カズレーザー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カズレーザー
KAZLASER
Maple Chogokin 2016-01.jpg
カズレーザー(右。左は安藤 なつ。2016年1月)
本名 金子 和令(かねこ かずのり)
ニックネーム カズ、カズレーザー
生年月日 (1984-07-04) 1984年7月4日(37歳)
出身地 日本の旗 日本 埼玉県加須市
血液型 O型
身長 182cm
言語 日本語
方言 標準語
最終学歴 同志社大学商学部
出身 TOKYO☆笑BIZ 4期生
コンビ名 フルハウス(解散)
メイプル超合金(2012年8月 - )
相方 東口宜隆(フルハウス)
安藤なつ(メイプル超合金)
芸風 漫才ボケ
立ち位置
事務所 サンミュージックプロダクション
活動時期 2007年 -
同期 インディアンス
山添寛(相席スタート
ダイタク
りんたろー。EXIT
ネルソンズ
セルライトスパ
ロングコートダディ
岡野陽一
現在の代表番組 MC
家事ヤロウ!!!
レギュラー
沸騰ワード10
クイズプレゼンバラエティー Qさま!!
くりぃむクイズ ミラクル9
など
弟子 なかがわりょうフランスピアノ
テンプレートを表示
YouTube
チャンネル
活動期間 2020年 -
ジャンル 教育
登録者数 約24.9万人[1]
総再生回数 約14,476,557回[1]
チャンネル登録者数、総再生回数は2021年8月19日時点。
テンプレートを表示

カズレーザー1984年7月4日 - )は、日本お笑いタレント埼玉県加須市出身。メイプル超合金のボケ担当。相方は安藤なつサンミュージックプロダクション所属。本名は金子 和令(かねこ かずのり)。

赤い服に金髪がトレードマーク。兄と妹がいる。母方の実家はイチゴ農家[2]クイズを得意としており、芸人たちからはカズカズレーザーと呼ばれることが多い。 2020年に自身のYouTubeチャンネル「カズレーザーの50点塾」開設。

略歴[編集]

埼玉県立熊谷高等学校同志社大学商学部卒業。大学生時代は喜劇研究会に所属[3]していて、この当時は1年後輩の東ブクロ(現さらば青春の光)とのコンビ『フルハウス』で活動[4]。フルハウスは大学内の漫才大会では常に1位だったが、2003年に出場したM-1グランプリでは1回戦敗退。ナベプロや吉本のオーディションを受けたが上手く行かず、ワタナベコメディスクール主催のコンテストに参加した際、高校生のハライチがグランプリを獲り、2期の特待生として学費の48万円の全額免除され、フルハウスは5万円免除だけで自分らとの実力の差を見せつけられたため、ワタナベコメディスクールの入学を断念[5]、大学卒業と同時に解散[6]

2007年、大学卒業後の就職では銀行に内定していたが、自身が当時「とにかく働きたくない」という思いが強かった事から辞退した[7]。その後、芸術家など何になるかを色々と考え、消去法でたどり着いた結論から芸人を目指すことを決めた[8]。4月になってから芸人になることを決めたため、どこの養成所も締切になっていた中で募集を続けていたTOKYO☆笑BIZを選び、4期生として入学[9]

2009年、TOKYO☆笑BIZ卒業後、サンミュージック所属となってピン芸人としてデビュー。所属先にサンミュージックを選んだことについては「人生最大の決断であり、人生最大のミスと言っても過言ではない」と後悔している一方で「サンミュージックに所属したからこそ今の僕がある。他を選んでいたら芸人を続けられずに途中で辞めていた。」とも語っている[10]。ピン芸人時代は「名前だけでも覚えて帰ってほしいコント」と称して、オチに「どうも、カズレーザーです」と言うショートコントをしていた。本人曰く、ピン芸人時代は6年間スベり続けていたが「好きなネタができるだけで楽しかった」と言う。ブッチャーブラザーズぶっちゃあにも「お前は今のままで大丈夫」とも言われたことがあるが[7]、マネージャーには「このままスベり続けて死ぬか、コンビを組むのかどっちなんだ」などと言われたこともあった[11]

人物[編集]

