ジョブチューン アノ職業のヒミツぶっちゃけます!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジョブチューン
アノ職業のヒミツぶっちゃけます!
ジャンル バラエティ番組
演出 原田薫(総合演出)
出演者 ネプチューン
名倉潤原田泰造堀内健
バナナマン
設楽統日村勇紀
土田晃之
杉山真也TBSアナウンサー
ナレーター 服部潤
製作
プロデューサー 時松隆吉、大塚麻衣
森嶋正也、神田祐子、橋本美和
小林弘典(CP)
正木敦(制作P)
制作 協力
TBSスパークル
ダイジョブス
ワタナベエンターテインメント
製作 TBSテレビ
放送
映像形式文字多重放送
音声形式ステレオ放送
放送国・地域日本の旗 日本
公式サイト
レギュラー版(2013年2月から2017年9月まで)
放送期間2013年2月2日 - 2017年9月30日
放送時間土曜日 19:56 - 20:54
放送分58分
レギュラー版(2017年10月から2019年3月まで)
放送期間2017年10月14日 - 2019年3月23日
放送時間土曜日 20:00 - 20:54
放送分54分
レギュラー版(2019年4月から)
放送期間2019年4月20日 -
放送時間土曜日 20:00 - 21:00
放送分60分
単発特番第1弾
放送期間2011年7月2日(1日深夜)
放送時間土曜日 0:20 - 1:20(金曜深夜)
放送分60分
回数1
単発特番第2弾
放送期間2011年12月8日
放送時間木曜日 19:00 - 20:54
放送枠スパモク!!
放送分114分
回数1
単発特番第3弾
放送期間2012年4月26日
放送時間木曜日 19:00 - 20:54
放送枠スパモク!!
放送分114分
回数1
単発特番第4弾
放送期間2012年9月27日
放送時間木曜日 19:00 - 20:54
放送枠スパモク!!
放送分114分
回数1

特記事項:
初回は19:00 - 20:54に2時間スペシャルとして放送。
テンプレートを表示

ジョブチューン アノ職業のヒミツぶっちゃけます!』(ジョブチューン アノしょくぎょうのヒミツぶっちゃけます!)は、TBSテレビ系列で2013年2月2日から毎週土曜日JST)に放送されている職業型バラエティ番組で、ネプチューン名倉潤原田泰造堀内健)の冠番組でもある[1]。通称『ジョブチューン』。

開始当初は19:56 - 20:54に放送していたが、2017年10月からは、TBSテレビの火・金曜日21時台番組以外のゴールデンタイム・プライムタイムのレギュラー番組の正時スタート化に伴って4分短縮し、20:00 - 20:54の放送となった[2]。その後2019年4月20日の2時間スペシャルからは正式に通常編成時の放送時間を20:00 - 21:00にする(同年3月まで放送の「JNNフラッシュニュース土曜版」は廃枠)。レギュラー化の前に、2011年から4回にわたり、単発番組として放送されている。

本項では、TBSラジオで放送されていた関連番組『ジョブチューンR』についても記述する。

概要[編集]

表に現れない職業の秘密を、「プロフェッショナル」の口から紹介する。番組名の由来は、職業を表す「ジョブ」と「ネプチューン」を組み合わせた造語。一時期を境に通常1時間での放送はほぼなくなり、本来は19時台の1時間番組である『炎の体育会TV』と隔週交代での2時間スペシャルが大半となっている。2015年8月8日放送分は、2014年2月22日放送分以来の通常放送となった[注釈 1]。その後、同年9月5日 - 19日には3週連続で通常放送、3週連続での通常枠での放送は、放送開始以来初である。その後2015年10月17日・11月14日・11月21日・12月5日と2016年1月30日・2月6日・2月20日・2月27日・4月23日・4月30日も通常放送された。この後2016年5月7日には19:56 - 21:48での2時間SPを放送し(『体育会TV』は通常放送)、5月14日・6月4日も通常放送、9月10日・9月17日には3ヶ月振り(2週連続では5ヶ月振り)の通常放送。11月5日には2ヶ月弱振りの通常放送、11月19日・12月3日も通常放送。

2017年以降は、通常編成で放送された実績は1度もなく、全ての放送回において2時間以上のSPとして放送されている[注釈 2]

