シャンブル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シャンブル
UNICORNスタジオ・アルバム
リリース
録音 2008年5月 - 12月
ジャンル ロック
時間
レーベル Ki/oon Records
プロデュース UNICORN
河合誠一マイケル
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 2009年3月度月間3位(オリコン)
  • 2009年度上半期9位(オリコン)
  • 2009年度年間24位(オリコン)
ゴールドディスク
  • プラチナ(日本レコード協会
  • UNICORN 年表
    ULTRA SUPER GOLDEN WONDERFUL SPECIAL ABSOLUTE COMPLETE PERFECT SUPREME TERRIFIC ULTIMATE...
    2002年
    シャンブル
    (2009年)
    I LOVE UNICORN 〜FAN BEST〜
    (2009年)
    『シャンブル』収録のシングル
    1. WAO!
      リリース: 2009年2月4日
    テンプレートを表示

    シャンブル』は、日本ロックバンドUNICORNの9作目のオリジナルアルバム2009年2月18日発売。発売元はキューンレコード

    解説[編集]

    • 2009年元日、オフィシャルサイトにて新年の挨拶のコメントを発表し、その4日後の1月5日にシングル「WAO!」および本アルバムのリリース、さらに全国ツアーを発表。16年ぶりの再始動となった。
    • 本作は、オリジナルアルバムとしては1993年発売の『SPRINGMAN』以来、実に16年ぶりのアルバムである。
    • 初回生産限定盤(DVD付)、Blu-Spec盤(完全生産限定盤)、通常盤、アナログ盤2009年3月25日発売)の4パターンでの発売。初回盤はDVD付きで、レコーディングドキュメンタリーおよび先行シングル「WAO!」のミュージックビデオが収録される。なおBlu-Spec盤は邦楽作品第1号である。
    • 今作のレコーディングの模様は、先行シングル「WAO!」と今作の初回生産限定版にのみ付属されるDVDに収録されている。
    • オリジナルアルバムでは『ケダモノの嵐』、『SPRINGMAN』に次ぐ3度目のオリコン1位を獲得した。ベストアルバム(THE VERY RUST OF UNICORN)を含めると4度目の首位を獲得した。再結成グループによるアルバムの首位獲得はかぐや姫の『かぐや姫・今日』以来、30年10か月ぶりで史上2組目となった。また、前回の首位から今回の首位獲得までの14年10か月というインターバル期間は、CHAGE and ASKAの8年6か月を上回り、19年半ぶりに記録を更新した。

    初回特典DVD[編集]

    • MOVIE11「バンドやろうぜ 〜 アルバム"シャンブル"ができるまで Part II」
      タイトル通り、本作完成までのドキュメンタリー映像。各メンバーの解説を織り交ぜながら、レコーディング風景をはじめ、再始動を決めた新年会の映像、デモテープ鑑賞会、そしてレコーディング初日から最終作業であるマスタリングに至るまでの貴重な映像も盛り沢山収録している。Part Iはシングル「WAO!」初回特典DVDに収録。
    • 「WAO!」ビデオクリップ

    エピソード[編集]

    • アルバム名「シャンブル」の由来は再結成を決めた飲み屋の名前で、極秘でレコーディングを行う為、スタジオをおさえる際に使用していたバンドの偽名でもある(他にも「Hit&Run」や「シャル並木(広島市中区に実在するビジネスホテル)」などの偽名を使用していた)。
    • ジャケットはディープ・パープルの「紫の炎」のジャケットのパロディ、ロゴは映画「時計じかけのオレンジ」のパロディである。また、歌詞カードの写真ではメンバー5人がジミ・ヘンドリックス横山やすしコスプレで登場。シングル「WAO!」のPVや、マスコミ向けの宣材写真にも同様のコスプレをしたメンバーが登場している。
    • 2008年1月にメンバー・当時のスタッフによる新年会が開催され、それぞれデモテープを次の集合時に持ってくることにした。その曲を元に2008年5月よりレコーディングが極秘に行われ、再結成が公式発表された1月5日の2週間前に東京スポーツで記載されるまでは、全く漏れることはなかった。
    • 「AUTUMN LEAVES」では、手島がスケジュールの都合でレコーディングに参加できなかったため、手島のパートは「別現場」となっている。
    • ギザ迷惑」、「自動車泥棒」、「ロックしわ寄せ」、「てしまる子ちゃん」など、タイトル先行で曲作りをするというアイディアがあった。結局実現はしなかったが、手島だけ真に受けて本当に作ってきた[1]
    • 「ザギンデビュー」、「最後の日」のホーンセクションは、極秘裏にレコーディングを進めている関係上外部のミュージシャンを呼ぶことが出来なかったために奥田と阿部が挑戦したが、不慣れな事から演奏の限界を悟り断念。一部をサンプリング音源によるキーボード演奏に変更された。なお、ライブでは手島がシンセサイザーで演奏している。
    • 歌詞カードでは川西幸一が「帰ってきたヤメマン」と表記されている。
    • 本作から堀内一史のクレジットが「EBI」で統一されるようになった。

