WORKING!!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
WORKING!!
漫画
作者 高津カリノ
出版社 スクウェア・エニックス
掲載誌 ヤングガンガン
レーベル ヤングガンガンコミックス
発表号 2005年1号 -
巻数 既刊12巻(2013年12月現在)
アニメ:WORKING!!(第1期)
WORKING'!!(第2期)
原作 高津カリノ
監督 平池芳正(第1期)
大槻敦史(第2期)
シリーズ構成 平池芳正(第1期)
吉岡たかを(第2期)
脚本 第1期:
平池芳正、十川梨香木村暢
兵頭一歩
第2期:
吉岡たかを、霧海正悟、伊藤美智子
キャラクターデザイン 足立慎吾
音楽 MONACA
アニメーション制作 A-1 Pictures
製作 「WORKING!!」製作委員会(第1期)
「WORKING!!2」製作委員会(第2期)
放送局 放送局参照
放送期間 第1期:2010年4月4日 - 6月27日
第2期:2011年10月1日 - 12月24日
話数 全13話(第1期・第2期とも)
テンプレート - ノート 
ウィキプロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

WORKING!!』(ワーキング)は、高津カリノによる日本漫画作品であり、それを原作としたメディアミックスの作品群である。

概要[編集]

スクウェア・エニックスの漫画雑誌である『ヤングガンガン』の創刊2号にあたる2005年1号から連載されている4コマ漫画北海道某所にある架空のファミレス「ワグナリア」を舞台に、そこに勤務する登場人物たちの日常を描く。登場キャラクター同士のボケとツッコミの掛け引きは軽快ながら巧みに交わされる。

通常6ページの連載で、時々2話掲載となる。4コマ漫画ではないショートストーリーの場合もある。4コマ形式の時はきちんとオチをつけながらその後のストーリーへつながってく形で構成されている。毎回1ページ目の半分に扉絵に相当する部分があり、掲載時にはそこでキャラクターの独白、あるいは会話が挿入されるが、コミックス収録時には取り払われている。話数は「〜品め」で表される。

元々は作者が自身のウェブサイトで不定期で連載しているWeb4コマ漫画『WORKING!!』を雑誌連載のために舞台設定と登場人物を新たに書き起こしたものが本作である。ファミリーレストランチェーン「ワグナリア」のWeb版とは別店舗の店という設定で、同じ世界観を共有している。店長の旧友や佐藤のバンド仲間などが勤めるなど、設定上のつながりのあるキャラクターも存在する。Web上で連載している方が「猫組」、ヤングガンガンに掲載される方は「犬組」と呼称されている。下記登場人物達も「販促」と称して一部サイトコンテンツに登場しており、登場人物の中には本編よりもサイトでの登場が多いキャラも存在する。

2006年6月30日より携帯コンテンツからの番外編配信も行われている。2007年1月25日からドラマCDが発売されている。また、2010年4月から6月までテレビアニメが放送された。2011年4月2日にアニメ第2期の制作、ブルーレイボックスとキャラクターソングの発売、イベントの開催が決定した。第2期の名称は第1期と区別するため「WORKING'!!」と「'」が加えられている。

あらすじ[編集]

北海道某所にあるファミリーレストラン「ワグナリア」。あるきっかけで小鳥遊宗太はワグナリアでバイトとして勤務することになった。初日、意気込んでそのワグナリアに初出勤する宗太であったが、店長の白藤やスタッフのまひるをはじめ、一筋縄ではいかない個性的なスタッフたちにただただ狼狽するばかり。しかし、当の宗太も「小さいものがひたすら大好き」という独特の嗜好ゆえに、極めて低身長のぽぷらに惹かれたのでバイトとして働く決断をした、という世間の一般観念とはズレた変わり者であった。ここにひとくせもふたくせもある個性的な面々が集まったこのワグナリアで、今日も騒がしい日常が展開される。

登場人物[編集]

の項はドラマCD版 / テレビアニメ版のキャスト。1人しか記載されていない場合はテレビアニメ版のキャストとする。の項は舞台版のキャスト。

ワグナリアスタッフ[編集]

