働くゴン!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
働くゴン!
ジャンル テレビドラマ
放送時間 水曜 21:00 - 23:03(123分)
放送期間 2009年9月23日(1回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
演出 南雲聖一
脚本 水橋文美江
プロデューサー 櫨山裕子
内山雅博
出演者 篠原涼子
香里奈
平岡祐太
森本慎太郎
佐藤詩音
戸田菜穂
升毅
沢村一樹
風吹ジュン
音声 副音声解説
字幕 文字多重放送
エンディング Julietちょっとずつ。
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

働くゴン!』(はたらくゴン)は、2009年9月23日の21:00 - 23:03(JST)に、日本テレビ系列で放送されたスペシャルテレビドラマ。主演は篠原涼子

概要[編集]

出産と育児のため産休に入っていた篠原涼子の『ハケンの品格』以来、2年半ぶりとなる女優復帰作である。

本作は『ハケンの品格』のスタッフが結集して制作されており、各所に『ハケンの品格』のレギュラーキャストがスペシャルゲストとして様々な形で出演している。

視聴率は10.4%。東名阪地域では、20:54 - 21:00に放送した『まもなく!働くゴン!』からのフライングスタートで放送した。

あらすじ[編集]

テレビ日本の報道記者・権俵よし子(二児の母)は数々の感動取材で”泣かせのゴン”の異名を取っていた。しかし、家庭を省みない仕事第一主義なことから、11年連れ添い家事を一手に引き受けてくれていた夫に逃げられてしまう。シングルマザーとなり、仕事と家事の両立を決意するよし子。しかし、仕事は完璧にこなすよし子も家事になるとてんでダメ。しまいには長男の咲にも呆れられる始末。そんな中、男児行方不明事件が発生し、よし子は被害児童の母親に突撃取材を試みることに。ところが、事件は意外な方向に転がり始めた。

キャスト[編集]

主要キャスト[編集]

権俵家
テレ日報道局
男児行方不明事件の関係者
劇中ニュースのアナウンサー
その他

スペシャルゲスト[編集]

スタッフ[編集]

エピソード[編集]

  • 物語の舞台となったテレビ日本のモデルは製作局である日本テレビである。カメラに書かれているロゴも「テレ日」と「日テレ」を逆にしたものである。
  • 報道フロアも実際の日本テレビ報道フロアが使われている。放送当日の夕方に放送された『Newsリアルタイム』で撮影時の様子を取材しているが、撮影時に酒井法子覚せい剤事件によって報道フロアが速報態勢に入った為、ドラマの撮影が一時中断するハプニングがあった。
  • 舞台となる「テレ日」は2003年に放送された『あした天気になあれ。』以来となる(ロゴも本作同様日テレ現行ロゴの組み替え)。この時も汐留の日本テレビタワーを「テレ日」局舎として使用し、日テレ報道局や館内各所でロケが行われた。

外部リンク[編集]