否哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
鳥山石燕今昔百鬼拾遺』より「否哉」

否哉(いやや)は、鳥山石燕の妖怪画集『今昔百鬼拾遺』にある日本妖怪[1]

概要[編集]

後ろ姿は美しい女性で、水面に老人のような顔が映った姿として描かれており、解説文には「むかし 漢の東方朔 あやしき虫をみて怪哉(かいさい)と名づけしためしあり 今この否哉もこれにならひて名付たるなるべし」と、中国東方朔の故事にある「怪哉」に倣って「否哉」を名づけたことが述べられているが、否哉自体の具体的な特徴などは特に書かれていない。妖怪研究家・村上健司はこれを、石燕の創作物としている[1]

明治時代の絵師・鍋田玉英による『怪物画本』では、名称は「いやミ」とされており[2]、民俗学者・藤沢衛彦の『妖怪画談全集 日本篇 上』においても、この石燕の否哉を模写したらしい妖怪が「異爺味」(いやみ)の名で紹介されている。また山田野理夫の『東北怪談の旅』では「イヤミ」と題し、仙台の城下町に現れた妖怪が、後ろ姿は美女のようだが、振り返ると皺だらけの老人だったとする話があるが、村上はこれを石燕の否哉をもとにした創作、もしくはもともとあった伝承に否哉のイメージを加味して脚色したものと推測している[1]

妖怪漫画家・水木しげるや妖怪研究家・多田克己らの著書でも名称は「いやみ」とされ、一見すると美しい女性のようだが、顔は老人のように皺だらけの醜い形相をしており、後ろ姿だけを見て美女だと思って声をかけてきた人間に、自分の顔を見せて脅かすとされる[3][4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 村上健司他編著 『百鬼夜行解体新書』 コーエー2000年、19頁。ISBN 978-4-87719-827-5
  2. ^ 京極夏彦他 『図説 妖怪画の系譜』 兵庫県立歴史博物館京都国際マンガミュージアム編、河出書房新社〈ふくろうの本〉、2009年、62頁。ISBN 978-4-309-76125-1
  3. ^ 多田克己 『幻想世界の住人たち』IV、新紀元社Truth In Fantasy〉、1990年、340頁。ISBN 978-4-915146-44-2
  4. ^ 水木しげる水木しげるの続・妖怪事典東京堂出版1984年、60頁。ISBN 978-4-490-10179-9

関連項目[編集]