ユニコーン・トリビュート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ユニコーン・トリビュート
Various Artistsトリビュート・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル SME Records
チャート最高順位
Various Artists 年表
ユニコーン・トリビュート
2007年
ユニコーン・カバーズ
2013年
テンプレートを表示

ユニコーン・トリビュート』は、オムニバスによるUNICORNトリビュート・アルバム2007年10月24日発売。発売元はSME Records

解説[編集]

1987年デビューから20周年記念として発売されたユニコーンをリスペクトしている豪華アーティストによるトリビュート盤。通称・「ユニトリ」。奥田民生のトリビュート盤『奥田民生・カバーズ』と同時発売。『奥田民生・カバーズ』同様、参加アーティストは奥田自らが各アーティストにオファーを出している。

アルバム発売後、『僕らの音楽 -OUR MUSIC-』でMONGOL800と奥田は沖縄民族衣装を着て「大迷惑」をセッションした。その番組での対談で「おかしな2人」のカバーを希望したが、先客(シュノーケル)がいたため「大迷惑」にしたと話した。

収録曲[編集]

DISC1[編集]

  1. I'M A LOSER / 東京スカパラダイスオーケストラ
    (作詞・作曲:奥田民生)『PANIC ATTACK』収録
    インストゥルメンタル
  2. 大迷惑 / MONGOL800
    (作詞・作曲:奥田民生)シングル。『服部』収録
  3. ヒゲとボイン / TRICERATOPS
    (作詞・作曲:奥田民生) シングル。『ヒゲとボイン』収録
  4. ニッポンへ行くの巻 / GRAPEVINE
    (作詞・作曲:奥田民生)『ヒゲとボイン』収録
  5. エレジー / 真心ブラザーズ
    (作詞・作曲:奥田民生)『ケダモノの嵐』収録
    女性の声は中村優
  6. ターボ意味無し / DOPING PANDA
    (作詞・作曲:奥田民生)『ヒゲとボイン』収録
    アーティストの意向で全英語詞。
  7. 自転車泥棒 / CHEMISTRY
    (作詞・作曲:手島いさむ) 『ケダモノの嵐』収録
  8. 珍しく寝覚めの良い木曜日 / PUSHIM
    (作詞・作曲:手島いさむ)『服部』収録
  9. ミルク / つじあやの
    (作詞・作曲:奥田民生)『服部』収録

DISC2[編集]

  1. 与える男 / 吉井和哉
    (作詞・作曲:奥田民生) 『SPRINGMAN』収録
    ドラムに奥田が参加。
  2. 開店休業 / フジファブリック
    (作詞・作曲:阿部義晴) 『ヒゲとボイン』収録
  3. SUGAR BOY / 星グランマニエと東京シュガー・ボーイズ(from氣志團
    (作詞・作曲:奥田民生)『PANIC ATTACK』収録
    氣志團のフロント2人を抜いた特別ユニット。木内健アコーディオンで参加。
  4. ペケペケ / キャプテンストライダム
    (作詞:川西幸一 / 作曲:奥田民生)『PANIC ATTACK』収録
    キャプテンストライダムのベストアルバム『ベストロリー』にも収録されている。またキャプテンストライダムの10thシングル「人間ナニモノ!?」にはライブ音源が収録されている。
  5. おかしな2人 / シュノーケル
    (作詞:川西幸一 / 作曲:奥田民生)『服部』収録
    コーラスに橋本絵莉子チャットモンチー)と関根史織BaseBallBear)が参加。
    シュノーケルのシングル『天気予報』のC/Wにも収録されている。
  6. ケダモノの嵐 / SPARKS GO GO
    (作詞:西川幸一 / 作曲:奥田民生)『ケダモノの嵐』収録
  7. 働く男 / PUFFY
    (作詞・作曲:奥田民生)シングル。『ケダモノの嵐』収録
    この楽曲(PUFFY)は2006年11月22日にシングルリリースされている。
  8. すばらしい日々 / 宮沢和史 in GANGA ZUMBA
    (作詞・作曲:奥田民生)シングル。『SPRINGMAN』収録。
    以前より宮沢はソロによる弾き語りライヴにてカバーしていた。

外部リンク[編集]