電気グルーヴのオールナイトニッポン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
電気グルーヴのオールナイトニッポン
ジャンル バラエティ
放送方式 生放送
放送期間 1991年6月8日 - 1994年3月29日
放送時間 毎週土曜日 27:00 - 29:00→
毎週火曜日 25:00 - 27:00 (JST)
放送回数 142回
放送局 ニッポン放送
ネットワーク NRN
パーソナリティ 電気グルーヴ石野卓球ピエール瀧
ディレクター 加藤晋(初代)、三宅正希(2代目)
特記事項:
オールナイトニッポン土曜2部でスタート。
1992年10月20日に火曜1部に昇格。
テンプレートを表示

電気グルーヴのオールナイトニッポンニッポン放送深夜放送オールナイトニッポン電気グルーヴ石野卓球ピエール瀧)がパーソナリティを担当したラジオ番組。土曜2部で開始後、火曜1部に昇格。1991年6月1994年3月に放送された。

電気グルーヴは当初3人構成のグループであったが、もう1人のメンバーであったCMJKは土曜2部第1回の直前に脱退。後に加入したまりん(現・砂原良徳)は口下手なため自ら進んで番組へ出ようとはせず、たまにゲストとして、または石野卓球の失踪時やピエール瀧の病欠時に於けるピンチヒッターとして登場するに留まった。

放送時間[編集]

  • 土曜2部 1991年6月8日~1992年10月17日 27:00-29:00
  • 火曜1部 1992年10月20日~1994年3月29日 25:00-27:00(ニッポン放送をキーステーションに全国ネット)

概要[編集]

1991年6月川村かおりの後を継いで土曜2部を担当。当時は全くもって無名だったが、その数ヶ月前に月曜1部で2時間のスペシャル番組を担当した事や、「東京サウンドバズーカ音姫絵巻」内の10分番組「電気グルーヴのビリビリ行こうぜ」での実績を買われて2部のパーソナリティに抜擢された。なお、当時の月曜1部枠は同じナゴムレコード出身の大槻ケンヂが担当していた。1992年10月にとんねるずの後を受けて火曜1部に昇格、1994年3月に番組が終了。

1996年TOKYO FMにて「電気グルーヴのドリルキングアワー」がスタート。こちらは途中からパーソナリティに砂原良徳も加わり、1997年まで放送された。

そして1999年、約5年ぶりに「オールナイトニッポン」に一夜限りのWIREプロモーション特番として復帰を果たす。この特番は翌年のWIRE開催時も放送されたが、二回で終了している。

2000年には「QuickJapan」誌 vol.33において、『100% 電気グルーヴのオールナイトニッポン』と題し、数々の取材と各種放送データを掲載した大々的な特集が組まれた。

主なコーナー[編集]

  • 平成新造語
  • ギブ&迷惑
  • アニメ実写劇場
  • 演歌の星! 一本道登先生を見た!
  • 下着写真でノックアウト
  • 自分国俺法
  • イエスタデイ・ワンス・モア
  • マンガ俺節
  • 今週のお薦め
  • 小田茜と同級生
  • つかみのコーナー
  • こんなHなものが欲しかった
  • どっこい生きてる
  • 平成新風俗
  • ミスコン大革命
  • チンモーマンモーこんにちわ
  • 椎名基樹の深夜の使いっ走り
  • おやじバーコードバトル
  • 宅八郎 江口洋介化計画
  • 広川太一郎で遊ぼう
  • 雑誌特派員
  • ストップ・ザ・瀧
  • 武道館にツバを吐け
  • 深夜の発明王
  • ネオドリフ
  • ピエール瀧 平成の良き兄貴化計画
  • スター対抗バカ合戦
  • それいけ凡人君
  • 平成の奇行子
  • 耳リーグ
  • カッペにしやがれ
  • タモっていいとも
  • あの島この島行きたいな
  • 今週のニュース

その他[編集]

  • ズリネタベスト3
  • 全国番長奇行カタログ
  • ファミスタで代打やります
  • 昇龍拳でスカートめくり
  • 少年少女凶悪合唱団
  • 本気汁の時間
  • 噂の真相
  • 処女髭の女
  • サブリミナル効果

番組ノベルティ[編集]

土曜2部時代

  • 幸福の証(=ステッカー)

火曜1部時代

  • 春のあゆみ(=天久聖一デザイン「十面鬼おしゃれステッカー」)
  • 愛のチョメチョメ(=コンドーム)

番組の出来事・事件[編集]

地震[編集]

1992年2月1日と1992年8月29日の番組の放送中に大きな地震が発生。2部時代1992年2月1日放送時に発生した地震では関東地方で震度5(当時の震度)を観測し、地震のあった関東地方をカバーする局はそのまま速報番組へと移行し、放送が終了までそれが続いた。地震の影響のない地方ネット局ではそのまま番組を続行し、音楽を中心とした普段とはやや毛色の違う内容で放送された。なおこの放送を録音したカセットテープが後日番組内でプレゼントされている。

地方のみの放送[編集]

1992年のバルセロナオリンピックの開会式の中継のため、ニッポン放送のみ番組が休止となった。地震のときと同様、地方ネット局のみの放送となった。

スタッフ[編集]

ディレクター

  • 加藤晋(初代)
  • 三宅正希(2代目)

構成作家 

外部リンク[編集]

土曜2部
川村かおり 電気グルーヴの
オールナイトニッポン
土曜 27:00 - 29:00
電気グルーヴ
2・3's
火曜1部
とんねるず 電気グルーヴの
オールナイトニッポン
火曜 25:00 - 27:00
電気グルーヴ
石川よしひろ
1994年オールナイトニッポンパーソナリティ
曜日 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
月曜 中居正広 福山雅治
火曜 電気グルーヴ 石川よしひろ
水曜 松村邦洋
木曜 福山雅治 ナインティナイン
金曜 ウッチャンナンチャン
土曜 松任谷由実