この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

水卜麻美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
みうら あさみ
水卜 麻美
プロフィール
愛称 ミトちゃん、みうらちゃん、師匠
出身地 日本の旗 日本千葉県市川市
生年月日 (1987-04-10) 1987年4月10日(29歳)
血液型 AB型
最終学歴 慶應義塾大学文学部英米文学専攻
勤務局 日本テレビ放送網
部署 編成局アナウンスセンターアナウンス部
活動期間 2010年 -
公式サイト 日テレ・アナウンスルーム
出演番組・活動
現在 ヒルナンデス!
ママモコモてれび
幸せ!ボンビーガール
有吉ゼミ
過去 NFL倶楽部
アナどきっ!
天才!!カンパニー

水卜 麻美(みうら あさみ、1987年4月10日[1] - )は、日本テレビの女性アナウンサー

来歴・人物

エピソード

  • 出生時は低出生体重児で、保育器に入っていたため、母がたくさん食べさせたところ、次の検診で「太り過ぎ」と言われたという。子供の頃の写真は何かを食べているものが多く、今の食欲旺盛でぽっちゃりなキャラの原点は既にこれにあったとも話している[3]
  • 小学校の卒業式では在校生代表でのあいさつ役を務めた。この時から『めざましテレビ』(フジテレビ)で小島奈津子などを見ていて漠然と「アナウンサーになりたい」と思い、卒業アルバムにも、夢はアナウンサーと書いていた[3]。当時、夜はテレビを見せてもらえず、この番組が楽しみだったという[8]
  • 中学生時代は部長や委員長などで司会を務めるなど、前に立つ役が多かったが、高校生になるといじられ役になることが多くなっていたという。高校の卒業アルバムでも「変顔のすごい人」で1位と書かれていた[3]
  • 就職活動では、フジテレビ、テレビ朝日TBSを受験していたが、いずれも最終選考まで行かずに落選[9][10]
  • 同期のアナウンサーがいないため、「ミト会」と称して後輩アナウンサー数名(徳島えりか杉野真実など)と食事をするのが楽しみであるという[9]。本人曰く「ダチョウ倶楽部上島竜兵さんに憧れていて、『竜兵会』みたいなのを私も始めたかった」[9]、「後輩が同期みたいになってる」[11][12]
  • ワークショップクリエイターの「なおやマン」こと島崎直也のファンで、いつか子供ができたらなおやマンのワークショップに行かせたいと思っている[13]

現在の出演番組

代役としての担当番組

過去の出演番組

映画

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 水卜アナ OL役で初ドラマ「緊張感にドキドキ」も存在感発揮”. スポーツニッポン (2014年2月13日). 2015年9月12日閲覧。
  2. ^ 週刊文春 2014年3月27日号 178ページ。
  3. ^ a b c d 日刊スポーツ 2014年1月26日 30面「日曜日のヒロイン887・水卜麻美」より。
  4. ^ 第13回 好きな女性アナウンサーランキング 日テレ・水卜麻美アナが4連覇!中堅・ベテラン勢が躍進”. ORICON STYLE (2016年12月2日). 2016年12月2日閲覧。
  5. ^ 日テレ昼帯新番組、3月28日スタート。メーンMC南原清隆 ズームイン!!SUPER 2011年1月25日閲覧
  6. ^ 東京マラソン2012 ランナーズデータ 東京マラソン2012(web魚拓による保存) 2012年2月26日
  7. ^ 入社5年目での担当は西尾由佳理と並んで日本テレビ女性アナウンサー史上最速タイ。年齢的には日本テレビ女性アナウンサー史上最年少となる。
  8. ^ スポーツ報知 2015年8月22日 26面「我が人生あの人この人こう言う録」より。
  9. ^ a b c EX大衆双葉社)2014年2月号『「好きな女子アナランキング」1位獲得!!水卜麻美大解剖!』(31~34ページ)より。
  10. ^ 水卜麻美アナ 負けじ精神は人一倍「いいとも」に勝ったときは…”. スポーツニッポン (2014年4月15日). 2014年4月16日閲覧。
  11. ^ 人生が変わる1分間の深イイ話』2014年3月3日放送分。
  12. ^ [1],goo
  13. ^ 魅力の源がわかった!水卜麻美アナが食事以外に癒されている瞬間アサ芸プラス 2014年12月10日。

関連項目

外部リンク