武田舞彩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
武田 舞彩
生誕 (1998-08-21) 1998年8月21日(21歳)
出身地 日本の旗 日本福井県鯖江市[1]
ジャンル J-POP
職業 歌手
作詞家
作曲家
活動期間 GEM(2012年 - 2018年)
個人活動(2019年 - )
事務所 エイベックス・マネジメント(2012年6月 - 2013年9月、2017年4月 - 2018年12月)
エイベックス・ヴァンガード(2013年10月 - 2017年3月)
サンミュージック(2019年4月 - )

武田 舞彩(たけだ まあや、1998年8月21日 - )は、日本の女性シンガーソングライターである。女性アイドルグループGEMの元メンバー。

福井県鯖江市出身、血液型はO型サンミュージック所属。

略歴[編集]

2007年、『avex audition project俳優・タレント・モデルオーディション』に合格。福井県内に在住しながら、エイベックス・アーティストアカデミーの大阪校、のちに名古屋校に通う[2]。2010年に開催された『avexアイドルオーディション2010』に応募、2次審査まで進むも落選。その後、2012年開催の『avexアイドルオーディション2012』に合格し、iDOL Streetのデビュー候補生であるストリート生に3期生として加入した。同年6月12日、『SUPER☆GiRLS生誕2周年記念SP & アイドルストリートカーニバル2012』でストリート生内のチームw-Street NAGOYAメンバーとして初お披露目された。

2012年12月、iDOL Streetレーベル第3弾グループGEMのスターティングメンバーに選抜され[3]、2013年6月、正式メンバーに選ばれる[4]。個人としては2015年8月に、地元福井県の「ふくいブランド大使」、「ジュラチックPR応援隊」、福井県眼鏡協会の「めがね大使」に選ばれている[5]

2016年1月、GEMとしての活動を休止し、Cheeky Parade山本真凜鈴木真梨耶とともにロサンゼルスに2年間留学することを発表[6]。同年6月25日に開催された『iDOL Street Carnival 2016 6th Anniversary 〜RE:Я|LOAD〜』をもって活動を休止した。留学中はレッスンだけでなく、ストリートライブを精力的に行っていた[7]。その後、2018年3月末をもってGEMが解散することが発表され、武田は一時的に帰国して同年3月25日開催の『GEM LAST STAGE 〜Thank you GEMILY〜』に参加した。同年5月、ロサンゼルスの高校と日本の高校を同時に卒業したことを明かし[8]、6月2日、鈴木と共に帰国[9]。7月よりソロのシンガーソングライターとして活動を開始し[10]、8月に初のワンマンライブを行った[11]。2018年末をもってエイベックス・マネジメントを退所。

2019年4月、サンミュージック所属となる[12]。同年5月、出身地である福井県鯖江市の「めがねのまちさばえ観光大使」に任命され[13][14]、事務所移籍後初となるワンマンライブを行った[15]。同年8月には、愛用しているギターメーカー"Taylor"のアーティストになったことが報告された[16]

人物[編集]

  • 父親は福井県に本社を置く芸能事務所「ショーケース」(ami〜gasせのしすたぁが所属)の社長[17]。姉はフルート奏者のarisa[17][18](本名:武田有彩)。
  • GEM時代のMy GEM[注 1]スタールビー)。
  • 好きな食べ物はご飯で、苦手な食べ物は、コーンマヨお寿司。
  • 趣味は、笑うこと、動物鑑賞。特技は、華道
  • 和田まあや(乃木坂46)とはプライベートでも遊ぶ仲である[19]
  • 朝日奈央(元アイドリング!!!)はラブベリーの専属モデル時からファンである[20]
  • 愛用のアコースティックギターは、サンミュージック移籍後はTaylorのアコースティックで、「ひじき丸」と名付けている。(ギターメーカーTaylorのアーティスト)
  • 福井の実家で飼われている愛犬の名前は「ぷりん」♀で、可愛がっているもののなついてくれていない。

作品[編集]

未音源化楽曲[編集]

  • Say You Love Me(2018年8月発表[注 2][11]
  • 東京(2019年5月発表)[21]
  • サヨナラ、僕の青春。(2019年5月発表)
  • あなたの呼吸が止まる前に(2019年5月発表)
  • ナス(2019年5月発表)
  • ジャーニー・ガール(2019年5月発表)
  • NEW WORLD(2019年5月発表)
  • Glory(2019年7月発表)
  • あげだし。(2019年8月発表)
  • ふたつの傘(2019年8月発表)

出演[編集]

ラジオ[編集]

  • Sky's The Limit(2019年1月12日 - 3月23日、FM福井[22]

CM[編集]

短編映画[編集]

  • 野ばらに寄す(2013年、ACRAFT) - 主演[24]

ライブ・イベント[編集]

主催ライブ[編集]

  • 武田舞彩 20th Birthday live 〜ここから始まる〜(2018年8月21日、R'sアートコート(労音大久保会館))[11]
  • 改めまして、武田舞彩です〜いちご(2019年5月29日、ヤマハ銀座スタジオ[21]
  • 武田舞彩 2nd Live たけーそにっく〜にんじん(2019年8月25日、代官山LOOP)[25]

その他のライブ・イベント[編集]

  • わーすた presents わんわんにゃんにゃん秋祭り(2018年11月22日・23日、よみうりランド
  • BEAT PHOENIX2019 start up live SKY'S THE LIMIT(2019年3月12日、福井県県民ホール)
  • FVP presents/fun time Vol.5(2019年9月24日、渋谷LOFT HEAVEN)
  • BEAT PHOENIX2019 (2019年9月16日、フェニックス・プラザ) - 公開収録ナビゲーター
  • Destination〜vol.11〜(2019年9月21日、ヤマハ銀座スタジオ)
  • 武田舞彩アコースティックライブ(2019年10月6日、松阜神社)
  • 日本医療大学「日医祭」(2019年10月5日、つしま記念ホール)

