誰だ! (Radio Edit)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
誰だ! (Radio Edit)
電気グルーヴシングル
初出アルバム『ORANGE
B面 誰だ! (GROOVE YARD REMIX)
YESTERDAY
リリース
規格 8cmシングル
ジャンル テクノ
時間
レーベル キューンレコード
作詞・作曲 作詞:石野卓球ピエール瀧
作曲:石野卓球
チャート最高順位
電気グルーヴ シングル 年表

1995年
誰だ! (Radio Edit)
1996年
Shangri-La
1997年
テンプレートを表示

誰だ! (Radio Edit)』(だれだ - レディオ・エディット)は、日本のテクノユニットである電気グルーヴの7枚目のシングル。

1996年5月22日キューンソニーレコードよりリリースされた。

内容[編集]

NHKPOP JAM」オープニングテーマ[1]フジテレビ系「天才!ヒポカンパス」メインテーマ、毎日放送制作ドラマ『古代少女ドグちゃん』エンディングテーマ[2]

アルバム『ORANGE』からのシングルカット。当初はシングルとして発売する予定は無かったが、タイアップが急遽決まった為に、演奏時間を一部ショートカットして慌てて発売した。GROOVE YARDのリミックスはアナログEPでは没となっていたものである。

PVはプライベートビデオ[注 1]でラストは当時の電気グルーヴのライブショットの連続という構成である。

「YESTERDAY」は、オーケストラをバックに、ピエール瀧の泣き声と悲鳴をヴォーカルとした奇怪な録り下し曲。タイトルは「ツアーめがね」で発売されたピエール瀧ソロTシャツが元ネタになっている。石野卓球によれば「イントロはボーズから借りたレコードサンプリングして使った。仮タイトルは『ボーズ』。そんな理由から。」と回想している。

収録曲[編集]

  1. 誰だ! (Radio Edit)(4分15秒)
  2. 誰だ! (GROOVE YARD REMIX)(7分53秒)
    • 作詞:石野卓球、ピエール瀧/作曲:石野卓球
  3. YESTERDAY(4分36秒)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ハワイでのフォトセッションをはじめピエール瀧のソロライブや農場遊園地のある牢屋でピエール瀧が暴れまわるというもの。

出典[編集]

  1. ^ 誰だ!”. ORICON NEWS. 2019年4月2日閲覧。
  2. ^ 電気グルーヴ / 誰だ!”. CDジャーナル. 2019年4月2日閲覧。