単発特番第4弾では、効果音が一部リニューアルされた。

2013年11月2日は2時間スペシャルを放送の予定だったが、『プロ野球日本シリーズ・第6戦 東北楽天×巨人』に差し替えられ、翌週の9日に放送された。

2017年10月から、『炎の体育会TV』の枠が拡大され、本番組を4分縮小となった。『8時です!みんなのモンダイ』以来12年ぶりに20時スタートとなる。なお、この期間中には一度も通常枠での放送は無かった。

2019年4月から、『JNNフラッシュニュース』土曜版が廃止され、本番組を6分拡大した。この期間中にも一度も通常枠での放送は無かった。

2019年5月18日以降は、コンビニやスーパーの商品、飲食店のメニューをジャッジする「VS超一流料理人」や市販の調味料等をどこまで美味しく出来るかを競う「超一流料理人アレンジバトル」がメインとなった。

2021年元日に3時間スペシャルとして、初めて金曜日の18:00 - 21:00に放送された。

2021年3月、パイロット版からMCを務めてきた田中みな実がMCを卒業。後任はTBSアナウンサーの山本里菜が務める[3]

2022年元日は土曜日に当たったため、2年連続で元日スペシャル、加えて17:00 - 21:00と初の4時間スペシャルとなった。

2023年元日は日曜日に放送、2年連続で17:00 - 21:00の4時間スペシャルとなった。

2023年2月4日放送分で、放送開始10周年を迎えた。

2023年9月16日、山本里菜がTBSテレビを10月末に退社しフリー転向のため、MCを退任した。これ以降、スタジオ進行は現職のTBSテレビの女性アナウンサーが交替制で担当している。

出演者[編集]

☆は前番組の『ネプの超法則!!』より続投、★は前々番組の『サタネプ☆ベストテン』以来の出演。

レギュラー版[編集]

MC[編集]

レギュラーパネラー[編集]

進行[編集]

  • 杉山真也TBSアナウンサー)- 超一流料理人によるジャッジコーナー
  • 若林有子(TBSアナウンサー、2023年10月28日)- スタジオ進行
  • 近藤夏子(TBSアナウンサー、2023年11月18日)- スタジオ進行
  • 宇内梨沙(TBSアナウンサー、2023年12月2日)- スタジオ進行
  • 佐々木舞音(TBSアナウンサー、2024年1月6日)- スタジオ進行
  • 田村真子(TBSアナウンサー、2024年1月20日)- スタジオ進行

過去の出演者[編集]

  • 田中みな実★(元TBSアナウンサー、2013年2月2日 - 2021年3月13日[4])- スタジオ進行
  • 山本里菜(当時TBSアナウンサー、2021年4月3日 - 2023年9月16日)- スタジオ進行

パイロット版[編集]

MC[編集]

  • 名倉潤・原田泰造☆(ネプチューン)
  • 田中みな実★(当時TBSアナウンサー)

パネラー[編集]

プロフェッショナル[編集]

単発特番第1弾
単発特番第2弾
単発特番第3弾
単発特番第4弾

ネット局[編集]

単発特番第1弾[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 遅れ日数
関東広域圏 TBSテレビ(TBS) TBS系列 2011年7月2日 0:20 - 1:20(1日深夜) 制作局[注釈 3]
長野県 信越放送(SBC) 同時ネット
静岡県 静岡放送(SBS)
石川県 北陸放送(MRO)
山形県 テレビユー山形(TUY) 2011年7月6日 23:50 - 翌0:50 5日遅れ
中京広域圏 中部日本放送(CBC) 2011年7月17日 0:34 - 1:34(16日深夜) 15日遅れ
北海道 北海道放送(HBC) 2011年7月27日 23:50 - 翌0:50 26日遅れ
福岡県 RKB毎日放送(rkb)
鹿児島県 南日本放送(MBC) 2011年8月13日 15:54 - 16:54 43日遅れ
近畿広域圏 毎日放送(MBS) 2011年9月3日 15:30 - 16:30 64日遅れ
大分県 大分放送(OBS) 2011年9月4日 15:00 - 16:00 65日遅れ
宮城県 東北放送(TBC) 2011年9月6日 0:40 - 1:40(5日深夜) 66日遅れ
新潟県 新潟放送(BSN) 2011年10月13日 0:45 - 1:45(12日深夜) 103日遅れ
広島県 中国放送(RCC) 2012年1月9日 23:50 - 翌0:50 192日遅れ
愛媛県 あいテレビ(itv) 2012年5月6日 14:00 - 15:00 310日遅れ
福島県 テレビユー福島(TUF) 2012年8月6日 23:50 - 翌0:50 402日遅れ