  • 概要にある通り、「ワグナリア」は北海道某所にあるファミリーレストランで、チェーンストア体制を採っている。北海道限定展開ではなく、全国店舗であることが示唆されている[comic 1]
  • 宗太の働いている店では当初、店長・白藤杏子(以下白藤)の方針で大小問わず色恋沙汰を禁じていた。これは互いの関係がぎくしゃくした時に店内が機能不全に陥る可能性を憂慮してのことである。実際に、葵の発言がきっかけでこの事態が生じている[comic 2][anime 1]。しかし佐藤の告白と轟がそれを受け入れたのを見て方針転換、解禁した。
  • アルバイト歴は、長い順から、轟→佐藤→相馬→ぽぷら→まひる→松本→宗太→葵。
  • アルバイトの採用は、基本的に白藤が行っている。ただし轟と宗太、葵は別。
  • アルバイト開始時は制服に研修バッジを着用し、時給が約30円引きとなる。なお、仕事を覚え、白藤の許可を得ない限り外すことはできない。宗太は17品目(第1巻)で外している。
  • アルバイトを含めた職員には社員割引が適用され、店の商品を注文すると3割引となる。
  • 下記のメンバー以外にキッチンに2名のスタッフが確認されているほか、平日の昼間にはパートのスタッフが入っている。
  • 白藤周辺の人物(白藤本人、轟、真柴兄妹)の名前は犬をモチーフにしている。
小鳥遊 宗太(たかなし そうた)
声 - 鈴村健一 / 福山潤 / 演 - 浜尾京介
本作品の主人公。「ワグナリア」フロア担当。16歳の高校1年生。身長172 cm→175 cm(11巻)。初登場は「1品め」(第1巻)。
作中では所謂「ツッコミ役」の立ち位置にある。学業・アルバイト・家事全般をこなす真面目で礼儀正しい少年だが、奇人揃いの家族やバイト仲間のせいで酷い目に合う役回りが多く、まひるに殴られたり、仕事のできない葵に手を焼いたりと苦労が絶えない。一方、動揺した際には乱暴な口調に変わったり暴言を吐いたりする事も少なくなく、相手によっては理不尽に暴力をふるうという精神的未熟さも見られる。
小さいものや可愛らしいものを病的に好む「ミニコン」という性癖を持っていて、幼児やぬいぐるみばかりか微生物までも好む。[1]女性観は「12歳以上の女性は年増」(但し小柄な種島は例外)。アルバイトを始めた理由もバイトの勧誘をしていた種島の可愛さに釣られたからであり、彼女には特に甘い態度をとる。子供や小動物の扱いにも手馴れており、嫌われることも無い。頭を撫でることが得意で、ぽぷら曰く「あまりの心地よさに病みつきになる」ほど。家庭や職場でアクの強い年上の女性に悩まされている為、ミニコンの度合いはますます強くなっている。
本人は周囲に家庭環境を隠そうとしている。しかし、伊波と相馬には程なくバレている。また、音尾には家族の件を吐露している[comic 3]。アルバイトを続けるのは、貯金して一刻も早く家を出るためである。しかし、彼を頼っている姉妹達のことを完全に嫌っているわけでもなく、姉たちの祝い事の際には何かしらの企画を考えたりもしている。
店長の白藤とは性格的にもそりが合わず、バイト採用初期の頃にうっかり「意外とトシなんですね」と発言してしまった事から、報復で週7日(要するに毎日)のシフトを組まれた。但しアニメでは、後に週6日に緩和されている(第1期第1話より)。
女装するとかなりの美人になり、ワグナリアでは通称「ことりちゃん」と呼ばれているが、本人は幼少期のトラウマ(倹約のため物心つくまで、よく姉達の服を着せられていた)のため女装することを極端に嫌がっている。
まひるの男嫌いを治すための世話係を押し付けられた結果、まひるに恋心を寄せられることになる。まひるに積極的な桐生の登場以降感情的になることが増え、ついにまひるを異性としてかわいいと意識しはじめた事と桐生のさりげない発言、更にまひるの想いを知ってしまった事で従来の嗜好(12歳以上は年増)との折り合いをつけられなくなっており、そこを相馬と桐生に弄られている。現時点(2011年5月)でのまひるへの態度は作者によるとツンデレ。特にまひるを意識しはじめてから、マイブームと称して壁や電信柱に思いっきり頭をぶつけて気を紛らわせることが増えている。
身体は耐久・持久ともにかなり丈夫。また梢から教わった護身術も体得していて、空手部主将の桐生よりも強く、すなわちまひるよりも強いが、女性に対しては、姉に痛めつけられた経験から本能的に抵抗できない。
ことりちゃん
極まれに現れる「ワグナリア」フロア担当の幻のスタッフ。宗太の仮の姿。命名者は佐藤(初登場前に「ことり」と記した名札を着用した宗太の描写も見えるが)で、名字の一部から採られている。まひるの父親が来店する際、まひるが宗太を女と言ってしまったため、女装するハメになった。その後まひるの父をとあることを理由に一喝したが、この時は女装はバレなかった。
かつら・メイクおよび変装道具は葵から提供してもらったもので、制服はワグナリアにあったものを借用している。ことりちゃんになる際、制服は相馬が用意し、メイクは葵が行っている。また佐藤からは胃薬を貰っている。メガネは外しているが、アニメによると松本のコンタクトを着用しているとのこと。
ぽぷらの憧れの女性像であり、誌面の人物紹介では「本編中で最美人」。男性客からも「可愛い」と好評な様子。また桐生は相馬の策略で当初は彼女(?)を「山田」と思い込んでおり、女装した宗太であることには暫く気づかなかったが、後に声でバレてしまう。
種島 ぽぷら(たねしま ぽぷら)
声 - 門脇舞以 / 阿澄佳奈 / 演 - 宮﨑理奈
「ワグナリア」フロア担当。17歳の高校2年生(理系)で、宗太と同じ高校(進学校)の先輩。ただし、学校での面識は無かった。初登場は「1品め」(第1巻)。
相馬が佐藤や轟を脅しているのを見た音尾からの「いやし系」という採用条件に合致しただけの理由で採用されている[comic 4]。「ぽぷら」という名前はポプラの木のように大きくなってほしいという願いから命名された。ただし、作者がこのように名付けたのは「嫌がらせ」とのこと(それとは逆に苗字の種は小ささをイメージで)。大きなポニーテールがトレードマークで、アニメではアホ毛が加えられている。
ワグナリアのマスコットキャラクター的存在。基本的には面倒見が良く誰に対しても気兼ねなく接する常識人で、スタッフの人間関係に気を回すなど仲間意識はかなり強く、世話焼きな面を見せる。そのため、白藤から八千代がバイトを辞めたあとの後任としてアルバイトチーフになるよう指名されている。ただし、時折非常に失礼な言葉を使うことがあり(本人に悪気は無い)、特に音尾が傷つけられている。また轟の帯刀は全く気にしていない。
よく小中学生と間違えられるほどに小柄で、本人はコンプレックスを感じているが、宗太からは非常に気に入られている。また同じ理由で制服は特注品。腕力も弱く、食器の片付けや力仕事ができない。内面・性格も子供に近く、根が純粋で騙されやすいので佐藤を筆頭によく他のスタッフにからかわれている。反面佐藤に対しては、片付けを代わってもらったり相談事を持ちかけるなど店内では最も頼りにしている節があり(踏み台扱い)、相性も極めて良いが、仲良しは付き合うものだと葵に指摘された時には、即座に佐藤と喧嘩をするほど恋愛感情は無い。
なぜか宗太の小鳥遊という苗字を「たかなし」と発音できず、常に「かたなし君」と呼んでしまう。憧れの女性は女装した宗太で、一時期強引に女装を迫ったこともあった。胸は体の割に大きすぎるらしい[web 1]
本人曰く「両親も小柄」。
菓子パン1個で満腹になるなど、かなりの小食かつ偏食家。特にピーマンは夕食に出ると家出しようと考えるほど嫌い。炭酸飲料も苦手。ただし背を少しでも伸ばしたいので牛乳を毎日飲んでいる。
作者のウェブサイトの「うろんにらくがき」というコーナーで作者が最も頻繁に描くキャラクターで、単なる一枚絵や小ネタとして描かれる以外にも、『ヤングガンガン』の発売日やサイトの更新などについての告知の役割を果たすことが多い。作者曰く「姿が見えていない回も、小さくて見切れているだけで毎回出演している」。設定段階では、ライオンのヒゲのような髪型だった。また作者は彼女を「たねじま」と読む。
伊波 まひる(いなみ まひる)
声 - 中原麻衣 / 藤田咲 / 演 - 阪田瑞穂
「ワグナリア」フロア担当。17歳の高校2年生。初登場は「5品め」(第1巻)。モチーフは“小枝のように華奢な子”。
採用の理由は、身長が低くて非力なぽぷらが仕事で佐藤の手を借りている様子を見た音尾が「戦力になる子を」と指示し、まひるが面接でテーブルを叩き壊したのを見た白藤が「戦力になる」と判断したため。やや癖のあるショートヘアと、左のこめかみに付いた2個のヘアピンが特徴。なお、ヘアピンは宗太に褒められて以来毎日換えている。
本来はおとなしく優しい性格の少女だが極度の男性恐怖症で、男性に近づかれたり触られたりすると老若人畜を問わず本能的に殴り倒してしまう癖がある。男は人間だけでなく、動物のオスもだめ。しかも壁や電信柱などを軽々と破壊できるほどの腕力を持つ。雪だるまですら、性別が男と分かると破壊している。生身はおろか絵や写真にすら拒否反応を起こすため、趣味は読書(挿絵の無い小説など)になっている。通っている高校はもちろん女子校。また作者のらくがきによると、男性名詞も駄目で、将棋倒しも駄目な模様。
宗太は当初「命の危険があるから」という理由でまひると同じシフトにされていなかった。初めて2人が対面したのは白藤のシフトミスによるもの。現在は恐怖症克服と被害拡散防止のための「世話役」である宗太を主に殴っている。そのため宗太はマジックハンドをリードにして狂犬を扱うように世話している。当初は自身の癖や宗太の趣味が原因で仲が良くなかったが、何度殴られても根気よく接してくれる彼に少しずつ心を開いていき、あることをきっかけに恋愛感情を抱く。とはいえすぐに男嫌いを克服したわけではなく、相変わらず宗太のことは殴っていたが、ある事件をきっかけに殴るのが止まった。男嫌いも徐々に克服しつつある。また、他のある事件により宗太に想いを知られてしまったが、気付かれていないと信じている。
男嫌いであるために、買い物が満足にできない、公共の乗り物を利用できない、男性教師の授業をまともに受けられないなど、日常生活にも大きな支障が出ており、アルバイトの志望動機は「男嫌いを治すため」である。現時点で男性に対する接客が満足にできた様子はないが、逆に女性に対する接客はほぼ完璧である。
男嫌いになったのは、幼少時代に自分を溺愛しすぎた父親に、徹底的に「男は危険なもの」と刷り込まれたことが原因(その刷り込んだ張本人である父親でさえ殴り飛ばしてしまう)。恐怖症を除けば真面目で常識的だが、パニックに陥りやすく(特に男性と接する際)焦るとピントのずれた言動をしたり、赤面症になって身体全体から湯気が立つほど発熱し、この熱で持っていたチョコが溶けたり携帯電話が壊れたりするほど。この熱はぽぷらによって生クリームの解凍に活用されたことがある(ネタ的に)。
スタッフで唯一小鳥遊家の四姉妹全員と面識があり、小鳥遊家に2度宿泊しているが、泉が自分の好きな恋愛小説の作者であることには気づいていない。
胸が小さいことがコンプレックスで、遥かに小柄なぽぷらや小学生のなずなよりも小さく、友人の北原(および作者)からは「ないちち」とまで言われている。らくがきで擬物化を行った際には「まな板」にされた。アニメ版のキャラクターデザイナー及び作画スタッフに作者は出来るだけ胸を小さく描くことをアドバイスしている。尚ファンブックの作者の回答によると、大いなる(絶)壁を越えて欲しいため、胸は小さくしたとのこと。
作者のWebページでの人気投票では他を引き離しての第1位。「ボコデレ」という新たな萌え属性として認識されている。
轟 八千代(とどろき やちよ)
声 - 河原木志穂 / 喜多村英梨 / 演 - 杉本有美
「ワグナリア」フロアチーフ。20歳のフリーター。初登場は「4品め」(第1巻)。モチーフは“大和撫子”。醤油味のお煎餅が好き。ワグナリアではバイト歴は最長。
人格者で常に笑顔を絶やさない働き者。独特のほわほわした雰囲気を持っているため、小鳥遊は調子が狂うらしく、やや苦手としている。また佐藤はこの雰囲気にうっかりときめいてしまい、4年間延々と片思いを続けている。ただ人見知りが非常に激しいため、白藤の友人筋とバイト仲間以外に人脈がない。
「実家が刃物店だから」という理由で小学生の頃から特注品の日本刀を持ち歩いている。なお刃が下向きの天神差しスタイルだが、これは作者が特に意識せず描いた為で、設定として深い理由はない。
小学生時代にイジメ(理由は帯刀)から救ってもらって以来、白藤を慕っており、それからずっと彼女の身の回り(主に食事)の世話をしている。バイトを始めたのも白藤が採用された時にその場で「杏子さんのそばで働かせてください」と音尾に直訴したため(当時16歳)。白藤に対する依存度は、彼女を模した巨大ぬいぐるみを持っていたり、彼女が出張で2日いなくなるだけでも大きく動揺するほどで、彼女のノロケ話を始めると、仕事そっちのけで数時間は喋り続ける。そんな彼女の名前の由来は「忠犬ハチ公」。白藤に食べ物を与える人間をライバルとみなす癖があり、お土産好きの音尾は完全に敵とみなされてしまっている。また、白藤目当ての男性客を闇討ちするという少々病んだ一面も。
スタッフの仕事を上手くさばいて店内の雰囲気とスタッフの人間関係の両方を良好に保つなど、チーフに見合う仕事スキルはある。ただし「杏子さんが居ないから」という理由で高校にほとんど通わなかったため、学がなく世間知らずな面がある。また機械オンチでもあり、最近購入した携帯電話の扱いにも非常に苦労している。更に人見知りで接客されるのが苦手なため通販を愛用しているが、こちらもネットが使えないためハガキを送って購入しているほど。
佐藤に関しては、「ヤンキーみたいで怖い同い年の人」から始まり、次第に打ち解けて連載開始時点では「同い年の友達」であり、ストーリーが進むにつれて徐々に関係が変化しており、「男性の中では一番好き」となり、さらには佐藤が好きな相手と幸せに過ごす姿を想像して嫌だと感じるようになって「お友達したくないかも」と友達以上の関係を望むなど進展し、ついに佐藤の告白を喜んで受け入れた。この感情の進展は、宗太のまひるに対する感情の進展の仕方と類似しており、本作の見所の一つとなっている。佐藤と付き合いだしてからは、自分を変えたいと強く思うようになり、「ワグナリア」でのバイトを辞める決心までしてしまう。
金髪のセミロングで、伸ばした方の髪先がカールしている。小学校時代はこめかみのあたりにツインテールを、中学時代は三つ編みを、高校時代は後頭部にツインテールを組んでいた。目は細くいつも線で描かれているが、僅かに目が見開いている姿も描かれている[comic 5]
白藤 杏子(しらふじ きょうこ)
声 - 皆川純子 / 渡辺久美子 / 演 - 水谷妃里
「ワグナリア」の雇われ店長。28歳。10月22日生まれ、血液型B型。初登場は「1品め」(第1巻)。モチーフは“クールビューティー”。
長身で男言葉で喋るクールな女性。年齢を気にし始めており、その手の話題には敏感に反応する。葵と松本以外の女性スタッフからは「杏子さん」、その二名と男性スタッフからは「店長」と呼ばれている。
できる仕事はレジくらいで、ほとんど仕事をしていないにも関わらずかなりの大喰らいで、店の食料品を勝手に食べてばかりいる傍若無人な人物。だが、仕事に対する意識は高く、まれに上司として助言をすることもある。元々アルバイトの採用は彼女が行っていたが、採用基準がどこかずれていて音尾に度々注意されたため、面倒になってぽぷらをスカウトに行かせた。結果的に宗太がチョイスされるきっかけになっている。
基本的に好き嫌いなく何でも食べるが、好物は轟の作るパフェ。たまにお菓子のお土産を持って帰ってくる音尾を、お菓子そのものとしか見ておらず、お土産を差し出すまで音尾の存在自体に気づかないほど。佐藤に対してもめしという認識。「食べ物をくれる人間は好き」と公言しており、度々食べ物で買収される。音尾が連れ帰った葵に対しては当初、「お前(音尾)が持って帰るものは食べ物以外認めない」とアルバイト採用を拒否していたが、音尾のアドバイスで葵が菓子折を用意していたことであっさり買収されている。更になずなが“職業体験レポート”としてワグナリアに入ったのも買収によるものである。
幾ら食べても太らない上に、いいところには栄養がいくことをまひるに羨ましく思われている。
酒は食欲が増すために自粛している。休みの日はだらだら過ごすか、大食いチャレンジの店を荒らしまわっている。テレビは見ない。
学生時代は所謂スケバンで、現在でも態度の悪い客に手荒に対応をしたり、学生時代の舎弟を使って制裁を加えたりなど物騒な行動も見られる。学生時代から当時小学生だった轟と付き合いがあり、異性との恋愛を許さないほど大事にしている。佐藤が轟を好きなことを知り保護者的心配もしたが、轟が佐藤に好意以上の態度を示したため、動揺しながらも様子見にした。最終的に佐藤を問い詰めて轟に告白する様追い込み、受け入れた轟を「もうお前はいらない」と突き放して二人の関係が進展するように計らった。また舎弟は大勢いて、いざという時は呼び出して手伝ってもらったり、ワグナリアの売上げに貢献してもらったりしている(真柴兄妹もその一部)。
作者によると名前は犬っぽいイメージ(「シロ」が付く名前)から付けられている。Webページ掲載の『WORKING!!』(猫組)に登場する店長の榊研一郎とは同級生で高校時代から付き合いがあり、榊からは「シロちゃん」と呼ばれる。アニメでの愛車はフィアット・500[anime 2]である。現実の同車の定員は4人だが、劇中では5人で乗車する場面が見られる。
佐藤 潤(さとう じゅん)
声 - 野島裕史 / 小野大輔 / 演 - 大山真志
「ワグナリア」キッチン担当。20歳の大学生。初登場は「3品め」(第1巻)。いつも無表情で感情の起伏の少ない青年。ヘビースモーカー。16の頃からワグナリアで働いている古株。
面接の際に白藤からは“服装が適当、無愛想、生意気そう”と評価されたが、轟の帯刀に悩む音尾の「帯刀していない人」という条件に合致した(と白藤が誤解した)ために採用される事となった[comic 4]
伊波が「ヤンキーっぽい」と言う様な外見をしているが、小鳥遊や相馬に「店で一番良い人」と言われるほど人がよく、非力な種島の代わりに力仕事を引き受けたり、葵が店から締め出される事を予想して様子を見に戻ったりしている。接客が嫌いだったり歌を歌うのを拒否したりと、見た目に反してシャイ。
「背が高く、優しく、外見はそこそこ良い」ため相馬や友人の吉田[web 2]によるともてるらしい(本人は否定)。また、アニメでは接客に出た際女性客にうっとりされる場面も見られる。
働き始めた当初から轟に恋愛感情を抱いているが、当の彼女は白藤に夢中のため全く気づいてもらえず、加えて数少ない同年代の友人として信頼されているため手を出すことも出来ず生殺し状態となっており、気苦労が絶えない。そのため胃薬・頭痛薬・心が落ち着くアメなどを常備しているが、ストレスが溜まると仕事を早退することもしばしば。
当初は轟と名字で呼んでいたが、後に轟自身の要望で下の名前である八千代で呼ぶようになった。また彼女への想いを確かにするため、達成できなかったらアルバイトを辞める決意を本人に話すほど親密度は高い。しかし褒められただけで咽たりする他、二人きりになってもまともに口が利けなかったり、飲みに誘っても日取りを決められなかったりと押しが弱く、相馬、葵には「ヘタレ」扱いされている。
轟とは幾度ものアプローチや行き違いの末、ついに告白して受け入れられた。しかしこれは夢だと現実逃避するなどヘタレとストレスからは解放されていない。むしろ彼女となった轟から自分について惚気られるなど新しいストレス源が出来た。コミックス12巻では相馬の前で胃薬を大量買いするおまけページがある。
諸々のストレスを種島をからかうことで発散するという悪癖がある。しかし彼女の扱いに関しては非常に上手く、巧みなフォローを入れたりメモを取ったりしている事から「種島いぢめ」として研究している節もある。白藤や伊波の扱いにも長けており、轟以外への接し方は要領が良いと言える。もっとも作中のワグナリアスタッフで、伊波に殴られた描写がない唯一の男性キャラだが、「色々工夫している」結果であり、時には死を覚悟する程に怖がってはいる。
轟より明るめの金髪で前髪で左目が隠れているが、完全に隠れている訳ではなく左目の描写も多数ある。店内一の長身で、現在も伸び続けている(幼少期は小柄だったとのこと)。一人暮らしをしているが実家、大学共に近いらしく、通勤は親の車(B6型アウディ・A4)を使用している。一人暮らしをしている理由は「でかいのがうろうろしていると邪魔」と家族に言われたかららしい。
Webページに掲載の『WORKING!!』(猫組)に登場する足立正広とはバンド仲間(ギターリスト)。ぽぷらのいじり役や足立との絡みでらくがきまんがにもよく登場し、本編にもまして様々な手段でぽぷらをからかっている。食べ物絡みの時は全て佐藤が購入したか調理した物である。
境遇への同情票が多く、人気投票では常に2位を獲得している。
相馬 博臣(そうま ひろおみ)
声 - 藤田圭宣 / 神谷浩史 / 演 - 加藤良輔
「ワグナリア」キッチン担当。20歳。秘密主義者のため経歴不明。仲の良い同年代の佐藤・轟も私生活を知らない。葵からは様々な経歴をねつ造されている。初登場は「27品め」(第2巻)。
佐藤を“チャラ男”と思った音尾からの「真面目な人」という採用条件に合致しただけの理由で採用している[comic 4](採用当時18歳)。正確には、面接の時点でワグナリアの間取り・人間関係・取引先などを調べ尽くしていた事を白藤が勝手に真面目と判断しただけ。なお、音尾とその妻・春菜とは、採用される前から面識がある(春菜とは「話友達」)。
一見笑顔を絶やさない好青年だが、実は噂話やゴシップが大好きで店員の大半の弱みや個人情報を握っており、それをダシに「説得」と称する脅しをしばしば行う怪しげな人物。その結果、自分の仕事は他の誰かが「やってくれている」ため、忙しい時でも暇そうにしている。基本的に話しかけるのは、相手のことを知ってから(=弱みを握ってから)。入店して2年程だが、何故かそれ以前の轟や佐藤に関する情報を知っており、当時の写真まで持っている。「人の心を読む」「うにのとげを一瞬で数える」等の人智を超えた特技を多数持つ。
登場当初こそ(宗太から)「最強」と称されたが、まひるだけは気配すら感じず、かつ傍に寄っただけで話しかけるまもなく殴られるため苦手にしており、宗太が来るまでは最も殴られる確率が高かったと述べているほど。宗太の出現と携帯電話(電話番号の入手経路は不明)を介するというコミュニケーション方法の確立で、直接殴られることは少なくなった。その他、弱みといえる弱みの無い人(音尾)や、自分の想定からかけ離れた人(相馬の情報網でも捕まらない音尾春菜)も苦手としている。また情報を持っていても白藤は気にせず、佐藤にはフライパンで殴られるため通じない。そして秘密主義者であることが仇となり、葵から同情されて泣かれ、それがぽぷらに飛び火し、生まれて初めて弱みを握られてしまっている。以上の経緯から葵にもやや弱い。ワグナリアスタッフが誰も相馬の素性を知らなかったことなどから、葵からは「かわいそうまさん」と呼ばれる。
同じ担当のためか佐藤と一緒にいることが多く、よく彼の恋愛事情をからかっては殴られている。どんな時でも「物事が面白くなるであろう展開」に事を進めるため、しばしば佐藤や宗太に怒鳴られている。
宗太・佐藤曰く「ドS」で、Sっ気の強い女性をいじるのが好きらしい。またそれ以外にも、金髪・巨乳・頭が悪くない(=葵以外の)人が好みであるとも明かしている。食べ物の好物はエビフライ、ハンバーグと牛タン。また甘いものに目が無く、たい焼きも好きらしい。
上記のように葵のことは好みではないと断言しているが、一方で自分を慕ってくる彼女のことを憎からず思ってもいるようであり、律儀に彼女の相手をしたり、彼女の兄だと目星を付けていた桐生に会わせないようにしたりと、彼女がワグナリアに留まれるよう陰で尽力していた。桐生と葵が遭遇した際も葵を庇っており、音尾に「本当の兄みたいだね」と指摘されている。
情報源は主婦のほか、近所の子供、近所の動物と幅広いがその性格ゆえ友人はいない。
元々猫組に関係してweb上に登場した人物だが、犬組での掲載に関係して内容は削除されている。但し当時の設定の一部は生きて居ると思われ、好物が同じ(たい焼き)であったり、高校時代に風紀委員をしていた設定が番外編で使われてもいる。
音尾 兵吾(おとお ひょうご)
声 - 中村大樹 / 中田譲治 / 演 - 高橋立
「ワグナリア」マネージャー。37歳。初登場は「8品め」(第1巻)。モチーフは“日本のお父さん”。
行方不明の妻を捜して日本中を転々としており、時々お土産を持って店に帰ってくる。主に妻に似ている者や、縁があるものを買ってくることが多い。ただし、決して似ているとはいえないものも多々ある(鬼面など)。
立場上、ワグナリアでは最も偉い存在であるが、物柔らかで腰が低いためそのように見えない。妻探しや葵からの強引な養子縁談などもあって不在がちで存在感が薄く、スタッフからは雑に扱われている。ただし店にいる僅かな時間で経営の仕事を全てこなすなど、優秀である。
かなりのお人好しで、また他人を怒ることも苦手。葵に対して一度怒ったことがあるが、言葉遣いや雰囲気が全く変わっていないため、宗太に驚かれた(というか呆れられた)。葵からは現在こそ父親のように慕われているが、初めは「なんでも言うことを聞いてくれそう」と思われていた。その反面、相馬から握られる弱みらしい弱みが一切ないというある意味すごい人でもある。
妻の春菜が戻って来てからは常駐しているらしいが、存在感が希薄過ぎて相馬にさえ存在を認識されておらず、小鳥遊と伊波、佐藤と轟の恋愛事情を目撃しながらも気づかれないため(春菜も同じ)、種島と葵からは「ステルス夫婦」と思われている。
中年男性らしく若者と接するのが苦手で、特に変人揃いのワグナリア内の女性スタッフとの接し方に悩んでいる。なお、まひるとは「9品め」(第1巻)の時点で面識はなかったが、「15品め」(第1巻)[anime 3]で初めて対面した。
まひるからは(白藤の吹き込みで)女性と思われていた。また、暴力から回避させるため、宗太の助言によりまひるからは「空気」扱いされている。
女性スタッフの中でも特に轟を苦手にして(というより恐れて)いる。理由は白藤が音尾のお土産だけを心待ちにしており、それを轟が「食べ物を与えてなつかれては困る」といって斬りかかることから。
ドラマCDではキャストにはあるものの全くと言っていいほど出番が無い。
山田 葵(やまだ あおい)
声 - 植田佳奈 / 広橋涼 / 演 - 大野未来
「ワグナリア」フロア担当。自称16歳だが「この年齢でアルバイトは……」という菊乃のセリフから明らかに中学生相当。一人称は「山田」。ただし苗字は偽名。初登場は「47品め」(第3巻)。音尾が旅先から連れ帰った少女。名前、年齢、経歴全てが自己申告であり、実際は家出中で山田桐生は実兄。相馬は正体を知っているらしい(宗太の問いかけを否定しなかった)。和人形のような長い黒髪が特徴で、髪以外の顔パーツが白藤に微妙に似ている(アニメでは白藤の顔の各パーツに少し丸みをもたせ大きめに描かれている)。そのため佐藤にちょっとイラつかれている。ただ彼女が白藤に変装をしても轟には別人にしか見えない。身長は作中の登場人物の中では小さい方なのだが宗太のツボにははまらないらしくカワイイモノとして扱われていない。
一見ミステリアスな雰囲気を醸し出しているが、実は単純でどこか間が抜けている。自信家で態度が大きい上に無駄な発言が多いトラブルメーカーである。それでいて仕事では全く役に立たないためいつまでも研修扱いで、店内での立場は低い。「割りまくりクイーン」を自称するほど多数の皿を割り、パフェを作る以外は基本的に何もできない。
音尾など自分に優しく接してくれる人にはよく甘えたがり、逆に厳しい宗太・佐藤を苦手としている。相馬と同じくゴシップ好きで女性スタッフの中では人間関係に目ざとい方だが、思ったこと、気づいたことはすぐに表情や口に出すため、嘘や気遣いはあまり得意でない。
普段はワグナリアの屋根裏に住み着いている。生活に必要なものはフロアから調達しているが、食料だけは勝手に持ち出すと白藤に怒られるので、客として食べている。
好物は納豆。一度キッチンの冷蔵庫を納豆で埋め尽くし、佐藤に怒られたことがある。納豆にマヨネーズやケチャップ等様々な調味料を混ぜる独特なトッピングを行う。
家出した原因は、父親が死んでから母親がお受験のための勉強を執拗に迫る様になり怖くなった(葵の誤解だった)のと、自分が作った特製納豆を桐生が勝手に食べてあまり美味しくなかったと評されたため。
家出中のためか家族というものに憧れており、気に入った人を自分の家族「山田ファミリー」にしたがる。特に父親に強く憧れ、ファザコンの気がある。音尾が理想の父親像らしく異様に懐いており、彼が帰ってくるたびに養子縁組を申し込んでいる。なずなには「山田ファミリー」を作りたがるのは「寂しくて構って欲しいだけ」と見抜かれている。実際母親は大変で家出した葵を探すどころでは無いと桐生に告げられており、小鳥遊家で家出の事情を話した際にはその重さに宗太となずなを困らせた。
変装用具、盗聴器など一式を所持しており、宗太がことりちゃんに変装する際に活用されている。桐生曰く「妹は怪盗の如く何者かに変装する」。
原作では「88品め」で宗太(ただし、ことりちゃんの姿で)とまひるがデートした際、アニメでは第1期第8話でワグナリアスタッフと温泉旅行に行った際、学校の制服(アニメでは女子用のクリーム色のブレザー)で行動していたことから、当初は私服を持っていないと思われていた。現在は相馬に買ってもらった私服を着用している。また、同様に彼に買ってもらった熊のぬいぐるみに「デイジー」と名付け、大事にしている。
行方不明の春菜と三度遭遇してついに音尾の元に連れ帰っただけでなく、帰還後に忽然と消えた春菜をすぐに見つけ出すなど、春菜捜索では重要なキャラクターでもある。

