宮崎理奈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目には、JIS X 0213:2004 で規定されている文字が含まれています(詳細)。
みやざき りな
宮崎 理奈
本名 宮﨑 理奈
生年月日 (1994-02-21) 1994年2月21日(25歳)
出生地 日本の旗 福岡県大分県出生)
身長 154cm[1]
血液型 AB型
職業 女優
ジャンル 舞台映画ラジオ番組CM
活動期間 2010年 -
事務所 エイベックス・マネジメント
主な作品

舞台
時空警察ヴェッカーχ ノエルサンドレ
『負けんな漫研!』
クジラの子らは砂上に歌う

不思議の国のカンタータ 〜泣き声混じりの空想歌〜
備考
SUPER☆GiRLSの元メンバー
テンプレートを表示

宮崎 理奈(みやざき りな、1994年2月21日 - )は、日本女優タレントである。本名及び旧芸名は、宮﨑 理奈(読みは同じ)。

SUPER☆GiRLSの元メンバー。大分県生まれ・福岡県育ち。エイベックス・マネジメント所属。愛称は「みやり」。

略歴[編集]

2010年6月12日、『avex アイドルオーディション 2010』に合格し、女性アイドルグループSUPER☆GiRLSのメンバーとなる。2011年からは女優活動を開始し、同年11月に荻窪・魁ホールにて上演された『時空警察ヴェッカーχ ノエルサンドレ』で舞台初出演・初主演を務めた[2]。2012年5月には、高津カリノによる漫画『WORKING!!』を原作とした同名舞台でヒロインの種島ぽぷら役を演じた[3][4]。また同年4月より、ラジオ日本にて冠レギュラー番組『SUPER☆GiRLS宮崎理奈のナイスみやり!』のパーソナリティを担当している[5]。2016年9月10日、芸名を新字体の宮崎理奈に統一したことをブログで発表[6]。2017年11月には自身によるプロデュース舞台『不思議の国のカンタータ 〜泣き声混じりの空想歌〜』が上演された[7]

2018年10月1日、SUPER☆GiRLSから卒業することを発表[8]。2019年1月11日開催の『SUPER☆GiRLS 超LIVE 2019 〜新たなる道へ〜』をもって卒業した[9]。翌日から個人活動をはじめている。2019年1月8日に自身初の写真集「だから、会いたくなる」を発売した[10]

人物[編集]

SUPER☆GiRLSの頃の公式ニックネームは「みやり」、イメージカラー(超絶カラー)はレモンイエロー、キャッチコピーは「走りだしたらー?(止まンないっ!) 喋ると残念 博多の小さな暴走機関車★」[11](2014年2月23日までは「運動大好き負けず嫌い!!」)だった。キャッチコピーにもあるように運動やスポーツを得意としている。小学2年生から中学3年生まで新体操を習い、高校では陸上部に所属していた[12][13]。新体操の経験を活かし、ライブやミュージック・ビデオで連続回転などのアクロバットを披露している。なお、「みやり」というニックネームは、陸上部の先輩が付けてくれたという[14]

『avex アイドルオーディション 2010』に応募したきっかけについて、『B.L.T.』2012年4月号(東京ニュース通信社)において「AKB48前田敦子さんのファンだったんですよ。でもAKB48に入ったら前田さんの後ろにしか立てないと思って。意識してもらうならライバルくらいにならなきゃ、って。そんな時にこのオーディションの存在を知って応募しました」と述べている[15]。オーディションの投票審査1位通過。

家族構成は両親と2人の姉の5人家族[16]。「理奈」という名前は、画数と響きがよかったことから名付けられた[17]。 大分県に生まれ、4歳から9歳まで千葉県で過ごし、その後に福岡県に転居した[18][19]。結成からしばらくは福岡から通っていたが、2011年4月に芸能活動のため上京し、東京の高校へ転校した[20]。出生地・大分県のタウン情報誌CONKA』(ネキスト)のvol.88では表紙モデルを務めた[21][22]


作品[編集]

参加楽曲[編集]

  • ジン ジン ジングルベル(2013年12月4日、トゥィンクルヴェール from SUPER☆GiRLS[注 1]名義)
  • 『不思議の国のカンタータ2019』収録(2019年2月13日、カンタータ[注 2]名義)
    • 色を奏でるカンタータ
    • 泣き声混じりの空想歌
    • 空に描いた未来色
    • カナデの想い

出演[編集]

舞台[編集]