単発特番第2弾[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 遅れ日数
関東広域圏 TBSテレビ(TBS) TBS系列 2011年12月8日 19:00 - 20:54 制作局
北海道 北海道放送(HBC) 同時ネット
青森県 青森テレビ(ATV)
宮城県 東北放送(TBC)
山形県 テレビユー山形(TUY)
福島県 テレビユー福島(TUF)
山梨県 テレビ山梨(UTY)
新潟県 新潟放送(BSN)
静岡県 静岡放送(SBS)
富山県 チューリップテレビ(TUT)
石川県 北陸放送(MRO)
岡山県・香川県 山陽放送(RSK)
愛媛県 あいテレビ(itv)
長崎県 長崎放送(NBC)
熊本県 熊本放送(RKK)
鹿児島県 南日本放送(MBC)
福岡県 RKB毎日放送(rkb) 2012年1月3日 12:00 - 14:00 26日遅れ
広島県 中国放送(RCC) 2012年1月14日 14:00 - 15:54 37日遅れ
鳥取県島根県 山陰放送(BSS) 2012年1月15日 14:00 - 15:54 38日遅れ
大分県 大分放送(OBS) 2012年1月15日 15:00 - 16:54
岩手県 IBC岩手放送(IBC) 2012年2月9日 13:55 - 15:50 63日遅れ
山口県 テレビ山口(tys) 2012年4月5日 19:00 - 20:54 119日遅れ
中京広域圏 中部日本放送(CBC) 2012年5月3日 14:59 - 16:50 147日遅れ

単発特番第3弾[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 遅れ日数
関東広域圏 TBSテレビ(TBS) TBS系列 2012年4月26日 19:00 - 20:54 制作局
青森県 青森テレビ(ATV) 同時ネット
岩手県 IBC岩手放送(IBC)
山形県 テレビユー山形(TUY)
福島県 テレビユー福島(TUF)
山梨県 テレビ山梨(UTY)
長野県 信越放送(SBC)
新潟県 新潟放送(BSN)
静岡県 静岡放送(SBS)
富山県 チューリップテレビ(TUT)
石川県 北陸放送(MRO)
鳥取県・島根県 山陰放送(BSS)
岡山県・香川県 山陽放送(RSK)
愛媛県 あいテレビ(itv)
長崎県 長崎放送(NBC)
熊本県 熊本放送(RKK)
北海道 北海道放送(HBC) 2012年5月5日 13:00 - 15:00 9日遅れ
宮崎県 宮崎放送(MRT) 2012年5月26日 14:00 - 15:54 30日遅れ
近畿広域圏 毎日放送(MBS) 2012年5月27日 12:59 - 14:58 31日遅れ
鹿児島県 南日本放送(MBC) 2012年5月27日 14:00 - 15:54
福岡県 RKB毎日放送(rkb) 2012年6月3日 15:00 - 17:00 38日遅れ
宮城県 東北放送(TBC) 2012年6月17日 14:00 - 16:00 52日遅れ
広島県 中国放送(RCC) 2012年6月21日 19:00 - 20:54 56日遅れ
大分県 大分放送(OBS) 2012年7月15日 15:00 - 16:54 80日遅れ
山口県 テレビ山口(tys) 2012年8月25日 12:55 - 14:50 121日遅れ

