当時読売ジャイアンツ江川卓のファンだったこともあり、江川の出身校でもある法政大学を選択したが、入学して男子学生のあまりの多さに、当時の今井に華やかなキャンパスライフに映った青学を蹴って入学したことを後悔したこともあったという[29]

大学生の時、自分の限界を知るために、様々な挑戦を行った[30][31]。なお、テントや寝袋を持たず、全て野宿である。

  • 東京 - 大阪間のマラソン
    • 1982年12月に東京 - 大阪間のマラソンを行った。冬にもかかわらず、野宿をした。一週間で完走することを目標にしていたが10日かかった。長時間、連日走っていたため、途中で足を痛めてしまったが、自衛隊時代の上司に「もし足が壊れたらどうやって治すか。走れば治る!」と言っていたのを思い出し、止まらず走ってみると、走っている最中だけではあるが本当に痛みが収まったという[要出典]
  • 奥多摩でサバイバル
    • 東京 - 大阪間のマラソンの約半年後の1983年6月、奥多摩の山で塩とナイフだけで、一週間の野宿を行った。梅雨の時期ということもあり、食料が全くなかったため、木の根、蜘蛛カエルを食べた。それだけでは当然空腹を満たすことは出来ず、あまりの空腹のため何度も腹痛が起こり、痛みに耐えられなくなり気絶した。ハイキングコースを歩いていた時、弁当が捨ててあったのを拾って食べた。その弁当のご飯はネバネバしていてカビも生えていたが、感動するほど美味しく、特に海老の天ぷらの尻尾は「この世にこんなうまいものがあるのか。」と思った。このサバイバルで、まともな物を毎日食べられるありがたさを身を持って知った。ちなみに、入山前に70kgあった体重は下山後58kgまで落ちたが、すぐに元の体重に戻った[要出典]
  • 真冬の北海道縦断
    • それから3年後、自分の寒さに対する限界を知るために、1985年2月の北海道で稚内 - 函館を徒歩で横断することに挑戦した。4 - 5日不眠不休で歩き、吹雪に襲われることも多かった。途中で意識を失って行き倒れになったところを警察に助けられた。その後、何度も意識を失い幻覚を見ながらも函館に辿りつけた。最終的に10日かかった[要出典]
  • 真夏の本州縦断マラソン
    • 1985年8月、青森 - 北九州関門トンネルを抜けるまで)の本州縦断マラソンに挑戦した。この年は記録的な猛暑だったが、北海道の時のように、倒れても凍死することはないため気持ちは楽だったという[要出典]

出演[編集]

演劇[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

オリジナルビデオ[編集]

CM[編集]

  • 東芝「デジタル交換機」(1991年)
  • 協和発酵「焼酎 大五郎」
  • 小林製薬「トイレその後に」(2006年)
  • リブ・マックス第2弾「カミカミ編」、第3弾「カミカミ編2015」(~2015)
    • 死去後、2015年6月3日より放送が開始された「カミカミ編2015」では、今井の出演シーンに「今井雅之さん(所属事務所・御家族)の御意向もあり、追悼の意を込めて広告を続けております。」と記載されている。

バラエティ[編集]

