妖怪大戦争 (2005年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
妖怪大戦争
監督 三池崇史
脚本 三池崇史
沢村光彦
板倉剛彦
製作 黒井和男
製作総指揮 角川歴彦
出演者 神木隆之介
音楽 遠藤浩二
主題歌 忌野清志郎 with 井上陽水
『愛を謳おう』
撮影 山本英夫
編集 島村泰司
配給 松竹
公開 日本の旗 2005年8月16日
上映時間 124分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

妖怪大戦争』(ようかいだいせんそう)は、2005年に公開された日本映画。監督は三池崇史。主演は神木隆之介

概要[編集]

1968年に公開された大映の同名作品『妖怪大戦争』のリメイク作品である。登場する妖怪の一部は旧作に準じており、特に旧作で主役級の役割を果たした河童は今作品でも同様に扱われているが、時代設定・登場人物・筋立て等は旧作とは全く異なっている。

水木しげる京極夏彦荒俣宏、宮部みゆきが「プロデュースチーム『怪』」として製作に参加している。荒俣の代表作『帝都物語』の登場人物加藤保憲が登場するほか[1]、水木の代表作『ゲゲゲの鬼太郎』に言及する台詞も存在する。

主題歌は井上陽水と、同映画で妖怪ぬらりひょんとしても出演している忌野清志郎サントラCDと主題歌&挿入歌のCDは同年7月27日に発売。

テレビでの地上波初放映は2006年8月11日であるが、物語の重要なキーワードである「真っ白な嘘」及びそれに絡む多くの部分、そして「本当の結末」が電波に乗らなかった他、妖怪(くだん)や一つ目小僧の登場場面をはじめ多くのシーンやカットが削除されており、劇場公開時とはかなり異なった内容となった。

製作の経緯[編集]

角川グループ60周年を記念して製作された。2002年11月、作家の宮部みゆきと雑誌『怪』編集部の、68年の『妖怪大戦争』に関する雑談がきっかけになり、同じ頃設立された(株)角川大映映画の企画として取り上げられた。2004年7月13日にロケ地である鳥取でクランクイン、9月1日に調布市の角川大映スタジオで製作記者発表が行なわれた。11月21日には火災によりセットの一部が焼失する事件があったが、2005年1月16日にクランクアップ(撮影終了)となり、8月6日に全国松竹東急系劇場にて公開に至った。

角川大映映画の処女作として13億円の制作費をかけ、スタジオ内に森・沼・吊り橋などの大規模なセットを設け、コンピューターグラフィックも用いているが、全面的に頼る事はせず、手作業やアナログの映像にもこだわりを見せている。妖怪は3000人ものエキストラを動員して撮影した。著名な芸能人が妖怪役を務めたことも話題となった[1]

あらすじ[編集]

主人公、稲生タダシはひ弱な都会っ子。両親の離婚に伴って母方に引き取られ、母の故郷・鳥取で、ボケの始まった祖父と3人で暮らしている。しかし、田舎暮らしになじめず、学校では都会育ちゆえに悪ガキ達にいじめられる、うんざりな毎日を送っていた。そんなタダシが夏祭りの夜、この世が危機に陥った時に人々を救うという「麒麟送子」に選ばれる。「麒麟送子に選ばれた子どもは、大天狗が住む山へ伝説の聖剣を取りに行かなければならない!」そう悪ガキ達にはやし立てられ、バカにされたタダシは意を決して山へ行く。が、恐ろしさのあまり逃げ帰ってしまう。しかし、行方知れずになった祖父の助けを求める声が山から聞こえ、否応無しに再び山に足を踏み入れる。怯えるタダシを待ち受けていたのは、恐しくも愉快な妖怪達だった。

彼らとの出会いによってタダシは、歴史の闇に追いやられた古代日本の先住民族の怨念をまとった魔人・加藤保憲率いる悪霊軍団との戦いに巻き込まれてゆく。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

その他の登場妖怪[編集]

