インディアンス (お笑いコンビ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
インディアンス
メンバー きむ
田渕章裕
結成年 2010年
事務所 吉本興業
活動時期 2010年 -
出身 NSC大阪校31期
出会い NSC
旧コンビ名 やぶれかぶれ(田渕)
現在の活動状況 テレビ・ラジオなど
芸種 漫才
ネタ作成者 両者
過去の代表番組 有田ジェネレーション
同期 セルライトスパ
ロングコートダディ
ダイタク
りんたろー。EXIT
スパイク
ネルソンズ
山添寛(相席スタート)など
公式サイト 公式プロフィール
受賞歴
2012年 第33回今宮子供えびすマンザイ新人コンクール 新人漫才奨励賞
2015年 第45回NHK上方漫才コンテスト 優秀賞
2018年 第48回NHK上方漫才コンテスト 優秀賞
2019年 THE MANZAIマスターズ たけし賞
2020年 ネタパレ NEW YEARグランプリ 優勝
2021年 第6回上方漫才協会大賞 文芸部門賞
テンプレートを表示
インディアンス
YouTube
チャンネル
活動期間 2019年 -
ジャンル 漫才
登録者数 8.3万人
総再生回数 9,115,195回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2022年7月16日時点。
テンプレートを表示

インディアンスは、吉本興業東京本社に所属するきむ田渕章裕からなる日本のお笑いコンビ。2010年結成、NSC大阪校31期出身。M-1グランプリ201920202021ファイナリスト。

メンバー[編集]

きむ1987年12月24日 - )(34歳)
ツッコミ担当、立ち位置は向かって右。
大阪府箕面市出身。大阪産業大学中退。
身長167cm、体重60kg。血液型はO型。
本名および旧芸名:木村 亮介(きむら りょうすけ)。
ほくろ(2021年に除去した)と眼鏡ピンクのスーツがトレードマーク。
推理作家中山七里のファン。
2020年8月13日に結婚したことを発表した[1]
2021年3月31日に第1子の誕生を報告した[2]
2022年5月20日に発売されたお笑い雑誌『OWARAI AND READ』よると、2個下の弟がいるとのこと。
田渕 章裕(たぶち あきひろ、1985年6月2日 - )(37歳)
ボケ担当、立ち位置は向かって左。
兵庫県たつの市出身。兵庫県立龍野高等学校関西大学経済学部卒業[3]
身長172cm、体重77kg。血液型はA型。
愛称は「たぶっちゃん」、「ブッチー」。
黒のスーツにサイズが小さめの白いカッターシャツ(夏は上着無し)が衣装で、ヒマワリの形をしたコサージュがトレードマーク。コサージュは母親の手作り。
実家は写真館で父親がカメラマン[4]。兄と妹がいる。
高校ではソフトボール部に所属していた[5]ソフトボール部では国体出場している[3]
一度コンビを解散後、1年先輩にあたる昴生ミキ)とコンビ『やぶれかぶれ』を半年ほど組んでいた[6]。解散理由はうるさすぎたためと『アメトーーク』(テレビ朝日)で語った。
夢は赤城乳業のCMへ出演すること[7]

略歴[編集]