  • 通っていた熊谷高校は自由な校風で制服がなく、高校1年生[7]から現在に至るまで、舞台衣装そのままの全身色の服を常用している[12]。これは寺沢武一の漫画『コブラ』の影響であり、左腕をサイコガンに改造したいとも語る[13][14]。高校生の頃のあだ名は「レッド」で、大学へ進学後も自ら「レッドと呼んで」とよく話しかけていたという[6]
  • 学生時代に家庭教師のアルバイトをしたが、金髪に赤い服という外見から上司に信頼してもらえず、程なくして辞めている[15]
  • 就職活動中に「服装は自由」の触れ込みを信じて、バンダイの就職説明会に金髪と全身赤色の姿で出席したことがある[15]
  • 他にも赤にこだわった好みが多く、高校近くの店では必ずミートソースの大盛りを頼み、カラオケの十八番はケチャップからの連想で『ロックン・オムレツ』であった[6]
  • 稀にテレビ番組の企画[16]やイベント[17]で赤以外の衣装を着ることもある。
  • 芸名の由来は『仮面ライダーV3』に登場する怪人「カニレーザー[18]、および本名「和令」の読み替えから[18]。また、芸名を「カネコ」にしていた時期もあった[19]
    • 2019年4月1日に平成の次の元号「令和」が発表され、これがカズレーザーの本名「和令(かずのり)」を逆さにしたものとなったため、カズレーザー本人も発表直後に驚き、ネット上でも話題となった[20]。その後「和令」の書を掲げた写真を公開し、「一生に一度有るかないか、多分ないであろうニアピン」「ありがたい名をつけてくれた両親親族に、まず感謝いたします」と綴っている[21]
  • 趣味は読書筋トレ、社会科見学、美術館巡り、画集鑑賞、自衛隊研究。絵画については「遠くから見たらかっこいいが、近くからだと下手くそに見えるけれども、それでも生き生きしている絵が不思議だなと思う」と語っている[10]。特技はコサックダンス
  • バイセクシュアルであることを認めている。過去に女性7人・男性6人との交際経験があり、好きな男性のタイプは京本政樹及川光博で、好きな女性のタイプは天海祐希[22]。高校3年生の時の担当教師が「妻子持ちだけどバイセクシュアル」ということをカミングアウトし、バイセクシュアルに興味を持ち始めたことがきっかけという。本人は、20歳の時にゲイの友人に誘われ、それを意外と受け入れられたのがはじまりであると語っている[6]。その一方で、堀北真希が憧れの女性芸能人であった。なお、堀北の引退までに共演は叶わなかった[23]
  • 流れ星の瀧上伸一郎が好きと公言している。瀧上の結婚後も「男性枠は空いてますよね?」とコメントしている[24]
  • オリンピック競技のほとんどに興味がないが、重量挙げフィギュアスケートには興味があって見ている[25]
  • かつて芸術家からの依頼で、河原で流木拾いのアルバイトをしていた。創作意欲を沸き立たせるような形かどうかが決め手であり、気に入られたら1本につき5000円かそれ以上の収入があったが、気に入られなかったら無収入になったという[26][19]
  • 辛い食べ物と草類(野菜など)が全く食べられないほど苦手である[2]
  • プライベートでは馬鹿よ貴方はの平井“ファラオ”光と仲が良い[27]。以前は6人ほどの芸人仲間と同居していた[28]。後に引越し、2017年6月時点では、トレンディエンジェルのたかしや、演芸おんせんの矢巻駿らと4人で同居している[29]
  • 2016年2月29日(月)に放送されたぶっちゃけ寺&Qさま!! 合体3時間SP「ヤング学力王No.1決定戦」で初登場初優勝以降、クイズプレゼンバラエティー Qさま!!『学力王No.1決定戦』企画にレギュラー出演。さらに年間総合成績において2017年度・2018年度のチャンピオンになる。また、クイズ番組「ザ・タイムショック」では、前人未到の3連覇を達成している。(2018年9月~2019年9月)
  • 同じくクイズを得意とする芸人のロザン宇治原史規は、カズレーザーを良きライバルとして認めている。
  • 自身について「頑張ってないのがいいんじゃないかな」と語っている[10]。「人生なんて成り行きで、決断しないのが一番偉い」といった考えを持ち「他の事務所の芸人さんのように、鬼のように努力するのって疲れちゃう」とのことで、自らの才能についても「才能があったら芸人になっていなかったし、もっと違うことをやっていた」とも語っている[10]
  • 2021年5月7日放送の『沸騰ワード10』(日本テレビ系、毎週金曜)に出演し、岸信夫防衛大臣から感謝状と記念メダルを受け取った[30]

