溝手るか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
溝手 るか
別名 Ruka
生誕 (1997-01-25) 1997年1月25日(22歳)
出身地 日本の旗 日本大阪府
ジャンル J-POP
職業 歌手
作詞家
作曲家
活動期間 SUPER☆GiRLS(2010年 - 2019年)
個人活動(2019年 - )
事務所 エイベックス・マネジメント(2010年6月 - 2013年9月、2017年4月 - 2019年1月)
エイベックス・ヴァンガード(2013年10月 - 2017年3月)
公式サイト https://rukaruka.jp/

溝手 るか(みぞて るか、1997年1月25日 - )は、日本シンガーソングライター。ライブイベント出演時はRuka名義で活動している。SUPER☆GiRLSの元メンバーで、4代目リーダーだった。大阪府出身、血液型はA型

略歴[編集]

2006年12月29日、『avex audition 2006』に合格し[1]エイベックス・アーティストアカデミーにてレッスンを開始[2]2008年8月17日には、『a-nation'08』のアクトダンサーを務めた[3]

2010年6月12日、『avex アイドルオーディション 2010』に合格し、女性アイドルグループ・SUPER☆GiRLSのメンバーとなる。

2017年1月25日、20歳の誕生日当日に初めてのソロライブ『Ruka 1st LIVE "beginning" 〜twenty〜』を開催した[4][5]。以降、グループ活動の他にRuka名義でソロ活動を始めることとなる。

同年6月17日、SUPER☆GiRLSの4代目リーダーに就任したことを発表した[6]

2018年10月1日、SUPER☆GiRLSから卒業することを発表し[7]2019年1月11日開催の『SUPER☆GiRLS 超LIVE 2019 〜新たなる道へ〜』をもって卒業した[8]。また、同31日付でエイベックス・マネジメントを退所し、ソロのシンガーソングライターとして活動を開始した。

人物[編集]

SUPER☆GiRLS時代の公式ニックネームは「るか」。イメージカラー(超絶カラー)はビビッドレッド、キャッチコピーは「背はおっきいけど気はちっちゃい。ピュアなハートと歌声で笑顔の花を咲かせます。」[9](2014年2月23日までは「ちょっぴりへタレビビリの、全力スマイル!」[10])。オーディションの投票審査9位通過。2ndアルバム『EveryBody JUMP!!』収録の「My dream」で、SUPER☆GiRLSとしては初となるソロでの楽曲を披露した。

2014年、ハワイオアフ島で開催された『ホノルルハーフマラソン・ハパルア2014』の盛り上げ隊にSUPER☆GiRLSが就任し、メンバー全員がハーフマラソンに初挑戦したが、15 - 19歳の部で部門優勝した[11]

作品[編集]

自主制作[編集]

  • Rukaオリジナル曲音源化プロジェクト限定盤CD(2018年6月、RUKA-1806)
1. beginning
2. 9月に鳴く蝉
3. 運命の人
4. 道標
5. パパとママへ

参加楽曲[編集]

8. My dream

未音源化楽曲[編集]

  • Always(2015年1月発表)
  • Possible(2017年1月発表)
  • なんでだろう(2018年1月発表)
  • 空無(2019年7月発表)

出演[編集]

ライブ[編集]

イベント[編集]

  • 溝手るか 18th 生誕祭 〜The origin of the music〜(2015年1月25日、DDD青山クロスシアター)
    • 2014年の17歳の誕生日に更新したブログで「ワンマンライブをやりたい[14]」と公約したことがきっかけとなり、同年10月1日AKIBAカルチャーズ劇場で開催された『SUPER☆GiRLS NEXT STREET 2014〜Sponsored Press 1st Season〜』にて翌年1月25日の開催が発表された[15]。通常のスパガのステージとは異なるスタイルをとった本公演は、本人のルーツをたどる形で選曲された9曲を、生バンドをバックに歌唱[16][17]。またアンコールでは、本人作詞・坂詰美紗子作曲によるオリジナル曲が披露された[16][17][18]
    • バンドメンバー[17]:山田裕之(Bass)、草間信一(Keyboards)、若森さちこ(Percussion)
  • @JAM THE WORLD 春のジャムまつり!2017(2017年4月1日、新宿ReNY) - Ruka(from SUPER☆GiRLS)として、ソロで対バンイベントに初出演。以降、出演はRuka(from SUPER☆GiRLS)名義。
  • Ruka(from SUPER☆GiRLS)トーク&ライブ(2017年6月30日、エミフルMASAKI
  • UTALABO presents FRESH RHYTHM 2017(2017年7月17日、VUENOS)
  • OTODAMA×@JAM SPECIAL COLLABORATION LIVE 2017(2017年8月18日、OTODAMA SEA STUDIO)
  • ナキフェス#3(2017年11月18日、PREMIERE HALL)
  • Jungle Restaurant vol.2(2017年12月30日、VUENOS)
  • TOMBORI FES 2018(2018年10月7日、道頓堀ZAZA HOUSE)
  • 道玄坂異種格闘技戦 vol.113(2019年3月22日、渋谷La.mama) - SUPER☆GiRLS卒業後、初のライブ出演。以降、出演はRuka名義。
  • 八坂沙織音楽会〜SAORI'S MELODY 8〜(2019年6月16日、RUIDO.K2)
  • 1997 Goes On(2019年6月30日、RHAPSODY)
  • ラジオ日本/SANETTY Produce主催 宮崎理奈プロデュース『カンタータ the LIVE』(2019年7月20日、ラジアントホール) - 溝手るかとして出演[20]
  • Wordplay(渋谷La.mama)
    • vol.70(2019年7月31日)
    • vol.74(2019年9月5日)