  • コンビ名の由来は、田渕の笑顔がクリーブランド・インディアンス(現・クリーブランド・ガーディアンズ)のマスコットキャラクターワフー酋長」に似ていることから。
  • 一旦コンビを解散してから再結成した経験を持つ[8]。きむは田渕の元相方である昴生(ミキ)を嫌っている。
  • 2022年5月12日放送の『アメトーーク!』(テレビ朝日)の企画「元々コンビ組んでた芸人」で、田渕と昴生(ミキ)が「やぶれかぶれ」の枠で出演。田渕がミキを結成する前の昴生からコンビ結成を持ち掛けられ、きむとの解散を決意。昴生と「やぶれかぶれ」を結成した。当時の映像を他の出演者全員が笑う中できむ一人が険しい表情で睨んでおり、昴生に対し未だ根に持つ様子を見せた。番組内で、「たぶっちゃんを取られた」「たぶっちゃんに色仕掛けしてきた」と“泥棒猫”扱いしたり、「たぶっちゃんとずっとやりたかったんで、昴生さんのアカンとこあったらメモしたりとか…」などのエピソードを話し、渡辺隆(錦鯉)に「気持ち悪い元カレだな!」とツッコまれる。その後「やぶれかぶれ」は解散し、昴生は弟・亜生と共に「ミキ」を結成。しかしミキの活躍にきむは1人嫉妬に狂ってイラついており、渡辺隆(錦鯉)から「きむ、おい!今このスタジオにいる全員がお前のこと嫌いだからな!」と再び一喝されたり、西森洋一(モンスターエンジン)からは「きむ!俺、お前とコンビ組んでないけど、解散するわ!」とボケられる始末だった[9][10]
  • 2016年4月から拠点を東京に移す[11]ヨシモト∞ホールのファーストクラスメンバーとして活動している。
  • 2019年のM-1グランプリで決勝に初進出し、9位に終わる。
  • 2020年のM-1グランプリでは準決勝で敗退したが敗者復活戦を勝ち抜き、2年連続の決勝進出を果たすが、結果は7位。
  • 2021年のM-1グランプリで3年連続の決勝進出を果たし最終決戦まで進出するが、結果は上沼恵美子からの1票を得たものの錦鯉に敗れ、3位に終わった。

芸風[編集]

  • 主に漫才。田渕が調子のいい軽いノリでボケ倒し続ける芸風のため、「西(もしくは、ナニワ)のザキヤマ」と称されることがある[12]
  • 有吉弘行に「(ボケの)パンチは軽いもんね」と評されるなど[13]、手数で勝負するタイプである。
  • ネタの締めには田渕が「シェー」のポーズを取る。

賞レースでの戦績[編集]

NHK上方漫才コンテスト

年度 結果 日程
2013年(第43回) 本選進出[14] 3月1日(金)
2014年(第44回) 本選進出[15] 3月14日(金)
2015年(第45回) 準優勝[16] 2月27日(金)
2016年(第46回) 予選敗退
2017年(第47回) 本選進出[17] 2月24日(金)
2018年(第48回) 準優勝[18] 3月2日(金)
2019年(第49回) 本選進出[19] 3月1日(金)

M-1グランプリ

年度 結果 エントリー
No.
日程 会場 備考
2009年(第9回) 1回戦敗退 3178
2010年(第10回) 2回戦進出
2015年(第11回) 3回戦進出 649 10月26日(月) [大阪] よしもと漫才劇場
2016年(第12回) 準決勝進出 866 11月19日(土) [東京] よみうりホール 予選10位、敗者復活戦10位
2017年第13回 準々決勝進出 75 11月3日(金) [東京] 浅草公会堂
2018年第14回 準決勝進出 2739 11月15日(木) [東京] NEW PIER HALL 予選19位、敗者復活戦3位
2019年第15回 決勝9位 3328 12月22日(日) [東京] テレビ朝日 決勝キャッチフレーズ「ノンストップ
2020年第16回 決勝7位 3182 12月20日(日) 準決勝敗退後、敗者復活枠で決勝進出
2021年第17回 決勝3位 3107 12月19日(日) 決勝キャッチフレーズ「快速ボケ特急
1stラウンド3位通過
2022年(第18回) 準々決勝進出 2847 11月16日(水) [東京] ルミネtheよしもと 連続した年度で前年度の最終決戦進出者による準々決勝敗退は初。