:現在は兄・桐生の努力の甲斐もあってか、徐々に兄弟仲は改善されつつある。

松本 麻耶(まつもと まや)
声 - 川瀬晶子
「ワグナリア」フロア担当。18歳の高校生。初登場は「4品め」(第1巻)。まひるで懲りた音尾からの「もっと普通の子」という採用条件に合致しただけの理由で採用されている[comic 4]
本編4品めに後姿で1コマのみ登場。元々レギュラーメンバーの予定だったが、性格の設定の都合から没キャラとなり、以後の登場はなかった。しかし、作者サイトでの企画や人気投票の度にこのキャラに注目するファンの声が多く挙がったため、性格を変更して『月刊少年ガンガン』2007年10月号の出張版に主役として再登場するに至った。基本的に出番は番外編のみだったが、第9巻以降は本編に登場している。赤縁の眼鏡をかけていて前髪の左サイドの一部だけが激しくカールしているのが特徴で、伸ばすとバネのように元に戻る。初登場時、研修バッジらしきものを身につけていた。
小学校時代にある行動を同級生から「普通じゃない」と言われたトラウマにより、「平凡に生きること」を信条としており、その反面、普通でなく変わっていることを極端に嫌う。だがその「普通」に固執する姿が、結局は自身の嫌う「変」な特徴になってしまっていることに気付いていない。
変わり者の他スタッフとはあまり関ろうとしていないが、ドラマチックな人生をよしとする葵とはよく言い争っている(傍から見れば仲は良い)。その流れで葵のワグナリア生活を体験したり、逆に葵を自分の家に招かざるを得ない状況になったりもした。ちなみに葵から「胸はあんまり普通じゃない(= 大きい)」と言われている。
単純な性格なのか「普通なら出来る」や「普通ならやらない」などと「普通」を種にからかわれたり騙されたりすることが多い。また小市民的な性格で強く出られない。
本編では桐生撃退の役回りが多い。相馬によるとその桐生とは中学時代出会ったことがあるが、本人の強い意志によって忘れた。
人気投票では6位を獲得しており、その事で他のワグナリアスタッフに弄られるらくがき漫画もある。
アニメでは毎回僅かに登場し、OPにも僅かに登場するが、台詞は第1期および第2期ともに各最終回(13品目)のみだった。

小鳥遊家[編集]