単発特番第4弾[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 遅れ日数
関東広域圏 TBSテレビ(TBS) TBS系列 2012年9月27日 19:00 - 20:54 制作局
青森県 青森テレビ(ATV) 同時ネット
岩手県 IBC岩手放送(IBC)
宮城県 東北放送(TBC)
山形県 テレビユー山形(TUY)
福島県 テレビユー福島(TUF)
山梨県 テレビ山梨(UTY)
新潟県 新潟放送(BSN)
静岡県 静岡放送(SBS)
富山県 チューリップテレビ(TUT)
石川県 北陸放送(MRO)
近畿広域圏 毎日放送(MBS)
鳥取県・島根県 山陰放送(BSS)
岡山県・香川県 山陽放送(RSK)
山口県 テレビ山口(tys)
愛媛県 あいテレビ(itv)
福岡県 RKB毎日放送(rkb)
長崎県 長崎放送(NBC)
熊本県 熊本放送(RKK)
大分県 大分放送(OBS) 2012年10月14日 13:00 - 14:54 17日遅れ
鹿児島県 南日本放送(MBC) 2012年10月21日 15:00 - 16:54 24日遅れ
中京広域圏 中部日本放送(CBC) 2012年12月26日 13:55 - 15:51 90日遅れ
北海道 北海道放送(HBC) 2013年1月12日 15:00 - 17:00 107日遅れ
秋田県 秋田放送(ABS) 日本テレビ系列 2013年2月9日 14:00 - 15:55 135日遅れ
広島県 中国放送(RCC) TBS系列 2013年2月10日 15:00 - 17:00 136日遅れ

レギュラー版[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送期間 放送日時 ネット状況
関東広域圏 TBSテレビ(TBS) TBS系列 2013年2月2日 - 土曜 20:00 - 21:00[注釈 4] 制作局
北海道 北海道放送(HBC) 同時ネット
青森県 青森テレビ(ATV)
岩手県 IBC岩手放送(IBC)
宮城県 東北放送(tbc)
山形県 テレビユー山形(TUY)
福島県 テレビユー福島(TUF)
山梨県 テレビ山梨(UTY)
長野県 信越放送(SBC)
新潟県 新潟放送(BSN)
静岡県 静岡放送(SBS)
富山県 チューリップテレビ(TUT)
石川県 北陸放送(MRO)
中京広域圏 CBCテレビ(CBC)[注釈 5]
近畿広域圏 毎日放送(MBS)
鳥取県・島根県 山陰放送(BSS)
岡山県・香川県 RSK山陽放送(RSK)[注釈 6]
広島県 中国放送(RCC)[注釈 7]
山口県 テレビ山口(tys)
愛媛県 あいテレビ(itv)
高知県 テレビ高知(KUTV)
福岡県 RKB毎日放送(rkb)
長崎県 長崎放送(NBC)
熊本県 熊本放送(RKK)
大分県 大分放送(OBS)
宮崎県 宮崎放送(mrt)
鹿児島県 南日本放送(MBC)
沖縄県 琉球放送(RBC)

スタッフ[編集]

レギュラー版(2023年7月以降)[編集]

