働く男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
働く男
UNICORNシングル
初出アルバム『ケダモノの嵐
B面 CSA〜ロック幸せ
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル CBSソニー
プロデュース UNICORN
チャート最高順位
UNICORN シングル 年表
デーゲーム
1989年
働く男
1990年
命果てるまで
1990年
テンプレートを表示

働く男(はたらくおとこ)は、UNICORNの3枚目のシングル1990年7月21日に発売。発売元はCBSソニー

解説[編集]

  • 「CSA」は所属事務所の住所、「ロック幸せ」と「働く男」は会社員の悲哀、と収録曲全ての歌詞が「仕事」と言うテーマで統一されている。
  • カップリング曲である「CSA」と「ロック幸せ」がなぜか1曲目として収録されており、リード曲(いわゆるA面曲)の「働く男」が2曲目という変則的な曲順になっている。
  • サラリーマン姿で演奏するメンバーの周りを全裸の外人モデルが歩き回るという過激なPVも話題になった。自主規制により、地上波ではメンバーが行進しているサビ部分のみを放送することが多く、フルコーラス放送されることは稀であった。
  • 奥田は「俺が意気込んだ曲は売れない」と語っていたが、ユニコーンのシングルとしては歴代最高の売上枚数を記録。
  • バラエティ番組夢で逢えたら』(フジテレビ)のオープニングテーマに使用された。

収録曲[編集]

  1. CSA〜ロック幸せ (2:50)
     (「CSA」作詞・作曲:阿部義晴 「ロック幸せ」作詞・作曲:川西幸一
    「CSA」はパンク・ロック調の激しい曲(作曲者の阿部曰く「手法がパンクなだけで精神は全然パンクじゃない」とのこと)で、バンドの所属事務所である「CSA(CSアーティスツ)」の住所・電話番号・社名がそのまま歌詞になっている。最後の「CSA」のシャウトはメンバー全員によるものだが、なぜか1人ずつ上半身裸になり、スタジオのブース(通常演奏を行うスペースの外)でレコーディングを行った。バンドの再始動後は、現在の事務所名である「SMA(ソニー・ミュージックアーティスツ)」の住所・電話番号・社名に歌詞を変えてを歌っている。
    ライブビデオ『MOVIE4 舞監なき戦い』にはメドレー「〜CSA〜風II」が収録されている(ベストアルバム『THE VERY RUST OF UNICORN』にも音源版が収録)。
    「ロック幸せ」はドラムの川西が初の作詞・作曲・リードボーカルを担当した曲。コーラスを手島が担当。他メンバーは以前から川西は声の通りがよく、ボーカルに向いていると思っていたという。ライブで披露される際は、ドラムは奥田が担当した。
    "ユニコーン"名義で川西がリードボーカルを担当するのは93年の解散まで「ロック幸せ」のみであったが、2009年再始動のアルバム「シャンブル」には川西作詞作曲、そしてボーカルを担当した「キミトデカケタ」が収録された。
  2. 働く男 (3:47)
    (作詞・作曲:奥田民生
    タイトル通り「大迷惑」に引き続いての、会社員の悲哀をテーマとした作品。
    奥田は発売当時から、ことあるごとにこの曲を「自信作だ」と語っていた。
    レコーディング中にドラムの川西が急性の腱鞘炎になってしまったため、急遽ドラムは川西が一音ずつ叩いたものをサンプリングし、打ち込みでレコーディングされることとなった。しかしシンバルだけは川西がサンプリングにあわせ、生で叩いている。
    2006年テレビアニメ働きマン』の主題歌としてPUFFYカバーし、シングルがリリースされた。こちらは2006年11月22日Ki/oonレコードより発売。PVにも一部ユニコーンへのオマージュが含まれている。

収録アルバム[編集]

参加ミュージシャン[編集]

PUFFYによるカバー[編集]

働く男
PUFFYシングル
B面 Lucy In The Sky With Diamonds
Don't Bring Me Down
リリース
規格 12cmシングル
ジャンル J-POP
レーベル キューンレコード
作詞・作曲 奥田民生
チャート最高順位
PUFFY シングル 年表
ハズムリズム
2006年
働く男
(2006年)
Boom boom beat/お江戸流れ星IV
2007年
ミュージックビデオ
「働く男」 - YouTube
テンプレートを表示

働く男」は、日本の女性歌手グループであるPUFFYの22枚目のシングル

2006年11月22日Ki/oon Recordsよりリリースされた。

解説[編集]

収録曲[編集]

  1. 働く男
  2. Lucy In The Sky With Diamonds
  3. Don't Bring Me Down

収録アルバム[編集]