  • 作者の設定によれば、宗太となずな以外は「先生」と呼ばれる職業にしたかったとのこと(理由は特にない)。また作者は小鳥遊家は文系と分析している。なお、「小鳥遊」というネーミングは、作者によれば「名前を覚えてもらうために逆にややこしくした」とのこと。
  • 小さいもの、かわいいものに目が無いこと、苗字の読み間違えを嫌うことは小鳥遊家全体の特徴。ちなみに泉の貧弱性は父親からの遺伝、他4人の頑丈性や強力性は母親からの遺伝らしい。
  • 女性陣は長身。背の高さは高い順に一枝→梢→泉≧宗太→なずな。第7巻で、なずなが宗太の身長に追いつく。だがその後、宗太が3センチメートル伸びたので、前述の身長順とそのままである。また梢は白藤や相馬より背が高く、佐藤よりは低い。
  • 北海道新聞を購読している。
  • 女性陣の名前は真ん中に『ず』+小鳥が遊んでいる〜というルールで名付けられている。
小鳥遊 一枝(たかなし かずえ)
声 - 安藤麻吹 / 白石涼子
小鳥遊家の長女。31歳の弁護士出戻り。初登場は「25品め」(第2巻)。モチーフは“こんな姉いたらやだなその3”。
理知的な容貌の持ち主だが、高圧的かつ傍若無人な性格(外面は良い)であり、よく六法全書を使って宗太を(精神的かつ物理的に)痛めつけている。法に抵触するようなことには敏感で何かとうるさいが、金にならないことや興味が無いことは無視する。ただ、態度にはあまりでないが、家族のことを最も気遣っている人物。
妹の中では(その性格ゆえに)泉と折り合いが悪く、彼女に小説家をやめるよう促している。逆になずなには甘い。
厳格そうに見えるが小鳥遊家の血筋には逆らえず、小さくて可愛いものには目がない。ぽぷらには初対面でハグしてしまうほどである(この時ぽぷらからは「間違いなくかたなし君のお姉さんだ」と思われている)。
作者の設定によれば、外見があまりにも宗太に似ている(ぽぷらが初対面時に宗太の女装かと思ったほど)ため、口の下にほくろを付けて見分けられるようにしたとのこと。
夫は幼馴染で母・静の秘書でもある峰岸透。一時は冗談のような諍いから離婚していたが、職場にまで押しかけてきた彼の情熱的なプロポーズに根負けし、復縁した。
母親の静によるとMっ気がある。
名前は『小鳥が遊んでいる一枝』で一枝。
小鳥遊 泉(たかなし いずみ)
声 - 折笠富美子 / 日笠陽子
小鳥遊家の次女。28歳の恋愛小説家。初登場は「25品め」(第2巻)。モチーフは“こんな姉いたらやだなその2”。
常に部屋に引き籠って机仕事ばかりしており、食事の世話から洗濯、部屋の掃除まで普段の生活は完全に宗太に依存している。その上、ほとんど歩かないため足腰は弱り、手を借りなければ立つことすら出来ず、家の周囲を散歩しただけで疲労し、ペンより重いものを持つと3日後に筋肉痛になるほど。一度なずなと徒歩でワグナリアに出かけたが途中で体力が尽きて歩けなくなり、なずなに台車に乗せて運んでもらうも今度は「低い所は空気が悪い」と挫折して結局タクシーで引き返してしまい、結局ワグナリアにたどり着く事はできなかった。
性格も暗く、極端に弱気で悲観的である。コンピュータ機器(パソコン)が使えないため、いまだに原稿用紙に万年筆で書くというスタイルを貫いている。部屋を一日で丸めた原稿用紙で敷き詰めてしまい、その片付けは大概宗太が行う。また、このような環境での暮らしが多いため、家の中では小汚い状態が多い。本人曰く「自分の書く物が美しければいい」との事で、あまり気にしていない様子。しかし、さすがに家族以外の人目は気にするようで、滅多に外出はしないものの出かける際は普段より小奇麗な姿になる。だが彼女が一人で出かけると、一家が総出になって心配し捜索するという事態が起こる。
ぽぷらを宗太の彼女と勘違いしており、かつ小学生と思っている。将来にわたって宗太に介護してもらうつもりの泉は、ぽぷらと付き合うと「宗太がロリコン犯罪者になると介護してもらえなくなるから」という理由で交際を望んでいない。その事態を止めるべく体を鍛える事を(丸一日かけて)決意。梢の直接指導は厳しすぎた為、一日徒歩5分という自分のペースに変更。その結果体力不足は若干改善され、家の中でも立って歩く事ができ、外での活動時間もだいぶ延びている。しかし宗太は「黒くてでかくて威圧感を感じる」(泉のほうが身長が高い)という理由から少々抵抗を感じている。外出した時に偶然まひると出会っており、宗太には「ぽぷらと別れてまひるのような彼女が出来て欲しい」と考えてまひるに「弟と交際して欲しい」と頼んでいる。しかし宗太とまひるがアルバイト先の同僚であり、色恋沙汰になりかけてることは知らない。
姉3人の中では家事をしている宗太に感謝する描写が唯一あり、職業柄スランプになると恋バナネタがないか姉妹に聞いて回っている。料理に関しては専門的な知識の持ち主で、凝った物が食べられることから母親の静が食事の支度の役割を指名されたりしている。
人気投票で4位を取っており、読者からの人気は高い。「作者がモデルなのではないか」という声もあるが、作者は否定している。
『小鳥が遊んでいる泉』で泉。
小鳥遊 梢(たかなし こずえ)
声 - 木村亜希子 / 伊藤静
小鳥遊家の三女。25歳の女性向け護身術講師。一枝に次ぐ長身。初登場は「20品め」(第1巻)。モチーフは“こんな姉いたらやだなその1”。
「護身術講師」という職は明らかになっているが作中で働いている描写は無く、なずなから「いつ働いているのか」と問われてもはぐらかしている。また「給料は全てお酒につぎ込んだ」という発言や宗太曰く「経済力はある」との事から収入があるのは確かなようだが、その実態は不明である。
大酒飲みで常に酔っ払っており、よく道端や玄関で潰れている。酒への依存度は、二日酔い迎え酒で直そうとするほど。なお、酒に一応好みはあるらしいが、酒であれば全て飲む。弟がアルバイトを始めて以来ワグナリアの常連客となっているが、来店する度にスタッフに絡む・女子店員にコスプレの衣装を着させて侍らすなど迷惑行為を繰り返している。宗太がつまみ出そうとすると、幼いころの宗太の女装アルバムを盾に脅して居座る。ただし宗太の事は非常に可愛がっている。
寂しがり屋で惚れっぽく、男性と付き合うことは多いが、(男性から見て)“自分よりデカくて強い”という理由ですぐにふられる。道端で出会った人に突然告白する描写もある。佐藤、相馬にも初対面で結婚を申し込むなど見境が無いが、2人の本質を的確に見抜いていたことから、男を見る目は意外とある模様。陽平には「(陽平自身が)無職なので付き合えない」とフラれたが「自分の性格が原因でフラれたわけじゃない」という理由で逆に惚れ直し、追いかけ回している。泉以上に他人の恋バナには目が無く、まひるの弟への片想いや佐藤の轟への片想いに想像をたくましくしている。
その自由奔放な性格とだらしない生活態度から、姉の中で最も宗太に迷惑をかけている人物。そのため、宗太自身も彼女を姉と思わないようにしているが、幼い頃に彼女がプレゼントしたうさぎのぬいぐるみは今でも机に大切に飾ってある(但しこのぬいぐるみが格別に汚れているからであって、他のかわいいグッズはもっと大切に保管してある)。宗太の一生のお願い(自分の下着は自分で洗ってほしい)だけは聞いてあげているが、それを盾に普段言うことは聞かない。普段はだらしない面が強いものの、自分の専門分野ではしっかりしている。泉の体力作りに付き合った時には泉の筋肉痛予防を実施し、見事3日後の筋肉痛を防いだ。
5人兄弟唯一人母の静になついているものの元気で手がかからないためか名前から存在まで忘れられてしまい、寂しがり屋で構ってもらいたがりの癇癪をしばしば起こしている。
上二人同様『小鳥が遊んでいる梢』で梢。
小鳥遊 なずな(たかなし なずな)
声 - 釘宮理恵 / 斎藤桃子
小鳥遊家の四女で小鳥遊家の末子。12歳の小学生にして兄・宗太(172センチメートル)に近い身長で、胸もまひるより大きい。初登場は「25品め」(第2巻)。
しっかり者でできた妹だが、人の扱いに長けた計算高い一面もあり、姉達の扱いは「ちょろい」とのこと。これは姉に苦労させられている兄を助けたい気持ちから身についたものだが、当の宗太にとっては悩みの種であり、将来的には姉達を超えた存在(立派な悪女)になり得るのでは…と危惧されている。ただし、以上のようにハイスペックだが、苦手と認識したことや梢からの保健体育の話から逃げる、もっと兄に甘えたいとぽぷらに相談するなど、年相応な一面を持つ。
時々ワグナリアで働き、宗太の手伝いまたは代役をしている。最初白藤に許可をもらう際、菓子折で買収している。佐藤曰く「しっかり働くし給料もいらないから楽」(白藤さえも「小鳥遊並に働く奴」と評価した)。当初の目的は、宗太とまひるが一緒に帰宅しているのを目撃したことから、まひるが宗太の彼女と誤解し、職業体験レポートという名目で宗太とまひるの関係を確かめるためだった。
この作品で唯一心身の成長がはっきりと描かれている人物であり、宗太には「身長だけでなく人間的にも俺よりでかくなりつつある」と思われている。
母親の静には「自分に一番似ているので跡継ぎに」考えられている(ただしなずなの夢の中)。容姿が相馬に似ており、作者は「一歩間違うと相馬になるので気をつけている」と明かしている。
『小鳥が遊んでいる薺畑』でなずな。
小鳥遊姉弟の父親
声 - 田坂秀樹
名前は不明。
宗太が幼い頃に亡くなっている。姉3人が可愛い服をあまり着てくれなかったため、幼少の宗太に女装をさせていた。
現在も女装していた当時のビデオが残っている。宗太は処分を検討しているが、一枝は「父の形見」と言って捨てたがらないために現在も残っている(実際は父の姿は全く映っていない)。
小鳥遊 静(たかなし しずか)
小鳥遊家の母親。作者自身が自らのWebサイトで冗談で「もずく」と言ったりしていた。
政治家で極めて多忙。部下のうちメインの秘書が峰岸と菊乃。
世間からは傍若無人、魔女、死者と会話できそうなどの評価がある。
質素倹約が趣味。そのあまりもの傍若無人っぷりに小鳥遊家の子供たちからは居ないことにされている。ただし、「147品め」に若い頃の姿で登場するカットはある。
息子に恋の匂いがしたので、相手を見極める為に数年ぶりに家に戻った。その後は常に陰から息子を見守っている。
帰宅後なずな以外の4姉弟は「峰岸との関係をからかわれる」「メイド服で食事の支度をさせられる」「存在と名前を忘れられる」「女装させられる」被害を受け続けている。

ワグナリアスタッフの親類・関係者[編集]

