ANSWER (アンジェラ・アキのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ANSWER
アンジェラ・アキスタジオ・アルバム
リリース
録音 2008年
ジャンル J-POP
レーベル エピックレコードジャパン
プロデュース アンジェラ・アキ
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 2009年3月度月間9位(オリコン)
ゴールドディスク
  • ゴールド(日本レコード協会
  • アンジェラ・アキ アルバム 年表
    TODAY
    2007年
    ANSWER
    (2009年)
    LIFE
    2010年
    テンプレートを表示

    ANSWER(アンサー)は、日本シンガーソングライターアンジェラ・アキのメジャー3作目のアルバム2009年2月25日に発売。発売元はエピックレコードジャパン

    概要[編集]

    作品のキャッチコピーは『生きること、愛することへの「答え(ANSWER)」を探しているすべての人に贈る、ラブソング・アルバム。』

    初回限定盤には「手紙」のDVD特典が付属する。

    シングル作品が1作しか出ていないにも拘らず2008年の武道館ライブで突如発売の発表をされた作品である。 前作での反省からか、発売発表からわずか2日後に全収録曲が公式サイト上に発表された。 本作はこれまでの2作と異なりカバー作品、コラボレーション作品などが盛り込まれた意欲作となっている。

    なお、2007年の武道館ライブで披露された「ONE」、2008年の大阪城ホールで披露された「Seven days,seven nights」は収録を見送られた。

    収録曲[編集]

    1. 手紙 〜拝啓 十五の君へ〜(5'12)
      • 作詞・作曲・編曲:アンジェラ・アキ
      自身最大のロングヒットとなった8thシングル。
    2. Knockin' On Heaven's Door(5'00)
      • 作詞・作曲:ボブ・ディラン 日本語詞:アンジェラ・アキ 編曲:アンジェラ・アキ、Ryosuke "Dr.R" Sakai
      ボブ・ディランのカバーで2009年2月公開の映画『ヘブンズ・ドア』主題歌。彼女の作品では初めて映画主題歌となった作品である。
      『ヘブンズ・ドア』の監督であるマイケル・アリアスから“英語が理解できる日本のアーティストにカバーしてほしい”という要望があり、当初は英語の歌詞のままカバーする予定だったがアンジェラの「日本語でカバーさせてください」という提案から日本語訳でのカバーとなった[1]。歌詞のテーマは映画に合わせ「死」である[2]
    3. ANSWER(4'32)
      • 作詞・作曲:アンジェラ・アキ 編曲:アンジェラ・アキ、牧野"Q"英司
      本作のタイトル曲。自分が好きな人に対して、できるだけ素直な気持ちを歌おうと思って作った楽曲[3]
    4. Somebody Stop Me(4'13)
      • 作詞・作曲・編曲:アンジェラ・アキ
      自分自身をコントロールできず、タイトルの通り「誰か自分を止めてほしい」という情緒不安定な気持ちを綴った楽曲[2]
    5. ダリア(7'37)
      • 作詞・作曲・編曲:アンジェラ・アキ 編曲・オーケストラアレンジ:ホッピー神山
      2008年10月のファンクラブ限定ライブにて既に公開されている楽曲。
      初めて同棲した頃の事を歌詞にした楽曲。タイトルのダリアは同棲時代に彼からもらった花のこと。
    6. Final Destination(4'39)
      • 作詞・作曲・編曲:アンジェラ・アキ
      シングル「手紙 〜拝啓 十五の君へ〜」のB面曲。
    7. Our Story(4'20)
      • 作詞・作曲・編曲:アンジェラ・アキ
      ハッピーエンドで終わる「おとぎ話」と必ずしもそうとは限らない「現実」を比較した楽曲[2]
    8. 黄昏(5'15)
      • 作詞・作曲:アンジェラ・アキ 編曲:アンジェラ・アキ、牧野"Q"英司
      何度も同じ間違いをしてしまうという主人公を表現した楽曲[2]
    9. We're All Alone(4'32)
      日本での初作品「ONE」のファーストトラックを飾った作品のリメイク。ボズ・スキャッグスのカバーで彼女にとっては二度目の同曲歌唱。
      『We're All Alone』というタイトルには、“ふたりきりになれた”と、“人はみんなひとりなんだ”という対極の意味があり、原曲は前者の意味の曲だが、アンジェラの日本語訳の歌詞は後者の意味をテーマにしている[1]。歌詞はアンジェラが24歳の超落ち込んでいた時期に書いており、そのころのリアルな心境がすごく出ているという[1]
    10. リフレクション(4'14)
      • 作詞・作曲・編曲:アンジェラ・アキ
      ダリアと同様に2008年10月のファンクラブ限定ライブにて既に公開されている楽曲。「人は互いを映す鏡である」というテーマで作られた[2]
    11. レクイエム(10'36)
      • 作詞・作曲・編曲:アンジェラ・アキ 編曲:阿部尚徳 オーケストラアレンジ:ホッピー神山
      アメリカ在住の祖父が亡くなったことがきっかけで生まれた楽曲[1]。約11分の演奏時間で4部構成の組曲となっている[1]。ふだんのレコーディングでは3~4名にてスタジオに入るが、この曲に関しては「バンドのメンバー」、「オーケストラ」、「混声合唱団」合計で40名もの大人数で採録された。その後2008年12月の武道館ライブにて先行披露。現在アンジェラの楽曲中 最長の収録時間。
    12. Black Glasses(3'43)
      ベン・フォールズとの共作・共演作品。かねてよりアンジェラはベンを尊敬する旨を述べており[4]、シングル「手紙」では彼の楽曲「Still Fighting It」をカバーしており、ベン自身もアンジェラのカバーを高く評価したことから今回のコラボへと繋がった。
      アンジェラとベンの共通点である『眼鏡』を“外に対する顔”の比喩として使っている[5]。このアルバムと同日に発売されたベン・フォールズの初のベスト・アルバム『BEN FOLDS FILE –COMPLETE BEST OF BEN FOLDS FIVE & BEN FOLDS-』にはベン・フォールズとのデュエットバージョンが収録されている。
    13. ファイター(5'32)
      • 作詞・作曲:アンジェラ・アキ 編曲:アンジェラ・アキ、牧野"Q"英司
      「私達の中には、ファイターがいるはずだから。」というメッセージをテーマに制作された楽曲。アレンジの苦労を語っているが、本作において最も気に入っている曲とも答えている[2]。アンジェラのアルバムの中でバラード以外がラストトラックとなったのはこの曲が最初。

    脚注[編集]