WEB配信[編集]

  • 武田舞彩★20th Birthday Special(2018年8月21日、SHOWROOM

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ グループ内で担当する宝石のこと
  2. ^ 日本語詞バージョンとして

出典[編集]

  1. ^ “18歳白書<7>現在編 写真で貧困 伝えたい”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2016年1月8日). http://www.yomiuri.co.jp/local/fukui/feature/CO020724/20160107-OYTAT50025.html 2016年3月25日閲覧。 
  2. ^ 木曜日だよ、GEM quality!武田舞彩”. HUSTLE PRESS (2016年3月24日). 2016年3月25日閲覧。
  3. ^ “スパガ、チキパに続く第3のグループ「GEM」結成”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2015年12月26日). http://natalie.mu/music/news/82246 2016年3月25日閲覧。 
  4. ^ “スパガ、初の武道館公演でビキニ姿の「MAX!乙女心」”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2013年6月11日). http://natalie.mu/music/news/92582 2016年3月25日閲覧。 
  5. ^ “福井)アイドルグループ「GEM」武田舞彩さん、大使に”. asahi.com (朝日新聞社). (2015年8月23日). http://www.asahi.com/articles/ASH8P54NBH8PPGJB007.html 2016年3月25日閲覧。 
  6. ^ “チキパ山本真凜と鈴木真梨耶、GEM武田舞彩がLA長期留学へ。「ペラペラ人になって帰ってくる!」”. BARKS (ジャパンミュージックネットワークス). (2016年1月17日). http://www.barks.jp/news/?id=1000123314 2016年3月25日閲覧。 
  7. ^ 武田舞彩 ロサンゼルスでのストリートライブで現地ファンを魅了”. ドワンゴジェイピーNews. ドワンゴ (2018年6月4日). 2019年5月30日閲覧。
  8. ^ “元GEM武田舞彩、日本とアメリカの2つの高校を卒業 ファンから祝福の嵐”. ドワンゴジェイピーNews (ドワンゴ). (2018年5月20日). https://news.dwango.jp/girls/28704-1805 2018年8月22日閲覧。 
  9. ^ “チキパ鈴木真梨耶と元GEM武田舞彩、LA留学終了し帰国”. ドワンゴジェイピーNews (ドワンゴ). (2018年6月2日). https://news.dwango.jp/idol/28959-1806 2018年8月22日閲覧。 
  10. ^ “武田舞彩「ただいま福井、ただいま昔の私」地元福井で活動再開を宣言”. ドワンゴジェイピーNews (ドワンゴ). (2018年7月20日). https://news.dwango.jp/girls/29989-1807 2018年8月22日閲覧。 
  11. ^ a b c 「#武田舞彩誕生祭」がトレンド入り、祝福コメント多数”. ドワンゴジェイピーNews. ドワンゴ (2018年8月22日). 2019年5月30日閲覧。
  12. ^ MAAYA__TAKEDAのツイート(1109986014544617472)
  13. ^ “武田舞彩さん、古里の観光大使に「英語生かして海外にも鯖江発信」”. 福井新聞ONLINE (福井新聞社). (2019年5月19日). https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/856517 2019年5月19日閲覧。 
  14. ^ MAAYA__TAKEDAのツイート(1129686964955803648)
  15. ^ 【ライブレポート】武田舞彩、約10ヵ月ぶりのワンマンで見せたSSWとしての覚悟「振り返ってばかりだと前に進めない」”. Pop'n'Roll. ジャパンミュージックネットワーク (2019年5月31日). 2019年6月1日閲覧。
  16. ^ アーティスト>武田舞彩”. Taylor Guitars Japan. 山野楽器. 2019年9月3日閲覧。
  17. ^ a b 鯖江ロータリークラブ会報 H29/1/27 88回 (PDF)
  18. ^ MAAYA__TAKEDAのツイート(1081474024289398784)
  19. ^ Wまあや!!!○武田舞彩”. GEMオフィシャルブログ. Cyber Agent (2015年8月29日). 2016年4月14日閲覧。
  20. ^ TIF最高(^O^)(武田舞彩)”. GEMオフィシャルブログ. Cyber Agent (2014年8月4日). 2016年4月14日閲覧。
  21. ^ a b 武田舞彩 シンガーソングライターとして本格始動、夢は東京ドーム”. ドワンゴジェイピーNews. ドワンゴ (2019年5月30日). 2019年5月30日閲覧。
  22. ^ #お知らせ 平成生まれにスポットをあてたFM福井のラジオ番組「Sky's The Limit」…”. Twitter (2019年1月7日). 2019年1月13日閲覧。
  23. ^ 福井新聞社CMに武田舞彩さん アイドルグループ「GEM」センター”. FUKUISHIMBUN ONLINE (2015年6月1日). 2016年3月25日閲覧。
  24. ^ 野ばらに寄す”. 第13回 伊参スタジオ映画祭. 伊参スタジオ映画祭実行委員会. 2016年3月26日閲覧。
  25. ^ 夏のチョメチョメ欲しがるマイルドヤンキー武田舞彩、ファンコミュニティー『舞彩組』設立”. 日刊エンタメクリップ. 日刊エンタメクリップ合同会社 (2019年8月28日). 2019年8月28日閲覧。

外部リンク[編集]