伊波まひるの父
声 - 大塚芳忠
本名不明。初登場は「59品め」(第3巻)。
娘を溺愛しすぎた結果、まひるを男性恐怖症に仕立て上げた張本人。まひるが宗太に決定的に惚れるきっかけにもなった。なお、このことは後に宗太(ことりちゃん)の説教で反省し、まひるに長文の手紙を送って謝罪した。
家にいるとまひるに殴られるため、単身赴任で家を常に空けており、10年以上帰っていない。それゆえ、まひるからは顔すら忘れられている。
見た目は穏やかであるが、猟銃(本人曰く「偽物」)を携帯してワグナリアに来るなど物騒な人物。
伊波まひるの母
声 - 鈴木真仁
本名不明。初登場は番外編「伊波まひるの今日この頃」(第4巻)。
おっとりとした性格。天然で夫の教育方針は特に気にしていなかったらしい。家事は一応できるようだが、米をきらしているのにカレーライスを作るなど、かなりのうっかり者。
まひるを1人で買い物に行かせたり、まひるがホワイトデーにお返しを貰っていたことを娘を溺愛する夫に話したりと、危険を予測する能力は低い。その反面、ことりちゃんを「小鳥遊」と呼んでしまったり(本人も何故か判っていない)、娘が豊胸パットをしていることに気付くなど、妙なところに敏感である。
まひるの貧乳は彼女譲りのようである。
音尾 春菜(おとお はるな)
声 - 岩男潤子
音尾の妻。37歳。旧姓森井。いつも穏やかな笑顔の優しい女性。極度の方向音痴で牛乳を買い行ったきり行方不明になっている。初登場は「92品め」(第5巻)。
その方向音痴っぷりは凄まじく、“北”は地図で“上”だからという理由でひたすら“上”を目指して彷徨っている(その時本人は空を指さしている)。
相馬の情報網でも見つけられず、たまに偶然現れても忽然と姿を消してしまう。第6巻では目張りされた完全な密室からも一瞬で消えた。遭遇する確率は夫の音尾曰く「ツチノコレベル」[comic 6]。白藤と轟、葵と遭遇した際にはやはり忽然と姿を消している。今は音尾の元に戻っているが、再び行方不明になる事を恐れた音尾がワグナリアに連れてきて椅子に鎖で拘束している(それでも宗太と相馬の目の前でいきなりいなくなった)。
ちなみに音尾がワグナリアに持ち込むお土産品(鬼のお面・包装紙の絵など)は、彼女に似ているという。
月刊少年ガンガン2011年7月号所収の「放課後メイズ[2]で学生時代の音尾との出会いが描かれた。当時から極端な方向音痴である一方、電車とバスで帰宅中の音尾に先回りするほどの健脚で身体能力は高い。
アニメでの本格的な登場は2期4品めだったが、1期でもDVD2巻収録の3品目の追加シーンに回想で1カット登場し、「上」という一言のみセリフがあった。
真柴 陽平(ましば ようへい)
声 - 中村悠一
白藤の「便利な後輩」その1。美月の双子の兄。26歳。通称「真柴1号」。名前は犬っぽいイメージ(『柴(犬)』が付く名前)から付けられている。正式な登場は「102品め」、初登場は「101品め」(第6巻)。なお、2品めで料金を支払わないで店から出た客から白藤の指令で料金を回収した人物でもある。
佐藤とぽぷらが風邪で戦力にならなくなったときに白藤に呼び出された際に初登場。かつて白藤に挑みぼろ負けをし、さらにその際の発言が原因で回想したくないほどのトドメまでさされて以来舎弟となった。白藤のことを「姐さん」、轟のことを「お嬢」と呼ぶ。
ヤンキー時代は喧嘩もしていたため、白藤も認める程相当に打たれ強いらしく、一時は宗太の代わりにまひるの男性恐怖症克服係の代役を白藤に任命されそうになった(これが原因で宗太とまひるの間に一時亀裂が走る)。
白藤にいつ呼び出されてもいいように自由な職業(=無職)をしている。白藤からは「自立して働け」と言われているが、本人にその気はさらさらない。普段着はツナギであるが工業系の仕事をしているわけではない。
店に来ていた梢の容姿を褒めたことで梢に惚れられ、一度は振っているものの、一方的に「ダーリン」と呼ばれている。
作者曰く「絡む人が絡む人なのでまともに見えがちだが、多分気のせい」(第7巻)。
真柴 美月(ましば みつき)
声 - 戸松遥
白藤の「便利な後輩」その2。陽平の双子の妹。26歳。通称「真柴2号」。陽平と同じく、名前は犬っぽいイメージ(『柴〈犬〉』が付く名前)から付けられている。正式な登場は「103品め」、初登場は「102品め」(第6巻)。胸は残念っぽい。
陽平と同じく佐藤とぽぷらの穴を埋めるために白藤に呼び出された際に初登場。陽平をボコボコにする白藤に惚れて舎弟となった。
陽平とは違い保険外交員というまともな職業に就いているが、普段からメリケンサックを身につけて脅しつつ営業していたり、ノルマをほとんど知り合いでまかなうなど、どこかズレている。基本的に「営業に出ればサボり放題」らしい。
陽平と同じく白藤を「姐さん」、轟を「お嬢」と呼ぶ。轟に対しては恋愛感情に近いほどのかなり過保護な面があり、佐藤に敵対心を抱いているが正論を言われて泣いて逃げた。この2人(特に美月)が付きまとっていたことも、轟が人脈を持たない原因のひとつ。
轟に対する佐藤の本気度を調べるため、轟に関するクイズで佐藤を試したが、佐藤が何一つ答えられなかったため「少しは本人に聞くとかしろよ」と佐藤に説教した。またその場でうっかり白藤に佐藤の、轟に対する好意を漏らしてしまった。
ヤンキー時代の過去を隠したがり、当時の写真を持っている陽平としばしば衝突することもある。しかしやっていることはヤンキー時代の頃とほとんど変わっていない。陽平・美月とも、自分のことを「舎弟その1」と呼んでおり、互いに「バカ」呼ばわりするなど仲はかなり悪いが、息は合っている。
梢からは勝手に「みっきー」と呼ばれている。轟をネタに梢からからかわれることもある。
山田 桐生(やまだ きりお)
声 - 日野聡
白い学生服を着た高校生。17歳。葵の兄。妹と同様に「山田」を偽名として名乗っている。初登場は「111品め」(第6巻)。ココアが好き。
女子高生を手当たり次第に捕まえて調べる不審者として登場(本人としては家出中の妹の変装を見破る為の行為でもあったのだが、痴漢の謗りは免れられなかった)。その際に伊波と接触、一目惚れし、ワグナリアに通い詰める事となる。その後しばらくは葵とのニアミス(葵を思いやる相馬の配慮にもよる)が続いたが、10巻にてようやく再会、母と妹の和解に貢献した。
常にマイペースで基本的に人の話を聞かない。思い込みも激しく、種島が何度抗議しようとも彼女を小学生として扱ってしまっている。また「可愛いと思った女の子」以外は名前も覚えない事が多い。そういった次第でワグナリアスタッフからの評価は低く、松本に至っては何度も彼を店から叩き出している。
妹とは容姿・性格共によく似ている。しかし彼自身に自覚はないものの、葵の家出の直接の原因を作ったのは無神経な態度を取りつづけた桐生である。葵は「兄は自分を探すよりも女を追いかける方を楽しんでいる」とまで語っており、母との和解を果たした後も兄に対しては冷淡な態度を崩していない。
登場後しばらくは出る度に伊波にモーションをかけ続け、宗太の嫉妬心を育てることとなった。しかし彼のまひるへの想いを見抜いた後は、「さりげなく」二人の後押しをするようになった。どちらにしても宗太の八つ当たりじみた暴力の被害を受ける羽目に遭っているのだが、桐生自身は宗太を親友だと思っている。
まひるのパンチを片手で簡単に受け止めることができるが、宗太からはほとんどサンドバッグのように扱われている。体はちゃんと鍛えているらしく相馬のパンチをまともに受けても全くきいていなかった。(逆に相馬の殴った手が痛くなるほど。)
母は政治家・小鳥遊静の秘書。尚、本名を隠していたのは、秘書の娘が家出していることが静に悪評を与えかねないと配慮した為。現在は本人は名を隠すつもりはないが、妹同様「山田」で定着してしまい、本人も特に改めず受け入れている。
まだ女装していた頃の宗太と会ったことがある。その時の(宗太に対する)初恋の経験から、「可愛い女子」が好みのタイプになった。現在は相馬の写真で見たことりちゃんに会う為、妹のお守りも兼ねてワグナリアに通っている。最終的にことりちゃんに会う事は出来たが、その正体が宗太であり、また子供時代の女装していた宗太が初恋の人である事に気づいていたのを空気を読んで知らんふりしていた。
ワグナリアではその言動から非常に評価が低いが、実は非常に優秀な人物。葵の代わりにワグナリアで働いた際には、小鳥遊が動揺するほど完璧な働きを披露している。2期DVDのコメンタリーでは空手部主将、生徒会長、バイオリンが弾けるなどの設定が紹介されたが、これらは作者自身のHPで公式設定と認められている。ドイツ語の小説も難なく読める。また、度量も大きく、店内での暴力や侮辱に対してもまるで意にも介する所がない(但し小鳥遊らからは「バカだから〈気にしていない〉」とみなされている)。当初は自身を「完璧にいい兄」と言っていたが、ワグナリアスタッフとの交流の中で自分が兄として葵に無神経なことをしてしまっていたことに気づき、それ以後は宗太・なずなにどうすれば兄妹仲がよくなるか相談し、葵本人に「自分は兄失格だ」と素直に告げるほどの変化を見せた。落ちてきた荷物から葵を庇ったり、母菊乃を連れてくる際に「葵のためだ」とはっきり口にするなど、根は妹想い。その努力の甲斐あってか、2人で一緒にスマホっで遊んだり、葵が「兄」と呼びそうになる等、徐々に兄妹仲は改善されつつある。
北原 律子(きたはら りつこ) / 鈴谷 桃香(すずたに ももか)
声 - 水沢史絵(北原)、矢作紗友里(鈴谷)
まひるの同級生で友人。初登場は「111品め」(第6巻)。黒髪ポニーテールで背が高くそこそこアル方が律子(りっちゃん)、金髪のゆるいパーマで背が低く、けっこうアル方が桃香(ももか)。番外編青春でいず1(コミックス第10巻収録)で本名が公開された。
まひるにチカン(桐生)退治を依頼する。男嫌いで男運の悪いまひるを一応は心配しているが、基本的に面白がっている。まひるに胸パッドをプレゼントしたり、赤ちゃんの格好の衣装を着させたりしたこともある。
峰岸 透(みねぎし とおる)
政治家・小鳥遊静の秘書にして、その娘・一枝の夫。初登場は「152品め」(第8巻)。強烈なまでのドM。妻に激しく罵って貰いたい、というどうしようもない理由で浮気したと嘘をつき、離婚された。ただしその後も(おちょくり半分で)離婚の慰謝料の相談や復縁を迫る電話を頻繁にかけまくっていた。
一枝はもちろん、泉や宗太からも嫌われているが、それでも「母親に会うよりはだいぶマシ」らしい。またその性癖から年齢制限でなずなには会わせないようにさせられている。
一枝とは幼馴染みで子供の頃からつきまとう一方、常に一枝より成績優秀であるために目の敵にされるという腐れ縁から強引に口説き落として結婚した。梢によると(一度目の)夫婦関係はうまくいっていたらしい。なお、あまりにもギャグ過ぎる関係なので泉の小説のネタにはできない、との事。
一枝に罵られたり殴られたりする事で癒しを得ている真性のマゾヒストだが、反面、彼女やその生き写しのような弟・宗太に対するサディステックな嗜好も散見できる。ただ、基本的には礼儀正しく周囲への配慮も欠かさない大人の人物。
まひるに殴られた事がきっかけで一枝への愛情を再認識し、彼女の職場に押しかけて情熱的に口説き落として復縁を果たした(その後存分にボコボコにして貰った)「204品め」。
菊乃(きくの)
葵と桐生の母。菊乃が姓か名かは不明。むろん苗字は山田ではない。陰鬱な表情を常に浮かべる女性。夫とは死別しており、葵によるとそれ以後さらに無口になり顔が怖くなったとのこと。実際は思慮深く、思いやりの深い人物なのだが、考えすぎるきらいがある上に極度の口下手なため、生前は夫が腹話術などでフォローしていた。
彼女の意図を読み取るためには夫が遺した辞典サイズの“母マニュアル”が必要。しかし葵はマニュアル自体を読んでおらず、菊乃の意図が読み取れずにいるため、母娘の意思疎通にはマニュアルを完全に理解している桐生の通訳が必須。
小鳥遊静の秘書を務めているが、主な任務は諜報、闇討ち、静の影武者、といったダーティな方面。葵の家出中は動揺から仕事に身が入らず、同僚の峰岸に大きく負担をかけてしまっていた。

その他[編集]

cuのお姉さん
声 - 内山夕実
本名不明。携帯電話販売店のcuショップに勤める販売員。携帯版に登場後、作者のウェブサイトのらくがきで掘り下げられた。
カップルの客に対しては、(舌打ちした後)ラブい定額プランを執拗なまでに勧めてくる。カップルを何故か目の敵にしていて、カップルに不幸が起こることを常日頃願っており、ラブい定額プランを執拗に勧めるのも、契約したカップルが破局して解約する時に微妙な気持ちになることを願っているかららしい。ただし、本人にも交際歴5年で同棲中の彼氏がいる[web 3][web 4]
cu後輩
声 - 佐藤美由希
本名不明。携帯電話販売店cuショップに勤める販売員。
カップルに対して異常ともいえる憎悪を見せる先輩につっこみを入れる人物。スピンオフにおいては、佐藤と種島の来店を見てその仲を勘ぐった先輩に対し「兄妹かな」と普通の思考を見せ、先輩との対比がなされている。
彼氏持ちで、二人でいるところを街中で偶然に先輩に見られた際は、「兄です」と言って難を逃れようとした。後輩だからと言う理由で許されてはいるが、前記の行動のせいで当の彼氏からは浮気を疑われている。
食い逃げ犯
声 - 加藤亮夫
ドラマCD1巻にて登場。自称「プロの食い逃げ犯」。割と常識人。
ワグナリアで大量の注文をした後、食い逃げしようとしたが店員達の非常識っぷりに恐怖し、自ら食い逃げを認め、厨房で皿洗いをする。最後はまひると遭遇してしまい案の定、殴られてしまう。

書誌情報[編集]

単行本[編集]

タイトル / 巻数 初版刊行日付 ISBN
WORKING!! 1 2005年12月25日 ISBN 4-7575-1577-4
WORKING!! 2 2006年6月24日 ISBN 4-7575-1705-X
WORKING!! 3 2007年1月25日 ISBN 978-4-7575-1935-0
WORKING!! 4 2007年10月22日 ISBN 978-4-7575-2144-5
WORKING!! 5 2008年4月25日 ISBN 978-4-7575-2253-4(通常版)
ISBN 978-4-7575-2236-7(特装版)
WORKING!! 6 2009年3月26日 ISBN 978-4-7575-2516-0
WORKING!! 7 2010年3月25日 ISBN 978-4-7575-2829-1
WORKING!! 8 2010年7月24日 ISBN 978-4-7575-2944-1
WORKING!! 9 2011年3月25日 ISBN 978-4-7575-3119-2(通常版)
ISBN 978-4-7575-3048-5(特装版)
WORKING!! 10 2011年9月24日 ISBN 978-4-7575-3375-2
WORKING!! 11 2012年11月24日 ISBN 978-4-7575-3616-6(通常版)
ISBN 978-4-7575-3617-3(特装版)
WORKING!! 12 2013年12月25日 ISBN 978-4-7575-4029-3(通常版)
ISBN 978-4-7575-4030-9(特装版)
その他
WORKING!! OFFICIAL FANBOOK
〜小鳥遊宗太とゆかいな仲間達〜
2010年7月24日 ISBN 978-4-7575-2945-8
TVアニメーション「WORKING'!!」オフィシャルファンブック〜すぺしゃるめにゅう〜 2012年5月31日 ISBN 978-4-7575-3547-3

