DEAD OR ALIVE 犯罪者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
DEAD OR ALIVE 犯罪者
監督 三池崇史
脚本 龍一朗
製作 黒澤満
土川勉
出演者 哀川翔
竹内力
杉田かおる
音楽 遠藤浩二
撮影 山本英夫
編集 島村泰司
配給 大映
(現・KADOKAWA
公開 日本の旗 1999年11月27日
上映時間 105分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
次作 DEAD OR ALIVE 2 逃亡者
テンプレートを表示

DEAD OR ALIVE 犯罪者』(デッドオアアライブはんざいしゃ)は1999年三池崇史監督、哀川翔竹内力、主演で制作された日本映画刑事中国残留孤児3世との戦いを描いたバイオレンスアクション。衝撃的なラストシーンで話題になった。R-15指定。

キャッチコピー「フツーに生きたいなら、このクライマックスは知らない方がいい。

ストーリー[ソースを編集]

歌舞伎町で一般人をも巻き込む中国マフィアとヤクザの抗争が発生。そして現金輸送車が謎の組織に襲撃され、金を強奪されるという事件も発生する。二つの事件に何か共通するものを感じた刑事、城島は徹底的に捜査を始める。やがて捜査線上に一人の男が浮かび上がってきた。中国残留孤児3世の龍である。ある日、城島の部下、井上が龍のグループと銃撃戦の末、龍の弟を射殺して殉職。復讐心に燃える龍は自分らを追う城島の妻と娘を本人の目の前で自動車ごと爆破し、殺してしまう。家族を失った城島もまた、復讐に奔走する。彼は警察を辞め、龍たちの元へ自ら向かってゆくのだった。城島と龍の死闘はありとあらゆる全てを覆して驚天動地の結末を迎えることになる。

スタッフ[ソースを編集]

キャスト[ソースを編集]

シリーズ[ソースを編集]

いずれも監督は三池崇史、主演は哀川翔と竹内力だが、ストーリーのつながりや設定は別物となっている。

外部リンク[ソースを編集]