WAO!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
WAO!
UNICORNシングル
初出アルバム『シャンブル
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル キューンレコード
プロデュース UNICORN
チャート最高順位
  • 週間3位(オリコン
  • 2009年2月度月間8位(オリコン)
  • 2009年度年間77位(オリコン)
UNICORN シングル 年表
雪が降る町“more bell mix”
1996年
WAO!
2009年
半世紀少年
(2009年)
収録アルバムシャンブル
スカイハイ
(2)
WAO!
(3)
ボルボレロ
(4)
テンプレートを表示

WAO!」(ワオ!)は、UNICORNの10枚目のシングル(企画シングル・再発売シングル除く)。2009年2月4日に発売。発売元はキューンレコード

解説[編集]

  • 2009年元旦、オフィシャルサイトにて新年の挨拶のコメントを発表し、その4日後の1月5日に本シングルおよびアルバム『シャンブル』リリース、さらに全国ツアーを発表。1993年の解散からおよそ15年ぶりの再始動となった。なお、本作は企画シングル・再発売シングルを除くと、1993年発売の「すばらしい日々」以来のリリースである。
  • 本作はレーベルをキューンレコードに移してから第1弾となる作品である(レーベルが異なるだけであり、発売元はソニーでこれまでと同じ)。再結成直前に、奥田もシングル「SUNのSON」でレーベルをキューンレコードに移していた。(両者ともSony Records→SME Records→Ki/oon Recordsの順)
  • 本作には初回生産限定盤と通常盤の2形態で発売。初回盤はDVD付で、レコーディングドキュメンタリーが収録され、特製ブルーモンスターイラスト仕様のジャケットシールが付いてくる。
  • 本曲は小さな子供にも人気があると『ミュージックステーション』(2009年2月20日放送分)で阿部・奥田が発言した。実際にユニコーンの公式ブログにも、そのようなコメントが多く寄せられた。

収録曲[編集]

  1. WAO! (4:28)
    (作詞・作曲:阿部義晴)
    日本コカ・コーラ社アクエリアス」CMソング(2009年1月30日〜)。なお、12枚目のシングル「裸の太陽」も同商品のCMソングとなっている(こちらは2010年2月〜)。
    メインボーカルは阿部が担当。なお、コラボレーション作品を除いて、奥田以外のメンバーボーカル曲がシングルになるのは初。
    サビ部分の手島によるライトハンド奏法は、最初はアドリブでしたものだったが、メンバーの受けがよかったことと演奏技術の高さから採り入れることとなった。
    ライブでは、歌詞の「愛のキーワード1173」の部分で阿部が指で「1173」のサインを示す見せ場がある。これは「いい波」からきている。
  2. WAO! (KARAOKE!) (4:28)
    (作曲:阿部義晴)

全編曲:UNICORN

初回特典DVD[編集]

MOVIE11「バンドやろうぜ 〜 アルバム"シャンブル"ができるまで Part I」

タイトル通り、アルバム『シャンブル』完成までのドキュメンタリー映像。各メンバーの解説を織り交ぜながら、レコーディング風景をはじめ、再始動を決めた新年会の映像からデモテープ鑑賞会まで、超貴重な映像も盛り沢山収録している。Part IIはアルバム『シャンブル』初回特典DVDに収録。

参加ミュージシャン[編集]