大迷惑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大迷惑
UNICORNシングル
初出アルバム『服部
A面 大迷惑
B面 服部
リリース
規格 8cmCD
カセット
ジャンル ロック
時間
レーベル CBSソニー
プロデュース 笹路正徳
チャート最高順位
UNICORN シングル 年表
大迷惑
1989年
デーゲーム
1989年
ミュージックビデオ
ユニコーン 『大迷惑』 - YouTube
収録アルバム服部
いだけるあのむすめ
(12)
大迷惑
(13)
ミルク
(14)
テンプレートを表示

大迷惑」(だいめいわく)は、1989年平成元年)4月29日に発売されたUNICORNの1枚目のシングルである。

概要[編集]

  • バンド初のシングルで、アルバム『服部』の先行シングルとして発売された。
  • アルバム2枚を経てメジャーデビューから2年近く経っての1stシングルという、かなり遅いシングル発売であったが、奥田曰く「忘れていた」との事[1]。このため、オリコンでは、当時、メジャー・デビュー作品に付けられていたデビューのマークが付けられなかった[2]
  • カセットシングル版にのみ「奥田民生による「大迷惑」歌唱指導」とカラオケトラックが収録された(後に『THE VERY RUST OF UNICORN』に収録)。
  • 2009年の再結成時に実施されたアンケートでは「40歳代・30歳代」と「若者」両世代で、1位を獲得するなど[3]、ユニコーンの代表曲としても認知されている。

収録曲[編集]

  • 全作詞・作曲:奥田民生 編曲:笹路正徳・UNICORN
  1. 大迷惑 (3:38)
    歌詞は、結婚後にマイホームを持ったのに、係長からの会社命令で、3年2ヶ月単身赴任させられる男性サラリーマンの悲哀がテーマになっている。
    プロモーションビデオでは、メンバーがオーケストラと演奏している。冒頭にステージと客席のワンショットがあるが、観客のエキストラを雇う費用がなかったため、メンバーとスタッフを私服に着替えさせて客席に座らせたが、それでも客席を埋めるには人数が足らなかった為、1ブロックずつ撮影したものを合成して制作された[4]
  2. 服部 (4:27)

収録アルバム[編集]

カバー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「MOVIE6 THE VERY RUST OF UNICORN VIDEO Vol.1」tvkでのインタビュー
  2. ^ オリコン・ウィークリー(編)『小池聡行のオリコンデータ私書箱』オリジナルコンフィデンス、1991年、25頁。ISBN 4871310272
  3. ^ 感じ悪くてすいません!「世代別」思い出の“あの曲”ランキング”. 2011年4月19日閲覧。
  4. ^ 「別冊カドカワ 総力特集ユニコーン 2009」板屋宏幸インタビュー(2009年6月15日発行)

外部リンク[編集]