その他

出演番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

出囃子[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ インディアンス・きむ、結婚を発表「ユニークなお嫁さんを一生大事にします」”. ORICON NEWS (2020年8月13日). 2021年12月30日閲覧。
  2. ^ インディアンス・きむ、第1子女児誕生を報告「オモロく楽しいスーパー家族に」”. ORICON NEWS (2021年3月31日). 2021年12月30日閲覧。
  3. ^ a b 神戸新聞2021年10月9日付朝刊西播面
  4. ^ インディアンス「泣くのは優勝してから」M-1決勝でみんな巻き込みたい” (2019年12月14日). 2019年12月16日閲覧。
  5. ^ アメトーーク! 若手プレゼン大会”. TVでた蔵 (2016年8月18日). 2021年2月26日閲覧。 “若手芸人による番組企画プレゼン大会。インディアンス田渕は「男子ソフトボール部芸人」を提案。田渕は高校でソフトボール部に所属しており、ソフトボール部故の悲しい思い出としてダブルベースを野球部にイジられることや、球技大会のソフトボールでは野球部も活躍してしまうエピソードを披露し、最終的には野球部に入っておけば良かったと締めくくった。”
  6. ^ 元コンビのインディアンス田渕&ミキ昴生「DX」でネタ披露、浜田「これは売れへんな」”. お笑いナタリー (2020年3月30日). 2021年2月26日閲覧。
  7. ^ インディアンス田渕 [@indianstabuchi1] (2020年3月23日). "夢でありますか? それは勿論! 赤城乳業のCM出演であります!" (ツイート). Twitterより2021年2月26日閲覧
  8. ^ 吉本で一番元気な若手コンビ「インディアンス」 解散、再結成、東京進出…2017年全国区か (2ページ目)”. 産経ニュース (2017年1月13日). 2021年2月26日閲覧。 “実はこのコンビ、一度、解散している。結成の翌22年8月のことだ。(略)しかし、インディアンスの場合は同年12月に再結成して、東京進出→人気上昇中という流れに乗っており、こうしたケースは珍しいといえそうだ。”
  9. ^ author (2022年5月13日). “ミキ・昴生、舞台中に客席の真ん中で睨み付ける人物が…戰慄の一部始終に悲鳴” (日本語). coconutsjapan.com. 2022年9月1日閲覧。
  10. ^ 『アメトーーク!』錦鯉・渡辺が一喝「全員がお前のこと嫌い」インディアンスきむの陰湿さにネットもドン引き (2022年5月13日)” (日本語). エキサイトニュース. 2022年9月1日閲覧。
  11. ^ 「よしもとで一番元気な若手」インディアンスが東京に拠点移す”. お笑いナタリー (2016年2月17日). 2016年2月17日閲覧。
  12. ^ インディアンスとトレンディエンジェルが明るい漫才対決「前略、西東さん」”. お笑いナタリー (2015年6月22日). 2021年2月26日閲覧。
  13. ^ 錦鯉『M-1』優勝で仕事量が倍増。最大4番組のカメラ同時密着も(てれびのスキマ)”. QJWeb (2022年3月23日). 2022年3月25日閲覧。
  14. ^ 「第43回 NHK上方漫才コンテスト」本選出場者6組が決定”. お笑いナタリー (2013年2月6日). 2021年2月26日閲覧。
  15. ^ 千原兄弟MC「第44回NHK上方漫才コンテスト」6組が意気込み”. お笑いナタリー (2014年2月27日). 2021年2月26日閲覧。
  16. ^ アキナが『第45回 NHK上方漫才コンテスト』優勝!念願の初タイトル!!”. よしもとニュースセンター (2015年2月28日). 2021年2月26日閲覧。 “Aブロックは、ゆりやんレトリィバァ、タナからイケダ、インディアンスの中からインディアンスが決勝進出。Bブロックはバンビーノ、プリマ旦那、アキナの中からアキナが勝ち残り、各ブロックの1位同士が1本目のネタとは異なるネタで優勝を争い、アキナが栄冠を勝ち取りました。”
  17. ^ NHK上方漫才コンテスト、組分け決定”. Lmaga.jp (2017年2月2日). 2021年2月25日閲覧。
  18. ^ 「アインシュタイン」が優勝 NHK上方漫才コンテスト”. 西日本新聞 (2018年3月2日). 2021年2月25日閲覧。 “第48回NHK上方漫才コンテストが2日、大阪市中央区のNHK大阪放送局で開かれ、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の「アインシュタイン」(稲田直樹さん、河井ゆずるさん)が優勝した。準優勝は、同所属の「インディアンス」(田渕章裕さん、木村亮介さん)だった。”
  19. ^ 「そこにNHKがあるから!」目指すは優勝のみ、インディアンスが6度目の本選へ”. お笑いナタリー (2019年2月28日). 2019年3月11日閲覧。

外部リンク[編集]

コンビ
きむ
田渕 章裕