saku saku morning call

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

saku saku MORNING CALL』(サクサク モーニングコール)は、1997年4月14日から2000年9月29日までテレビ神奈川(TVKテレビ)で放送されていた音楽番組。現tvk取締役の関佳史が立ち上げに関わった。

概要[編集]

PUFFYの初レギュラー番組となった週5日間の帯番組[1]。当初は月曜に生放送を行っていたが、1997年10月からは金曜にも生放送を行うようになった。(後の金曜も含め)生放送時にはモーニングコール、天気予報、トーク、ゲスト、VTRコーナーその他という流れで行われていた。

1998年4月にSay a Little PrayerがMCに就任して以来、生放送は金曜のみになり、収録もスタジオ収録からCG収録へ移行した。

1999年4月からは全日収録となる。そしてMCのIZAMの要望により、番組初のパペットMC「フトモモ」(登場当初は名前無し)が登場。その路線が後継番組『saku saku』に登場する増田ジゴロウ白井ヴィンセントポンモップへと繋がった。

番組収録は、当時の山下町本社(放送センター)第2スタジオで1日を使って1週間分(生放送があった期間には月曜から木曜までの4日分、もしくは火曜から木曜までの3日分)をまとめ録りという形で行われていた。生放送分に限っては、同じく山下町本社(当時、放送センター)のSEAスタジオを使用していた。

MC[編集]

期間 MC キャラクター
1997.4 1997.9 PUFFY
中村貴子[2]
(不在)
期間 月曜MC 火曜 - 金曜MC
1997.9 1998.3 ユースケ・サンタマリア
FLIP FLAP[3]
PUFFY
中村貴子
期間 MC
1998.4 1999.3 Say a Little Prayer
1999.4 1999.12 IZAM フトモモ[4]
青木[4]
2000.1 2000.9 井手功二
佐々木ゆう子
久保弘毅[5]

放送時間[編集]

本放送[編集]

  • 6:45 - 7:30 (1997年4月 - 1999年3月)
  • 7:00 - 7:45 (1999年4月 - 2000年9月)

再放送[編集]

1997年4月から1999年3月までは再放送無し。

  • 8:00 - 8:45 (1999年4月 - 2000年3月)
  • 11:45 - 12:30 (1999年4月 - 1999年9月)
  • 17:00 - 17:45 (2000年4月 - 2000年9月)

脚注[編集]

  1. ^ TVK HOMEPAGE”. テレビ神奈川. 1997年7月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月9日閲覧。
  2. ^ 通称「ボス」。
  3. ^ これ以前の火曜 - 木曜で「フリフラの放課後大作戦」を担当。また、卒業後の1998年8月31日 - 同年9月3日に当時のMCのSay a Little Prayerの代理で神奈川60市町村区を巡る旅のコーナー「小エヴァグリ」を担当。
  4. ^ a b saku saku』にも続投。
  5. ^ 当時はtvkアナウンサー。
テレビ神奈川 平日6:45枠 → 平日7:30枠
前番組 番組名 次番組
-
saku saku MORNING CALL
(1997年4月14日 - 2000年9月29日)
saku saku
(2000年10月2日 - 2014年3月28日)