  • 英語でしゃべらナイト(NHK) - 自慢の英語で、映画『ターミナル』公開時に来日していたトム・ハンクスにインタビューをした。その際、「あなたの英語は素晴らしい」と褒められる。その後、スタジオにも出演。
  • スタジオパークからこんにちは(NHK)
  • 中居くん温泉1997年、読売テレビ) - メイン司会の中居正広(以下中居)とテレビ朝日のテレビドラマ「味いちもんめ」以来の久々の共演。中居の演技を絶賛し、「味 - 」撮影時に中居とつかみ合いのシーンの終了後、撮影終了しているにもかかわらず、すぐに手を離すことができずしばらくにらみ合ってしまい、ADが仲裁に入った等の話で盛り上がっていた。撮影現場の雰囲気はとてもよく、「パート157までいってほしい」と「味いちもんめ」を絶賛している[36]
  • ナカイの窓2013年、日本テレビ) - 中居くん温泉同様、メイン司会の中居とテレビ朝日のテレビドラマ「味いちもんめ」に関するエピソード、スタジオでの他の出演者へのどっきりを仕掛けたりした。
  • おしゃれカンケイおしゃれイズム(1999年・2006年他、日本テレビ)
  • はなまるマーケット はなまるカフェ(TBSテレビ) - メイン司会の岡江久美子とともにテレビ朝日のテレビドラマ「味いちもんめ」の秘話・主演の中居とのエピソードと人柄を語った(岡江は「味いち」のレギュラー)。岡江は同作出演とはいえストーリー上、今井との共演シーンが少なく、中居と今井の確執について知らなかったため驚いていた。
  • 笑っていいとも テレフォンショッキング(2005年他、フジテレビ) - 数回出演。そのうち1度セットの一部が倒れかけるハプニングがあり、スタッフといいとも青年隊とともにそのセットを元に戻す一幕があった。
  • ライオンのごきげんよう(2012年他、フジテレビ)
  • 徹子の部屋(1997年、テレビ朝日)
  • シルシルミシルさんデー(2014年、テレビ朝日) - 「気弱が強気をドッキリで襲撃」のコーナーにターゲットで出演。NON STYLE・石田明が仕掛け人として登場。
  • 中居正広のミになる図書館(2015年3月10日、テレビ朝日) - かわいがっていた付き人の若手俳優・福島彰吾とともに出演。中居くん温泉、ナカイの窓同様、メイン司会の中居とテレビ朝日のテレビドラマ「味いちもんめ」に関するエピソードを語った。
  • 現状打破TV(2013年、テレビ東京
  • ニッポン・ダンディTOKYO MX) - 木曜ダンディ
  • バラいろダンディ(TOKYO MX) - 木曜ダンディ。バラエティでは生前最後の出演。

その他のテレビ番組[編集]

著書・参考文献[編集]

  • 『ザ ウィンズ オブ ゴッド』(1992年9月、桐原書店奈良橋陽子と共著
  • 『特攻隊と戦後の僕ら』「ザ・ウインズ・オブ・ゴッド」の軌跡(1995年11月、岩波書店)
  • 『若いぼくらにできること - 体験的教育論』(1997年5月、岩波書店ISBN 4005002870
  • 『Suppinぶるうす』(1997年6月、角川書店)
  • 『"カミカゼ"公演記in NY』The winds of god(1999年4月、岩波書店)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 原作・脚本及び演技に対して。

出典[編集]