初回限定特装版には以下の物が同梱されている。またカバーイラストも若干異なっている。

  • 第5巻:ドラマCD、ぽぷら型しおり
  • 第9巻:ねんどろいどぷち種島ぽぷら、山田型しおり
  • 第11巻:ねんどろいどぷちことりちゃん、山田型しおりver.2
  • 第12巻:ドラマCD、描き下ろしすぺしゃるしおり

ドラマCD[編集]

ヤングガンガン ブック・イン・CD WORKING!! VOL.1
  • 原作:高津カリノ
  • 脚本:霧海正悟
  • 連載中の内容に合わせたおまけマンガ、シナリオ等が載った96ページのブックレット付き
  • 2007年1月25日発売
ヤングガンガン ブック・イン・CD WORKING!! VOL.2
  • 原作:高津カリノ
  • 脚本:霧海正悟
  • おまけマンガ、シナリオ等が載った96ページのブックレット付き
  • 2008年4月25日発売
ヤングガンガン ブック・イン・CD WORKING!! VOL.3
  • 原作:高津カリノ
  • 脚本:霧海正悟
  • 2009年3月25日発売

グッズ情報[編集]

キャラクターグッズ[編集]

アニメショップで販売されているものを中心に、タペストリーiPhoneカバーケース・ポスターテレフォンカード・皿・マグカップ・トートバッグ・フォトアルバム・マウスパッド・クッションなどがある。

コミックスペシャルカレンダー WORKING!!
  • オールかきおろしカラー4コマカレンダー
  • 予約生産品、誌上通販のみの限定販売
  • 364×200ミリ縦長サイズ
  • 2007年11月16日発売(2008年版)、2008年11月14日発売(2009年版)、2010年11月13日(2011年版)、2011年11月12日(2012年版)

カードゲーム[編集]

プレシャスメモリーズ
  • トレーディングカードゲームに作品参加した。発売元はムービック × エンスカイ
  • スターターパック / ブースターパック 2011年9月30日発売。テレビアニメーション「WORKING!!」。

フィギュア類[編集]

ねんどろいど、トイズワークスコレクション、きゃらめにぃシリーズ、エクストラフィギュア、ガシャポンマスコット、カラコレ、ピュアニーモキャラクターシリーズ
名称のある製品のほかにも、1/8スケールのPVC塗装済完成品といったフィギュアがグッドスマイルカンパニーから発売された。

ロイヤルホールディングスとのタイアップキャンペーン[編集]

2010年以降、毎年8月にロイヤルホールディングス内にあるレストランロイヤルホストとのタイアップイベントを行っている。当初は秋葉原店以外でも行われていた。また2011年冬には関連会社になるザ・ビッグラウンジでも行われている。

  • 2010年8月の1ヶ月間にロイヤルホスト秋葉原店で、同年10月から11月には北海道全店と三宮東店(神戸市)でタイアップ企画が行われた。期間中はオリジナルメニュー2種(プレート・パフェ)が登場し、オリジナルメニュー1種注文するごとに計8種類のコースターが1枚プレゼントされた[web 5][web 6]
  • 2011年8月・2012年8月にも1ヶ月間タイアップ企画が行われている。その際は2部構成(8月15日までが第1弾、8月31日までが第2弾)で行われた[web 7][web 8]
  • 2011年12月には、コミックマーケット開催期間中に会場となった東京ビッグサイト内にあるレストラン「ザ・ビッグラウンジ」内でタイアップイベントが行われている[web 9]

その他[編集]

  • 当作品は台湾でも出版されている。名前表記はほとんど同じだが「伊波まひる」が「伊波真昼」、「種島ぽぷら」が「種島白楊」になっている。
  • 『ヤングガンガン』(スクウェア・エニックスとしての提供)のテレビCMで『荒川アンダー ザ ブリッジ』(テレビ東京系)と隔週交代で登場していた。出演していたのは種島と佐藤で、宣伝部分以外はファミレス用語やメニューに関する豆知識を絡めながらのショートコント仕立てになっていた。なお、種島・佐藤はペープサート割り箸に一枚絵が貼られたもの)になっていた。
  • アニメイトの2010年6月に行われたブックフェアで、ポイント交換の景品の一つとしてブックマーカー()が制作されている。表は種島・裏は山田の顔がコミカルに描かれているものだった。
  • 携帯電話専用の2D仮想空間「ちぷやタウン」にてアバター衣装の提供がされコミュニティにて利用が可能になっていた。
  • ビックガンガン2012Vol.1には、「WORKING!!彩」という冊子が付録としてついてきていた。内容は、コミック収録の特別編を携帯配信版のフルカラーのまま再録し、単行本と同サイズで書籍化したものとなっている。
  • テレビアニメーション版『サーバント×サービス』のBlu-ray/DVD限定盤第一巻にセットされている、高津カリノ自身による書き下ろし脚本が使われたドラマCD「千客万来!嵐はいつも 突然に」には、舞台となる区役所に訪問する客役として、テレビアニメ版『WORKING!!』のキャストが採用されている(客A:阿澄佳奈、客B:福山潤、客C:藤田咲、客D:喜多村英梨、客E:小野大輔、客F:神谷浩史、山田:広橋涼)。キャラクターも、それぞれ「WORKING!!」同キャスト演じるものとそっくりの性格付けがなされているが、公式には「一切関係がない」としている[web 10][3]

テレビアニメ[編集]

第1期次回予告背景のモデルとなった平岡公園第一駐車場の時計塔

第1期は2010年4月から同年6月まで、読売テレビTOKYO MX中京テレビ札幌テレビで放送された[4]。全13話。また、CS放送ではAT-Xでも同時期に放送された。第2期放送開始直前の2011年7月からは、とちぎテレビ群馬テレビBS11キッズステーションでも放送が開始され、TOKYO MXでも再放送が開始された。

出演者の福山潤阿澄佳奈藤田咲の3人いわく、「制作は順調(過ぎ)」で、2010年4月中に制作打ち上げを終えた。

原作ではほとんど触れられていない「北海道が舞台」という設定が背景において視覚的に強調されており、次回予告や最終話で札幌市清田区平岡公園が登場するほか、アニメオリジナルの第8話では主要な登場人物達が定山渓温泉へ出向いている。

オープニング映像は大畑清隆が手がけており、大畑がかつて手がけた『あずまんが大王』のオープニングで使われた、吹き出し型のテロップや終盤に監督のクレジットが吹き飛ばされるなどの表現方法が取り入れられている。

2011年3月下旬にはテレビアニメ公式HP上にて謎のカウントダウンが開始され、同年4月1日にエイプリルフールネタとしてWEB版WORKING!!(猫組)のアニメ化決定を思わせるトレーラー映像が流れ、翌日4月2日にはテレビアニメ第2期の制作が発表されると同時に、テレビアニメ第1期のBlu-ray BOXの発売が正式発表された。テレビ放送時にSD解像度制作であった本編は再撮影によってHDリマスター化されているが、DVD版に付属していた主題歌CDやドラマCDなどの限定特典は付属しない。なお、2011年7月に放送が開始されたとちぎテレビ、群馬テレビ、BS11、および再放送が開始されたTOKYO MXにおいて第9話はHDリマスター版で放送され、キャラクターコメンタリーの副音声も放送された。

第2期は『WORKING'!!』のタイトルで(読み方は変わらない)、2011年10月から12月まで放送された。全13話。小鳥遊宗太が提供クレジット読みをするほか、次回予告には平岡公園が登場せず、代わりにキャラクタが次回の話とほとんど関係ない事を言っている。なお、製作は読売テレビから子会社の読売テレビエンタープライズに移管されている。

スタッフ[編集]

  • 原作 - 高津カリノ(掲載『ヤングガンガン』スクウェア・エニックス刊)
  • 監督 - 平池芳正(第1期)、大槻敦史(第2期)
  • シリーズ構成 - 平池芳正(第1期)、吉岡たかを(第2期)
  • キャラクターデザイン・総作画監督 - 足立慎吾
  • プロップデザイン - 明珍宇作
  • 色彩設計 - 坂本いづみ
  • 美術監督 - 田尻健一(第1期)、木下了香(第2期)
  • 撮影監督 - 廣岡岳
  • 編集 - 坪根健太郎
  • 音楽 - MONACA
  • 音響監督 - 鶴岡陽太(第1期)、名倉靖(第2期)
  • アフレコ演出 - 菊田浩巳(第2期)
  • プロデューサー - 清水博之・斎藤朋之(第1期)、斎藤俊輔、角田博昭(第2期)
  • アシスタントプロデューサー - 上床肇(第2期)
  • 制作 - A-1 Pictures
  • 製作
    • 第1期 - 「WORKING!!」製作委員会(アニプレックス、読売テレビ)
    • 第2期 - 「WORKING!!2」製作委員会(アニプレックス、YTE

主題歌[編集]

オープニングおよび第9話以外のエンディングの主題歌CDの単体での発売はなく、完全生産限定版DVDの特典として完全生産限定版DVD第1巻に付いてくる。なお、2010年6月時点でダウンロード販売による単体入手は可能であり、同年7月22日からはJOYSOUNDでの配信が行われている。

第1期
オープニングテーマ
「SOMEONE ELSE」(第2話 - 第12話)
作詞 - サエキけんぞう / 作・編曲 - 神前暁 (MONACA) / 歌 - 種島ぽぷら(阿澄佳奈)、伊波まひる(藤田咲)、轟八千代(喜多村英梨
第1話と第13話はOPはないがEDとして使用。
エンディングテーマ
「ハートのエッジに挑もう Go to Heart Edge」(第2話 - 第8話、第10話 - 第12話)
作詞 - サエキけんぞう / 作・編曲 - 神前暁 (MONACA) / 歌 - 小鳥遊宗太(福山潤)、佐藤潤(小野大輔)、相馬博臣(神谷浩史
「ゴールデン・デイ」(第9話)
作詞 - サエキけんぞう / 作・編曲 - 石濱翔 (MONACA) / 歌 - 伊波まひる(藤田咲)
主題歌CDの単体での発売はなく、完全生産限定版DVDの特典として完全生産限定版DVD第5巻に付属。
第2期
オープニングテーマ
「COOLISH WALK」(第2話 - 第13話、第1話ED)
作詞 - サエキけんぞう / 作・編曲 - 石濱翔 (MONACA) / 歌 - 種島ぽぷら(阿澄佳奈)、伊波まひる(藤田咲)、轟八千代(喜多村英梨)
第1話はEDとして使用。
エンディングテーマ
「いつものようにLOVE&PEACE!!」(第2話 - 第13話)
作詞 - サエキけんぞう / 作・編曲 - 岡部啓一 (MONACA) / 歌 - 小鳥遊宗太(福山潤)、佐藤潤(小野大輔)、相馬博臣(神谷浩史)

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督
第1期
1品目 ワグナリアへようこそ♪小鳥遊、働く。 平池芳正 唐戸光博 北田勝彦
2品目 伊波、男性恐怖症。だって怖いんだもん… 高島大輔 松井啓一郎、近岡直
丸尾一、高瀬智章
3品目 八千代と杏子と佐藤…と、帰ってきた音尾さん 十川梨香 名取孝浩 川島尚、野田康行
朴性厚、高瀬智章
4品目 相馬、さわやか すぎる青年 木村暢 福田道生 松田清 坂崎忠
5品目 ある風邪の日に…、いつもと違うワグナリア 島津裕行 遠藤晋 河野真貴、清水祐輔
6品目 宗太の憂鬱、小鳥遊家の女達 兵頭一歩 鎌倉由実 原田大基
7品目 久しぶりの音尾と、新しいバイト=山田(!?) 十川梨香 金﨑貴臣 鎌仲史陽 渡辺敬介
8品目 伊波、はじめて?のお・で・か・け! 徳本善信 川口千里
9品目 ことりちゃん登場!! 兵頭一歩 福田道生 渡辺健一郎 飯塚晴子
10品目 疑惑の真相…、なずな働く。 島津裕行 高島大輔 原由美子
11品目 あの頃の二人、八千代と佐藤。と、ようこそ小鳥遊家へ 木村暢 金﨑貴臣 松田清 松井啓一郎
12品目 なぜか!?の決戦前夜。種島の恩返し 島津裕行 徳本善信 渡辺浩二
13品目 デートと言う名の"決戦"、小鳥遊と伊波のそれから… 兵頭一歩 福田道生 渡辺健一郎 足立慎吾、高瀬智章
道下康太
第2期
1品目 ぽぷらの意地 吉岡たかを 大槻敦史 星野真 土屋祐太
2品目 理想の家族計画 霧海正悟 島津裕行 佐藤正人 高瀬智章
3品目 スランプの理由(わけ) 吉岡たかを 藤森カズマ 鈴木健太郎 新垣一成
4品目 マンホールスパイラル 伊藤美智子 金﨑貴臣 星野真 菊田幸一、小林恵祐
5品目 ワグナリアの巨大な胃袋 島津裕行 松田清 青木真理子、古川博之
6品目 就任、解任、もう堪忍 霧海正悟 金﨑貴臣 中津環 加藤やすひさ、野田康行
7品目 恋のバッドチューニング 吉岡たかを 黒柳トシマサ 藤井辰己 渡辺敬介
8品目 嗚呼、妹よ 伊藤美智子 金﨑貴臣 星野真 高瀬智章、小林恵祐
服部憲知、日向正樹
9品目 愛はこんなにグローバル 霧海正悟 鈴木健太郎 新垣一成、土屋祐太
山野雅明、小林恵祐
10品目 ケータイ無問題(モーマンタイ) 金﨑貴臣 水本葉月 嶌田裕一、山中正博
佐々木貴宏
11品目 決意ですが、何か? 伊藤美智子 森田宏幸 佐藤真人 吉田優子、山野雅明
12品目 デイジー死す 吉岡たかを 中津環 坂﨑忠
13品目 さよならぽぷら 藤森かずま 星野真 加藤やすひさ、山野雅明
土屋祐太、小林恵祐
原田大基、足立慎吾