受賞歴[編集]

コンビとしての受賞歴は「メイプル超合金#受賞歴」を参照。

  • Yahoo!検索大賞 2016 お笑い芸人部門賞[31]

出演[編集]

コンビでの出演については、メイプル超合金#出演を参照。

テレビ[編集]

現在のレギュラー番組[編集]

準レギュラー、および不定期出演[編集]

過去のレギュラー番組[編集]

スペシャル番組[編集]

最新出演から1年未満で出演している特別番組を記す。

過去のスペシャル番組[編集]

  • お笑いゆとりスリー(フジテレビ、2016年3月25日)
  • 土チャレ『クイズ!ハジスター』(フジテレビ、2016年6月18日)
  • くりぃむVS林修!クイズサバイバー(テレビ朝日、2016年6月29日・12月31日、2017年6月28日・12月31日、2018年6月21日・12月20日)
  • 推理対戦バラエティDARE?(関西テレビ、2016年12月30日)
  • 日本で一番早いお笑いバトル!フットンダ王決定戦(中京テレビ、2017年1月1日)
  • 街角バラエティ Q人サン(フジテレビ、2017年1月1日)
  • お笑いゆとりフォー(フジテレビ、2017年1月4日)
  • 発見!〇〇な人(TBS、2017年1月4日)
  • ハク学の壁(フジテレビ、2017年1月21日)
  • 芸人たちとチャイルド11(フジテレビ、2017年1月28日)
  • 情報を持って旅に出よう!有吉のザツガクルーズ (フジテレビ、2017年3月12日)
  • 世界VS日本 オモシロCM全部見せます!(テレビ朝日、2017年3月18日)
  • ザ・タイムショック(テレビ朝日、2017年3月30日・9月27日、2018年4月5日(準優勝)・9月26日(優勝)、2019年4月3日(優勝)・9月25日(優勝))
  • 内村カメラ(日本テレビ、2017年4月21日)
  • たった1問で分かる!カリスマテスト(日本テレビ、2017年5月14日)- MC
  • 世界!教科書スクープ(TBS、2017年5月27日)- MC
  • サンバリュ 『匿名希望〜芸能人が匿名で公募に挑戦!合格者続々登場SP〜』(日本テレビ、2017年6月4日)- MC
  • ネクストブレイク『〜話題スポットを徹底調査〜かしこ芸人がゆく』(日本テレビ、2017年6月10日)- MC
  • 土チャレ『世界の入りグチ』(フジテレビ、2017年6月10日)- MC
  • マッドライターズ 何でこんな本出しちゃったんですか?(日本テレビ、2017年8月12日)- MC
  • サンバリュ『グレート☆パパラッチ』(日本テレビ、2017年12月10日)- MC
  • 仰天パニックシアター〜まさかの瞬間ビビる99連発!!〜(テレビ東京、2017年12月27日)
  • 名乗るほどではございません!〜芸能人が匿名で投稿してみたら意外に通っちゃったSP〜(日本テレビ、2017年12月29日)- MC
  • 理由を述べよ!(テレビ朝日、2018年1月3日)- MC
  • 世界がザワついた(秘)映像 ビートたけしの知らないニュース(テレビ朝日、2017年5月7日・10月29日、2018年1月10日)
  • ネクストブレイク『文無しアカデミー』(日本テレビ、2018年2月17日・8月11日・8月18日)- MC
  • なんでこんな本出しちゃったんですか?(日本テレビ、2018年4月18日)- MC
  • 無駄だと思ったら…実はスゴかった!〜世代ギャップ前向き解消バラエティ〜(テレビ東京、2018年5月26日)- MC
  • 弱肉強食バトルロイヤル クイズジャングル(テレビ朝日、2018年6月25日・7月2日)
  • サンバリュ『ニュースな日本語』(日本テレビ、2018年7月29日・12月16日)- MC
  • ビートたけしの超常現象Xファイル(テレビ朝日、2018年12月22日)
  • 運命のクロスヒストリー 徹底捜査 忠臣蔵(NHK総合、2018年12月30日)- MC
  • クイズ☆正解は一年後(TBS、2018年12月30日)
  • 議事録まとめました。(テレビ朝日、2019年1月1日)
  • ザ・プロファイラー〜夢と野望の人生〜(NHK BSプレミアム、2019年2月14日)
  • FNN報道スペシャル 平成の“大晦日”令和につなぐテレビ(フジテレビ、2019年4月30日)
  • 全問リアル 就活Q(NHK総合、2019年3月2日・5月2日)- MC
  • ゲストは偉人さま!!(テレビ朝日、2019年5月20日・6月2日・6月28日)- MC
  • エジプト大ピラミッドの謎(NHK BSプレミアム、2019年6月13日)
  • 世界法廷ミステリー(フジテレビ、2019年6月15日・10月20日・2020年1月26日・3月15日)
  • 専門家100人が選んだ!世界最強動物ランキング(テレビ朝日、2019年7月27日)
  • 空っぽジャーニー(TBS、2019年8月3日)
  • 投稿!30秒ダンス動画選手権(フジテレビ、2019年8月11日)- MC
  • 潜入有吉(テレビ朝日、2019年8月14日)
  • YOU!ANSWER!!(読売テレビ、2019年9月1日)- MC
  • 発表!全プリキュア大投票(NHK BSプレミアム、2019年9月14日)
  • 師弟ご対面SHOW〜私、一人前ですか?(TBS、2019年9月15日)
  • サンバリュ『未解決クラブ』(日本テレビ、2019年9月29日)- MC
  • 全国ご当地ドラレコ旅(テレビ東京、2019年11月30日)
  • トップをねらわない店〜1ヵ月おじゃまシマス〜(フジテレビ、2019年12月21日)
  • トランプ大統領決定戦(BSテレビ東京、2019年12月26日)
  • クイズ!THE采配〜この問題、誰に答えさせますか?〜 (TBS、2019年12月29日)
  • テレビ特区(フジテレビ、2019年12月30日・2020年3月27日)
  • 太田松之丞・カズレーザー・古市憲寿の2019年ニュースの裏ぶっちゃけますSP(テレビ朝日、2019年12月31日)
  • 大河ドラマ麒麟が来るカウントダウン(NHK総合、2020年1月18日)
  • 池上彰緊急スペシャル(フジテレビ、2020年2月2日・2020年5月31日)
  • サンバリュ『鬼の錬金マスター!』(日本テレビ、2020年3月8日)
  • 突撃!フルレーザー〜ニッポンの問題考えてみた〜(フジテレビ、2020年3月13日)
  • カズレーザーのためになるエンタメ!(関西テレビ、2020年3月27日)- MC
  • RAGAZZE!〜少女たちよ!(NHK総合、2020年3月28日)
  • 芸人マウス派遣センター (フジテレビ、2020年3月30日)- MC
  • モノシリーのとっておき(フジテレビ、2020年4月18日)
  • ロンブー淳のバチャぶらリモだちナイト!(NHK総合、2020年5月4日)
  • もう1度見たい!TVチャンピオン3.5時間SP(テレビ東京、2020年5月10日)
  • 一撃解明バラエティ ひと目でわかる!!(日本テレビ、2020年5月28日)