  • アリスインプロジェクト時空警察ヴェッカーχ ノエルサンドレ』(2011年11月1日 - 6日、荻窪かいホール) - 主演・時空刑事リン / 明日香輪 役
  • WORKING!!』(2012年5月11日 - 20日、全労済ホール/スペース・ゼロ) - 種島ぽぷら 役
  • ぱるエンタープライズ公演『Peach Boys』(2014年7月9日 - 14日、東京芸術劇場シアターウエスト) - 主演・犬飼美紗子 役[23][24]
  • ブルーカバーアクターズPresents『デバッグトレジャー』(2014年10月2日 - 10月5日、新宿村LIVE) - 主演・宮本頼子 役
  • SOLID STARプロデュース
    • Vol.5『負けんな漫研!』(2015年10月30日 - 11月3日、新宿村LIVE) - 黒岩晴香 役
    • Vol.8『主人がオオアリクイに殺されて1年が過ぎました。』(2016年10月5日 - 10日、俳優座劇場) - 権藤亀子 役
    • Vol.9『ミニチュア!!フリーペーパーのナイス街』(2017年3月8日 - 12日、俳優座劇場) - 足立樹里絵 役
    • Vol.11『負けんな漫研!』(2017年9月6日 - 9月10日、六行会ホール) - 黒岩晴香 役
    • Vol.14『信長の野暮』(2018年7月11日 - 7月15日、六行会ホール)- 武田さやか(赤影馬の芯)役
    • Vol.17『ハッピーマーケット!!』(2019年6月19日 - 23日、全労済ホール/スペース・ゼロ)
  • 『ミュージカル風雲新撰組 -月影-』(2015年11月27日 - 29日、シアター1010) - 菊姫 役
  • 劇団た組公演『博士の愛した数式』(2015年12月18日 - 20日、ウエストエンドスタジオ) - ルート 役
  • クジラの子らは砂上に歌う』(2016年4月14日 - 19日、AiiA 2.5 Theater Tokyo) - サミ 役
  • VACAR ENTERTAINMENT『レイと天使の住む数字』(2016年11月23日 - 27日、シアターグリーン BIG TREE THEATER) - 一川口十愛 役
  • SANETTY Produce
    • 宮崎理奈プロデュース公演『不思議の国のカンタータ 〜泣き声混じりの空想歌〜』(2017年11月22日 - 26日、新宿村LIVE) - 主演・カナデ 役
    • 『Over Smile』(2018年9月12日、CBGKシブゲキ!!) - ウェイトレス 役(日替わりゲスト)
    • 宮崎理奈プロデュース公演『不思議の国のカンタータ2019』(2019年2月13日 - 17日、CBGKシブゲキ!!) - 主演・カナデ 役
  • bpm本公演『QUICK DRAW』(2018年4月20日 - 22日、日本青年館ホール) - カラミティ・ジェーン 役
  • amipro
  • フォーエスエンタテインメント リーディング&ライブ『ときめきステーショナリーズ(Girls Style)』(2019年7月27日、EDOCCO STUDIO) - 主演・三角れん 役[26]
  • 舞台『コジコジ』(2019年8月21日 - 25日、CBGKシブゲキ!!) - ペロちゃん 役[27]
  • 舞台『DARKNESS HEELS〜THE LIVE〜』(プレビュー公演:2019年9月13日、新座市民会館 / 東京本公演:9月18日 - 23日、シアター1010)[28]

映画[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

  • イトーヨーカドー - 関根勤との共演[33][34]
    • 「餅論」篇(2012年2月 - )
    • 「顔が見える食品。(真鯛 みやりから)」篇(2012年2月3日 - )[34]
    • 「顔が見える食品。(キャベツ みやりから)」篇(2012年2月3日 - )[34]
    • 「顔が見える食品。(トマト)」篇(2012年7月28日 - )[35][36]
    • 「顔が見える食品。(ブロッコリー)」篇(2012年7月28日 - )[35][36]
    • 「顔が見える食品。(ぶり)」篇(2013年1月14日 - )
    • 「本格寿司」篇(2014年5月9日 - )

WEB[編集]

  • WEB CM「I to You のある生活 vol.1『ネットスーパー編』」(2015年4月1日 - 、イトーヨーカドー)
  • マヨバカ学園(2018年3月27日 - 12月10日、マシェバラ) - MC

雑誌[編集]

  • CONKA(vol.86 - 、ネキスト)

イベント[編集]

