黒澤満 (映画プロデューサー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
くろさわ みつる
黒澤 満
生年月日 1933年
没年月日 2018年11月30日
出生地 日本の旗 日本
死没地 日本の旗 日本 東京都八王子市[1]
職業 映画プロデューサー実業家
ジャンル 映画

黒澤 満(くろさわ みつる、1933年[2] - 2018年11月30日[1])は、日本映画プロデューサー[3][4]東映ビデオ株式会社代表取締役副社長、株式会社セントラル・アーツ代表取締役を歴任。早稲田大学卒。

経歴[編集]

1955年、日活に入社[5]。1973年、日活の撮影所長に就任[5]。1977年4月、日活を退社後[6]、当時の東映岡田茂社長にヘッドハンティングされ[4][7][8][9][10]、岡田が作った東映セントラルフィルム[8]の製作部門のプロデューサーに迎えられる[4][7][11][12][13]。東映入りの際に撮影所との兼ね合いから、東映芸能ビデオの社員プロデューサーとなる[5][7][11][14]。1980年の終わりにこのセクションがセントラル・アーツとなった[7][15][16]

松田優作の『最も危険な遊戯』から始まる「遊戯シリーズ」や、『野獣死すべし』、テレビドラマ探偵物語』など、一連の松田優作作品や、舘ひろしの『皮ジャン反抗族』などの暴走族映画、『あぶない刑事』シリーズ、『ビー・バップ・ハイスクール』シリーズや、角川映画やテレビドラマ、「東映Vシネマ」などを多数製作した[5][13][12][14]

2007年、第5回文化庁映画賞映画功労表彰部門を受賞[1][5]。2011年、第20回日本映画プロフェッショナル大賞特別賞を受賞[17]。2013年、第59回「映画の日」特別功労章[4]、第67回毎日映画コンクール特別賞を受賞した[1][18]

2018年11月30日10時47分(JST)、肺炎のため、東京都八王子市の自宅で死去。85歳没[1]

フィルモグラフィー[編集]

劇場映画[編集]

テレビドラマ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e “映画「あぶない刑事」手掛けた黒沢満氏死去 85歳”. 日刊スポーツ. (2018年11月30日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201811300000717.html 2018年11月30日閲覧。 
  2. ^ #松田丸山、324頁
  3. ^ 話題作送り出してきた黒澤さん「喜び分かち合いたい」感激”. Sponichi Annex (2013年2月8日). 2014年6月3日閲覧。
  4. ^ a b c d 一般社団法人映画産業団体連合会(映画の日)(Internet Archive)
  5. ^ a b c d e 平成19年度(第5回)文化庁映画賞について”. 文化庁 (2007年10月20日). 2012年8月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月30日閲覧。
  6. ^ トークセッション「撮影所の流儀・日活篇」 - 日本映画監督協会(Internet Archive)
  7. ^ a b c d #セントラル・アーツ読本、「黒澤満インタビュー」20-34頁
  8. ^ a b セントラル・アーツ 起動40周年記念!【初回生産限定】 遊戯シリーズ ... - 東映
  9. ^ 松田優作ハードボイルドの傑作を一挙上映!『東映セントラルフィルムの栄光』2/7より開催
  10. ^ 高瀬 将嗣 「祝!東映Ⅴシネ25周年」 - 日本映画監督協会 (Internet Archive)
  11. ^ a b #キネ旬197812、84-90頁
  12. ^ a b #秘宝201012、39-46頁
  13. ^ a b talk & interview - _... moment ...._: 仙元誠三
  14. ^ a b #活動屋人生、213-215頁
  15. ^ #セントラル・アーツ読本、「伊地智啓インタビュー」38頁
  16. ^ #山口、43-45頁
  17. ^ 世界唯一の個人主催映画賞、第20回記念チャリティ試写会を開催”. ORICON STYLE (2011年6月2日). 2014年6月3日閲覧。
  18. ^ 2012年毎日映画コンクール各賞”. Sponichi Annex (2013年2月8日). 2014年6月3日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]