松本キック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

松本キック(まつもとキック、本名:松本 真一(まつもと しんいち)、1969年昭和44年)3月8日 - )は、日本漫才師俳優2007年平成19年)まで大川興業に所属していた。

三重県上野市(現:伊賀市)出身。三重県立上野高等学校卒業、神奈川大学法学部中退。血液型:O型。旧芸名・シンカ。

来歴[編集]

特技たる格闘技の本格的鍛錬を目指し、神奈川大学進学のために関東へ移る。

ひょんなことから大川興業入り。ハウス加賀谷とともに漫才コンビ「松本ハウス」結成。松本ハウスは人気を博したが、加賀谷の健康問題から解散し、ピン芸人となった。解散後は、お笑いに限らず俳優として客演や本公演をこなし、数は多くなかったが格闘技関連のマスコミからのコラムなども担当した。2007年(平成19年)には、舞台役者としての活動に専念するため、大川興業から籍を外した[1]

その後、加賀谷が復帰し、再びコンビを組む。2009年(平成21年)、コンビ名をJINRUIと変えて漫才を再開。

2011年(平成23年)7月に、コンビ名を「松本ハウス」に戻した際に、芸名を「松本キック」に戻した。

エピソード[編集]

  • シューティング(現:修斗)の経験があり、TV番組(リングの魂)で佐藤ルミナから膝十字固めで一本を取ったことがある。
  • 加賀谷の相方に選出された理由は、大柄で屈強、かつ、統合失調症の既往がある上に沈静のための薬の副作用で暴れだすことがたびたびあった加賀谷を唯一止めることができたのが松本だったからだったという。
  • 総裁である大川豊の著書によれば、大川興業が武闘派集団と聞いて入ったものの、暗黒舞踏の舞踏派と知ってしまい、ショックを受けたらしい。

著書[編集]

外部リンク[編集]

松本ハウス・公式ブログ

参照[編集]

  1. ^ 本人は籍を外すつもりはなかったが、会社から突然「卒業だ」と言われたそうである[要出典]
  2. ^ “松本ハウス、復活後の葛藤明かす「ネタ覚えられない」 解散は1度だけ意識”. ORICON STYLE. (2016年7月1日). http://www.oricon.co.jp/news/2074358/full/ 2016年7月1日閲覧。