根岸季衣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ねぎし としえ
根岸 季衣
本名 根岸 俊惠
別名義 根岸 とし江(旧芸名)
生年月日 1954年2月3日(62歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都豊島区
身長 162 cm
血液型 A型
職業 女優
ジャンル 舞台テレビドラマ映画
活動期間 1974年 -
配偶者 大津あきら1981年 - 1997年
宇賀啓祐(2008年 - )
事務所 アルファエージェンシー
公式サイト 根岸季衣ROOM
備考
根岸季衣&ブルースロードのボーカル

根岸 季衣(ねぎし としえ、1954年2月3日 - )は、日本女優。本名、根岸 俊惠[1](読み同じ)、旧芸名、根岸 とし江

東京都豊島区東池袋出身[2]アルファエージェンシー所属。特技はダンス桐朋学園大学短期大学部演劇専攻中退。夫(2008年再婚)は、根岸がボーカルを務めるブルースバンドのメンバーでもある宇賀啓祐。

来歴[編集]

父親は警察官[2]。幼少期から芝居好き[2]。中学までは成績も学年で1番か2番で都立豊島高校にらくらくと合格した[2]。学生時代から演劇活動を始めるが、この当時、所属していた大学の演劇部では、大学以外での外部出演を禁じていたため、「嵯峨小夏」名義で女優活動をしていた。本人曰く「ガサツな子」[3]から芸名を取ったといい、『蒲田行進曲』に登場する小夏はこの名前からきているという[4]

1974年つかこうへい事務所に入団する。20歳のとき桐朋学園を辞め、保母になるため別の短大に入りなおす[2]。ところが1975年の『ストリッパー物語』の主役に抜擢され、短大を半年で辞め「根岸とし江」の芸名で芝居の世界に戻った[2]。同舞台は大人気となり、特に若者たちの間で絶大な支持を受ける[2]。その後は舞台以外でも幅広く活躍する。映画は1976年多岐川裕美主演の『新・女囚さそり 701号』(東映)がデビュー作[2]

1980年に『愛さずにはいられない』でのテレビドラマ初主演を機に芸名を「根岸 季衣」(読みは本名と同じ)に改名。1981年作詞家大津あきらと結婚し男児2人をもうけるが1997年に大津が直腸がんで他界。その後、悲しみに耐え女優業を再開する。

復讐するは我にあり』(柳葉敏郎主演のテレビ版にも出演)や『海と毒薬』などの話題作にも多数出演する。大林宣彦作品の常連になり、演技派として欠かせない存在でもある。お節介なおばさんや口うるさい母親などパワフルな女性役に定評がある[5]

2008年ブルースバンドのメンバー・宇賀啓祐と再婚し、根岸季衣&ザ・ブルースロードのボーカルとしてライブ活動も行っている。「愛の劇場」の数本の作品に脇役として出演しており、常連である。九条の会の賛同者で「非戦を選ぶ演劇人の会」の委員でもある。

2011年、湯川れい子市原悦子らとともに福島第一原発事故に関連して「原発ゼロをめざす7.2緊急行動」の呼びかけ人を務めた[6]

主な出演作[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK
日本テレビ
TBS
フジテレビ
テレビ朝日
テレビ東京
WOWOW

その他の番組[編集]

ほか多数

映画[編集]

舞台[編集]

Webドラマ[編集]

受賞歴[編集]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  1. 音信川(おとずれがわ)(1978年、日本コロムビア、LK-62-A)
    (c/w 淋しくなったら)
  2. 夜明けのヒーロー(1978年9月、日本コロムビア、LK-81-A)
    • 作詞:大津彰 / 作曲:大津彰 / 編曲:木田高介
    (c/w 哀しい酔っぱらい)

オリジナル・アルバム[編集]

  1. 音信川(1978年2月5日、日本コロムビア、LX-7035-A)
  2. 風向き(1978年、日本コロムビア、LX-7049-A)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ オフィシャルウェブサイト・根岸季衣ROOMに「本名の俊恵」の記述あり
  2. ^ a b c d e f g h 山下勝利「早過ぎる自叙伝 20代のまぶしい女たち(7) 根岸季衣」、『週刊朝日』、朝日新聞社1983年8月19日、 pp. 114-116。(根岸本人の取材に基づく記事)。
  3. ^ この当時の芸名の英語スペルは「SA・GA・KO・NA・TSU」→これを英語風の名前から先に読ませる場合は「KO・NA・TSU・SA・GA」になる。更にこれを逆にすると「GA・SA・TSU・NA・KO」となる(いわゆるアナグラム
  4. ^ 根岸の公式サイト・プロフィル欄から
  5. ^ 2008年3月号『日経エンタテインメント!』、「2008年スーパーサブカタログPART2」より
  6. ^ 「原発ゼロをめざす7.2緊急行動」
  7. ^ “『昔話法廷』続編決定 アリ、舌切りすずめ、乙姫が訴えられたら”. ORICON STYLE. (2016年6月26日). http://www.oricon.co.jp/news/2074109/full/ 2016年6月26日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]