放送局[編集]

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列 備考
第1期 第1話先行放送
東京都 TOKYO MX 2010年3月6日 土曜 22:30 - 23:00 独立UHF局
近畿広域圏 読売テレビ 2010年3月8日 月曜 26:25 - 26:55 日本テレビ系列
第1期
東京都 TOKYO MX 2010年4月4日 - 6月27日 日曜 23:00 - 23:30 独立UHF局 E!TV
2010年7月、2011年7月に再放送
北海道 札幌テレビ 2010年4月5日 - 6月28日 月曜 25:29 - 25:59 日本テレビ系列
近畿広域圏 読売テレビ 月曜 25:44 - 26:14 製作委員会参加
MONDAY PARK』第1部
中京広域圏 中京テレビ 2010年4月6日 - 6月29日 火曜 26:44 - 27:14
日本全域 AT-X 2010年4月27日 - 7月20日 火曜 8:00 - 8:30 CS放送 リピート放送あり
栃木県 とちぎテレビ 2011年7月2日 - 9月24日 土曜 23:30 - 24:00 独立UHF局
群馬県 群馬テレビ
日本全域 キッズステーション 2011年7月7日 - 9月29日 木曜 23:00 - 23:30 CS放送 エリア23枠
リピート放送あり
BS11 2011年7月9日 - 10月1日 土曜 23:30 - 24:00 BSデジタル放送 ANIME+
第2期 第1話先行放送
東京都 TOKYO MX 2011年9月3日 土曜 23:30 - 24:00 独立局
栃木県 とちぎテレビ
群馬県 群馬テレビ
近畿広域圏 読売テレビ 2011年9月5日 月曜 27:04 - 27:34 日本テレビ系列
日本全域 BS11 2011年9月10日 土曜 23:30 - 24:00 BSデジタル放送
第2期
東京都 TOKYO MX 2011年10月1日 - 12月24日 土曜 23:30 - 24:00 独立局 E!TV枠
栃木県 とちぎテレビ
群馬県 群馬テレビ
北海道 札幌テレビ 2011年10月3日 - 12月26日 月曜 25:43 - 26:13 日本テレビ系列
近畿広域圏 読売テレビ 月曜 25:44 - 26:14 『MONDAY PARK』第1部
中京広域圏 中京テレビ 2011年10月4日 - 12月27日 火曜 26:44 - 27:14
日本全域 BS11 2011年10月8日 - 12月31日 土曜 23:30 - 24:00 BSデジタル放送 ANIME+枠
ニコニコ生放送 土曜 25:00 - 25:30 ネット配信
ニコニコチャンネル 土曜 25:30 更新
AT-X 2011年10月16日 - 2012年1月8日 日曜 10:00 - 10:30 CS放送 リピート放送あり
キッズステーション 2011年10月27日 - 2012年2月2日 木曜 23:00 - 23:30 エリア23枠
リピート放送あり

Blu-ray Disc / DVD[編集]

第1期はDVDのみの展開であったが(後にBlu-ray BOXとして発売した)、第2期はBlu-ray DiscとDVDの2種類の展開となる。

巻数 発売日 収録内容 完全生産限定版特典 キャラクターコメンタリー
第1期
WORKING!! 1 2010年4月21日 1品目 主題歌CD、描き下ろし漫画、三方背クリアケース 小鳥遊宗太・種島ぽぷら・白藤杏子
WORKING!! 2 2010年6月2日 2品目・3品目 オリジナルサウンドトラックCD Vol.1、三方背クリアケース 佐藤潤・轟八千代(3品目)
WORKING!! 3 2010年6月23日 4品目・5品目 ドラマCD、描き下ろし漫画、三方背クリアケース 佐藤潤・相馬博臣(5品目)
WORKING!! 4 2010年7月21日 6品目・7品目 ドラマCD、三方背クリアケース 小鳥遊宗太・山田葵(7品目)
WORKING!! 5 2010年8月25日 8品目・9品目 オリジナルサウンドトラックCD Vol.2、描き下ろし漫画、三方背クリアケース 種島ぽぷら・伊波まひる(9品目)
WORKING!! 6 2010年9月22日 10品目・11品目 ドラマCD、三方背クリアケース 相馬博臣・山田葵(11品目)
WORKING!! 7 2010年10月27日 12品目・13品目 特典CD[5]、三方背クリアケース 小鳥遊宗太・種島ぽぷら・伊波まひる(13品目)
第2期
WORKING'!! 1 2011年11月2日 1品目 主題歌CD、特典映像(ワグナリア〜夏の大大感謝祭〜2011 前編110分) 種島ぽぷら、轟八千代、山田葵(1品目)
WORKING'!! 2 2011年11月23日 2品目・3品目 オリジナルサウンドトラックCD Vol.1、特典映像(ワグナリア〜夏の大大感謝祭〜2011 後編50分) 小鳥遊宗太、小鳥遊なずな、相馬博臣(3品目)
WORKING'!! 3 2011年12月21日 4品目・5品目 ドラマCD、描き下ろし漫画 種島ぽぷら、佐藤潤、轟八千代
WORKING'!! 4 2012年1月25日 6品目・7品目 オリジナルサウンドトラック Vol.2 小鳥遊宗太、伊波まひる、山田桐生
WORKING'!! 5 2012年2月22日 8品目・9品目 ドラマCD、三方背クリアケース、イベント「ワグナリア〜春の大大大感謝祭〜」チケット優先購入券 小鳥遊梢、真柴陽平、真柴美月
WORKING'!! 6 2012年3月21日 10品目・11品目 特典CD[6]、描き下ろし漫画、ワグナリア メニュー表 伊波まひる、佐藤潤、相馬博臣
WORKING'!! 7 2012年4月25日 12品目・13品目 ドラマCD 小鳥遊宗太、佐藤潤、相馬博臣、山田葵

Blu-ray BOX[編集]

WORKING!!PERFECT☆Blu-rayBOX』2011年8月24日発売。放送時はSD画質だったマスターをHDリマスター化している。

キャラクターデザイン:足立慎吾描き下ろし三方背BOX&デジパック仕様、特典BD:イベント「ワグナリア〜夏の大感謝祭〜」昼の部・夜の部、特製ブックレット、原作者:高津カリノ書き下ろし全話キャラクターコメンタリー などを収録。

Webラジオ[編集]

2010年5月21日より同年10月29日まで、アニメ公式サイトにて「YAMAKING!!(ヤマーキング)」のタイトルで配信された。全13回。第1・第3・第5金曜日更新。

2011年4月2日にテレビアニメ第2期決定記念として第14回が配信された後、毎月発売されるキャラクターソングの発売に合わせ、それを歌っているキャラの声優が月替わりでパーソナリティを務めている。番組名もパーソナリティに合わせ、変更されている。

2011年10月7日より2012年5月18日まで、アニメ公式サイトにて「YAMAKING'!!(ヤマーキング)」のタイトルで配信された。全18回。第1・第3・第5金曜日更新。また、2012年6月29日に公式Twitterフォロワー限定の特別版が配信された。

YAMAKING!![編集]

パーソナリティ
  • 広橋涼(山田葵 役)
コーナー
  • 今日の山田
  • メール&うさんくさいメール
  • ワグナリアの常識
  • じゃあ16です
  • 北の国の方から
ゲスト
  • #2 阿澄佳奈(種島ぽぷら 役)
  • #3 渡辺久美子(白藤杏子 役)
  • #4 中田譲治(音尾兵吾 役)
  • #5 斎藤桃子(小鳥遊なずな 役)
  • #6 ゲストなし
  • #7 川瀬晶子(松本麻耶 役)
  • #8 日笠陽子(小鳥遊泉 役)
  • #9 藤田咲(伊波まひる 役)
  • #10 喜多村英梨(轟八千代 役)
  • #11 白石涼子(小鳥遊一枝 役)
  • #12 神谷浩史(相馬博臣 役)
  • #13 ゲストなし
  • #14 伊藤静(小鳥遊梢 役)

キャラソング発売特番[編集]

  • #15 TAKAKING!!&TANEKING!!(パーソナリティ:福山潤、阿澄佳奈。ゲスト:広橋涼)
  • #16 INAKING&TODOKING!!(パーソナリティ:藤田咲、喜多村英梨。ゲスト:広橋涼)
  • #17 ONOKING&SOKING!!(パーソナリティ:小野大輔、神谷浩史。ゲスト:広橋涼)
  • #18 YAMAKING!!(パーソナリティ:広橋涼)

YAMAKING'!![編集]

パーソナリティ
  • 広橋涼(山田葵 役)
コーナー
  • 今日の山田'
  • メール&うさんくさいメール'
  • ワグナリアの常識'
  • じゃあ16です'
  • 北の国の方から'
  • ワグナリア履歴書
ゲスト
  • #1 福山潤(小鳥遊宗太 役)
  • #2 小野ダイナマイト(佐藤潤 役)
  • #3 神谷浩史(相馬博臣 役)
  • #4 阿澄佳奈(種島ぽぷら 役)
  • #5 中村悠一(真柴陽平 役)
  • #6 戸松遥(真柴美月 役)
  • #7 日野聡(山田桐生 役)
  • #8 渡辺久美子(白藤杏子 役)
  • #9 白石涼子(小鳥遊一枝 役)
  • #10 日笠陽子(小鳥遊泉 役)
  • #11 伊藤静(小鳥遊梢 役)
  • #12 斎藤桃子(小鳥遊なずな 役)
  • #13 中田譲治(音尾兵吾 役)
  • #14 岩男潤子(音尾春菜 役)
  • #15 川瀬晶子(松本麻耶 役)
  • #16 藤田咲(伊波まひる 役)
  • #17 ゲストなし
  • #18 阿澄佳奈(種島ぽぷら 役)、藤田咲(伊波まひる 役)、喜多村英梨(轟八千代 役)
  • 特別版 喜多村英梨(轟八千代 役)

主なイベント[編集]

2010年7月25日赤坂BLITZにて主要声優陣が出演の『ワグナリア 〜夏の大感謝祭〜』が2部制で開催された(山田役の広橋涼は第1部のみの出演)。なお、この模様は別途DVD化されているほか、BD-BOXにも収録されている。

2011年6月26日には日本青年館大ホールにて主要声優陣が出演の『ワグナリア〜夏の大大感謝祭〜2011』が開催された。こちらは第2期の第1巻の完全生産限定版に映像特典として(前編 110分)が収録されている。

2012年4月15日には東京都北区王子にある北とぴあにて主要声優陣が出演の『ワグナリア〜春の大大大感謝祭〜』が開催された。(出演者:福山潤、阿澄佳奈、藤田咲、喜多村英梨、小野大輔、神谷浩史、広橋涼)このときの模様は、日本および台湾の計40カ所の映画館に生中継された。

関連CD[編集]

キャラクターソング[編集]

Vol.1[編集]
「WORKING!!」きゃらそん☆MENU1
小鳥遊宗太 starring 福山潤
小鳥遊宗太 starring 福山潤 の シングル
A面 Sweet Little Things
B面 ワグナリア賛歌〜a day of 小鳥遊宗太
リリース 2011年6月22日
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP(キャラクターソング)
時間 15分08秒
レーベル アニプレックス
作詞・作曲 ヤスカワショウゴ(作詞 #1)
石濱翔(作曲 #1)
uRy(作詞 #2)
岡部啓一(作曲 #2)
チャート最高順位
小鳥遊宗太 starring 福山潤 シングル 年表
「WORKING!!」きゃらそん☆MENU1 小鳥遊宗太 starring 福山潤
(2011年)
-
テンプレートを表示

小鳥遊宗太のキャラクターソングで、小鳥遊宗太役の福山潤が唄っている。

収録曲
  1. Sweet Little Things [3:58]
    作詞:ヤスカワショウゴ、作曲・編曲:石濱翔
  2. ワグナリア賛歌〜a day of 小鳥遊宗太 [3:36]
    作詞:uRy、作曲・編曲:岡部啓一
  3. Sweet Little Things (Off Vocal Version)
  4. ワグナリア賛歌〜a day of 小鳥遊宗太 (Off Vocal Version)


