後藤彩 (アイドル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ごとう あや
後藤 彩
プロフィール
愛称 ごっちゃん
ごつ
生年月日 1997年3月5日
現年齢 21歳
出身地 日本の旗 日本兵庫県
血液型 AB型
公称サイズ(2014年時点)
身長 / 体重 163 cm / kg
活動
ジャンル アイドル
モデル内容 一般、水着
備考 SUPER☆GiRLS
モデル: テンプレート - カテゴリ

後藤 彩(ごとう あや、1997年3月5日 - )は、日本の元女性アイドルである。SUPER☆GiRLSの元メンバー。

兵庫県出身。エイベックス・ヴァンガード所属[注 1]愛称は「ごっちゃん」。

略歴[編集]

以前「ゴールデン・スター・プロモーション GooD-Staff」に所属し、2009年12月31日に学業に専念するため退所した。

2010年6月12日、『avex アイドルオーディション 2010』に合格し、女性アイドルグループ・SUPER☆GiRLSのメンバーとなる。

2015年1月10日に開催された『SUPER☆GiRLS LIVE 2015』にて、2015年3月末でグループを卒業、芸能界を引退することを発表した[2]。同年3月1日の品川インターシティホールで行われたSUPER☆GiRLSライブ『SUPER☆GiRLS Special ONE day 〜Thank you 510〜』がラストステージとなり、同年3月8日に行われた「12th Single「ギラギラRevolution」発売記念 後藤彩 超絶撮影会ファイナル」が最後の活動となり、同年3月31日付で卒業し、芸能界を引退した[3]

人物[編集]

SUPER☆GiRLSでの公式ニックネーム「ごっちゃん」。イメージカラー(超絶カラー)はマンダリンオレンジ、キャッチコピーは 「謎めくセクシーボイス、どーんとかかってこいやー!」[4](2014年2月23日までは「見た目とギャップ!?ちょっと謎めくアイドル」[5])。

元々、バックダンサーになるのが夢だったが、倖田來未のライブを見て芸能界を目指した[6]

ブログではよく「ハァイティング」、「みっちゃ」という言葉を使う。これは「ファイティング」、「めっちゃ」の間違えで後藤語と呼ばれる。

作品[編集]

SUPER☆GiRLSとしての作品を除く。

参加楽曲[編集]

  • 年下の男の子(2013年12月4日、キャンディーマキアート from SUPER☆GiRLS名義) - 田中・溝手・後藤

出演[編集]

ラジオ[編集]

  • 音もん(2011年4月17日 - 2012年3月18日、毎週日曜、ABCラジオ) - 隔週レギュラー(溝手・後藤)

ネット配信[編集]

  • 兵庫出身スパガ・後藤彩のアイドル日記(2013年9月22日 - 、産経ニュースwest(産経新聞大阪本社) )

イベント[編集]

  • GooDスターLIVE(2008年8月14日)

書籍[編集]

写真集[編集]

雑誌連載[編集]

  • 乗馬ライフ(2014年第5号 - 、ジェイオーシャン)

カレンダー[編集]

  • 後藤彩(SUPER☆GiRLS) カレンダー 2013年(2012年10月17日、ハゴロモ

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 2013年10月1日にエイベックス・マネジメントから会社分割[1]

出典[編集]

  1. ^ “エイベックス、AMG事業の一部を会社分割し新会社3社を設立”. Musicman-NET (エフ・ビー・コミュニケーションズ). (2013年8月27日). http://www.musicman-net.com/business/28442.html 2013年11月23日閲覧。 
  2. ^ SUPER☆GiRLS後藤彩 3月末でグループ脱退&芸能界引退”. ORICON STYLE (2015年1月10日). 2015年1月10日閲覧。
  3. ^ SUPER☆GiRLS後藤彩 芸能界引退!新メンバーは他グループから”. ドワンゴジェイピーnews. ドワンゴ (2015年3月2日). 2015年4月3日閲覧。
  4. ^ 後藤彩 (2014年2月25日). “ぴー(°_°)”. 後藤彩(SUPER☆GiRLS)オフィシャルブログ. サイバーエージェント. 2014年2月25日閲覧。
  5. ^ 高倉文紀「人気者の言葉力 PART④女子編 "総選挙"時代のアイドルはどんなキャッチフレーズ?」、『日経エンタテインメント!』第14巻第18号、日経BP社、2010年11月、 60頁、2010年10月10日閲覧。
  6. ^ 【兵庫出身スパガ・後藤彩のアイドル日記】最初は「バックダンサー」になるのが夢だった…“小さな夢”変えた倖田來未さんとの出会い、産経ニュースwest(産経新聞大阪本社) 、2014年5月18日7時00分。

外部リンク[編集]