桜林美佐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
さくらばやし みさ
桜林 美佐
生誕 (1970-04-26) 1970年4月26日(46歳)
東京都
国籍 日本の旗 日本
出身校 日本大学藝術学部放送学科
職業 ジャーナリスト
公式サイト 桜林美佐オフィシャルサイト

桜林 美佐(さくらばやし みさ、1970年4月26日 - )は、日本の防衛ジャーナリスト[1]である。

略歴[編集]

東京都出身で、日本大学藝術学部放送学科卒業後の1994年(平成4年)にテレビ埼玉常盤6丁目情報局』のアシスタントオーディションに合格し、フリーアナウンサーとして活動するも1998年(平成8年)にテレビ番組ディレクターへ転進する。2001年(平成13年)に三重テレビ「岡三投資情報」のキャスターに選出されて再びキャスターとして活動する。2004年8月から日本文化チャンネル桜で番組キャスターを開局以降約4年間務める。

2006年(平成18年)に自身初のノンフィクション小説『奇跡の船「宗谷」』を執筆する。2008年(平成20年)6月から雑誌へ寄稿を開始して以降、防衛ジャーナリストとして国防問題などを中心に取材して執筆している。国家基本問題研究所客員研究員[2]を務めるほかに2014年2月から倉山満設立のYouTubeチャンネル「チャンネルくらら」に度々出演している。

著書[編集]

  • 『奇跡の船「宗谷」 昭和を走り続けた海の守り神』(並木書房、2006年)
  • 『海をひらく - 知られざる掃海部隊 -』(並木書房、2008年)
  • 『終わらないラブレター - 祖父母たちが語る「もうひとつの戦争体験」』(PHP研究所、2009年)
  • 『誰も語らなかった防衛産業』(並木書房、2010年)
  • 『日本に自衛隊がいてよかった 自衛隊の東日本大震災』(産経新聞出版、2011年)
  • 『ありがとう、金剛丸 〜星になった小さな自衛隊員〜 』(ワニブックス、2012年)
  • 『武器輸出だけでは防衛産業は守れない』(並木書房、2013年)

出演[編集]

フリーアナウンサー時代[編集]

テレビ

ディレクター時代[編集]

テレビ
ラジオ

全てニッポン放送

  • 夢叶う日まで ~ 割りばし事故は問いかける
  • 上柳昌彦のお早うGoodDay! -ザ・特集- リポーター 2008年5月
  • 時効という名の壁 ~未解決事件遺族の願い~ 2009年

防衛ジャーナリスト時代[編集]

テレビ
ラジオ
ネット
  • チャンネルくらら
    • 桜林美佐の国防ニュース最前線(2015年6月~ )毎週金曜日午後18時更新
    • 上念司の経済ニュース最前線(2015年4月~  )毎週金曜日午後18時更新
  • 日本文化チャンネル桜
    • 報道ワイド日本・桜プロジェクト(2004年8月〜2008年9月23日)
    • 防人の道 今日の自衛隊(2004年8月〜2008年9月26日)
舞台
  • ひとり語り会 森田銀月と共演(九段会館

脚注[編集]

外部リンク[編集]