ドクトルG

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ドクトルG(ドクトルゲー)は、特撮テレビドラマ『仮面ライダーV3』に登場するキャラクター。敵組織デストロンの大幹部であり、それ以降の仮面ライダーシリーズの作品にも登場している。ここでは、怪人態であるカニレーザーについても記述する。

テレビシリーズ[編集]

  • 身長:185cm
  • 体重:65kg

仮面ライダーV3』第13話から第30話登場。

「G作戦」によって秘密裏に来日したドイツ支部から日本支部に招聘された初代日本支部長で、本編に登場した唯一のデストロン生え抜きの大幹部。悪魔の頭脳を持つ男と呼ばれる。元ナチスの軍人。

その性格は一見冷酷かつ尊大だが、独自の騎士道精神と哲学を持っていて、戦いと破壊することが進歩を生むという倫理観が彼の行動原理となっている[1]。戦闘能力が高く、通常怪人の3倍の力を持つため[2]、怪人に変身しなくてもV3と互角以上に渡り合う。使用する武具には、デストロンのシンボルであるサソリの紋様が刻まれている。作戦にはGマークを壁に刻んだりして用いる。また、人喰いカニを操ることもできる。

V3を「仮面ラァーイダV3」と呼ぶ[1][3]。これは役に個性を持たせようとした演者・千波丈太郎が歌舞伎の見得を元に考案した演出である[4][5]。当時の児童誌では、「日本に来たばかりであるため、日本語が上手に話せない」という設定であった[6]

復活したショッカー・ゲルショッカーの大幹部4人と共に「ギラードガンマー」を用いた日本全滅作戦を行う際は東京を担当。だが、個々のプライドの高さから協調性は低く、作戦には失敗し、自分以外の4幹部も戦死してしまう。

デストロンハンターによって改造人間製造工場を破壊されたことで、首領の信頼を失ってしまい、名誉挽回を賭けてカニレーザーとなり、V3に最後の戦いを挑んだ。

武具
刃にサソリ毒が塗られており、触れただけで敵を倒せる。柄には電磁誘導装置が組み込まれており、投げれば200メートル先の標的にも命中する[7]
仮面ライダーV3のキックもはじく。表面のサソリ紋様からは猛毒「ルガー」を噴射する[7]
一族に伝わる家宝のひとつ。竜の血で鍛えたといわれ、50万ボルトの電流を放つ[7]
短剣
一族に伝わる家宝のひとつ。投擲武器として用いる[7]
表面に電流を帯びており、触れた者は感電する。呪文を唱えることで丈夫な体となる[2]。赤い部分は人間の血で染め上げられている[7]
兜にはサソリが造形されているが、単なる飾りではなく、命令することで敵を襲わせることができる[7]
ブーツには拍車が仕込まれており、2回かかとを踏むことで飛び出す[7]
下に着ている布は、特殊なもので耐熱・耐寒機能を備えている[6]
劇中未公表の設定
4世紀から続くドイツ名門貴族の生まれ。54歳[6]。一族は優秀な人物を多く輩出してきたが、ときどきマッドサイエンティストが生まれたこともあったという[7]
若いころはライン河沿いの「サソリ屋敷」と呼ばれる古城に住み、サソリとともに暮らしながら毒の研究をしていた。かつては妻がいたが、サソリの研究のため殺害した[6]。城の周りにはドクトルGがサソリ毒で命を奪った人々の骨が散乱していた[7]
第2次大戦中はナチスに所属し、エルヴィン・ロンメル将軍の下で活躍して、残虐さで勇名を轟かせたという[7]
ナチス崩壊後にデストロンの一員となり、チベットの幹部養成所で訓練を受けていた[7]。そして、チベット産の猛毒「ルガー」を生み出した[6]。顔以外を改造している[6]
制作関連
デザイン画では、学者という設定から縁なしの眼鏡をかけ、口ひげを生やした姿であったが[8]、千波は自身の顔がわからなくなることからこれらに反対し、千波の意向で眼の周りを黒く塗るメイクでの表現とした[5][9]
千波は、ドクトルGの撮影で最も覚えていることとして、初登場シーンで棺桶から立ち上がるのに苦労したことを挙げている[5]。ラメで作られた鎧であるため、千波は鎌倉ロケの際での暑さなどの苦労を語っている[10]

