前島亜美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
まえしま あみ
前島 亜美
生年月日 (1997-11-22) 1997年11月22日(19歳)
出生地 日本の旗 日本埼玉県
身長 161.5
血液型 B型
職業 女優声優タレント
ジャンル 舞台テレビドラマ
活動期間 2010年 -
事務所 エイベックス・マネジメント(2010年6月 - 2013年9月、2017年4月 - )
エイベックス・ヴァンガード(2013年10月 - 2017年3月)
公式サイト 前島亜美 オフィシャルウェブサイト
主な作品

舞台
デスノート The Musical
『クジラの子らは砂上に歌う』
『Luna Rossa』
『幸福な職場』
『龍よ、狼と踊れ~ Dragon,Dance with Wolves〜』
テレビドラマ

釣り刑事シリーズ
備考
SUPER☆GiRLSの元メンバー(2010年 - 2017年)

前島 亜美(まえしま あみ、1997年11月22日 - )は、日本女優声優タレントSUPER☆GiRLSの元メンバー。

埼玉県出身。エイベックス・マネジメント所属。SUPER☆GiRLSでの愛称は、あみた

略歴[編集]

2010年6月12日、『avex アイドルオーディション 2010』に合格し、女性アイドルグループSUPER☆GiRLSのメンバーとなる[注 1]。2011年からはグループの活動と並行してソロ活動を行うようになり、ティーン向けファッション雑誌ピチレモン』(学研パブリッシング)の専属モデルやテレビドラマ、テレビアニメの声優、CM出演など活動の場を広げている。

2012年1月27日に1stソロ写真集『あみた』(学研パブリッシング)[1][2]、2013年3月8日に2nd写真集『前島亜美』(学研教育出版[3]を発売。

2017年3月31日をもってSUPER☆GiRLSを卒業し、ソロ活動へ移行した。[4]

人物[編集]

SUPER☆GiRLS結成当初から中心メンバーとして活動しているが、オーディションの投票審査では上位10名に入れず、審査員選考によって最終候補者となった。また、第2次審査後に、「この先は難しいだろう」という家族の判断でオーディションを一度辞退していたことが、のちにスタッフブログで明らかにされた[5]

SUPER☆GiRLSでの公式ニックネームは「あみた」、イメージカラー(超絶カラー)はローズピンク、キャッチコピーは「変な声でも優等生っ空手キックで〜 がんばるやいっ!」(2014年2月23日までは「超絶妹系アイドル 最年少でもがんばるやい!」[注 2])。なお、「あみた」という愛称は、『すイエんサー』や『ピチレモン』でもそのまま使われている。

趣味は、読書[6]、アニメ鑑賞[7]。特技は空手[8]で、極真空手極真館 春日部支部)の茶帯を持つ[9]。オーディションの決勝大会では空手の型を披露した[10]。またテレビやイベントに出演する際に、特技として蹴りを披露することがある。

好きな言葉・座右の銘は「やらないで後悔より、やって後悔」[11]。好きな食べ物はお菓子、スイーツ、甘いもの、春雨[12][11]。嫌いな食べ物は苦いもの[12]。辛いものも苦手だったが[12]、後に克服し、からしワサビは好物になった[13]

Berryz工房嗣永桃子の大ファンであり、「小学生の頃にひと目惚れしたのが、Berryz工房の嗣永桃子さん。かわいい声で歌って踊る姿に小さいながらに衝撃を受けて。それからずっと憧れているし、いまでも応援し続けてます」と語っている[11]。また、「なぜアイドルになろうと思いましたか?」との問いに対し、「小学校低学年のころからハロプロ、特にBerryz工房さんが大好きで」と答え[14]、「好きなアイドルグループと、その中の好きなメンバーを挙げてください」との問いには「Berryz工房の嗣永桃子さんは女性としてもアイドルとしても憧れの存在。あと、SKE48木本花音さん」と答えている[14]。木本とはメール友達であることを自身のブログで明かしている[15]。一方の木本も「前島亜美ちゃんとは普段も仲良し。見た目も声も“ザ・アイドル”って感じで、かわいくて憧れています」と述べている[16]

家族構成は父・母・姉・妹の5人家族[17]。出生時の体重は4,300グラム[10]。「亜美」という名前の由来については、「ほんとはアジア(亜細亜)を意識して『亜海』だったけど、苗字との画数が悪くて『亜美』になったそうです!」と述べている[12]

作品[編集]

SUPER☆GiRLSとしての作品を除く。

参加楽曲[編集]

映像作品[編集]

キャラクターソング[編集]

発売日 商品名 楽曲 備考
2017年
7月12日 しゅわりん☆どり〜みん[18] Pastel*Palettes[メンバー 1] 「しゅわりん☆どり〜みん」
「パスパレボリューションず☆」
ゲーム『バンドリ! ガールズバンドパーティ!』関連曲

出演[編集]

舞台[編集]

テレビ[編集]

バラエティ[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ(声優)[編集]

ラジオ[編集]

  • DJ Tomoaki's Radio Show ! (2011年12月1日、下北FM) - アシスタントMC

CM[編集]

