三平×2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
三平×2
生年月日 (1974-04-08) 1974年4月8日(43歳)
出身地 日本の旗 日本青森県青森市
血液型 AB型
身長 172cm
最終学歴 日本ジャーナリスト専門学校中退
師匠 大川豊
コンビ名 妾の子→CTスキャン(1997年3月 - 1997年)
ニトログリセリン(1997年 - 2001年12月)
ペイパービュウ(2002年 - )
グループ名 アニメ会(1999年 - )
西口プロレス(2001年 - )
二次元妻帯者の夜(2013年 - )
相方 藤田ヒロシ(妾の子→CTスキャン)
阿曽山大噴火(ニトログリセリン)
見た目が邦彦(ペイパービュウ)
事務所 大川興業(1994年12月 - 2007年3月)
フリー(2007年 - )
活動時期 1995 -
公式サイト 西口プロレス公式ホームページ内の
公式プロフィール

三平×2(みひらさんぺい、1974年4月8日 - )は日本お笑い芸人

本名、三平 太一(みひらたいち)

青森県青森市出身。大川興業フリー

見た目が邦彦と漫才コンビ「ペイパービュウ」を結成

身長172cm/体重75kg/血液型AB型

日本ジャーナリスト専門学校中退

趣味は、アニメ、プロレス、同人誌、妖怪、弾き語り、吹き抜け鑑賞

来歴[編集]

高校卒業後に上京。日本ジャーナリスト専門学校に入学

同専門学校を中退後、1994年末に大川興業入社

1995年。ピン芸人として初舞台

1997年。藤田ヒロシと漫才コンビ「妾の子」(後に「CTスキャン」に改名)を結成

1997年。CTスキャン解散後、阿曽山大噴火と漫才コンビ「ニトログリセリン」を結成

1998年。夏のコミックマーケットに初参加。「金属バット」という個人サークルを主宰し同人誌を発行(現在も継続中)

1999年。国井咲也とオタク芸人トークユニット「アニメ会」を結成

2001年。お笑い芸人によるお笑いプロレス団体「西口プロレス」の旗揚げに参加

2002年。ニトログリセリン解散後、西口プロレスで出会った元「Wクラッチ」の見た目が邦彦と漫才コンビ「ペイパービュウ」を結成

2005年。『週刊少年チャンピオン』(秋田書店)にて巻末の読者投稿ページ『西口プロレス認定 チャンピオン投稿コロシアム(CTC)』の連載を開始。企画、構成を担当する。(2013年終了)

2007年。大川興業を退社。以後はフリーで活動。

2007年。「アニメ会」メンバーのひがもえると同人誌に関するトークライブ「4日目」を立ち上げる。

2013年。「ゴールドラッシュ」どいちゅー(トゥインクル・コーポレーション)と「やさしい雨」松崎克俊(太田プロダクション)とトークライブ「二次元妻帯者の夜」を立ち上げる。

2016年。毎週日曜更新のポッドキャストラジオ「二次元妻帯者の夜Hz(ヘルツ)」がスタート。

西口プロレス[編集]

「西口プロレス」ではレスラーとして活動。ハードコアマッチ(あくまでお笑いとして)が得意。試合ではヒールだが「リングを降りたら常識人」と言われている。

西口プロレスでの必殺技

備考[編集]

高校時代は「ツチノコ市場」「北京面(ペキンヅラ)」のペンネームで「電気グルーヴのオールナイトニッポン」へ投稿するハガキ職人だった。上京直後、ニッポン放送の前で電気グルーヴの入り待ちをしていたことがきっかけで、電気の二人の悪ふざけにより、その日の同番組で2時間出ずっぱりのゲストを経験している。

ピンでは鳥肌実のパロディーである「アキバ系演説家・萌肌実」を演じることもある。

いわゆるオタクであり、かなりの同人誌好き。「同人誌を読んで好きになった漫画・アニメ作品がある」と言う程である。

「つかさ(「らき☆すた」の柊つかさ)は俺の嫁」と言っており、彼女の実家である鷹宮神社のモデルになった鷲宮神社のある鷲宮町(現・久喜市)を嫁の出身地と位置付け、実際に柊一家が特別住民登録されたのに伴い、鷲宮町で行われた先行特別住民票配布のイベントに参加した所、取材していたNHKのニュースで列に並んでいる三平が偶然にもテレビに映り込む。この事は「アニメ会」のネットラジオ「アニメ会の『ヲタめし!』」でも話題になった。更に同町で偶然、借家有りと書かれた看板が立てられている家を見つけ、本気で引っ越そうと思ったとも語っている。

2009年3月21日東京国際アニメフェアにおいて、エイベックスブースの司会進行を担当。その際、つかさ役の声優である福原香織と対面を果たすも緊張しすぎて肝心な事を話せなかったと言う。その楽屋で、彼女が水が飲めない事を知っていたのに、テンパっていたのか水の置いてある場所を教えていたそうである。三平は彼女の事を「つかさに魂を吹き込んだ人」と言っている。

西口プロレス認定 チャンピオン投稿コロシアム(CTC)』は、三平の趣味を押し出した『萌-1グランプリ』のコーナーや、基本的に全てのネタにコメントをつけるなどで支持を集め、新規投稿者を開拓し、人気ページとなり、8年に渡る長期連載となった。

