CALLING (コブクロのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
CALLING
コブクロスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
ネオ・フォーク
時間
レーベル ワーナーミュージック・ジャパン
プロデュース コブクロ
チャート最高順位
  • 週間1位(2週連続、オリコン
  • 2009年8月度月間2位(オリコン)
  • 2009年9月度月間11位(オリコン)
  • 2009年度年間10位(オリコン)
  • 登場回数28回(オリコン)
ゴールドディスク
  • ダブル・プラチナ(日本レコード協会
  • コブクロ 年表
    5296
    2007年
    CALLING
    (2009年)
    ALL COVERS BEST
    2010年
    『CALLING』収録のシングル
    1. 時の足音
      リリース: 2008年10月29日

    2. リリース: 2009年4月15日
    3. STAY
      リリース: 2009年7月15日
    テンプレートを表示

    CALLING」(コーリング)は、フォークデュオコブクロ2009年8月5日にリリースした通算7枚目のオリジナルアルバム

    概要[編集]

    前作『5296』から、約1年9ヶ月ぶりのアルバム。4,8,11,12,13の曲は、Album Mixとなっている。初回限定盤には、特殊3DジャケットとDVDが付属する。

    収録シングルのB面では、『』の「ルルル」と先行シングルの『STAY』の「君といたいのに」の2曲が収録から漏れた。

    NAMELESS WORLD』から4作連続の首位を獲得し、複数週1位となったのは3作連続となった(前々作・前作は共に4週連続の1位)。2009年の年間アルバムチャートでは10位にランクインし、4年連続でオリコン年間アルバムチャートTOP10入りとなった。

    歌詞カードが独特で、字体やレイアウトなどがそれぞれの曲のイメージに沿ったものになっている。

    収録曲[編集]

    1. サヨナラ HERO (作詞・作曲:小渕健太郎
      小渕が、亡き忌野清志郎に捧げた曲。
      「あるし」という歌詞を「RC」と表記したり、「今はのんびり」と「忌野」をかけているなどの言葉遊びが見られる。 
    2. 恋心 (作詞・作曲:小渕健太郎)
    3. To calling of love (作詞・作曲:黒田俊介
      2008年のツアー「5296」で初披露された。黒田が手掛けた曲にしては珍しく、恋愛をテーマにしている。
    4. (作詞・作曲:小渕健太郎)
      17thシングル
      JALCMソング。
      シングル・バージョンに比べ、サビの前と途中にあるバック・コーラスの音量が若干大きくなっている。
    5. STAY (作詞・作曲:小渕健太郎)
      18thシングル
      TBS日曜劇場官僚たちの夏」主題歌
    6. 天使達の歌 (作詞・作曲:小渕健太郎)
      2008年のツアー「5296」で初披露された。
      アルバム発売の3ヶ月後の同年11月から「2009 東京タワーCMイメージソング」(関東ローカル)として使われることとなった。
    7. FREEDOM TRAIN (作詞・作曲:小渕健太郎)
      18thシングルc/w
      2008年のツアー「5296」で初披露された。
    8. Summer rain (作詞・作曲:小渕健太郎)
      17thシングルc/w
      テレビ東京系アニメ「クロスゲーム」オープニングテーマ
    9. Sunday kitchen (作詞・作曲:小渕健太郎)
      料理を題材にした曲で、曲中では料理をしているSEが入っている。
    10. 神風 (作詞・作曲:小渕健太郎)
      インディーズ時代の曲で、現在でもライブでよく歌われる楽曲である。
    11. ベテルギウス (作詞・作曲:小渕健太郎)
      16thシングルc/w
      日産・キューブCMソング。
      歌詞カードの歌詞の文中の色が違う箇所を線で結ぶとオリオン座になる。
    12. 時の足音 (作詞・作曲:小渕健太郎・黒田俊介)
      16thシングル
      日本テレビ系火曜ドラマ「オー!マイ・ガール!!」主題歌
    13. 赤い糸 (作詞・作曲:小渕健太郎)
      16thシングルc/w
      日本生命CMソング