ボズ・スキャッグス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ボズ・スキャッグス
Boz Scaggs - Coral Springs, FL - 22886393275.jpg
2015年撮影
基本情報
出生名 ウィリアム・ロイス・スキャッグス[1]
生誕
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 テキサス州プレイノ
ジャンル
職業 シンガーソングライター
担当楽器
活動期間 1960年代前半 -
共同作業者
公式サイト www.bozscaggs.com

ウィリアム・ロイス・「ボズ」・スキャッグスWilliam Royce "Boz" Scaggs1944年6月8日 - )は、アメリカ合衆国歌手1970年代後半から1980年代にかけてヒットを放った。

来歴/キャリア[編集]

1944年アメリカ合衆国オハイオ州カントンで生まれ、少年時代をオクラホマ州テキサス州で過ごす[2]。12歳のときにギターを始め、セント・マークス・スクールでスティーヴ・ミラーと出会う。彼にギターを習いながらヴォーカリストとしてバンド活動を始めた。2人は共にウィスコンシン大学に進み、大学時代もブルース・バンドを組んだ。

1960年代前半、白人によるリズム&ブルースが盛んだったイギリスのロンドンへ渡る。いくつかのバンドでプレイした後、ソロとしてヨーロッパを遠征中スウェーデンのポリドール・レコードの目にとまり、1965年にデビュー作『ボズ』を発表した。

帰国後、サンフランシスコを拠点に活動し、スティーヴ・ミラー・バンドのファースト・アルバム『未来の子供達』(1968)とセカンド・アルバム『セイラー』にギタリストとして参加。いずれの作品でも、一部の曲ではリード・ボーカルも兼任した[4][5]。セカンド・アルバムはアルバム・チャートで24位まで上昇するヒット作となった。これで評価を得たボズは、1969年アトランティック・レコードからルーツ・ミュージック志向のアルバムを発表したが、しばらくはセールスに恵まれなかった。

ルーツ・ミュージック色が濃い音楽を発表し続けていたボズだったが、1976年、ソウル、クロスオーバー志向で洗練されたサウンドの『シルク・ディグリーズ』を発表した[6]。これが全米2位を記録し、500万枚以上を売り上げた。アルバムからも「ロウ・ダウン」(全米第3位)、AOR曲「ウィ・アー・オール・アローン」のヒットが生まれた(このアルバムに参加したセッション・ミュージシャンたちは、後にTOTOを結成)。次作の『ダウン・トゥー・ゼン・レフト』からはブルーアイド・ソウルの曲「ハード・タイムズ」「ハリウッド」がヒット。「ハード・タイムズ」は日本での最初のヒットとなった。80年の『ミドル・マン』収録曲では「ジョジョ」「シモン」が話題になった。同年、再びブルーアイド・ソウルの「ミス・サン」がアメリカ、日本ともにヒットしている。

2006年撮影

その後、しばらくリリースが途絶えていたが、1988年発表のアルバム『アザー・ロード』の収録曲「Heart of Mine」が、そのミュージック・ビデオの効果もあり、翌1989年に大ヒット、カムバックを果たした。『アザー・ロード』は日本ではオリコン洋楽チャートで1988年5月30日付から通算3週1位を獲得した[7]

2003年の『バット・ビューティフル』以降はジャズ・スタンダードに傾倒を始め、ジャズ・セットでのツアーも行っている。

2013年、スティーヴ・ジョーダンをプロデューサーに迎え、メンフィスのロイヤル・スタジオで録音したアルバム『メンフィス』を429レコードよりリリース。3月23日付Billboard 200チャートで初登場17位を記録した[8]

ディスコグラフィ[編集]

スティーヴ・ミラー・バンド[編集]

シングル[編集]

  • ジョージア Georgia/It's Over(1976年、CBS・ソニー、06SP-2)
  • ハード・タイムス HARD TIMES/(1977年、CBS・ソニー、06SP-195)
  • Hollywood/A Clue(1977年、CBS・ソニー、06SP-206)
  • トワイライト・ハイウェイ You Can Have Me Anytime/Isn't It Time(1980年、CBS・ソニー、06SP-465)
  • Breakdown Dean Ahead/Do Like You Do In New York(1980年、CBS・ソニー、06SP-473)
  • 夜のシモーヌ Simone/Middle Man(1980年、CBS・ソニー、06SP-493)
  • 「ハート・オブ・マイン(Heart of Mine)」 - ボビー・コールドウェルが提供

