サム・スミス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サム・スミス
Sam Smith
Sam Smith (Oct. 23, 2014) 02.jpg
基本情報
生誕 (1992-05-19) 1992年5月19日(25歳)
出身地 イングランドの旗 イングランド
ロンドン・ビショップズ・ストートフォード
ジャンル ポップ
ダンス・ポップ
ソウル
R&B
ハウス
ブレイクビーツ
レーベル キャピトル・レコード
PMRレコード
共同作業者 ディスクロージャー
ノーティー・ボーイ
公式サイト samsmithworld.com

サム・スミスSam Smith1992年5月19日 - )は、イギリスのシンガーソングライターである。

生い立ち[編集]

ロンドン生まれ。仲立人職のケイト・キャシディとフレデリック・スミスの息子として生まれる。ロンドンの芸能学校であるナショナル・ユース・ミュージック・シアターに2007年に入学し、ジャズバンドに参加しながら[1]、ジャズボーカリストでありピアニストのジョアンナ・エデンに歌と作曲の技法を学ぶ。[2]

音楽活動[編集]

2012年10月8日に発売されたディスクロージャーのシングル『Latch』にゲストボーカルとして参加し、全英11位を記録し名を挙げることになった。また、2013年5月19日に発売されたノーティー・ボーイのシングル『La La La』に参加し、同曲は全英1位のヒットとなった。同年12月、イギリスレコード協会主催のブリット・アワードで批評家賞を受賞[3]2014年1月には、BBCによる批評家や音楽関係者の投票で有望な新人アーティストを選出する恒例企画『BBC Sound of 2014』において、1位に選出された[4]

同年5月には名門キャピトル・レコードより、デビュー・アルバム『In the Lonely Hour』をリリース[5]。アルバムからグラミー賞の6つの部門にノミネート(2014年12月)され、 2015年2月8日ロサンゼルスで開催された第57回グラミー賞授賞式では最多の4部門: Best New Artist(最優秀新人賞)、 "Stay with Me" に対して Record of the Year(年間最優秀レコード賞), Song of the Year(年間最優秀楽曲賞)。"In the Lonely Hour"に対してBest Pop Vocal Album(最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム賞)が授与された。[6]

2015年のビルボード・ミュージック・アワード2015では、"Stay with Me"が最優秀楽曲賞にノミネートされた[7]。同年、シングル「Writing's On The wall」でイギリスのUKチャートで第1位を獲得と、アルバム「In the Lonely Hour」が69週連続でUKチャートトップ10にランクインにより、ギネス世界記録に認定された[8]

人物[編集]

2014年5月にサムは公にゲイであることを公表した[9]。4Musicでのインタビューにおいて強迫性障害の症状の改善に取り組んでいることなどを語っている。

歌手のリリー・アレン、その弟で役者のアルフィー・アレンとは親類にあたる[10]

音楽性[編集]

最も影響を受けたアーティストとしてエイミー・ワインハウスアデルの名前を挙げている。[11][12]

他にレディー・ガガビヨンセマライア・キャリーホイットニー・ヒューストンチャカ・カーンに影響を受けているとのこと。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

タイトル アルバム詳細 チャート最高位 認定
UK
[13]
AUS
[14]
CAN
[15]
DEN
[16]
GER
[17]
IRE
[18]
NLD
[19]
NZ
[20]
SWE
[21]
US
[22]
2014 In the Lonely Hour 1 1 2 2 17 1 3 1 1 2

シングル[編集]

