あぶない刑事フォーエヴァー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

あぶない刑事フォーエヴァー』(あぶないでかフォーエヴァー)は、1998年8月にテレビ放送されたスペシャルドラマ『あぶない刑事フォーエヴァー TVスペシャル'98』と、同年9月に公開された『あぶない刑事フォーエヴァー THE MOVIE』の2作品を基幹とする一連のメディアミックス企画である。

概説[編集]

日本テレビ開局45周年記念作品であり、国際テロ組織「NET」の絡む一連のエピソードを、スペシャルドラマで前篇、劇場映画で後篇として展開。テレビ放映作品と劇場映画作品を連続的に複合するメディアミックス方式の草分けとなった。また、シリーズでは初めて主題歌(Sing Like Talking「Firecracker」)が起用されている。

キャッチコピーは「「GAME OVER?」「ジョークだろ?」」、「テレビで始まる。映画で終わる。」、「ムダな抵抗はやめて、両方見なさい。」。

スペシャルドラマ[編集]

あぶない刑事フォーエヴァー
TVスペシャル'98
ジャンル 刑事ドラマ
放送時間 金曜日21:28 - 23:19(111分)
放送期間 1998年8月28日(1回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
企画 大塚恭司
伊地智啓
黒澤満
監督 一倉治雄
脚本 大川俊道
柏原寛司
プロデューサー 奥田誠治
近藤正岳
服部紹男
出演者 舘ひろし
柴田恭兵
浅野温子
仲村トオル
オープニング Sing Like Talking「Firecracker」
エンディング 舘ひろし with COLTS「CRY OUT〜泣いていいよ〜」

特記事項:
製作・著作:セントラル・アーツ
放送時間は当初21:03 - 22:54の予定だったがプロ野球中継延長の為25分遅れのスタートになった。
テンプレートを表示

あぶない刑事フォーエヴァー TVスペシャル'98』(あぶないでかフォーエヴァー ティーヴィスペシャルナインティエイト)は、1998年8月28日に『金曜(特別)ロードショー』枠にて放送されたスペシャルドラマである。サブタイトルは「act.1 点火」(アクトワン てんか)。

概要[編集]

新作としては『もっとあぶない刑事』以来9年半振りに製作されたテレビドラマ作品。関東圏における旧作テレビシリーズの再放送をはじめとした大々的な宣伝を経て、視聴率は25.7%を記録。BGMは過去のテレビシリーズで使用された音源を元に、新たにオーバーダビング・リミックスしたものが多用された。

なお、シリーズ当初より吉田刑事役で出演していた秋山武史は本作の撮影終了直後に癌肝臓転移で亡くなったため、本作が遺作となった(シリーズでは生前最後の出演でもあった)。

ストーリー[編集]

ワインバーでの派手な銃撃戦のおかげで多額の損害賠償を負わされた大下は、インターネット上に記載されていた「ナイアガラ貿易」と名乗る高額アルバイトの広告に目がくらむ。だが指定の倉庫にいたのは面接官ではなく、マシンガンや暗視スコープなどで重武装した二人組であった。銃撃戦の末に一人は死亡、もう一人は取り逃がしてしまうが、車に積まれていた棺桶からは大量の銃器や弾薬が押収された。逃走した男は誘拐・爆破などでFBIから手配中の凶悪犯・城島であることが判明、さらに「NET」という組織との関係も浮かび上がった。

一方、アイドルタレント・風吹明日香を一日署長に迎えた防犯キャンペーンを前に港署全体が大わらわの中、城島から銃器弾薬の返還を要求するメールが入り、見せしめとして交番の警官二人が射殺される。逮捕のチャンスとばかりに大下たちは取引場所の本牧マリーナへ向かうが、城島の巧妙な策略によって押収品はまんまと奪われてしまった。直後、大下は城島の居場所を示した謎の密告メールを受信するが、そこは防犯キャンペーンの一環として行われる明日香のライブコンサート会場だった。

明日香の身辺警護役を命ぜられていた鷹山は一日署長イベントを中止させるべく、城島の名を騙ってニセの爆破予告を仕掛け、署内はたちまち大パニックと化す。めでたくイベントは中止かと思われたその直後、鷹山と明日香だけが残る港署に城島が姿を現した。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

映像ソフト[編集]

DVD
2002年12月21日発売。販売元:VAP VPBT11596/4,500円(税込4,725円)
カラー本編91分
映像特典:フォトギャラリー
Blu-ray
2012年9月21日発売。販売元:VAP VPXX-71226/4,800円(税込5,040円)/本編91分+特典映像 片面・二層/MPEG-4/AVC/16:9ビスタサイズ 1080p High-Difinition(本編のみ)/DolbyTrueHD2.0ch
本編は16mmフィルムから新たにHDテレシネ・再編集を行ったリマスター版を使用。このため本編中のテロップフォントやビデオエフェクトのタイミングなどが放送版と一部異なる。
映像特典:スタッフ座談会 ~あぶデカをつくった男たち~FOREVER TV SPECIAL'98編(丸山昇一×柏原寛司×一倉治雄)、『あぶない刑事』劇場6作品予告編集