スタジオ・アルバム[編集]

  • 1965年 ボズ - Boz
  • 1969年 ボズ・スキャッグス&デュアン・オールマン - Boz Scaggs
  • 1970年 モーメンツ - Moments
  • 1971年 ボズ・スキャッグス&バンド - Boz Scaggs & Band
  • 1972年 マイ・タイム - My Time
  • 1974年 スロー・ダンサー - Slow Dancer
  • 1976年 シルク・ディグリーズ - Silk Degrees
  • 1977年 ダウン・トゥー・ゼン・レフト - Down Two Then Left
  • 1980年 ミドル・マン - Middle Man
  • 1988年 アザー・ロード - Other Road
  • 1994年 サム・チェンジ - Some Change
  • 1996年 フェイド・イントゥ・ライト〜ラヴ・バラード・アルバム - Fade into Light(日本限定発売)
  • 1997年 カム・オン・ホーム - Come On Home
  • 2001年 ディグ - Dig
  • 2003年 バット・ビューティフル - But Beautiful
  • 2005年 フェイド・イントゥ・ライト〜ラヴ・バラード・アルバム 2 - Fade into Light(1996年盤に「ラヴT.K.O.」及びボーナスDVDを追加した内容)
  • 2008年 スピーク・ロウ - Speak Low
  • 2013年 メンフィス - Memphis
  • 2015年 ア・フール・トゥ・ケア - A Fool to Care
  • 2018年 アウト・オブ・ザ・ブルース - Out of the Blues

ライヴ・アルバム[編集]

  • 2004年 グレイテスト・ヒッツ・ライヴ - Greatest Hits Live

コンピレーション・アルバム[編集]

  • 1980年 ヒッツ - Hits!
  • 1992年 ボズ・ザ・バラード - Boz the Ballade
  • 1997年 マイ・タイム〜ボズ・スキャッグス・アンソロジー(1969-1997) - My Time: A Boz Scaggs Anthology
  • 2006年 ヒッツ - Hits!(1980年の同名盤に5曲追加)
  • 2011年 プレイリスト:ヴェリー・ベスト・オブ・ボズ・スキャッグス - Playlist: The Very Best of Boz Scaggs
  • 2019年 グレイテスト・ヒッツ ~ジャパニーズ・シングル・コレクション~ - Greatest Hits -Japanese Single Collection-

日本公演[編集]