鷲宮商工会のHPで募集していた「鷲宮&萌え 川柳☆狂歌」に投稿し、佳作入選を果たした。入選した狂歌は「絶対の 領域がある その足で 首四の字を さあ決めてくれ」 なお本人は自分のことを「鷲宮芸人」と称している。

80~90年代に活躍した、いわゆるバンドブーム世代のバンドを好む。好きなバンドは「聖飢魔II」「筋肉少女帯」「人間椅子」「たま」など。またナゴムレコードに精通しており、再結成した「木魚」や「痛郎」、「死ね死ね団」や「モデルプランツ」のライブを見に行ったことが、ブログに書かれていた。

アニメ「はなまる幼稚園」11話ではテレビから流れる漫才をペイパービュウが担当(ノンクレジット)。なお三平は同作のブルーレイのオーディオコメンタリーにも出演している。

好きな花は朝顔で、毎年夏に生育する時は種まきからその様子をTwitterで写真付きでツイートしている。

連載[編集]

連載中

  • ビートたけし責任編集ウェブマガジン「お笑いKGB」「殿に捧げる同人見聞録」(2017年-)

過去の連載

  • ビートたけし責任編集ウェブマガジン「お笑いKGB」「殿に捧げる二次元ノススメ」(2016年-2017年)
  • 週刊少年チャンピオン読者投稿ページ「西口プロレス認定・CTC」(2005年-2013年)
  • チャンピオンREDいちご「いちご属性エボリューション」(2011年-2014年)
  • チャンピオンREDいちご「漫才みたいな恋をしようよ」(2007年-2011年)
  • Don't!「世界は萌えに満ちている!!」(2009年-2010年)
  • “オリコン”ウィーク・ザ・イチバン「三平×2の突然恃まれたって…」(2000年-2001年)

アニメ会メンバーとしての連載

「アニメ会のスーパー写真塾」(2011年-2012年)
「とある芸人の同人目録」(2010年-2011年)
「アニメ会の二次元妄想新聞」(2009年-2010年)
「アニメ会のぷにぷに対談」(2008年-2009年)
「勇気を出してアニメての告白」(2007年-2008年)

参加した書籍[編集]

  • 新世紀エヴァンゲリオン最強の考察 (COSMIC MOOK)
  • キレてないですよ。(イーストプレス/長州小力)座談会に参加
  • オーケンののほほん学校(ロフトブックス/大槻ケンヂトークライブ「のほほん学校」に大川豊総裁とゲスト出演した際のトークを収録

アニメ会メンバーとして参加

  • らぶくっく
  • 二次元へいきまっしょい!
  • 現代視覚文化研究
  • 現代視覚文化研究vol.2
  • 現代視覚文化研究vol.3
  • 現代視覚文化研究vol.4
  • 中二病でGO!!
  • オタナビvol.1
  • もえたん3
  • オタク総合情報誌・メカビ
  • オタク総合情報誌・メカビ2
  • オタク総合情報誌・メカビ07秋号
  • 姉☆コレクション
  • 眼鏡っ娘大百科
  • 姉ゲーム大全
  • メイドさん大全
  • ツンデレ大全
  • 文化部少女大好き!

出演作品[編集]

アニメ[編集]

映画

  • ニャンダフルデー(ヤクザ)
  • くれないの盃2(シャブの売人)
  • くれないの盃(闇金)
  • CASINO カジノ
  • いかレスラー(若手レスラー)
  • 地獄プロレス(悪役レスラー、ピラニア・ジョーズ)
  • AVスカウトマン伝説

テレビ[編集]

  • ごっつええ感じ(フジテレビ)芸人200組リアクション企画に妾の子として参加。なおコンビ名にはモザイクがかかる
  • 首都圏ネットワークNHK総合・関東ローカル)2008年4月7日放送 「アニメで町おこし」という鷲宮町でのイベントの映像内で偶然映っただけのもの
  • お元気ですか日本列島(NHK総合・全国ネット)2008年4月17日放送 「首都圏ネットワーク」と同内容。VTR素材としては両番組とも同一
  • 人類滅亡と13のコント集(日本テレビ)2004年12月4日放送(ペイパービュウ)
  • あらびき団TBS)2009年1月7日放送、4月8日放送(ペイパービュウ)
  • ゲームレコードGP(CS MONDO21) 準レギュラー出演
  • エンタの天使(日本テレビ)2009年5月27日放送(キャッチコピーは「はぐれ和尚の説法」)
  • 女王の教室(日本テレビ)(ペイパービュウ)
  • マジ☆ワラ(テレビ東京)(ペイパービュウ)
  • サンボマスターのNot only Music(MXテレビ)(ペイパービュウ)
  • インディーウォーズ(日本テレビ)
  • ザ・ワイド(日本テレビ)(アニメ会)
  • 爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル(フジテレビ)(西口プロレス)

ラジオ[編集]

  • 吉田照美のやる気MANMAN!(文化放送)(ペイパービュウ)
  • なべやかんの ラジオ秘宝館(エフエム茶笛)
  • ペイパービュウののーぎゃらくん(文化放送BSデジタルラジオチャンネル)ライブ優勝の賞品として放送

インターネットラジオ[編集]

参加団体等[編集]

外部リンク[編集]