  • ナレーター:服部潤(前々番組の『サタネプ☆ベストテン』も担当)【毎週】、佐藤朱【週替り】
  • 構成:中野俊成、寺田智和、相澤昇、岩本哲也、安部裕之、坂井龍太、山﨑大悟
  • TM:重地渉
  • TD:村井陽亮
  • VE:對間敏文、田中香鈴、平子勝隆、下斗米孝仁【週替り】
  • 撮影:鈴木菜奈、渡邊絋也【週替り】
  • 音声:藤井忍、深田瑠美子【週替り】
  • 照明:鹿島雄司、加藤美和子【週替り】
  • 編集:吉田俊夫、磯田真、河野翔太【週替り】
  • MA:和田真由美
  • 音効:竹田周二、石川眞士
  • 美術プロデューサー:海上泰隆(以前は美術制作→美術デザイナー)
  • 美術デザイナー:松永陽登(2023年2月-)
  • 美術制作︰磯山直美(2023年11月-)、矢納釆佳(矢納→2023年2月4日-、以前は美術ディレクター)
  • 大道具:相良比佐夫
  • 操作:岡田健助
  • 電飾:阿部達矢
  • アクリル:原弥生子
  • 小道具:東山浩美
  • 生花:東田佳世
  • 衣装:岡崎貴子
  • 持道具:岩本美徳
  • メイク:アートメイクトキ
  • タイトル:山元隼一Digicon6
  • イラスト:雑賀建郎、グレートインターナショナル
  • CG:The king maker
  • 公開放送:廣中信行、松元裕二
  • WEB:花田貴昭
  • データ放送:渡辺潤
  • リサーチ:伊藤匡、梶塚兼利
  • フードコーディネーター:伊藤佳明
  • 協力:東京オフラインセンター
  • 制作協力:TBS SPARKLE(旧:TBSVISIONドリマックス、2019年1月12日 - )、ダイジョブス/ワタナベエンターテインメント
  • 編成:松本佳奈子(2023年10月28日-)
  • 宣伝:安倍由美(一時離脱→復帰)
  • デスク:鈴木里奈
  • TK:飯塚愛美
  • AD:増田涼、武富裕哉、山岡訓子、伊藤舞花、湯本明日香/星野開斗、高橋奈央子、髙橋健太、佐原裕介、矢野敦士、大塚亮輔、本池美凪、上田彩加、佐藤大地、李英哲、藤井悠馬、荒井玲奈、西薗楓、内海嘉織、佐藤旭、沼田高虎、野中元太、山川大輔【週替り】
  • AP:岩崎ゆかり(オフィス神天)、深澤めぐみ、熊谷侑菜【毎週】、諏訪拓朗、久川奈緒子(久川→以前は毎週AD)【週替り】
  • 制作進行:下原亜紀子
  • ディレクター:宮田智久(typhoon film、以前は演出兼務)、高市輝久(TBS SPARKLE)、鷹中亮介、境太資、徳田季里、有田直美・丸谷水希・林広太郎・猪狩智子・遠藤徹(ダイジョブス)、勝田拓也、藤原将人、守屋茂員、吉田直也、坂口英雄、永留佑城(BMC)、新井大聖、新垣夏貴、金光泰一、着本大貴(猪狩・永留・新井・金光・着本→以前はAD)
  • 演出:前島隆昭(ダイジョブス)、森本充、流郷敏隆、水口健司(シオプロ)(森本・流郷・水口→以前はディレクター)
  • プロデューサー:時松隆吉、大塚麻衣、森嶋正也(TBS SPARKLE)、神田祐子(オフィス神天、以前はプロデューサー→一時離脱→復帰)、橋本美和(以前はAP、時松・大塚→2023年7月22日-、時松→一時離脱→復帰、森嶋以降→以前は担当プロデューサー)
  • 総合演出:原田薫(2020年10月10日-、以前は演出→チーフディレクター)
  • チーフプロデューサー:小林弘典(2023年4月1日-、以前はプロデューサー→2020年10月10日-2021年9月はチーフプロデューサー、2021年10月23日-2023年3月11日までエグゼクティブプロデューサー)
  • 制作プロデューサー:正木敦(以前はエグゼクティブプロデューサー→監修→エグゼクティブプロデューサー)
  • 制作:TBSテレビコンテンツ制作局制作1部
  • 製作著作:TBS
過去のスタッフ
  • ナレーター:浅野真澄(2013年4月13日のみ)、平尾明香水田わさび
  • 構成:興津豪乃デーブ八坂、林田晋一、田中到、なかじまはじめ
  • TM:近藤明人、森和哉
  • TD:山田賢司、早川征典、宮下政人(以前は撮影)
  • VE:藤本剛、青木智奈未
  • 撮影:宮崎慶太、北林良一、荒井隆之
  • ロケ技術:イメージランド、だだだ、EATジェイクルー、権四郎、テラリンク(全社→2020年2月1日のみ)
  • オフライン:田中政行(2020年2月1日のみ)
  • ドローン撮影:レイブプロジェクト(2020年2月1日のみ)
  • 編集:磯辺宏章、笠原善之、薮中利樹
  • MA:細川尚史(細川→一時離脱→復帰)
  • 音効:本間孝男、穂積尚子
  • 美術プロデューサー:中原茂樹、太田卓志、岡嶋正浩(岡嶋→以前は美術デザイナー→一時離脱)
  • 美術デザイナー:坂根洋子、金子靖明
  • 美術制作:町山充洋、興(与)田滋、宇賀田暁彦、浅野美幸(浅野→2023年2月4日-、以前は美術ディレクター)
  • 美術ディレクター:鈴木直美(2022年4月23日-、以前は美術制作)
  • 大道具:柏幸希
  • 小道具:小野保菜美
  • アクリル:相澤香織、佐川由美子
  • 持道具:京阪商会
  • 生花:柳美帆、村佳子
  • リサーチ:飯島克矩、星野茉莉奈、関口未来子、高橋勝喜、高橋直子、喜多あおい、亀ヶ谷美名、松嶋瑞妃、荒井元気、山元春奈、川山佳大、伊藤柊世
  • データ放送:黒須威之、香川浩助
  • 制作協力:ジッピー(2020年2月1日のみ)
  • 編成:渡辺信也、辻有一、石橋孝之、高橋智大(以前は演出)、中井芳彦、上田淳也、高橋正尚、青木伸介、川島優子、三浦萌、中西真央(中西→2022年1月22日-2023年6月)、小島健之(小島→2022年10月15日-)、東仲恵吾(東仲→2023年7月22日-)
  • 宣伝:香坂佳奈
  • AD:佐々木美穂、松崎亮介、宮崎萌加、馬場健太郎、坂本春奈、神谷浩太郎、吉海亜莉沙、村田京介、伊東恵司、飛田一充、池野奈緒美、中元啓太、須藤駿、佐藤元、神谷浩太郎、後藤愛、宮本知佳、崔栄淳、野口佳穂、太田千瑛、若月翔平、早坂健太郎、大伴明生、松本大樹、川口結、鎌田秀嗣、和田ちさよ、佐藤慎太郎、鈴木凌裕、増井陽美、井上綾香、目代将人、阪本晃乃、萓野愛花、松浦直人、小形航平、酒井康佑、畑菜津美、上田可菜、米村公佑、柴崎祐輔、中田悠貴、佐藤陽、伊藤萌伽、太田昌太郎、柿木哲哉、織田哲生、中田悠貴、成田明莉、大野栞(佐藤~織田→2020年2月1日のみ)、田中丈一、北村遥子、牛田創大、親川奈々実、浅野純也、梅田梨鼓、泉谷駿、青木芳樹、藤井里緒奈、水田彩未、饗庭渉、尾形翔吏、小林てれさ
  • AP:石川涼子、大曲夏奈子、水上智栄子、寺元由嘉(寺元→2020年2月1日のみ)、長谷部瞭
  • 協力P:平田さおり(以前は担当P)
  • 制作P:江藤俊久
  • 担当P:山口伸一郎(以前は総合演出[5])、樋江井彰敏(以前はマネージメントP、樋江井→2020年10月10日-)
  • マネージメントP:西川永哲、稲見亜矢、豊田壮一、渡辺英樹
  • ディレクター:川崎敬、北川剛大、藁科誠、武田守弘、町田有史、守屋愛子、渡部織映、大丸剛司、永井洋之、地濃愛、篠原輝成、佐久間隆太、持山勇太、小倉伸一、西村勇哉、千葉龍、南村洋志、西野昇三、岡本勝司、中野伸郎、清沢大地、須藤拓也、水賀美佑太、越當陽子、平野晃司、大井田遼太、唐澤景一、杉田愛美、木島雄大、松村淳(クリエイターズボックス)、細谷知世(唐澤・杉田→以前はAD、千葉~水賀美→2020年2月1日のみ、細谷→以前は演出兼務)南ひいろ(ダイジョブス)、長井貴仁・小西憲太郎・伏貫健介・岩木伸次(TBS SPARKLE)安藤愛、唐澤弦志、西野哲生
  • 演出:東野智久、岩本啓助、井手比佐士、床波芳孝、成田雅仁
  • プロデューサー:浅野容子、北條とも子、森美恵子(北條・森→2020年2月1日のみ)、朝倉靖晶

