つるのうた

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
つるのうた
つるの剛士カバーアルバム
リリース
録音 2009年
ジャンル J-POP
レーベル ポニーキャニオン
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 2009年5月度月間2位(オリコン)
  • 2009年度上半期16位(オリコン)
  • 2009年度年間28位(オリコン)
ゴールドディスク
  • プラチナ(日本レコード協会
  • つるの剛士 アルバム 年表
    -つるのうた
    (2009年)
    つるのおと
    (2009年)
    テンプレートを表示

    つるのうた』は、2009年4月22日ポニーキャニオンから発売されたつるの剛士カバーアルバムである。アルバムタイトルには長女の名前もかけている。

    概要[編集]

    フジテレビ系『第11回お笑い芸人歌がうまい王座決定戦スペシャル』内で「M」を歌った際にくりぃむしちゅー有田哲平に「つるのくん、カバーアルバム出せば?」と言われ、つるのは「今は羞恥心があるので」と冗談交じりで返したが、2008年12月13日の羞恥心のイベントで上地雄輔とともにソロでのCD発売を発表した。また、羞恥心のプロデューサーである島田紳助からは「人の歌を歌うのは難しい」と当時反対されていたと、雑誌で語っている。

    アルバムのカラーは、『つるのうた』が赤色、次作『つるのおと』が青色、ライブDVD『つるのいろ』が黄色と羞恥心のカラーになっている。

    本作品の発売を受け、つるのがパーソナリティを務めていたラジオ番組『BPR5000』がタイアップとして、CD発売前日に一夜限りの復活をした。

    2009年5月第1週付オリコン週間アルバムチャートで1位を獲得。なお、カバーアルバムの男性ソロでの首位獲得は吉田拓郎徳永英明に次ぎ3人目の記録となった。また、翌々週の週間アルバムチャートでは1位の徳永英明『WE ALL』に約400枚の僅差で2位を獲得した。

    第51回日本レコード大賞の企画賞に次作『つるのおと』と共に受賞した。

    2012年3月14日にカバーアルバム第3弾『つるのうた2』を発売した。

    CDタイプ[編集]

    • CD+DVD (PCCA-02896) 3500円
    • CD (PCCA-02897) 2940円

    アルバム発売後[編集]

    2010年12月1日日本武道館で行われたチャリティーイベント『Act Against AIDS 2010』で、つるのがシークレットゲストとして登場し、元プリンセス・プリンセス岸谷香(旧名:奥居香)と共に「M」を披露した。ほかにも、アルバム内でカバーした森山直太朗の楽曲「愛し君へ」を2010年6月19日放送の『MUSIC FAIR』で森山直太朗とつるのとw-inds.橘慶太の3人でコラボで歌を披露したり、歌ってはいないが番組内で斉藤和義KANと共演している。

    収録楽曲[編集]

    CD[編集]

    1. M/プリンセス プリンセス…第11回、オールスター「お笑い芸人歌がうまい王座決定戦スペシャル」で披露している。
    2. プライマル/ORIGINAL LOVE
    3. 最後の雨/中西保志
    4. 愛し君へ/森山直太朗…2008年10月4日の「ヘキサゴンファミリーコンサート」で披露した。
    5. 歩いて帰ろう/斉藤和義Beポンキッキお台場冒険王ライブで歌っている。
    6. 君に会うまでは/浜田省吾
    7. One more time, One more chance/山崎まさよし
    8. WINDING ROAD/絢香×コブクロ…『史上最強のメガヒットカラオケBEST100』で歌っている。
    9. 何もかもが君だった(つるの剛士version)/羞-Shu-羞恥心のCDで初めてソロで歌った曲。
    10. オリビアを聴きながら/杏里尾崎亜美
    11. 永遠/KAN
    12. ペガサス幻想/MAKE-UP…つるのが好きなアニメ聖闘士星矢』の主題歌。

    DVD[編集]

    1. 「M」PV(2バージョン)
      • 収録PVの「M~Another Story~」はドラマ仕立てで、イニシャル「M」の彼女役として里田まいが出演している。
    2. 「永遠」PV
      • プライベート映像が中心となっており、つるのの妻がPV撮影に協力している。

    関連項目[編集]

    • BPR5000
      • CD発売前日に番組が復活した。

    外部リンク[編集]