この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

水卜麻美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
みうら あさみ
水卜 麻美
プロフィール
愛称 ミトちゃん、みうらちゃん、師匠
出身地 日本の旗 日本千葉県市川市
生年月日 (1987-04-10) 1987年4月10日(30歳)
血液型 AB型
最終学歴 慶應義塾大学文学部英米文学専攻
勤務局 日本テレビ放送網
部署 編成局アナウンスセンターアナウンス部
活動期間 2010年 -
公式サイト 日テレ・アナウンスルーム
担当番組・活動

水卜 麻美(みうら あさみ、1987年4月10日[1] - )は、日本テレビの女性アナウンサー

来歴・人物

エピソード

  • 出生時は低出生体重児で保育器に入っていたため、母がたくさん食べさせたところ、次の検診で「太り過ぎ」と言われたという[6]
  • 小学校の卒業式では在校生代表でのあいさつ役を務めた。この時から『めざましテレビ』(フジテレビ)で小島奈津子などを見ていて漠然と「アナウンサーになりたい」と思い、卒業アルバムにも、夢はアナウンサーと書いていた[6]。当時、夜はテレビを見せてもらえず、この番組が楽しみだったという[7]
  • 中学生時代は部長や委員長などで司会を務めるなど、前に立つ役が多かったが、高校生になるといじられ役になることが多くなっていた。高校の卒業アルバムには「変顔のすごい人」で1位と書かれていた[6]
  • 就職活動では日本テレビの他に、フジテレビ、テレビ朝日TBSを受験していたが、いずれも最終選考まで行かずに落選した[8][9]
  • 同期のアナウンサーがいないため、「ミト会」と称して後輩アナウンサー数名(徳島えりか杉野真実など)と食事をすることが楽しみである[8]。本人曰く「ダチョウ倶楽部上島竜兵さんに憧れていて、『竜兵会』みたいなのを私も始めたかった」[8]、「後輩が同期みたいになってる」[10]
  • 名字の「」の字は占いを意味する漢字であり、カタカナの「」ではない。ニックネームとしては片仮名で「ミトちゃん」と表記される。
  • 三人兄弟の長女。妹と弟が居る[11]
  • 中学校から大学までバレーボールの部活動・サークルに所属。大学時代は講師のアルバイトも4年間していた[6]
  • 信条・モットーは「明日は明日の風が吹く」。

現在の出演番組

代役としての担当番組

過去の出演番組

映画

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 水卜アナ OL役で初ドラマ「緊張感にドキドキ」も存在感発揮”. スポーツニッポン (2014年2月13日). 2015年9月12日閲覧。
  2. ^ 第13回 好きな女性アナウンサーランキング 日テレ・水卜麻美アナが4連覇!中堅・ベテラン勢が躍進”. ORICON STYLE (2016年12月2日). 2016年12月2日閲覧。
  3. ^ 日テレ昼帯新番組、3月28日スタート。メーンMC南原清隆 ズームイン!!SUPER 2011年1月25日閲覧
  4. ^ 東京マラソン2012 ランナーズデータ 東京マラソン2012(web魚拓による保存) 2012年2月26日
  5. ^ 入社5年目での担当は西尾由佳理と並んで日本テレビ女性アナウンサー史上最速タイ。年齢的には日本テレビ女性アナウンサー史上最年少となる。
  6. ^ a b c d 日刊スポーツ 2014年1月26日 30面「日曜日のヒロイン887・水卜麻美」より。
  7. ^ スポーツ報知 2015年8月22日 26面「我が人生あの人この人こう言う録」より。
  8. ^ a b c EX大衆双葉社)2014年2月号『「好きな女子アナランキング」1位獲得!!水卜麻美大解剖!』(31~34ページ)より。
  9. ^ 水卜麻美アナ 負けじ精神は人一倍「いいとも」に勝ったときは…”. スポーツニッポン (2014年4月15日). 2014年4月16日閲覧。
  10. ^ 人生が変わる1分間の深イイ話』2014年3月3日放送分。
  11. ^ 週刊文春 2014年3月27日号 178ページ。
  12. ^ 同じ日テレの先輩・井田由美、後輩・尾崎里紗と出演。

関連項目

外部リンク