スペシャル版(単発特番第4弾)[編集]

  • 企画構成:田中到
  • 構成:寺田智和、安部裕之、大西右人、佐藤俊明
  • ナレーター:服部潤
  • TM:長谷川晃司
  • TD:山田賢司
  • 撮影:中村年正
  • VE:藤本剛
  • 音声:渡邉学
  • 照明:中川剛
  • 編集:笠原善之
  • MA:細川尚史
  • 音効:本間孝男
  • TK:野村佳乃子
  • 美術プロデューサー:中原茂樹
  • 美術デザイナー:坂根洋子、東愛里子
  • 美術制作:町山充洋
  • 大道具:相良比佐夫
  • 電飾:西田和正
  • 衣装:岡崎貴子
  • メイク:アートメイクトキ
  • リサーチ:フォーミュレーション
  • 編成:渡辺信也
  • 宣伝:奥住達也
  • AD:齋藤舞、三宅麻希、猪俣豊、大坪香織、石原弘章
  • AP:橋本美和、水上智栄子
  • 制作進行:下原亜紀子
  • デスク:石川素子
  • ディレクター:長井貴仁、前島隆昭、渡部織映、古田隆文、宮田智久、伏貫健介
  • 演出:山口伸一郎
  • キャスティングプロデューサー:片山譲治、村口太郎、辻有一、瀧澤幸恵
  • エグゼクティブプロデューサー:近藤誠(以前はチーフプロデューサー)
  • マネージメントプロデューサー:西川永哲
  • プロデューサー:小林弘典(以前は制作プロデューサー)、浅野容子、谷知明
  • 総合演出:正木敦
  • 制作協力:TBSビジョン