タイトル チャート最高位 認定 収録アルバム
UK
[13]
AUS
[14]
CAN
[34]
DEN
[16]
GER
[17]
IRE
[18]
NLD
[19]
NZ
[20]
SWE
[21]
US
[35]
2013 Lay Me Down 15 3 10 14 52 2 68 8
  • UK: ゴールド[25]
  • AUS: プラチナ[36]
  • NZ: プラチナ[37]
  • US: 2× プラチナ[38]
In the Lonely Hour
2014 Money on My Mind 1 51 18 11 4 33 12 18
  • UK: プラチナ[25]
  • DEN: 2× プラチナ[39]
  • GER: ゴールド[29]
  • NLD: 2× プラチナ[30]
  • SWE: 2× プラチナ[40]
  • US: ゴールド[33]
Stay with Me 1 5 1 3 11 1 3 1 4 2
  • UK: 2× プラチナ[25]
  • AUS: 3× プラチナ[41]
  • CAN: 4× プラチナ[42]
  • DEN: 2× プラチナ[43]
  • GER: プラチナ[44]
  • NLD: 3× プラチナ[30]
  • NZ: 3× プラチナ[45]
  • SWE: 3× プラチナ[46]
  • US: 6× プラチナ[33]
I'm Not the Only One 3 11 2 5 39 6 3 3 13 5
  • UK: プラチナ[25]
  • AUS: 2× プラチナ[47]
  • CAN: 2× プラチナ[48]
  • NLD: ゴールド[30]
  • NZ: 2× プラチナ[49]
  • SWE: ゴールド[50]
  • US: 4× プラチナ[33]
Like I Can 9 20 53 12 45 11 22 19 25 99
  • UK: プラチナ[25]
  • AUS: プラチナ[51]
  • NZ: ゴールド[52]
  • US: ゴールド[33]
Have Yourself a Merry Little Christmas 65 63 66 82 80 90 なし
2015 Lay Me Down
(featuring John Legend)
1 4
  • UK: ゴールド[25]
In the Lonely Hour
Writing's on the Wall 1 44 43 22 9 32 63 71
  • UK: シルバー[25]
なし
"—"は未発売またはチャート圏外を意味する。

客演参加楽曲[編集]

日本公演[編集]

11月24日 国立代々木競技場第一体育館、25日 神戸ワールド記念ホール

脚注[編集]