テレビシリーズを元にした作品[編集]

『仮面ライダーSD』
八鬼衆の1人として登場。蠍を模した戦車スコーピオンGTに搭乗する。
『仮面ライダーSD マイティライダーズ』
グランショッカー一の科学者と言われる一方、珍発明も見せる。
仮面ライダーSD 疾風伝説
最終決戦に登場。ボウガン部隊の指揮も執る。
仮面ライダーSD グランショッカーの野望
九州の侵攻を担当。津波を起こす装置を作った桜島博士を捕える。
漫画『仮面ライダー11戦記』
ガイストの主幹の1人として再生される。敗れた怪人を始末するなど、非情さは健在。しかし、独断専行でネオキングダークを動かして計画を潰えさせ、自身が大首領に死をもって償わされる。
漫画『仮面ライダーSPIRITS
BADANが復活させた魂(生前の記憶)を持たない再生怪人として登場。再生された機械合成怪人軍団を率いている。高知県において、捕らえた人々にサタンニウムを採掘させていた。
カニレーザーに変身してV3と戦うが、26の秘密「レッドボーンリング」によって倒される。
舞台『戦闘員日記』
戦闘員を育成するショッカーの幹部として登場。仮面ライダー2号との戦闘を繰り広げる。演じたのは本作品と同じく千波丈太郎。

平成仮面ライダーシリーズ[編集]

仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦
門矢士 / 仮面ライダーディケイドを敵視する謎の男性・鳴滝が変身した大ショッカーの副首領[11]。原典と同様、仮面ライダーのことを「仮面ラーイダ」と独特のイントネーションで呼び表す。一方、鎧のデザインはサソリの意匠を取り入れて黒く立体的にリメイクされており、武器だった斧と盾の形状も変化している。
鳴滝は以前、『仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010』の『仮面ライダーディケイド 完結編』でショッカー幹部のゾル大佐にも変身していたが、何故彼が昭和仮面ライダーシリーズの悪の幹部やその怪人態に変身できる理由について説明はない。一説では、ガイアメモリライダーカードに類する、特定の対象への変身を可能とするアイテムを使用したのではないかと推測されている[12]

カニレーザー[編集]

『仮面ライダーV3』第30話に登場。

  • 身長:176cm[13]
  • 体重:51kg[13]
  • 出身地:ドイツ[13]

ドクトルGが「悪魔の戦士の精霊の儀式」を経て変身した、カニとレーザー光線銃の機械合成怪人。頭部や左肩の爪、頭頂の鋏、左腕の大型の鋏や変身前から続いて戦斧や剣を用いる右腕も含めたそれらの表面を覆う棘の形状からも、ドクトルGがモチーフとしていたサソリより、カニに近い容姿となっている。

変身前から続いて用いる戦斧・剣・盾のほか、新たな武器としてメガホン状の額から放つレーザー光線と口から吐く溶解泡でV3を苦しめるが、V3きりもみ反転キックを受けて敗北する。最後はドクトルGの姿に戻り、いさぎよく敗北を認めてデストロンの不滅とV3への別れの言葉を告げ、爆死した。

サソリがモチーフのドクトルGがカニの怪人となるという不可解さについては、制作側に多くのクレームが寄せられたほか、演者の千波も疑問に思っていた[10]。根本的な経緯は判然としないが、シナリオライターが考えてきた案をそのまま使用したらカニになっていたそうである[14]

放送前にはカニレーザーの紹介をメインとした雑誌掲載用のミニ撮影会が催され、以後放送途中での新怪人撮影会が恒例となった[15]。撮影会では、本編では使用していないドクトルGの短剣を構えるカットも存在した[15]