ネット配信[編集]

太字は放送中。

  • あみたの部屋(2013年4月16日、Ustream
  • ELT伊藤一朗Do As Infinity大渡亮の「おっさん二人がニコ生をしてみた」(2015年7月9日 - 終了時期不詳、ニコニコ生放送) - レギュラーアシスタント
  • ニコスト-niconico stones-「高尾紳路プロデュース スパガ前島亜美 囲碁初段への道」(2015年7月27日 - 終了時期不詳、ニコニコ生放送)
  • SUCCESS TV!(2016年5月25日 - 終了時期不詳、ニコニコ生放送) - サブMC
  • 原宿アベニュー、けやき坂アベニュー(2016年11月1日 - 2017年3月29日、2017年7月15日 - 、AbemaTV) - 2017年7月15日からはMC・キャスターを担当
  • 前島亜美のコココレ(2017年7月3日 - 、FRESH!)[26]

ゲーム[編集]

イベント[編集]

  • ピチレモン学園祭in原宿(2011年8月25日、原宿クエストホール)
  • 「綾小路きみまろ」爆笑!トークショー(2011年9月17日、アリオ川口アリオ西新井アリオ亀有
  • 関根店長と三姉妹 愛菜・亜美・ことりと一緒にお母さんありがとうイベント(2012年5月13日、イトーヨーカドー葛西店)[25]
  • ピチレモン 夏の学園祭(2012年8月9日、山野ホール) - SUPER☆GiRLSの一員としても出演
  • ピチレモン 夏の大学園祭SP!!ガールズサマーフェス2013(2013年8月8日、ディファ有明
  • VINTAGE TOYS展」テープカットセレモニー(2013年12月24日、JPタワー[28]
  • 夏休みスペシャルイベント(2014年8月23日、イトーヨーカドー木場店)[29]
  • 前島亜美 presents 17th 生誕祭 〜Starting Line〜(2014年11月22日、DDD青山クロスシアター)
  • 第十九期ドコモ杯女流棋聖就位式(2016年3月18日、東京ドームホテル) - 花束の贈呈
  • ニコニコ超会議2016(2016年4月30日、幕張メッセ) - 「超 囲碁将棋ブース」「超 演奏してみたブース」への出演
  • BanG Dream!」プロジェクト発表会(2016年12月7日、サンシャインシティ噴水広場)
  • AnimeJapan 2017「バンドリ! ガールズバンドパーティ!」スペシャルトークステージ(2017年3月25日、東京ビックサイト
  • ブシロード10周年祭(2017年5月7日、東京ビッグサイト)
  • ブシロードカードゲームライブ with 戦略発表会2017夏(2017年7月30日、有明コロシアム
  • 舞台『煉獄に笑う』開幕直前!中間報告会!(2017年8月8日、六本木ヒルズアリーナ
  • 舞台『龍よ、狼と踊れ』DVDリリース記念 トーク&特典会(2017年9月13日、HMV&BOOKS TOKYO)

その他[編集]

  • 「VINTAGE TOYS展」オリジナルナビゲートムービー(2013年) - ナビゲーター

書籍[編集]

写真集[編集]

カレンダー[編集]

  • 前島亜美(SUPER☆GiRLS) カレンダー 2013年(2012年10月17日、ハゴロモ
  • 前島亜美(SUPER☆GiRLS) カレンダー 2014年(2013年、ハゴロモ)

雑誌連載[編集]

  • ピチレモン(2011年5月号 - 2014年4月号、学研パブリッシング) - 専属モデル

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ グループ最年少、当時12歳。オーディションの最終候補者24名の中では前島と宮田菜那(1997年5月9日生、a-motion'09審査員特別賞)が中学1年生であった。
  2. ^ 書籍や雑誌によっては「最年少だってがんばるやい」と表記されることもある。
  3. ^ 2017年再演の夜神粧裕役である高橋果鈴が体調不良のため、急遽富山に駆けつけてマチネの代役を務めた[20]
  4. ^ a b c d e f g h i j k 「関根一家」という設定で、次女役を演じる[24][25]。共演は関根勤(父役)、太田美恵(母役)、重本ことり(長女役、Dream5)、芦田愛菜(末娘役)[24][25]

ユニットメンバー

  1. ^ 丸山彩(前島亜美)、氷川日菜(小澤亜李)、白鷺千聖(上坂すみれ)、大和麻弥(中上育実)、若宮イヴ(秦佐和子

出典[編集]