テレビドラマ[編集]

  • 今夜もLL♡(LIVE&LOVE) エピソード2「君の瞳に花束を」(TOKYO MX、2016年5月24日)
  • 世にも奇妙な物語(フジテレビ、2017年4月29日) 

ラジオ[編集]

レギュラー番組[編集]

特番・単発[編集]

  • 号外!しゃべレーザー(2021年7月4日・SBSラジオ) - パーソナリティ

インターネット番組[編集]

過去のレギュラー番組[編集]

過去のスペシャル番組[編集]

  • 企画力芸人(AbemaTV、2017年2月5日)
  • 橋本環奈に届け!イケメンたちの『1リツイートの恋』(AbemaTV、2019年2月18日)- MC

DVD・Blu-ray Disc[編集]

  • 大爆笑オンエアできないバトル〜地下芸人激ヤバネタ祭〜(ビデオメーカー、2009年3月)
  • 伊集院光のてれび 完全版〜仲良しメンバーと厳選食材でカレーを作ろう!/VRDK(バカ編)〜(ポニーキャニオン、2016年6月)

CM[編集]

著作[編集]

書籍[編集]

クイズ本[編集]

  • カズレーザーが解けなかったクイズ200問(マガジンハウス 2020年10月29日 ISBN 978-4838731299[45]