  • イトーヨーカドー「顔が見える食品。」大試食会(2012年2月14日、アリオ西新井) - 自身が出演するCMとの連動企画
  • 『アルプス女学園』完成披露舞台挨拶(2014年9月19日、イオンシネマ板橋
  • 『アルプス女学園』DVD発売イベント「今年の夏期講習はアルプス女学園!」(2015年9月3日、ソフマップアミューズメント館)
  • RINA's 25nicoLAND in SANRIOPUROLAND(2019年2月23日、サンリオピューロランド
  • 遅れて来た9周年!浴衣で納涼会(2019年7月6日、Naked Loft
  • ラジオ日本/SANETTY Produce主催 宮崎理奈プロデュース『カンタータ the LIVE』(2019年7月20日、ラジアントホール[37]

書籍[編集]

写真集[編集]

  • 宮崎理奈 CARDGRAVURE COLLECTION(2012年10月11日、東京ニュース通信社ISBN 4863362560
  • だから、会いたくなる(2019年1月8日、エイベックスマネジメントJAN 500-0-09-523018-9

カレンダー[編集]

  • 宮崎理奈(SUPER☆GiRLS) カレンダー 2013年(2012年10月17日、ハゴロモ
  • 宮崎理奈2019-2020卓上カレンダー(2019年6月)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ メンバーは、八坂沙織志村理佳渡邉ひかる・宮﨑・勝田梨乃荒井玲良
  2. ^ メンバーは、、宮崎・渡邉ひかる・本西彩希帆・吉井香奈恵・増井みお・其原有沙
  3. ^ 番組名は『マイドル!SUPER☆GiRLS』のアンケート(4択)により決定した。

出典[編集]

