ロケット・ボーイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ロケット・ボーイ』は、フジテレビ2001年1月10日1月17日と、同年2月21日から3月21日まで、毎週水曜日21:00 - 21:54(JST)に放送された連続テレビドラマ。全7回。

概要[編集]

とあるハプニングをきっかけに知り合い意気投合した、30代のサラリーマン3人が成長していくさまを描いた青春グラフィティ。主人公・小林晋平が宇宙飛行士への夢に挑む姿や、3人の親子関係・結婚をめぐるドタバタなどがストーリーの軸になっている。

本作品収録中、主演俳優の織田裕二椎間板ヘルニアで入院し、第3話以降の収録・放送が一時不可能な状態になった。それに伴い、第2話オンエアのあと4週間放送を休止し、当初全11回の予定だったものを再構成して、全7話で制作・放送された。なお、中断期間中はドラマ『踊る大捜査線』(織田とユースケ・サンタマリアが出演していた)の特徴的な回を抜粋した再放送『ザッツ踊る大捜査線』が充てられ(ユースケと市川染五郎が解説役を務めた)、『ロケット・ボーイ』本編よりも平均視聴率が上回るという、本編スタッフにとっては屈辱的な結果となった。全7回の平均視聴率は18.8%(『踊る大捜査線』再放送全4回の視聴率は平均21.3%)。なお、この再放送の好評を受け、視聴者からの要望もあり、当初放送予定の無かった最終回部分を『ザッツ踊る大捜査線ファイナル』として別枠で再放送を行った。

本作は一度もセルおよびレンタルソフト化されていない。CSでは2017年3月・4月にホームドラマチャンネルで放送されている。

キャスト[編集]

小林 晋平(31) - 織田裕二
少年時代は宇宙飛行士に憧れていたが、大学卒業後は旅行代理店「銀河ツーリスト」で働くことになった気弱な人。
かなりの天文オタク(着信音も『2001年宇宙の旅』)。なぜか牛乳酎が大好き。
父からは「実家の旅館を継げ」としつこく言われている。
君江とのお見合いはドタキャンした。
鈴木 善行(30) - ユースケ・サンタマリア
メンマを取り扱っている「ミクロフード」の営業マン。優柔不断な性格。
少年時代はプロ野球選手に憧れており、ヤクルトスワローズのファン。
学生時代から「チョロ松」の常連(それがきっかけで現在の仕事に就いた)。
実は学生時代に両親が事故で亡くなり、親戚をたらい回しにされた苦労人。
結婚するまではプレハブ小屋で生活していた。
田中 武徳(28) - 市川染五郎
大手広告代理店「大日本広告」に勤務。ちょっと生意気で「ヘイ!ヘイ!」が口癖の女好き。
実は仕事のミスが多く、厄介者扱いされている。
普段はポジティブを装っているが、家族の前では、プレッシャーに苦悩するネガティブ人間。

小林の関係者[編集]

花沢 君江(23) - 京野ことみ
晋平の幼馴染(昔のあだ名は花沢エイリアン)。お見合いの相手。
小林とのお見合いのついでに上京し、笹塚で一人暮らしをしている。
橘 亜希子(30) - 中嶋朋子
大学時代に映画館のアルバイト仲間との罰ゲームで晋平と8年間付き合い、同棲していた人(元彼女)。
映画配給会社「GAGA」に勤務しており、『猿の惑星』が大好き。
中島 良雄 ‐ 東根作寿英
「銀河ツーリスト」海外班主任。晋平の後輩。
妻子持ちだが、ミヤコにつけ狙われている可哀想な人。
工藤 ミヤコ ‐ 猫背椿
「銀河ツーリスト」勤務。晋平の同僚。
同僚の中島を日々つけ狙っている人。
山吹 みどり ‐ 赤坂七恵
「銀河ツーリスト」勤務。晋平の同僚。
晋平入院時には企画のピンチヒッターを務める。
服部 ‐ 六角精児
「銀河ツーリスト」アルバイト添乗員。晋平の牛乳酎仲間。
ズル休みする癖があり、事あるごとに入院している。
「朝が弱くなければホントはバスの運転手になりたかった」らしい。
距離計算だけはプロ。
桜木 正介(40) - 渡辺いっけい
「銀河ツーリスト」課長。晋平の上司。
口うるさいが人情味はある人。
小林 学(58) - 山本圭
晋平の父。旅館「新かど旅館」経営者。
本当は「船乗りになりたかった」らしい。
小林 早苗 ‐ 大森暁美
晋平の母。
非常に上品な人。

鈴木の関係者[編集]

幸子 ‐ 筒井真理子
善行の姉。
2児の母。
亮太 ‐ 梨本謙次郎
幸子の旦那さん。
宇都宮で餃子屋を経営。
松井 光子(25) - 須藤理彩
善行の奥さん。旧姓は松井
娘の名前はルナ(小林が命名)。
松井 佐助 - 岩松了
光子の父。ラーメン「チョロ松」の店主(相当なエロオヤジ)。
しょっちゅう田中とは喧嘩をしている。
松井 千鶴子 ‐ 鷲尾真知子
光子の母。「チョロ松」を手伝っている。

田中の関係者[編集]

村越 ‐ 伊藤正之
武徳の上司。
ミスを連発する武徳を疎ましく思っている。
田中 一臣 ‐ 谷原章介
田中の兄。田中グループ「TKシティビル」代表。
田中 麻美子 ‐ 大楠道代
田中の母。超有名なフラワーコーディネーター。
田中 義宗 ‐ 竜雷太
田中の父。大企業「田中グループ」会長。

その他[編集]

小林 ‐ 皆川猿時
晋平らが行きつけのビアホール「ジャガークラブ」の店長さん。
お決まりのセリフは「ハイ!喜んで!」。
エリカ ‐ 桜井裕美
「ジャガークラブ」の店員さん。
実は店長と付き合っている。
毛利衛  
晋平が宇宙飛行士試験を受けた際の面接官。
内浦純一  
ウエイター

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

  • 織田裕二「空のむこうまで」

サブタイトル[編集]

各話 放送日 サブタイトル 視聴率
第1話 2001年1月10日 彼女が出て行った朝、僕は彼らと出会った 19.9%
第2話 2001年1月17日 そして僕らは変わり始めてた 18.0%
第3話 2001年2月21日 僕らの再スタート 22.6%
第4話 2001年2月28日 花巻-東京492キロ走り切れ! 18.8%
第5話 2001年3月7日 小林晋平、宇宙を目指す 17.3%
第6話 2001年3月14日 小林、涙の面接試験と流星群 17.6%
第7話 2001年3月21日 それぞれの旅立ちと見果てぬ夢 17.2%
平均視聴率 18.8%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

備考[編集]

外部リンク[編集]

フジテレビ 水曜劇場
前番組 番組名 次番組
涙をふいて
(2000.10.11 - 2000.12.20)
ロケット・ボーイ
(2001.1.10 - 2001.3.21)
私を旅館に連れてって
(2001.4.11 - 2001.6.27)