推薦・解説等[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b カズレーザーの50点塾の30日間推移” (日本語). ユーチュラ. 2020年11月25日閲覧。
  2. ^ a b Myojo 2016年4月号 p.90(メイプル超合金インタビュー記事)
  3. ^ 喜劇研究会”. チャーミング炒飯カワハラショウヘイ ブログ (2011年9月11日). 2015年2月19日閲覧。
  4. ^ くりぃむナンチャラ 2016/04/09(土)02:40 の放送内容”. TVでた蔵. ワイヤーアクション (2016年4月9日). 2016年4月9日閲覧。
  5. ^ ハライチがいなければ今のカズレーザーはなかった!? 知られざる挫折ドラマ”. Asagei Biz (2020年9月12日). 2020年9月23日閲覧。
  6. ^ a b c d FLASH光文社)2016年7月12日 p.22 - 23
  7. ^ a b c 『CIRCUS MAX』2016年4月号(KKベストセラーズ)「プチ鹿島の芸人人生劇場 第21回・メイプル超合金」(p.98) より
  8. ^ 日経エンタテインメント! 2016年5月号『今月のコンテンツガイド』p.91
  9. ^ Quick Japan Vol.99(2011年12月、太田出版)p.201「TOKYO☆笑BIZ サンミュージック芸人はこうして生まれる!」
  10. ^ a b c d カズレーザーが明かす、「頑張らない」ワケとは?”. オリコン (2017年4月25日). 2017年4月25日閲覧。
  11. ^ BIG tomorrow(青春出版社)2016年5月号 p.112 - 113 インタビュー記事
  12. ^ 公式プロフィール参照
  13. ^ ポスト南キャン? 異彩を放つ男女ペア芸人・メイプル超合金とは”. オリコン (2016年2月25日). 2016年2月25日閲覧。
  14. ^ 有田チルドレン 2015/06/02(火)23:53 の放送内容”. TVでた蔵. ワイヤーアクション (2015年6月2日). 2015年6月8日閲覧。
  15. ^ a b “変人すぎて家庭教師をクビに!“まさかの天才”カズレーザーに好奇の目が集中”. アサ芸プラス (徳間書店). (2016年3月7日). https://www.asagei.com/excerpt/54068 2020年9月20日閲覧。 
  16. ^ 伊集院光のてれび「仲良しメンバーと厳選食材でカレーを作ろう」
  17. ^ メイプル超合金・カズレーザー、“第2の又吉”に名乗り「将来的には文化人に」”. オリコン (2016年4月6日). 2016年7月3日閲覧。
  18. ^ a b 【エンタがビタミン♪】カズレーザーは寝ている時に戦隊モノソングを歌う「ちゃんと眠れてないんじゃ…」”. Techinsight (2016年7月30日). 2016年8月13日閲覧。
  19. ^ a b 2014年8月13日「水曜日のダウンタウン」”. gooテレビ (2014年8月13日). 2015年2月19日閲覧。
  20. ^ 本名「和令」のカズレーザー、新元号「令和」に驚き,日刊スポーツ,2019年4月1日
  21. ^ 本名『金子和令』カズレーザー「びっくり…両親親族に感謝」,サンケイスポーツ,2019年4月2日
  22. ^ 次クル芸人 ~新時代に輝くホープたち~ (Vol46 メイプル超合金)”. リアルライブ (2015年11月24日). 2015年11月30日閲覧。
  23. ^ カズレーザー、憧れ・堀北真希さんと共演かなわず…「同じ部屋の酸素吸いたかった」”. オリコン (2016年3月2日). 2017年3月8日閲覧。
  24. ^ カズレーザーが流れ星・瀧上に求婚「女性と結婚しただけですもんね?」”. テレビドガッチ (2016年9月16日). 2016年10月22日閲覧。
  25. ^ ウチくる!? 2016年12月11日放送回”. gooテレビ (2016年12月11日). 2017年5月3日閲覧。
  26. ^ 2012年1月25日「笑う経済白書 THE ピンキリ SHOW」”. gooテレビ (2012年1月25日). 2015年2月19日閲覧。
  27. ^ 馬鹿よ貴方はとメイプル超合金がユニットライブ、一番まともな人探しに来て”. お笑いナタリー (2016年4月21日). 2016年12月14日閲覧。
  28. ^ カズレーザー、後輩芸人との交際否定 同せいではなく芸人仲間と“同居””. オリコン (2016年6月23日). 2016年12月14日閲覧。
  29. ^ カズレーザー、同居中のトレエンたかしへの愛が強すぎる「幸せでしょうがない」”. modelpress (2017年6月24日). 2017年8月10日閲覧。