  1. ^ 大槻圭「Date Style」『Gザテレビジョン vol.21』、角川マガジンズ、2012年2月、 51頁。
  2. ^ “SUPER☆GiRLS 宮崎理奈&八坂沙織の初舞台「時空警察ヴェッカーX〈KAI〉 ノエルサンドレ」が開幕”. GirlsNews! (レゾリューション). (2011年11月2日). http://www.girlsnews.tv/dvd/31192 2012年8月12日閲覧。 
  3. ^ “スパガ宮崎理奈、不安もあるけど舞台楽しむ”. 日テレNEWS24 (日本テレビ放送網). (2012年2月23日). http://news24.jp/entertainment/news/1621564.html 2012年2月23日閲覧。 
  4. ^ “宮崎理奈、アニメからの実写化に自信”. デイリースポーツonline (神戸新聞社). (2012年2月24日). http://www.daily.co.jp/gossip/article/2012/02/24/0004836912.shtml 2012年2月24日閲覧。 
  5. ^ SUPER☆GiRLS宮崎理奈のナイスみやり!|ラジオ日本 AM1422kHz
  6. ^ 宮崎理奈 (2016年9月10日). “宮崎理奈と申します。”. 宮崎理奈オフィシャルブログ. 2016年9月22日閲覧。
  7. ^ スパガ宮崎理奈プロデュース「不思議の国のカンタータ」歌って暮らす女たち描く”. ステージナタリー. ナターシャ (2017年11月21日). 2017年11月26日閲覧。
  8. ^ SUPER☆GiRLS(スパガ)」『SUPER☆GiRLS(スパガ) Official Website』。2018年11月21日閲覧。
  9. ^ “スパガ5人卒業!浅川梨奈「宝物がたくさんできた」結成メンバーも感無量”. デイリースポーツ (デイリースポーツ). (2019年1月12日). https://www.daily.co.jp/gossip/2019/01/12/0011973058.shtml 2019年1月20日閲覧。 
  10. ^ スパガ宮崎理奈、"アイドル"脱ぎ捨て美ボディ披露 卒業旅行で初挑戦”. モデルプレス. ネットネイティブ (2018年11月30日). 2018年12月13日閲覧。
  11. ^ 宮崎理奈 (2014年3月1日). “なう。”. 宮崎理奈オフィシャルブログ. 2014年3月1日閲覧。
  12. ^ 宮崎理奈 (2010年6月23日). “VIVA!新体操(宮崎理奈)”. SUPER☆GiRLSオフィシャルブログ. 2012年2月23日閲覧。
  13. ^ 宮崎理奈 (2010年8月27日). “返事祭り★その1”. 宮崎理奈オフィシャルブログ. 2012年2月23日閲覧。
  14. ^ 宮崎理奈 (2011年5月1日). “★返事祭り★3”. 宮崎理奈オフィシャルブログ. 2012年3月10日閲覧。
  15. ^ 田井庸介「iDOL Street3期生オーディション開催!!」『B.L.T. 2012年4月号』、東京ニュース通信社、2012年2月、 158頁。
  16. ^ 宮崎理奈 (2010年8月12日). “1歳のみやり!?”. 宮崎理奈オフィシャルブログ. 2012年4月30日閲覧。
  17. ^ 宮崎理奈 (2010年9月25日). “おはにょーん(^^)/笑”. 宮崎理奈オフィシャルブログ. 2012年3月10日閲覧。
  18. ^ 宮崎理奈 (2010年8月27日). “返事祭り☆その2”. 宮崎理奈オフィシャルブログ. 2012年2月23日閲覧。
  19. ^ 宮崎理奈 (2012年8月22日). “猛暑日!!”. 宮崎理奈オフィシャルブログ. 2012年8月24日閲覧。
  20. ^ 宮崎理奈 (2011年9月29日). “自己紹介☆パート2”. 宮崎理奈オフィシャルブログ. 2012年2月23日閲覧。
  21. ^ バックナンバー”. CONKA. ネキスト. 2012年2月23日閲覧。
  22. ^ 宮崎理奈 (2011年9月26日). “情報解禁!!”. 宮崎理奈オフィシャルブログ. 2012年2月23日閲覧。
  23. ^ 【動画インタビュー】SUPER☆GiRLS 宮崎理奈が幕末ファンタジー舞台「PEACH BOYS」の主演をつとめる! = WWSチャンネル”. 2014年7月2日閲覧。
  24. ^ 【写真レポート】SUPER☆GiRLS 宮崎理奈「PEACH BOYS」の演技に共演者がコメント!「さすがアイドルさんだな!」= WWSチャンネル”. 2014年7月2日閲覧。
  25. ^ ミュージカル「ふしぎ遊戯」続編キャラビジュ、宮崎理奈の唯や輝馬の心宿ら21名”. コミックナタリー. ナターシャ (2018年8月10日). 2019年5月16日閲覧。
  26. ^ Girls Style”. フォーエスエンタテインメント. 2019年6月21日閲覧。
  27. ^ 舞台「コジコジ」ビジュアル公開 乃木坂46・向井葉月がコジコジ、宮崎理奈がペロちゃんに”. 映画.com. エイガ・ドット・コム (2019年7月1日). 2019年7月3日閲覧。
  28. ^ ウルトラマンシリーズ史上初、舞台俳優が演じる"ダークヒーローが主役"の舞台『DARKNESS HEELS〜THE LIVE〜』公演決定! 明日6/1(土)よりチケット先行発売開始!”. 円谷プロダクション (2019年5月31日). 2019年6月13日閲覧。
  29. ^ 映画「骨壺」 OFFICIAL SITE
  30. ^ “AKB48、アイドリング!!!、スパガ、AeLL.がホラー映画で異例の顔合わせ”. Web De-View (オリコン・エンタテインメント). http://www.oricon.co.jp/news/deview/2009893/ 2012年4月9日閲覧。 
  31. ^ 骨壷”. Movie Walker. 角川マガジンズ. 2012年8月28日閲覧。
  32. ^ フカナビ!オオイタ Oita Lab”. NHK番組表. NHK (2018年1月12日). 2018年1月12日閲覧。
  33. ^ “スパガ宮崎が体当たりの挑戦”. 時事ドットコム (時事通信社). (2012年2月3日). http://www.jiji.com/jc/c?g=ent2_ent2&k=g120058 2012年2月15日閲覧。 [リンク切れ]
  34. ^ a b c SUPER☆GiRLS・宮崎理奈の初タイ験! 海で畑で突撃取材!”. webザテレビジョン. 角川マガジンズ. 2012年2月23日閲覧。[リンク切れ]
  35. ^ a b “SUPER☆GiRLS宮崎理奈、新CM撮影で思わず出た「今まで食べたことない!」”. マイナビニュース (マイナビ). (2012年7月27日). http://news.mynavi.jp/news/2012/07/27/027/ 2012年7月27日閲覧。 
  36. ^ a b SUPER☆GiRLS・宮崎理奈が初リポートで生産者を直撃!”. webザテレビジョン. 角川マガジンズ (2012年7月27日). 2012年10月31日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年7月27日閲覧。
  37. ^ 宮崎理奈、渡邉ひかる、本西彩希帆、其原有沙、溝手るか ほか出演 ラジオ日本/SANETTY Produce「カンカータ the LIVE」は7/20(土)限りの開催!”. アール・エフ・ラジオ日本. 2019年6月13日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

SUPER☆GiRLS時代[編集]