  1. ^ a b オスカープロモーション タレント詳細”. オスカープロモーション. 2015年5月30日閲覧。
  2. ^ a b 今井雅之 (2010年10月24日). “大先輩”. 今井雅之の押忍!. アメーバブログ. 2012年3月3日閲覧。
  3. ^ a b 今井雅之 (2011年6月28日). “千葉先輩!!!”. 今井雅之の押忍!. アメーバブログ. 2012年3月3日閲覧。
  4. ^ a b c d “千葉真一、今井さん訃報に「あのくらい燃える若者が今いるのか」”. サンケイスポーツ. SANSPO.COM (産業経済新聞社). (2015年5月29日). http://www.sanspo.com/geino/news/20150529/geo15052905010011-n1.html 2015年6月6日閲覧。 
  5. ^ a b c d e “千葉真一、田中美奈子ら今井雅之しのぶ”. デイリースポーツ. DAILY SPORTS ONLINE (神戸新聞社). (2015年5月28日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/05/28/0008071038.shtml 2015年6月6日閲覧。 
  6. ^ a b c スクープ! 今井雅之さん、幻の「戦国自衛隊」遺していた 20年前に続編の脚本執筆(2/2ページ)”. ZAKZAK. 産業経済新聞社. p. 2 (2015年7月16日). 2015年7月18日閲覧。
  7. ^ 読売ウイークリー 2006年9月3日号 p.38-41「家族のかたち」
  8. ^ a b 今井雅之 (2008年2月1日). “今日から新たな出発や!!”. 今井雅之の押忍!. アメーバブログ. 2015年5月30日閲覧。
  9. ^ 今井雅之 (2009年10月2日). “押忍 今井です”. 今井雅之の押忍!. アメーバブログ. 2015年5月30日閲覧。
  10. ^ ご心配して下さった皆様へ 今井雅之の押忍 2014年12月2日付
  11. ^ 今井雅之、大腸がんを告白 舞台は降板”. デイリースポーツ (2015年4月21日). 2015年4月21日閲覧。
  12. ^ 今井雅之、末期がん抗がん剤治療で入院中も「よくなってない」 - スポーツ報知(2015年5月1日閲覧)
  13. ^ 今井雅之「がんと闘う」 舞台あいさつ映像を公開 - 日刊スポーツ(2016年3月20日閲覧)
  14. ^ 今井雅之さん死去 大腸がんで闘病も…容体急変、54歳 スポーツニッポン 2015年5月28日閲覧
  15. ^ 末期がん公表・闘病の俳優、今井雅之さん死去 - 産経新聞(2015年5月28日11時48分)
  16. ^ a b c 今井雅之さん故郷で密葬 梅沢富美男から供花”. 日刊スポーツ. 2015年5月31日閲覧。
  17. ^ a b c d e f g h 今井雅之さん訃報に共演者が追悼 アグネス「私のほうが年上ですよ」”. オリコン. 2015年5月28日閲覧。
  18. ^ My bro|川平慈英オフィシャルブログ「Yabadaba-Dooo!」Powered by Ameba
  19. ^ 酒井法子 今井さん訃報に悲痛「唯一、私を褒めてくださる大事な人」”. スポーツニッポン. 2015年5月28日閲覧。
  20. ^ 坂上忍 「マサ」今井さんを悼む「40過ぎから楽に話せるように…」”. スポーツニッポン. 2015年5月31日閲覧。
  21. ^ 勝俣州和 今井雅之さんしのぶ「熱くて濃い人生を生きたのかな」”. スポーツニッポン. 2015年5月31日閲覧。
  22. ^ スクープ! 今井雅之さん、幻の「戦国自衛隊」遺していた 20年前に続編の脚本執筆(1/2ページ)”. ZAKZAK. 産業経済新聞社. p. 1 (2015年7月16日). 2015年7月18日閲覧。
  23. ^ a b c d e f g h i “千葉真一、今井さんお別れ会で弔辞”. 朝日新聞. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2015年7月16日). オリジナル2015年7月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150716135928/http://www.asahi.com/and_w/interest/entertainment/CORI2056077.html 2015年7月18日閲覧。 
  24. ^ a b c d “今井さん、お別れの会に600人参列”. 朝日新聞. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2015年7月16日). オリジナル2015年7月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150716141013/http://www.asahi.com/and_w/interest/entertainment/CORI2056100.html 2015年7月18日閲覧。 
  25. ^ a b c d e f g “今井雅之さん、お別れの会に600人参列 千葉真一が弔辞「残念、無念だ」”. TVfanWeb. ニュース (共同通信社). (2015年7月16日). http://tvfan.kyodo.co.jp/news/topics/1007238 2015年7月18日閲覧。 
  26. ^ a b c d “今井さんと親交深かった千葉真一が弔辞「ハリウッドで共演したかった」”. サンケイスポーツ. SANSPO.COM (産業経済新聞社). (2015年7月17日). http://www.sanspo.com/geino/news/20150717/geo15071705010011-n1.html 2015年7月18日閲覧。 
  27. ^ Aff(農林水産省大臣官房総務課広報室編)2001年5月号 p.36-39「食の履歴書 - 食べものが語るひと・生き方」
  28. ^ チャンネル桜 | チャンネル桜について
  29. ^ 今井雅之OGな人々Vol.35
  30. ^ 著書『若いぼくらにできること』、第3章マラソンとサバイバル(p82-p118)
  31. ^ 今井雅之公式ブログ be amie オスカープロモーション公式SNSプロフィールより。
  32. ^ 理想郷の向こうとは 舞台「手をつないでかえろうよ」”. 朝日新聞 (2010年9月17日). 2015年10月16日閲覧。
  33. ^ 今井雅之さん遺作舞台が映画化 主演は川平慈英”. ORICON STYLE (2015年10月16日). 2015年10月16日閲覧。
  34. ^ キャスト | 『かぐらめ』”. 映画『かぐらめ』公式サイト. 2015年2月23日閲覧。
  35. ^ “今井雅之さん出演ドラマ放送「懐かしくてグッときた」撮影は2年前”. スポニチアネックス. (2016年3月14日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/03/14/kiji/K20160314012216160.html 2016年3月20日閲覧。 
  36. ^ 日向ぼっこ 今井雅之の押忍 2010年12月6日付
  37. ^ 歴史ロマン 壇ノ浦・関ヶ原・上野戦争 〜歴史を決めた英雄達〜(BSジャパン)、2014年12月23日閲覧
  38. ^ http://kakaku.com/tv/channel=10/programID=1125/episodeID=828701/

外部リンク[編集]