ラジオ[編集]

  • 音もん(2011年4月17日 - 2012年3月18日、毎週日曜、ABCラジオ) - 隔週レギュラー(後藤彩と共演)
  • カンタータのラジオ(2019年8月26日(25日深夜)、ラジオ日本[20]

舞台[編集]

書籍[編集]

写真集[編集]

カレンダー[編集]

  • 溝手るか(SUPER☆GiRLS) カレンダー 2013年(2012年10月17日、ハゴロモ

新聞コラム[編集]

  • 大阪出身スパガ・溝手るかのアイドル日記(2015年3月8日 - 2017年9月17日、産経WEST

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ メンバーは、溝手・田中美麗後藤彩

出典[編集]

  1. ^ 「オーディションFLASH」『月刊Audition』2007年3月号、白夜書房、2007年2月1日、 137頁。
  2. ^ 溝手るか (2012年3月7日). “aaa大阪校 最後のレッスン”. 溝手るかオフィシャルブログ. サイバーエージェント. 2013年11月24日閲覧。
  3. ^ 溝手るか (2012年8月26日). “Dream stage.”. 溝手るかオフィシャルブログ. サイバーエージェント. 2013年11月24日閲覧。
  4. ^ スパガ溝手るか、20歳の誕生日にソロライブ「今日が溝手るかの始まりの一歩になればいいな」”. BARKS (2017年1月26日). 2017年1月26日閲覧。
  5. ^ “"成人ライブ"用オリジナル4曲完成「大丈夫だよ!」と書かれたビスコ握りしめリハへ…大阪出身スパガ溝手るか”. 産経WEST (産経新聞社). (2017年2月5日). http://www.sankei.com/west/news/170205/wst1702050008-n1.html 2017年2月5日閲覧。 
  6. ^ SUPER☆GiRLS新リーダーは溝手るか「すべてを精一杯スパガに注ぎたい」”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2017年6月17日). 2017年6月18日閲覧。
  7. ^ SUPER☆GiRLSメンバーに関して重要なお知らせ”. SUPER☆GiRLS Official Website. エイベックス・エンタテイメント (2018年10月1日). 2019年5月8日閲覧。
  8. ^ SUPER☆GiRLS、卒業メンバー5人が"第四章"にバトンつなぎ新たなる道へ”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2019年1月12日). 2019年5月8日閲覧。
  9. ^ 溝手るか (2014年2月24日). “新しくなりました!”. 溝手るかオフィシャルブログ. サイバーエージェント. 2014年2月24日閲覧。
  10. ^ 高倉文紀「人気者の言葉力 PART④女子編 "総選挙"時代のアイドルはどんなキャッチフレーズ?」『日経エンタテインメント!』第14巻第18号、日経BP社、2010年11月、 60頁、2010年10月10日閲覧。
  11. ^ SUPER☆GiRLS、ホノルルハーフマラソン全員完走。溝手るかと荒井玲良は年齢別で優勝&準優勝”. BARKS (2014年4月15日). 2015年1月10日閲覧。
  12. ^ 溝手るか (2017年1月26日). “「Ruka 1st LIVE "beginning"〜twenty〜」”. 溝手るかオフィシャルブログ. サイバーエージェント. 2018年1月23日閲覧。
  13. ^ 溝手るか (2018年1月22日). “Ruka 2nd LIVE〜GIFT〜”. 溝手るかオフィシャルブログ. サイバーエージェント. 2018年1月23日閲覧。
  14. ^ 溝手るか (2014年1月25日). “Seventeen.”. 溝手るかオフィシャルブログ. サイバーエージェント. 2015年5月12日閲覧。
  15. ^ アイ★トピ(10/1) スパガ応援企業! ワンマンホールコンサート!そしてスト生新体制!”. SUPER☆GiRLSオフィシャルブログ. サイバーエージェント (2014年10月2日). 2015年5月12日閲覧。
  16. ^ a b c d e f 諏訪圭伊子 (2015年1月30日). “Live Report 溝手るか(SUPER☆GiRLS)溝手るか 18th 生誕祭 〜The origin of the music〜”. GiRLPOP Scheduler. エムオン・エンタテインメント. 2015年5月12日閲覧。
  17. ^ a b c 溝手るか (2015年1月26日). “The origin of the music”. 溝手るかオフィシャルブログ. サイバーエージェント. 2015年5月12日閲覧。
  18. ^ a b スパガ・溝手るかが初のソロライブ。「いつかは私の地元の大阪でも」”. BARKS (2015年1月26日). 2015年5月12日閲覧。
  19. ^ 溝手るか (2014年10月10日). “Tropicana”. 溝手るかオフィシャルブログ. サイバーエージェント. 2015年5月12日閲覧。
  20. ^ a b 宮崎理奈、渡邉ひかる、本西彩希帆、其原有沙、溝手るか ほか出演 ラジオ日本/SANETTY Produce「カンカータ the LIVE」は7/20(土)限りの開催!”. アール・エフ・ラジオ日本. 2019年6月13日閲覧。
  21. ^ SUPER☆GiRLSをはじめ、iDOL Streetのメンバーが舞台に初挑戦!!”. SUPER☆GiRLS(スパガ) Official Website. エイベックス・マーケティング (2012年7月22日). 2012年8月31日閲覧。

外部リンク[編集]

SUPER☆GiRLS時代[編集]