プラトニック・セックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
プラトニック・セックス
著者 飯島愛
発行日 日本の旗 2000年10月31日
発行元 日本の旗 小学館
ジャンル ノンフィクション
日本の旗 日本
言語 日本語
ページ数 333
コード ISBN 978 4093792073
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

プラトニック・セックス』は、飯島愛による自伝、およびそれを原作とした同名のテレビドラマ映画

概要[編集]

  • 2000年10月に小学館から出版。ミリオンセラーを達成し話題となる。
  • 飯島愛の壮絶な過去を綴ったノンフィクション自伝
    • ゴーストライターによる執筆であることが週刊誌等で暴露されたが、本人があっけらかんとして事実を認めたため、さほど問題にはならなかった。また同著の場合、「飯島の体験」をライターが再構成したものであり、それがクレジット表記されていないだけである(印税の大半は所属事務所に入っている)。
  • 飯島の処女作と謳われたが、実際にはそれ以前にもエッセイ本を出版しているので、正確には2冊目のエッセイである。
  • タイトルは所属事務所ワタナベエンターテインメント渡辺ミキ代表が名づけたもので、飯島本人は当初タイトルの意味すら知らなかった。
  • 映画化、ドラマ化もされ、海外でも大ヒットとなった。
  • AV男優の加藤鷹は2003年2月号『噂の真相』におけるインタビューで飯島を「嘘ばかり書いた本(プラトニック・セックス)を出して自分を育ててくれたAV界を足蹴りにしたような女は俺は嫌いだ」と痛烈に非難している(後に両者は和解している)。

出版の経緯[編集]

過去をネタに脅迫を受け金銭の支払いまでしていた飯島は、所属事務所をワタナベエンターテインメントへ移籍するにあたり当時副社長であった渡辺ミキに相談したところ、公表すれば脅迫されなくなると説得されたことによる[1]

テレビドラマ[編集]

プラトニック・セックス -
娘の叫び! 親の涙…そして親子の闘いが始まる-
ジャンル テレビドラマ
原作 飯島愛『プラトニック・セックス』
脚本 龍居由佳里
製作
制作 フジテレビ
放送
放送国・地域日本の旗 日本
第1部:17歳の青春編
プロデューサー東海林秀文
永山耕三
瀧山麻土香
放送期間2001年9月24日
放送時間21:00 - 22:54
回数1
第2部:20歳の純愛編
プロデューサー東海林秀文
永山耕三
瀧山麻土香
放送期間2001年9月28日
放送時間21:00 - 22:54
回数1
テンプレートを表示

プラトニック・セックス -娘の叫び! 親の涙…そして親子の闘いが始まる-

2001年9月24日9月28日21:00 - 22:54にフジテレビ系列放送

  • 第1部: 17歳の青春編「家族崩壊から愛を取り戻すまで涙の7年間壮絶記録」 視聴率22.5%
  • 第2部: 20歳の純愛編「AV・中絶・裏切り…愛を求め続けた家族の再生記録」 視聴率18.7%

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

備考[編集]

ニューヨークでのシーンがあるが、放映2週間前に同時多発テロで崩壊してしまったワールドトレードセンターが映っている。

関連商品[編集]

  • プラトニック・セックス 前編 VHS(2002年3月15日)
  • プラトニック・セックス 後編 VHS(2002年3月15日)
  • プラトニック・セックス DVD(2002年4月24日)

映画[編集]

プラトニック・セックス
監督 松浦雅子
脚本 森下佳子
原作 飯島愛
製作 亀山千広
渡辺ミキ
製作総指揮 宅間秋史
林秀樹
出演者 加賀美早紀
オダギリジョー
音楽 佐橋俊彦
主題歌 スピッツ夢追い虫
撮影 高瀬比呂志
編集 川島章正
配給 東宝
公開 日本の旗 2001年10月20日
上映時間 104分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 7.0億円[2]
テンプレートを表示

2001年10月20日に全国東宝洋画系より公開。内容が過激なため、R-15指定を受ける。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

備考[編集]

挿入歌として起用されているNOT AT ALLの「From Silence」は、CHAGE and ASKA2001年に発表した「C-46」のインストゥルメンタルバージョンである。CHAGE and ASKAの名前を一切出していない。12月にはアルバムNOT AT ALL』を発表し、タイトル曲である「not at all」も収録されている。

主人公のあおい(加賀美早紀)を2万円で買った(援助交際した)サラリーマン役の男は、まだ無名の頃のカンニング竹山隆範。エンディングロールにも竹山の名前が載っている。

脚注[編集]

  1. ^ AV出演で得た収入は3000万円…“バブルの娘”として時代を駆け抜けた飯島愛の“知られざる晩年””. 文春オンライン. 文藝春秋 (2022年2月10日). 2022年6月29日閲覧。
  2. ^ 「2001年度 日本映画・外国映画 業界総決算 経営/製作/配給/興行のすべて」『キネマ旬報2002年平成14年)2月下旬号、キネマ旬報社、2002年、 138頁。

外部リンク[編集]