  1. ^ mu-mo エンタメニュース. “SUPER☆GiRLS前島亜美 グループ初のソロ写真集『あみた』発売決定!!”. エイベックス・マーケティング. 2012年1月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年12月30日閲覧。
  2. ^ SUPER☆GiRLS・前島亜美、初ソロ写真集は「120点です!」”. オリコンスタイル. オリコン (2012年1月28日). 2012年5月1日閲覧。
  3. ^ 前島亜美2nd写真集詳細&イベント詳細大発表!”. SUPER☆GiRLS公式サイト (2013年1月18日). 2013年9月8日閲覧。
  4. ^ 前島亜美に関する重要なお知らせ”. SUPER☆GiRLS(スパガ) Official Website. エイベックス・ミュージック・クリエイティヴ (2017年3月5日). 2017年3月5日閲覧。
  5. ^ 前島亜美(SUPER☆GiRLS)”. SUPER☆GiRLSオフィシャルブログ (2010年11月18日). 2013年9月8日閲覧。
  6. ^ 天体少年(-ω-*)゜+”. 前島亜美(SUPER☆GiRLS)オフィシャルブログ 「あみたのいちご畑」. 2013年1月12日閲覧。[出典無効]
  7. ^ WARAI(-ω-*)゜+”. 前島亜美(SUPER☆GiRLS)オフィシャルブログ 「あみたのいちご畑」 (2013年1月10日). 2013年9月8日閲覧。
  8. ^ パート1です(。・ω<。)(前島亜美)”. SUPER☆GiRLSオフィシャルブログ (2010年7月4日). 2013年9月8日閲覧。
  9. ^ トーキングコーナー☆≡です(^-^)/”. 前島亜美(SUPER☆GiRLS)オフィシャルブログ 「あみたのいちご畑」 (2010年8月18日). 2013年9月8日閲覧。
  10. ^ a b 『あみた』 水谷隆介編、学研パブリッシング、2012年ISBN 978-4-05-405177-5
  11. ^ a b c 『iDOL Street OFFICIAL BOOK Vol.1』 河口義一、ソニー・マガジンズ、2011年、34頁。ISBN 978-4-7897-7156-6
  12. ^ a b c d ピチレモン編集部「SUPER☆GiRLS最年少メンバーとしても人気爆発中↑↑話題のピチモに密着24時!!前島亜美©にゲッチュ♥」、『ピチレモン』2012年2月号、学研パブリッシング、2011年12月、 107-109頁。
  13. ^ 「スパガのプリプリ♥SUMMERトーク」、『BIG ONE GIRLS』NO.011、近代映画社、2012年6月、 60頁、 ISBN 978-4-7648-8310-9
  14. ^ a b ウレぴあ編集部「日本のアイドルビジネスは新ステージへ ポストAKB48を探せ!」、『ウレぴあ』第2号、ぴあ株式会社、2011年12月、 43頁。
  15. ^ 前島亜美(SUPER☆GiRLS)オフィシャルブログ 「あみたのいちご畑」. “*EveryBody JUMP!!(2011-11-22)”. 2011年12月4日閲覧。
  16. ^ 「SKE×LOVE2 48のアイシテル」、『BIG ONE GIRLS』NO.010、近代映画社、2012年5月、 18頁、 ISBN 978-4-7648-8307-9
  17. ^ 前島亜美(SUPER☆GiRLS)オフィシャルブログ 「あみたのいちご畑」. “終わりましたヽ(・∀・)ノ☆ミ(2010-09-25)”. 2011年12月25日閲覧。
  18. ^ Pastel*Palettes 1st single「しゅわりん☆どり~みん」”. BanG Dream! 公式サイト. 2017年6月8日閲覧。
  19. ^ コミックナタリー (2014年9月22日). “デスノート The Musical、リュークら配役発表”. 2014年9月22日閲覧。
  20. ^ 前島亜美 (2017年6月25日). “「デスノート THE MUSICAL」富山公演”. 前島亜美オフィシャルブログ. サイバーエージェント. 2017年9月25日閲覧。
  21. ^ グラビアアイドルの設定。写真の出演のみ。
  22. ^ “綾小路きみまろ「敬老の日」の漫談を披露”. 時事ドットコム (時事通信社). (2011年9月7日). http://www.jiji.com/jc/c?g=ent2_ent2&rel=j7&k=g110636 2011年9月7日閲覧。 [リンク切れ]
  23. ^ a b “『もっと!家族の絆を!』” (PDF) (プレスリリース), 株式会社イトーヨーカ堂, (2012年4月10日), http://www.itoyokado.co.jp/dbps_data/_material_/localhost/pdf/2012/120410.pdf 2012年4月10日閲覧。 
  24. ^ a b c “愛菜ちゃん 母の日に「お皿洗いした」”. デイリースポーツonline (神戸新聞社). (2012年5月13日). オリジナル2012年5月13日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120513190521/http://daily.co.jp/newsflash/2012/05/13/0005050399.shtml 2012年5月13日閲覧。 
  25. ^ “前島亜美の公式チャンネルです。…”. FRESH!. https://freshlive.tv/ami-maeshima 2017年7月15日閲覧。 
  26. ^ CHARACTER”. BanG Dream!(バンドリ)ガールズバンドパーティ!. 2017年2月18日閲覧。
  27. ^ <VINTAGE TOYS展>テープカットにスパガ・前島亜美が登場。「私自身、おもちゃがとても大好き」”. BARKS. グローバル・プラス (2013年12月24日). 2013年12月28日閲覧。
  28. ^ Dream5 重本ことり作、"しげもん"がハローキティとコラボ”. 楽天WOMAN. 楽天 (2014年8月25日). 2014年8月25日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]