劇場作品[編集]

あぶない刑事フォーエヴァー
THE MOVIE
監督 成田裕介
脚本 柏原寛司
大川俊道
製作 漆戸誠治
石川和彦
細川知正
伊藤和明
大塚恭司
出演者 舘ひろし
柴田恭兵
浅野温子
仲村トオル
木の実ナナ
音楽 Fuji-Yama
鷺巣詩郎
主題歌 主題歌:Sing Like Talking「Firecracker」
エンディングテーマ:舘ひろし with COLTS「CRY OUT〜泣いていいよ〜」
挿入歌:柴田恭兵「RUNNING SHOT(SHOTGUN MIX)」
撮影 仙元誠三
編集 只野信也
配給 東映
公開 日本の旗 1998年9月12日
上映時間 105分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 8億8000万円
配給収入 4億5000万円[1]
前作 あぶない刑事リターンズ
次作 まだまだあぶない刑事
テンプレートを表示

あぶない刑事フォーエヴァー THE MOVIE』(あぶないでかフォーエヴァー ザムービー)は、1998年9月12日に東映系で公開された日本映画である。『あぶない刑事』劇場版シリーズの第5作。サブタイトルは「act.2 爆発」(アクトツー ばくはつ)。

概要[編集]

前作『あぶない刑事リターンズ』以来2年振りとなる劇場版第5作である。『TVスペシャル'98』に端を発する一連の事件の決着を描き、シリーズ史上においてもスペクタクル性が顕著な作品となった。一方、高視聴率を記録したTVスペシャルとは対照的に劇場版の興行成績は伸び悩む結果となり、シリーズは再び7年の休止期間に入った。

ストーリー[編集]

警察病院を脱走した城島を追い詰めるも、寸でのところで取り逃がしてしまった鷹山と大下。一方、鷹山たちの再三に渡る無軌道な行動に業を煮やした県警本部は遂に二人の辞職命令を下そうとしていたが、深町は秘密裏に本部長に掛け合い、辞職を阻止するべく奔走していた。

そうとは知らぬ二人が馴染みのバー「ポールスター」で一息ついている中、押収した銃器を輸送中の警察車両が城島一味によって襲撃されているという情報が入る。鷹山と大下の活躍で銃器の奪回は辛くも阻止されたが、死亡した一味の一人の手掛かりにより、襲撃事件の直前にポールスターに立ち寄っていた伊達と名乗る男が黒幕として絡んでいる疑いが浮上。ポールスターの経営者・津山はかつて中東を拠点に活動していた名うての傭兵であり、伊達はその部下であったが、野心に駆られた伊達は国際的テロ集団・NETへ自ら身を落とし、今や最高幹部の一人として世界中で破壊活動を行っていた。NETは最終計画“熱い嵐作戦(オペレーション・ヒートストーム)”の拠点として横浜を選び、伊達は津山を仲間に引き込むべく、執拗に接触を図っていたのだった。鷹山がその真相を津山から聞き出していた最中、一味の襲撃によって津山は死亡。津山は今際に、自らが愛した横浜の未来を鷹山たちに託した。

鷹山に津山殺害の嫌疑がかけられる中、城島が市内の安ホテルに潜伏していた鷹山に襲撃を仕掛けるも、間一髪のところで駆け付けた大下の援護もあり失敗。城島は度重なるミスの責任を被り自爆を遂げ、さらにはポールスターのウェイトレス・恵美が人質として拉致されてしまう。一味は鷹山たちが踏み込んだ恵美のマンションを爆破した直後、ついに東京湾内にて“熱い嵐作戦”を実行に移す。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

映像ソフト[編集]

DVD

2002年12月21日発売。販売元:VAP VPBT11597/4,500円(税込4,725円)

  • カラー本編106分

映像特典

  • フォトギャラリー、劇場予告
Blu-ray

2012年9月21日発売。販売元:VAP VPXT-71227/4,800円(税込5,040円)/本編106分+特典映像 片面・二層/COLOR/MPEG-4/AVC/16:9ビスタサイズ 1080p High-Difinition(本編のみ)/DolbyTrueHD2.0ch

映像特典

  • スタッフ座談会 ~あぶデカをつくった男たち~FOREVER THE MOVIE編(丸山昇一×柏原寛司×一倉治雄)、『あぶない刑事』劇場6作品予告編集

脚注[編集]

  1. ^ 「1998年日本映画配給収入」、『キネマ旬報1999年平成11年)2月下旬号、キネマ旬報社1999年、 175頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]