  30. ^ カズレーザー、防衛大臣から感謝状と記念メダルを授与「光栄であります」”. Yahoo!テレビ.Gガイド (2021年5月8日). 2020年5月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021-051-09閲覧。
  31. ^ Yahoo!検索大賞2016 - Yahoo!検索 - Yahoo! JAPAN”. Yahoo!検索大賞2016 - Yahoo!検索 - Yahoo! JAPAN. 2021年1月10日閲覧。
  32. ^ a b c d e Sun Music News 2020年9月号”. 2020年9月1日閲覧。
  33. ^ 尾上右近:「めざまし8」で初の情報番組レギュラー 古市憲寿&カズレーザーは続投”. MANTANWEB. 株式会社MANTAN (2021年3月18日). 2021年3月18日閲覧。
  34. ^ 東野幸治がガチで冒険する新番組「アドベンチャー魂」スタート、BS-TBS秋改編”. お笑いナタリー. ナターシャ (2021年9月3日). 2021年9月7日閲覧。
  35. ^ もう中、ホリケン、空気階段、ぺこぱ、野田クリスタル×カズレーザーが深夜に新番組”. お笑いナタリー. ナターシャ (2021年9月8日). 2021年9月8日閲覧。
  36. ^ テレビ朝日公式YouTubeチャンネル「動画、はじめてみました」の激レアさん未公開トーク動画より。
  37. ^ <しくじり先生>人気講師・カズレーザーが登場!マヂカルラブリーもオードリーも“現代アート”だった”. WEBザテレビジョン. KADOKAWA (2021年7月9日). 2021年7月13日閲覧。
  38. ^ “「とくダネ!」新メーンキャスターに立本信吾アナ カズレーザーは週2登場”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2020年9月25日). https://www.sanspo.com/geino/news/20200925/geo20092509500002-n1.html 2020年9月25日閲覧。 
  39. ^ “萩尾望都の魅力を100分で語らう新春特番、ヤマザキマリ夢枕獏が作品読み解く”. コミックナタリー (Natasha). (2020年12月7日). https://natalie.mu/comic/news/407759 2021年1月13日閲覧。 
  40. ^ 『リモスタ!』|BSフジ”. www.bsfuji.tv. 2021年3月20日閲覧。
  41. ^ カズレーザーがAKB48の魅力引き出す「2029ラジオ」レギュラーアドバイザーに.お笑いナタリー (ナターシャ). (2019年4月20日) 2019年5月30日閲覧。
  42. ^ “理系学生たちが“世の中を変える開発”を競い合う、「AbemaTV」新番組が12/7(土)スタート 『TDK presents 学生イノベーションバトル そのヒラメキで世界を変えろ』” (プレスリリース), TDK株式会社, (2019年12月2日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000051525.html 2020年9月20日閲覧。 
  43. ^ カズレーザーとムック「ピザハット」CMで漫才コンビのよう”. お笑いナタリー (2021年3月8日). 2021年3月15日閲覧。
  44. ^ 真っ赤な二人が新コンビ結成!ピザハットブランドアンバサダーにカズレーザー&ムックが就任!”. PizzahutJapan (2021年3月8日). 2021年3月15日閲覧。
  45. ^ Inc, Natasha. “「へんてこな問題ばっかり集めました」カズレーザー、初書籍の中からクイズ出題(動画あり)”. お笑いナタリー. 2021年3月20日閲覧。
  46. ^ 集英社文芸書 (@shueisha_bungei) Twitter 2019年3月10日の発言。
  47. ^ 集英社 小説すばる編集部 (@shosetsusubaru) Twitter 2018年5月25日の発言。
  48. ^ おぎぬまX (@oginuma_x) Twitterの2020年10月10日の発言。
  49. ^ Inc, Natasha. “倉本美津留の小説にカズレーザーが帯コメント「妄想止まらぬアホの一代記」(コメントあり)”. お笑いナタリー. 2021年3月20日閲覧。
  50. ^ 【公式】乃木坂46山崎怜奈はじめての書籍『歴史のじかん』 (@rena_history) 2021年2月4日のTwitterでの発言。

外部リンク[編集]