    リリース履歴[編集]

    No. 日付 レーベル 規格 規格品番 最高順位 備考
    1 2009年2月18日 キューンミュージック CD
    CD+DVD
    ブルースペックCD
    KSCL-1370
    KSCL-1368〜9
    KSCL-20001
    1位 通常盤
    初回限定盤
    完全生産限定盤
    2 2009年3月25日 キューンミュージック LP KSJL-6146〜7 1位 完全生産限定盤

    収録曲[編集]

    CD盤[編集]

    全編曲: UNICORN。
    #タイトル作詞作曲ボーカル時間
    1.ひまわり阿部義晴阿部義晴奥田民生
    2.スカイハイ奥田民生奥田民生奥田民生
    3.WAO!阿部義晴阿部義晴阿部義晴
    4.ボルボレロEBIEBIEBI
    5.ザギンデビュー奥田民生奥田民生奥田民生
    6.キミトデカケタ川西幸一川西幸一川西幸一
    7.オッサンマーチ手島いさむ手島いさむ手島いさむ
    8.AUTUMN LEAVESEBIEBIEBI
    9.水の戯れ〜ランチャのテーマ〜EBIEBI奥田民生
    10.BLACKTIGER川西幸一川西幸一EBI
    11.最後の日奥田民生奥田民生奥田民生
    12.R&R IS NO DEAD阿部義晴阿部義晴阿部義晴
    13.サラウンド奥田民生奥田民生奥田民生
    14.パープルピープル川西幸一奥田民生奥田民生
    15.HELLO阿部義晴阿部義晴奥田民生
    合計時間:

    LP盤[編集]

    DISC 1 A面
    全編曲: UNICORN。
    #タイトル作詞作曲ボーカル時間
    1.ひまわり阿部義晴阿部義晴奥田民生
    2.スカイハイ奥田民生奥田民生奥田民生
    3.WAO!阿部義晴阿部義晴阿部義晴
    4.ボルボレロEBIEBIEBI
    DISC 1 B面
    #タイトル作詞作曲ボーカル時間
    5.ザギンデビュー奥田民生奥田民生奥田民生
    6.キミトデカケタ川西幸一川西幸一川西幸一
    7.オッサンマーチ手島いさむ手島いさむ手島いさむ
    8.AUTUMN LEAVESEBIEBIEBI
    DISC 2 A面
    #タイトル作詞作曲ボーカル時間
    1.水の戯れ〜ランチャのテーマ〜EBIEBI奥田民生
    2.BLACKTIGER川西幸一川西幸一EBI
    3.最後の日奥田民生奥田民生奥田民生
    DISC 2 B面
    #タイトル作詞作曲ボーカル時間
    4.R&R IS NO DEAD阿部義晴阿部義晴阿部義晴
    5.サラウンド奥田民生奥田民生奥田民生
    6.パープルピープル川西幸一奥田民生奥田民生
    7.HELLO阿部義晴阿部義晴奥田民生

    曲解説[編集]

    1. ひまわり
      レコーディング風景で編集構成されたミュージックビデオが制作された。
    2. スカイハイ
    3. WAO!
      先行シングル曲。日本コカ・コーラアクエリアス」CF曲。もともとシングル化の予定はなかったという。
    4. ボルボレロ
    5. ザギンデビュー
    6. キミトデカケタ
      本作の収録曲の中でもっとも録音に時間がかかっている。
    7. オッサンマーチ
    8. AUTUMN LEAVES
      タイトルの意味は秋葉原。デモテープ試聴会で、曲調が暗かったためメンバーが爆笑した[2]
    9. 水の戯れ〜ランチャのテーマ〜
    10. BLACKTIGER
      タイトルはEBIがボーカルをとることにちなんでつけられた。そのためこの曲のクレジットにおいて、EBIの表記が「海老」となっている(「ブラックタイガー」とかけている)。
    11. 最後の日
    12. R&R IS NO DEAD
    13. サラウンド
      映画『南極料理人』(2009年)主題歌。映画本作では阿部義晴が音楽担当。
    14. パープルピープル
    15. HELLO
      本作のリズム録りはこの曲からスタートした。東京メトロ「TOKYO HEART」CMソング。

    参加ミュージシャン[編集]

    脚注[編集]

    [ヘルプ]
    1. ^ インタビュー『ユニコーン』エキサイトミュージック”. 2011年4月19日閲覧。
    2. ^ シングル「WAO!」特典DVD MOVIE11「バンドやろうぜ 〜 アルバム"シャンブル"ができるまで Part I