ジョブチューンR[編集]

ジョブチューンR
ジャンル トーク
放送方式 録音
放送期間 2013年4月6日 - 2016年12月31日
放送時間 土曜 16:50 - 17:00
放送局 TBSラジオ
パーソナリティ 田中みな実
テンプレートを表示

ジョブチューンR』(ジョブチューンアール)は、TBSラジオで2013年4月6日から毎週土曜日の16:50 - 17:00に放送されていたミニ番組。 『ジョブチューン』の収録終了後に、田中みな実が「プロフェッショナル」のゲスト1組にインタビューをしていた。また、エンディングでは、『ジョブチューン』の次回予告を行っていた。

TBS RADIO podcasting954で配信されていた。

放送対象地域 放送局 系列 放送期間 放送日時 ネット状況
関東広域圏 TBSラジオ(TBS) JRN系列 2013年4月6日 - 2016年12月31日 土曜 16:50 - 17:00 制作局
岡山県 山陽放送(RSK)[注釈 8] 2013年6月1日 - 2014年3月29日 土曜 17:00 - 17:10 遅れネット

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 但し、この日はソチオリンピック中継のため、44分繰り下げとなっている。通常枠での通常放送となれば、2013年10月26日放送分以来。
  2. ^ 通常編成は、上記の通り2016年12月3日を最後に行われていない。
  3. ^ TBSテレビに限り、0:15 - 0:20に『まもなくジョブチューン アノ職業のヒミツぶっちゃけます!』を別途放送。
  4. ^ 開始から2017年9月30日までは土曜 19:56 - 20:54に、同年10月から2019年3月までは土曜 20:00 - 20:54に放送されていた。
  5. ^ 2014年3月までは認定放送持株会社移行並び分社化前のため、中部日本放送。
  6. ^ 2019年3月までは認定放送持株会社移行並び分社化前のため、山陽放送。
  7. ^ 不定期でプロ野球広島東洋カープ戦中継『Veryカープ! RCCカープナイター』に差し替えて後日の遅れネットとすることがあるが、対読売ジャイアンツ戦(TBSテレビ系列の衛星波〈BS-TBSTBSチャンネル〉向けと共同で権利を獲得し、実況を中国放送とTBSテレビがそれぞれ別制作)と、8月6日前後(2021年は東京オリンピックのため8月21日)に開催の『ピースナイター』に限定している。
  8. ^ 現:RSK山陽放送

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

TBSテレビ系列 土曜 19:56 - 20:00
前番組 番組名 次番組
ネプの超法則!!
※19:56 - 20:54
(2012年10月 - 2013年1月)
ジョブチューン
アノ職業のヒミツぶっちゃけます!
(2013年2月 - 2017年9月)
炎の体育会TV
※19:00 - 20:00
(2017年10月 - )
【4分拡大】
TBSテレビ系列 土曜 20:00 - 20:54
ネプの超法則!!
※19:56 - 20:54
(2012年10月 - 2013年1月)
ジョブチューン
アノ職業のヒミツぶっちゃけます!
(2013年2月 - )
-
TBSテレビ系列 土曜 20:54 - 21:00
JNNフラッシュニュース
【土曜版のみ廃止して継続】
ジョブチューン
アノ職業のヒミツぶっちゃけます!
(2019年4月 - )
-
TBSラジオ 土曜 16:50 - 17:00
ジョブチューンR
(2013年4月6日 - 2016年12月31日)
JA中野市プレゼンツ
はじめよう!きのこ習慣!