Vol.2[編集]
「WORKING!!」きゃらそん☆MENU2
種島ぽぷら starring 阿澄佳奈
種島ぽぷら starring 阿澄佳奈 の シングル
A面 SMILE + SMILES
B面 ワグナリア賛歌〜a day of 種島ぽぷら
リリース 2011年6月22日
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP(キャラクターソング)
時間 16分15秒
レーベル アニプレックス
作詞・作曲 ヤスカワショウゴ(作詞 #1)
田中秀和(作曲)
チャート最高順位
  • 週間54位オリコン
  • デイリー28位(オリコン)
  • 52位 (Billboard JAPAN Hot Singles Sales)
  • 18位 (Billboard Hot Animation)
種島ぽぷら starring 阿澄佳奈 シングル 年表
「WORKING!!」きゃらそん☆MENU2
種島ぽぷら starring 阿澄佳奈

(2011年)
-
テンプレートを表示

種島ぽぷら のキャラクターソングで、種島ぽぷら役の阿澄佳奈が唄っている。

収録曲
  1. SMILE + SMILES [4:30]
    作詞:ヤスカワショウゴ、作曲・編曲:田中秀和
  2. ワグナリア賛歌〜a day of 種島ぽぷら [3:38]
  3. SMILE + SMILES (Off Vocal Version)
  4. ワグナリア賛歌〜a day of 種島ぽぷら (Off Vocal Version)


Vol.3[編集]
「WORKING!!」きゃらそん☆MENU3
伊波まひる starring 藤田咲
伊波まひる starring 藤田咲 の シングル
A面 純情PUNCH
B面 ワグナリア賛歌〜a day of 伊波まひる
リリース 2011年7月27日
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP(キャラクターソング)
時間 16分42秒
レーベル アニプレックス
作詞・作曲 ヤスカワショウゴ(作詞 #1)
田中秀和(作曲 #1)
uRy(作詞 #2)
岡部啓一(作曲 #2)
チャート最高順位
  • 週間72位(オリコン)
  • デイリー28位(オリコン)
  • 67位 (Billboard JAPAN Hot Singles Sales)
  • 96位 (CDTV)
伊波まひる starring 藤田咲 シングル 年表
「WORKING!!」きゃらそん☆MENU3
伊波まひる starring 藤田咲

(2011年)
-
テンプレートを表示

伊波まひるのキャラクターソングで、伊波まひる役の藤田咲が歌っている。

収録曲

(全編曲:田中秀和)

  1. 純情PUNCH [4:42]
    作詞:ヤスカワショウゴ、作曲:田中秀和
  2. ワグナリア賛歌〜a day of 伊波まひる [3:40]
    作詞:uRy、作曲:岡部啓一
  3. 純情PUNCH (Off Vocal Version)
  4. ワグナリア賛歌〜a day of 伊波まひる (Off Vocal Version)


Vol.4[編集]
「WORKING!!」きゃらそん☆MENU4
轟八千代 starring 喜多村英梨
轟八千代 starring 喜多村英梨 の シングル
A面 Colorful Days
B面 ワグナリア賛歌〜a day of 轟八千代
リリース 2011年7月27日
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP(キャラクターソング)
時間 15分30秒
レーベル アニプレックス
作詞・作曲 ヤスカワショウゴ(作詞 #1)
田中秀和(作曲 #1)
uRy(作詞 #2)
岡部啓一(作曲 #2)
チャート最高順位
  • 週間73位(オリコン)
  • デイリー28位(オリコン)
  • 登場回数2回(オリコン)
  • 69位 (Billboard JAPAN Hot Singles Sales)
  • 97位 (CDTV)
轟八千代 starring 喜多村英梨 シングル 年表
「WORKING!!」きゃらそん☆MENU4 轟八千代 starring 喜多村英梨
(2011年)
-
テンプレートを表示

轟八千代のキャラクターソングで、轟八千代役の喜多村英梨が歌っている。

収録曲
  1. Colorful Days [4:20]
    作詞:ヤスカワショウゴ、作曲・編曲:田中秀和
  2. ワグナリア賛歌〜a day of 轟八千代 [3:26]
    作詞:uRy、作曲・編曲:岡部啓一
  3. Colorful Days (Off Vocal Version)
  4. ワグナリア賛歌〜a day of 轟八千代 (Off Vocal Version)


Vol.5[編集]
「WORKING!!」きゃらそん☆MENU5
相馬博臣 starring 神谷浩史
相馬博臣 starring 神谷浩史 の シングル
A面 not so bad
B面 ワグナリア賛歌〜a day of 相馬博臣
リリース 2011年8月24日
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP(キャラクターソング)
時間 17分24秒
レーベル アニプレックス
作詞・作曲 ヤスカワショウゴ(作詞 #1)
田中秀和(作曲 #1)
uRy(作詞 #2)
岡部啓一(作曲 #2)
チャート最高順位
  • 週間37位(オリコン)
  • デイリー25位(オリコン)
  • 33位 (Billboard JAPAN Hot Singles Sales)
  • 16位 (Billboard JAPAN Hot Animation)
  • 90位 (CDTV)
相馬博臣 starring 神谷浩史 シングル 年表
「WORKING!!」きゃらそん☆MENU5
相馬博臣 starring 神谷浩史

(2011年)
-
テンプレートを表示

相馬博臣のキャラクターソングで、相馬博臣役の神谷浩史が唄っている。

収録曲
  1. not so bad [4:23]
    作詞:ヤスカワショウゴ、作曲・編曲:田中秀和
  2. ワグナリア賛歌〜a day of 相馬博臣 [4:19]
    作詞:uRy、作曲・編曲:岡部啓一
  3. not so bad (Off Vocal Version)
  4. ワグナリア賛歌〜a day of 相馬博臣 (Off Vocal Version)


Vol.6[編集]
「WORKING!!」きゃらそん☆MENU6
佐藤潤 starring 小野大輔
佐藤潤 starring 小野大輔 の シングル
A面 SUGAR & SPICE
B面 ワグナリア賛歌〜a day of 佐藤潤
リリース 2011年8月24日
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP(キャラクターソング)
時間 15分27秒
レーベル アニプレックス
作詞・作曲 ヤスカワショウゴ(作詞 #1)
岡部啓一(作曲)
uRy(作詞 #2)
チャート最高順位
  • 週間39位(オリコン)
  • デイリー26位(オリコン)
  • 36位 (Billboard JAPAN Hot Singles Sales)
  • 17位 (Billboard JAPAN Hot Animation)
佐藤潤 starring 小野大輔 シングル 年表
「WORKING!!」きゃらそん☆MENU6
佐藤潤 starring 小野大輔

(2011年)
-
テンプレートを表示

佐藤潤のキャラクターソングで、佐藤潤役の小野大輔が唄っている。

収録曲
  1. SUGAR & SPICE [3:51]
    作詞:Funta3、作曲・編曲:Funta7
  2. ワグナリア賛歌〜a day of 佐藤潤 [3:52]
    作詞:uRy、作曲:岡部啓一
  3. SUGAR & SPICE (Off Vocal Version)
  4. ワグナリア賛歌〜a day of 佐藤潤 (Off Vocal Version)


Vol.7[編集]
「WORKING!!」きゃらそん☆MENU7
山田葵 starring 広橋涼
山田葵 starring 広橋涼 の シングル
A面 MOTTO!
B面 ワグナリア賛歌 〜a day of 山田葵
リリース 2011年9月21日
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP(キャラクターソング)
時間 15分20秒
レーベル アニプレックス
作詞・作曲 ヤスカワショウゴ(作詞 #1)
田中秀和(作曲 #1)
uRy(作詞 #2)
岡部啓一(作曲 #2)
チャート最高順位
  • 46位(オリコン)
  • 44位 (Billboard JAPAN Hot Singles Sales)
  • 14位 (Billboard JAPAN Hot Animation)
山田葵 starring 広橋涼 シングル 年表
「WORKING!!」きゃらそん☆MENU7
山田葵 starring 広橋涼

(2011年)
-
テンプレートを表示

山田葵のキャラクターソングで、山田葵役の広橋涼が唄っている。

収録曲(全編曲:田中秀和)
  1. MOTTO! [3:52]
    作詞:ヤスカワショウゴ、作曲:田中秀和
  2. ワグナリア賛歌〜a day of 山田葵 [3:44]
    作詞:uRy、作曲:岡部啓一
  3. MOTTO! (Off Vocal Version)
  4. ワグナリア賛歌〜a day of 山田葵 (Off Vocal Version)


舞台[編集]

2012年5月11日から20日にて、全労済ホールスペース・ゼロにて上演[web 11]。2012年10月6日にDVDを発売。

キャスト(舞台)[編集]

メインキャストについては登場人物の項を参照。

  • 常連客:岩男潤子

スタッフ(舞台)[編集]

  • 脚本:もぎひろむ
  • 脚色・演出:伊勢直弘 (bpm)
  • 舞台監督:白石定
  • 美術:福田暢秀
  • 照明:川口丞
  • 音響:門田圭介
  • ヘアメイク:茂木美緒
  • 音楽:ソニー・ミュージックエンタテインメント
  • 制作:CLIE
  • 主催:舞台版「WORKING!!」製作委員会

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 「アイドルとミジンコではどちらが好きか?」と問われれば迷う事なく「ミジンコの方がカワイイ」と答え、さらに「アイドルと比べるなんてミジンコに失礼」とまで断言するほど。
  2. ^ ガンガンコミックスアンソロジー『極 帰宅部』(2011年6月発売)収録。
  3. ^ 「山田」役の山田を除き、どのキャストも作中ではお互いの名前を呼び合わないなど、固有名詞に関しては脚本上で最後まで隠されている。ただ、山田が「昔の癖でお姉さんにしたくなる」と発言していたり、全体が客Dと客Eが区役所に婚姻届けを提出するシナリオであること(客Dと客Eがその夫妻同士であることは明言されない)から、作中時系列より後の内容であることが示唆されている。
  4. ^ 読売テレビとTOKYO MXのみ、2010年3月に第1話が先行放送された。
  5. ^ WEBラジオ「YAMAKING!!」DVD出張版。
  6. ^ ラジオCD「出張版 YAMAKING'!!」。

出典[編集]

原作[編集]

  1. ^ 12巻特装版ドラマCD「ぶらんにゅーめにゅー?」にて。
  2. ^ 「53品め」にて。
  3. ^ 「15品め」にて。
  4. ^ a b c d 「116品め」にて。
  5. ^ 「54品め」と「163品め」にて。
  6. ^ 「85品め」より。

アニメ[編集]

  1. ^ 第7話にて。
  2. ^ 第8話にて。
  3. ^ 第3話にて。

Web[編集]

  1. ^ 高津カリノ(がはこ). “1”. かりのんログ. 2010年7月2日閲覧。
  2. ^ 高津カリノ(がはこ). “2”. 「その他」>らくがきまんが. 2011年5月2日閲覧。
  3. ^ 高津カリノ(がはこ). “3”. スピンオフ「CUのおねーさん」>らくがきまんが. 2010年6月24日閲覧。
  4. ^ 高津カリノ(がはこ). “4”. スピンオフ「CUのおねーさん」>らくがきまんが. 2010年6月24日閲覧。
  5. ^ yoshida (2010年7月23日). “8/1〜秋葉原店限定!人気アニメ「WORKING!!」タイアップ企画のお知らせ”. ロイヤルホストブログ. ロイヤルホスト. 2012年4月26日閲覧。
  6. ^ yoshida (2010年9月21日). “「WORKING!!」タイアップ企画が北海道全店&三宮東店(神戸)で復活♪”. ロイヤルホストブログ. ロイヤルホスト. 2012年4月26日閲覧。
  7. ^ hotta (2011年7月15日). “今年もワグナリアが秋葉原にやってくる!!”. ロイヤルホストブログ. ロイヤルホスト. 2012年4月26日閲覧。
  8. ^ 人気ファミレスアニメ 「WORKING'!!」とのコラボが今年も実現 「ワグナリア」特製メニュー&コースターが登場 8月1日(水)〜8月31日(金)ロイヤルホスト秋葉原店にて実施(2012年7月26日)、2012年12月7日閲覧。
  9. ^ コミックナタリー - 「WORKING'!!」ビッグサイト内レストランとコラボ(2011年12月20日)、2012年12月7日閲覧。
  10. ^ 公式twitter 2013年12月26日閲覧。
  11. ^ 人気コミック「WORKING!!」の舞台化が決定 来年5月に公演”. シアターガイド. モーニングデスク (2011年11月18日). 2012年4月26日閲覧。

外部リンク[編集]

読売テレビ MONDAY PARK 第1部
前番組 番組名 次番組
WORKING!!
読売テレビ MONDAY PARK 第1部
WORKING'!!
輪廻のラグランジェ
MANPAに枠名変更)