  1. ^ "Sam Smith: “Every day I think about how insane this is”". The Line Of Best Fit. 14 February 2014. |accessdate=24 November 2014.
  2. ^ "Sam Smith Opens up About Life and Love". The Fader. |accessdate=28 May 2014.
  3. ^ Brits Critics' Choice Award 2014: Sam Smith announced as winner”. The Telegraph (2013年12月12日). 2013年12月19日閲覧。
  4. ^ BBC News - BBC Sound of 2014: Sam Smith” (2014年1月10日). 2014年1月11日閲覧。
  5. ^ Sam Smith announces debut album In the Lonely Hour, shares tour dates”. Fact (2013年12月16日). 2013年12月19日閲覧。
  6. ^ Sam Smith nabs Grammy nominations". BBC. Retrieved 5 December 2014|accessdate=2015-02-19
  7. ^ テイラー・スウィフトが最多14ノミネート!「2015 ビルボード・ミュージック・アワード」ノミネーション発表(1/2)”. シネマトゥデイ (2015年4月11日). 2015年4月13日閲覧。
  8. ^ サム・スミス「007 スペクター」主題歌でギネス”. 日刊スポーツ (2015年10月20日). 2015年10月21日閲覧。
  9. ^ Sam Smith Opens Up About Being Gay, Reveals Album Is About a Guy Who Didn't Love Him Back”. 2014年5月28日閲覧。
  10. ^ "Nick Grimshaw and BBC Sound of winner Sam Smith joke about Lily Allen's 'big mouth'". New Musical Express. 10 January 2014. |accessdate=17 May 2014.
  11. ^ ""I Look Up To Her" - Sam Smith On Being Inspired By Adele".|accessdate=12 Dec 2014.
  12. ^ "This Week's Fresh Music". |accessdate=17 May 2014. 4Music
  13. ^ a b Peak positions in the United Kingdom:
  14. ^ a b Peak positions for Australia:
  15. ^ Sam Smith – Chart History: Canadian Albums”. Billboard. Prometheus Global Media. 2015年10月20日閲覧。
  16. ^ a b Hung, Steffen. “Discography Sam Smith”. Danish Charts Portal. Hung Medien (Steffen Hung). 2015年10月20日閲覧。
  17. ^ a b Hung, Steffen. “Discographie Sam Smith”. German Charts Portal. Hung Medien (Steffen Hung). 2015年10月20日閲覧。
  18. ^ a b Hung, Steffen. “Discography Sam Smith”. Irish Charts Portal. Hung Medien (Steffen Hung). 2015年10月20日閲覧。
  19. ^ a b Hung, Steffen. “Discografie Sam Smith”. Dutch Charts Portal. Hung Medien (Steffen Hung). 2015年10月20日閲覧。
  20. ^ a b Hung, Steffe. “Discography Sam Smith”. New Zealand Charts Portal. Hung Medien (Steffen Hung). 2015-10-20n閲覧。
  21. ^ a b Hung, Steffen. “Discography Sam Smith”. Swedish Charts Portal. Hung Medien (Steffen Hung). 2015年10月20日閲覧。
  22. ^ Sam Smith – Chart History: Billboard 200”. Billboard. Prometheus Global Media. 2015年10月20日閲覧。
  23. ^ In the Lonely Hour by Sam Smith”. iTunes Store. アップル. 2014年5月30日閲覧。
  24. ^ Caulfield, Keith (2015年6月26日). “Billboard 200 Chart Moves: Alanis Morissette's 'Jagged Little Pill' Hits 15 Million in U.S. Sales”. Billboard. Prometheus Global Media. 2015年6月26日閲覧。
  25. ^ a b c d e f g h Certified Awards Search (To access, enter the search parameter "Sam Smith" and select "Search by Keyword")”. British Phonographic Industry. 2014年6月7日閲覧。
  26. ^ ARIA Australian Top 50 Albums”. Australian Recording Industry Association (2015年5月11日). 2015年5月9日閲覧。
  27. ^ Gold/Platinum”. Music Canada. 2014年10月25日閲覧。
  28. ^ http://hitlisten.nu/default.asp?list=a40
  29. ^ a b Gold–/Platin-Datenbank: Sam Smith” (German). Bundesverband Musikindustrie. 2014年5月30日閲覧。
  30. ^ a b c d Sam Smith overladen met goud en platina”. RTL Nieuws. 2015年10月20日閲覧。
  31. ^ NZ Top 40 Albums Chart 3 August 2015”. RMNZ. 2015年8月7日閲覧。
  32. ^ Sam Smith - In The Lonely Hour Sweden”. GLF. 2014年9月1日閲覧。
  33. ^ a b c d e RIAA - Gold & Platinum Searchable Database - January 11, 2015”. http://www.riaa.com. 2015年10月20日閲覧。
  34. ^ Peak chart positions for singles in Canada:
  35. ^ Peak chart positions for singles in the United States:
  36. ^ Ryan, Gavin (2015年4月4日). “ARIA Singles: Major Lazer Has No 1 Song”. Noise11. 2015年4月4日閲覧。
  37. ^ "New Zealand single certifications – Sam Smith – Lay Me Down". Recorded Music NZ. 10 April 2015閲覧. 
  38. ^ AIAA Gold & Platinum Awards: 5/1/2015 — 5/31/2015”. 2015年10月20日閲覧。
  39. ^ Sam Smith "Money on My Mind"”. IFPI. 2014年10月4日閲覧。
  40. ^ Sam Smith "Money on My Mind"”. IFPI. 2015年1月10日閲覧。
  41. ^ "ARIA Charts – Accreditations – 2014 Singles". Australian Recording Industry Association. 30 November 2014. 13 December 2014閲覧. 
  42. ^ Canadian Single Certifications - Sam Smith "Stay With Me"”. Music Canada. 2014年7月21日閲覧。
  43. ^ Sam Smith "Stay With Me"”. IFPI. 2014年10月4日閲覧。
  44. ^ Gold-/Platin-Datenbank”. BVMI. 2015年3月11日閲覧。
  45. ^ "New Zealand single certifications – Sam Smith – Stay with Me". Recorded Music NZ. 30 January 2015閲覧. 
  46. ^ Sam Smith "Stay With Me"”. IFPI. 2014年11月19日閲覧。
  47. ^ "ARIA Charts – Accreditations – 2015 Singles". Australian Recording Industry Association. 10 February 2015閲覧. 
  48. ^ "Canadian digital download certifications – Sam Smith – I'm Not the Only One". Music Canada. 
  49. ^ "New Zealand single certifications – Sam Smith – I'm Not the Only One". Recorded Music NZ. 30 January 2015閲覧. 
  50. ^ Sam Smith "I'm Not the Only One"”. IFPI. 2014年11月19日閲覧。
  51. ^ Ryan, Gavin (2015年3月28日). “ARIA Singles: Lunchmoney Lewis Spends Second Week At No 1”. Noise11. 2015年3月28日閲覧。
  52. ^ "New Zealand single certifications – Sam Smith – Like I Can". Recorded Music NZ. 30 January 2015閲覧. 

外部リンク[編集]