スペース・ゼロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スペース・ゼロ
SPACE ZERO
Space zero - Shinjuku - October 2014.jpg
情報
正式名称 全労済ホールスペース・ゼロ
開館 1989年2月
延床面積 18033.57m²
運営 株式会社スペース・ゼロ
所在地 151-0053
東京都渋谷区代々木2-12-10全労済会館内
位置 北緯35度41分13秒 東経139度41分49.2秒 / 北緯35.68694度 東経139.697000度 / 35.68694; 139.697000座標: 北緯35度41分13秒 東経139度41分49.2秒 / 北緯35.68694度 東経139.697000度 / 35.68694; 139.697000
アクセス JR新宿駅南口出口より徒歩5分
京王線都営大江戸線都営新宿線の新宿駅6番出口より徒歩1分
公式サイト 全労済ホールスペース・ゼロ
株式会社スペース・ゼロ
SPACE ZERO
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
151-0053
東京都渋谷区代々木2-12-10全労済会館B1
設立 1988年(昭和63年)6月1日
事業内容 全労済ホール等施設の賃貸及び運営管理
イベントの企画・制作・運営
制作技術の総合デザイン・オペレーション
資本金 1,500万円
外部リンク 株式会社スペース・ゼロ
テンプレートを表示

スペース・ゼロ英語SPACE ZERO)は、東京都渋谷区代々木二丁目にある多目的ホール、または同ホールを運営する株式会社スペース・ゼロの通称である。ホールの正式名称は、全労済ホールスペース・ゼロである。

概要[編集]

1988年(昭和63年)6月1日に、全労済の子会社として株式会社スペース・ゼロが設立された。1989年(平成元年)2月には、全労済設立30周年を記念して全労済ホールスペース・ゼロが開業した。1990年には、日本建設業連合会主催の第31回BCS賞を受賞した[1]

主な事業内容[編集]

株式会社スペース・ゼロの事業内容は、主に(1)全労済ホール等施設の賃貸及び運営管理、(2)イベントの企画・制作・運営、(3)制作技術の総合デザイン・オペレーションとなっている。

ホール・展示室等[編集]

ホールについては、全席可動式で最大575席の収容が可能であり、展示会・演劇・ミュージカル・ファッションショーなどに利用できる。他にも、ギャラリー・展示室・多目的ルームがあり、絵画・彫刻・工芸・写真展や会議室などにも利用できる。

主な公演[編集]

アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 第31回BCS賞受賞作品(1990年)全労済会館”. 日本建設業連合会. 2017年8月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]