カニレーザーとしてのみ登場した作品
『宇宙の11 仮面ライダー銀河大戦』
マーダー帝国に再生され、最初からカニレーザーの姿で登場。ゼロ大帝悪魔元帥と共にマーダーマシン01に搭乗する。

平成仮面ライダーシリーズでのカニレーザー[編集]

『スーパーヒーロー大戦』にてデザインがリメイクされており、名前の通りカニを全面的に意識した姿となっている。

仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦
大ショッカーの幹部として登場したドクトルGの怪人態。変身前から用いる戦斧のほか、盾を所持していた左腕が変化した鋏と頭部から放つレーザー光線が武器。特にレーザー光線は最大の武器であり、その威力は仮面ライダーたちを圧倒するほどである。最終決戦では、ディケイド龍騎ブレイドが使用した天装戦隊ゴセイジャーゴセイカードの力でレーザー光線を跳ね返され、ディケイドら3大ライダーの「トリプルライダーキック」を受けて敗北し、鳴滝の姿に戻って次元の壁の彼方へ消えた。
原典では「カァーバラァー」という鳴き声だったが、本作品では「ガニガニ」になっている。
カニレーザーとしてのみ登場した作品
『仮面ライダーフォーゼ スペシャルイベント 天ノ川学園高等学校 春の学園祭スペシャル』
『スーパーヒーロー大戦』と同様、大ショッカーの幹部として登場。デストロン怪人だけでなく、ショッカー怪人ゾディアーツも率いてフォーゼやV3と戦う。
『ネット版 仮面ライダーウィザード イン マジか!?ランド』
「仮面ライダー刑事(デカ)」第3話に登場。ブイさん(仮面ライダーV3)の仇とされるデストロンの生き残りで指名手配犯。実はブイさんに何度も取り逃がされている。
仮面戦隊ゴライダー
壇黎斗 / 仮面ライダーゲンムが作り出したゲームの世界の怪人として登場。

ドクトルGを演じた人物[編集]

声の出演[編集]

  • 沢りつお - 『仮面ライダーV3』(カニレーザー)

スーツアクター[編集]

  • 岡田勝 - 『仮面ライダーV3』(カニレーザー)[16]

脚注[編集]

  1. ^ a b 大全集 1986, p. 213, 「悪の軍団 その系譜 デストロン」
  2. ^ a b 全怪獣怪人・上 2003, p. 97.
  3. ^ 怪人大全集 1986, p. 62, 「ドクトルG」
  4. ^ 小田克己、村枝賢一『仮面ライダーをつくった男たち : 1971・2011』講談社、2011年11月、p.226。ISBN 978-4-06-376192-4
  5. ^ a b c 怪人大全集 1986, p. 217, 「仮面ライダー STAFF CAST SPONSOR インタビュー 千波丈太郎」
  6. ^ a b c d e f V3大全 2001, p. 80, 「仮面ライダーV3資料館①ドクトルGひみつ30」
  7. ^ a b c d e f g h i j k OPF 151 2017, p. 22.
  8. ^ 怪人大全集 1986, p. 194, 「仮面ライダー怪人設定画集」.
  9. ^ 超辞典 2011, p. 538.
  10. ^ a b V3大全 2001, pp. 76-79, 「RESPECT 千波丈太郎 デストロン日本支部初代大幹部・ドクトルG役/俳優 JHOTARO SENBA INTERVIEW」」
  11. ^ 講談社の書籍『仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦超百科』の記述より[要ページ番号]
  12. ^ OPF 64 2016, p. 14.
  13. ^ a b c V3大全 2001, pp. 71-75
  14. ^ 『仮面ライダーをつくった男たち : 1971・2011』p.227
  15. ^ a b 怪人大画報 2016, pp. 211-223, 「『仮面ライダーV3』-『仮面ライダーストロンガー』フォトセッションアルバム」
  16. ^ 怪人大全集 1986, p. 69, 「カニレーザー」.

参考文献[編集]

関連項目[編集]

  • カズレーザー - お笑いタレント。芸名はカニレーザーに由来する。