おどる亀ヤプシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おどる亀ヤプシ
UNICORNEP
リリース
ジャンル ロック
時間
レーベル CBSソニー
プロデュース UNICORN
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 登場回数7回(オリコン)
UNICORN 年表
ケダモノの嵐
(1990年)
おどる亀ヤプシ
(1990年)
ハヴァナイスデー
(1990年)
テンプレートを表示

おどる亀ヤプシ』(おどるかめヤプシ)は、日本のロックバンドであるUNICORNのミニアルバム(公式には5枚目のアルバムとしてカウントされている)。1990年11月1日発売。発売元はCBSソニー。完全限定生産盤。

解説[編集]

  • 3ヶ月連続アルバムリリースの第2弾。「曲は自分達で作り、アレンジを外部に委託する」というコンセプトのもと制作された。中にはユニコーン編曲となっている曲もあるが、民族音楽ボサノバのように従来の彼等の音楽性とは一線を画している。
  • アンケート調査でユニコーンは子供からの人気が極端にないことが判明したため、子供をターゲットにしようとジャケットを飛び出す絵本にしてみたり、「ボサノバ父さん」以外の歌詞を子供の目線で書いたりしている。
  • 「ヤプシ」とは川西幸一の口癖から取ったもので、シングル「働く男」でも「ヤプシッ!」という声が聞こえる。

リリース履歴[編集]

No. 日付 レーベル 規格 規格品番 最高順位 備考
1 1990年11月1日 CBSソニー CD CSCL-1546 2位 完全限定生産盤、「飛び出す絵本」仕様
2 1995年12月13日 ソニー・ミュージックレコーズ CD SRCL-3415 91位 ユニコーンの逆転満塁ホームランプライスシリーズ(廉価版)
『おどる亀ヤプシ+ハヴァナイスデー』としてリリース
3 2007年12月19日 エスエムイーレコーズ CD SECL-605 - 紙ジャケット仕様

収録曲[編集]

# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 初恋(ボーカル:堀内一史) 堀内一史 堀内一史 UNICORN
2. ママと寝る人(ボーカル:阿部義晴) 阿部義晴 阿部義晴 長谷川智樹
3. 12才(ボーカル:奥田民生) 手島いさむ 手島いさむ 矢野誠
4. ボサノバ父さん(ボーカル:奥田民生) 奥田民生 奥田民生 UNICORN
5. PTA〜光のネットワーク〜(ボーカル:奥田民生、阿部義晴) 奥田民生、阿部義晴 奥田民生、阿部義晴、小西康陽 小西康陽
6. 俺の走り(ボーカル:阿部義晴) 阿部義晴 阿部義晴 仙波清彦
合計時間:

曲解説[編集]

  1. 初恋
  2. ママと寝る人
  3. 12才
  4. ボサノバ父さん
    奥田が中山忍に提供したシングル曲『光のオペラ』のBメロ部とサビ部、歌詞とアレンジを変えたもの。
  5. PTA〜光のネットワーク〜
    当時の光GENJITM NETWORKをパロディ化したサウンドになっており、特にAメロは「Self Control (方舟に曳かれて)」、Bメロは「Get Wild」と酷似しているほか、奥田は宇都宮隆のモノマネで歌っている。イントロの先生と生徒の掛け合いはメンバーではなく、マネージャーによるもの。
    打ち込み主体の曲であるため、1993年にバンドが解散するまでライブで披露されることはなかったが、2009年の再結成時にホームページ上で行われた人気投票で上位にランクインしたことと、「別にカラオケでもいいじゃないか」というメンバーの姿勢の緩和により、ツアー「蘇える勤労」で初披露された。その際に冒頭の掛け合いはEBI(生徒)と川西(先生)が担当し、途中この二人のラップパートも追加された。
    本アルバムの中では唯一ベスト盤等に再収録されている(『THE VERY RUST OF UNICORN』、『裸の王様・王様のアイデア 小西康陽の仕事1987-1994(ソニー・ミュージック編)』、『I LOVE UNICORN 〜FAN BEST〜』)。
    小西が「作曲」したのは各パートのジョイントである「ジャン」という音のみである(『裸の王様・王様のアイデア』ライナーノーツより)。
  6. 俺の走り
    日本屈指の和楽器パーカッショニスト仙波清彦の、はにわ隊による和打楽器アレンジ曲。途中の女声ボーカルは、ウズマキマズウの小川美潮。ユニコーンは、はにわオールスターズにも参加した。