エンドロールより。キャストがあるものは #妖怪のみなさん 参照。

麒麟一反木綿化け傘たくろう火輪入道雲外鏡徳利転がし目目連化け提灯洗濯狐化け狸手伝鬼青面鬼芝天座敷殿寺長、鉄?[4]髭囃子、正眼?[4]巻子の翁分銅鬼赤鴉柿男百々爺否哉田植坊野唇鉄瓶噛りカジカ爺籠だましお金坊油絞り頭山遠野河童鬼童子鴉坊水神どん灰汁坊主漆壺おらび鮹オジーマジムン目一ツ五郎桶長大まなぐ木っ端天狗つん太郎目ひとつ坊一角どんなめくじら大豕布絡み鉄腕猿転晩子蜘蛛親爺猫魈釜鳴籠もどき桶お化け化け墨壺なめら笑ひ獅子大手様笑い口青天狗岩ぶくれ赤髪鬼娘かわん太郎古箪笥山人十二坊三ツ目蜘蛛屋鳴まきざっぽう蟹坊禰々子[5]水天坊伊草の袈裟坊九千坊追辺の平四郎東司なめ次背高二尺坊夢枕八日象メンツチ土天狗塗坊紅蟷螂磯天狗瘤爺籠男聖天もどき三角どん木蓮の精がふう下がらごんぼこおんぼのやす中連鬼壺頭ビーシャーヤナムン水天翁

そのほか、台詞での言及だけだが鬼太郎の名が出る。

DVD[編集]

2006年2月3日に発売。販売元は角川エンタテインメント。スペシャル・エディション(2枚組)とコレクターズ・エディション(3枚組)が同時発売された。完全受注生産による「怪」愛蔵版もある。

また、映画公開に先駆けて2005年7月29日に見所を紹介したDVD『妖怪大戦争 ~ある夏の冒険記~』が発売された。

受賞歴[編集]

メディアミックス[編集]

妖怪大戦争
小説
著者 荒俣宏
出版社 角川書店
レーベル 怪books / 角川文庫
漫画
原作・原案など 荒俣宏
作画 水木しげる
出版社 角川書店
掲載誌
レーベル 怪books / 角川文庫
発表期間 2004年10月 - 2005年7月
テンプレート - ノート
水木しげるロードに設置されている「魔女花子」のブロンズ像。

漫画版は、雑誌『』 Vol.17 (2004年10月刊)から Vol.19 (2005年7月刊)に連載された後、終末部分を追加して単行本にまとめられたものが2005年8月1日に刊行された。鳥刺し妖女アギが『河童の三平』や水木の短編作品等に登場する魔女花子(『ゲゲゲの鬼太郎』の猫娘を思わせる容姿)に置き換えられ、川姫の役割の重要度が小さくタダシとの心的交流も無く、機怪の代わりにナンジャラモンジャラという怪物が出て来るなどの相違があるが、特に前半部分は映画の筋に忠実である。

小説版は2005年5月30日に初版が出ている。全体に映画との違いが大きい。映画では既に離婚していたタダシの両親は物語の終末で離婚し、その際父母のどちらを選ぶか決断を迫られたタダシが本心を隠して母を選択した事が「真っ白な嘘」であるとされる。また、タダシの姉タタルが重要な役割を担っている事、アギや川姫の出自が日本歴史の闇の部分と深く関わっている事、アギと加藤保憲の関係も綿密に描かれているなどの点が映画と異なっているが、ヨモツモノ工場で機怪を作り出して人間社会に攻撃を仕掛ける、妖怪たちが東京に押し寄せる、妖怪大翁の登場等の物語の大筋は映画と共通する。

この他、本作に登場する妖怪や機怪の写真で妖怪全般を紹介した『写真で見る日本妖怪大図鑑』が『妖怪大戦争』全日本妖怪推進委員会編集名義で2005年7月に刊行された(ISBN 4-04-853901-9)。「はしがき」は、映画の登場人物である佐田が書いていることになっている。

よみうりランドでは映画を基にした歩行(ウォークスルー)型アトラクション『妖怪屋敷』が開業した。

出典[編集]

  1. ^ a b 宇宙船』Vol.118(2005年5月号)、朝日ソノラマ2005年5月1日、 pp.44-45、 雑誌コード:01843-05。
  2. ^ タダシの姉と2役、顔以外は姉にそっくりな外見として。
  3. ^ エンドロールではそれぞれ立山蛙1・立山蛙2~
  4. ^ a b 画面上で判別できず。同じ漢字か?[独自研究?]
  5. ^ 禰の偏は「ネ」(フォントにより「示」か「ネ」で表示される)

外部リンク[編集]