アクティブ10

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アクティブ10(アクティブ・テン)は、2018年9月28日よりNHK Eテレで放送されている中学・高校向けの学校放送番組である。全番組が字幕放送に対応している。

教科別に各単元のポイントをコンパクトにまとめた10min.ボックスの流れを汲んでいる。

概要[編集]

『アクティブ10』の原点となったのは、『10min.ボックス』で2016~2017年度に制作した新バージョンの『テイクテック』『生活・公共』『地理』における新機軸である。従来の映像にナレーションを加えた簡素な内容だった従来のバージョンに対して、新バージョンでは『生活・公共』のナビゲーターにDAIGOを起用したり、『テイクテック』のナレーションに蛭子能収を起用するなど番組への関心を高めようと試みていた。

こうした新機軸を継承した新番組のシリーズが『アクティブ10』である。その第1弾として、ミュージシャンの岡崎体育を起用した『公民』が2018年9月28日にスタートした。その後、2019年9月27日から『理科』『プロのプロセス』の2番組が新たにスタート、同年12月6日からは『ミライのしごとーく』の放送もスタートした。

2019年度の編成[編集]

放送時間[編集]

2019年度はいずれも後期の放送

  • 木曜日・金曜日 15:30 - 15:40
    • 木曜日は『理科』
    • 金曜日は『プロのプロセス』(10月4日~12月13日)、『ミライのしごとーく』(2020年1月10日~3月13日)
  • 木曜日 25:10 - 25:40
    • 25:10 - 25:20…『理科』
    • 25:20 - 25:30…『プロのプロセス』(9月27日~11月29日)、『ミライのしごとーく』(12月6日~2020年2月29日)
    • 25:30 - 25:40…『公民』

各番組の内容[編集]

公民[編集]

現代社会が抱える問題を深く掘り下げるとともに、生徒が自ら主体的に学習するアクティブ・ラーニングに対応した番組である。

出演者[編集]

  • 岡崎体育
  • ダルさん(声の出演:戸松遥

理科[編集]

単元に即した内容を扱いながら、思考力を育む理科番組。『探究のとびら』『探究のかぎ』『もっと探究』の3つのコーナーで構成されている。

ナレーター[編集]

上記2人のメインナレーターとともに、毎回ゲストナレーターを起用している。ゲストナレーターは、いずれも理系分野のエキスパート又は大学理系学部・高等専門学校の出身者である(第3回の佐々木渉は初音ミクの企画開発プロデューサー)。

プロのプロセス[編集]

社会で活躍するさまざまな仕事のプロが、情報の集め方から分析の仕方、まとめた内容を発表するテクニックまで伝授することで情報活用能力やワークスキルに役立つ内容となっている。

出演者[編集]

ミライのしごとーく[編集]

ある業界で働く3人が今の仕事のことから、これから業界がどう変わっていくのか、そのために求められる人材に至るまでバーチャル学生『KAZU』と語り合う。自分の将来の仕事を考える上でのヒントが満載の番組である。

出演者[編集]

番組タイトルロゴ[編集]

『10min.ボックス』の時にも、新バージョンの『テイクテック』で『10min.ボックス』のロゴ自体を省略したり、『生活・公共』『地理』で色鮮やかなカラーリングを施したりしたことはあったが、基本的な『10min.ボックス』のロゴは一貫して堅持していた。

これに対して、『アクティブ10』では各番組のロゴが全て異なるなど独自性が強い。例えば、『理科』では英文字表記の『ACTIVE10』としたり、『プロのプロセス』では先頭の『プ』の文字を大きく目立たせるなどタイトルロゴのインパクトの強さに大きな特色がある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]