  • 1978年 
    2月3日 横浜文化体育館、4日,5日 大阪 フェスティバルホール、7日 東京 日本武道館、9日 名古屋市公会堂
  • 1980年
    10月8日 横浜文化体育館、9日,11日 大阪 フェスティバルホール、10日,16日 名古屋市民会館、12日 神戸市立中央体育館、14日,15日,20日 東京 日本武道館、18日 東京 中野サンプラザ
  • 1983年 Hot Live 1983 with マイケル・マクドナルドジョー・ウォルシュ
    10月10日 大阪スタヂアム、15日,16日 東京 国立代々木競技場 第一体育館
  • 1985年 EXPO'85 Live
    3月7日 名古屋市民会館、3月9日 福岡サンパレス、3月11日,12日 大阪 フェスティバルホール、3月13日 東京 NHKホール、3月15日 東京 日本武道館、17日 矢田部 科学万博つくば'85 エキスポプラザ
  • 1988年
    6月30日 横浜文化体育館、7月8日,9日,10日 東京 日本武道館
  • 1988年 KIRIN DRY GIGS'88 with ビリー・ジョエルアート・ガーファンクル
    7月24日 東京ドーム
  • 1990年 KIRIN DRY GIGS'90 with ダリル・ホール&ジョン・オーツドゥービー・ブラザーズシーラ・E、ジョニー・ギル
    7月15日 東京ドーム
  • 1991年 
    5月28日,29日 大阪 フェスティバルホール、31日,6月1日,2日 東京 NHKホール
  • 1993年
    3月22日 東京 中野サンプラザ、24日 川崎市産業文化会館、27日 東京 渋谷公会堂、28日 東京 NHKホール
  • 1994年
    7月12日 横浜 神奈川県民ホール、13日 浦和市文化センター、14日 大阪 サンケイホール、16日 メルパルクホール広島、17日 福岡サンパレス、19日 名古屋 愛知厚生年金会館、20日 大阪 フェスティバルホール、22日,23日,24日 東京 NHKホール、26日 仙台サンプラザ、27日 盛岡 津南文化センター、30日 浦安 東京ベイNKホール
  • 1995年
  • 1997年
    10月4日 東京 NHKホール、7日 東京 赤坂BLITZ、8日 横浜 神奈川県民ホール
  • 2001年
    12月2日 東京 NHKホール、4日 大阪厚生年金会館、5日 東京 赤坂BLITZ
  • 2003年
    5月5日,6日,8日~10日 名古屋ブルーノート
    5月12日,13日,15日~17日 大阪ブルーノート
    5月19日,20日,22日~24日 福岡ブルーノート
    5月26日,27日,29日~6月1日 ブルーノート東京
  • 2004年
    5月10日,11日,13日~15日 福岡ブルーノート
    5月17日,18日,20日~22日 名古屋ブルーノート
    5月24日,25日,27日~29日 大阪ブルーノート
    5月31日~6月2日,4日~6日 ブルーノート東京
  • 2005年
    11月13日~15日,17日~19日 ブルーノート東京
    11月21日,22日 名古屋ブルーノート
    11月24日~26日 大阪ブルーノート
    11月28日 仙台サンプラザ
    12月1日 札幌 北海道厚生年金会館
  • 2006年
    10月3日 名古屋ブルーノート
    10月5日~7日 大阪ブルーノート
    10月9日~15日 ブルーノート東京
    10月17日 モーションブルー・ヨコハマ
  • 2008年 TOTOとのジョイントツアー
    3月20日,21日 東京 JCBホール、22日 パシフィコ横浜 国立大ホール、24日,25日 大阪 フェスティバルホール、3月27日 名古屋 センチュリーホール、29日 東京国際フォーラム ホールA
  • 2013年
    11月18日,19日 東京 渋谷公会堂、20日 尼崎 あましんアルカイックホール、22日 名古屋市公会堂、24日 広島 上野学園ホール
  • 2015年
    6月5日 仙台 東京エレクトロンホール宮城、8日 札幌 ニトリ文化ホール、10日,11日 東京 Bunkamuraオーチャードホール、13日 尼崎 あましんアルカイックホール、15日 名古屋市公会堂、16日 金沢 本多の森ホール
  • 2019年
    5月5日 仙台 サンプラザホール、 5月7日〜9日 東京 Bunkamuraオーチャードホール、 11日 大阪 オリックス劇場、 13日 広島 JMSアステールプラザ 大ホール、 14日 名古屋市公会堂

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ プロフィール | ボズ・スキャッグス”. ソニーミュージックオフィシャルサイト. ソニー・ミュージックエンタテインメント. 2022年5月19日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k Ankeny, Jason. Boz Scaggs Biography, Songs, & Albums - オールミュージック. 2022年5月19日閲覧。
  3. ^ a b c Boz Scaggs(ボズ・スキャッグス)の情報まとめ”. OKMusic. ジャパンミュージックネットワーク. 2022年5月19日閲覧。
  4. ^ Children Of The Future”. Steve Miller Band Official Site. 2017年7月23日閲覧。
  5. ^ Sailor”. Steve Miller Band Official Site. 2017年7月23日閲覧。
  6. ^ Strong, Martin C. (2000). The Great Rock Discography (5th ed.). Edinburgh: Mojo Books. pp. 847–848. ISBN 978-1-84195-017-4.
  7. ^ オリコンのデータ協力による “全曲、80年代の週間オリコンチャートNo.1” の洋楽コンピが登場!、ソニーミュージック、2017年8月8日。
  8. ^ Boz Scaggs Memphis Chart History - Billboard 200”. Billboard. 2019年3月26日閲覧。

外部リンク[編集]