モンスターエンジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
モンスターエンジン
メンバー 西森洋一
大林健二
別名 モンエン
結成年 2007年
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 2007年 -
出身 NSC大阪校23期(西森)
出会い 事務所
旧コンビ名 にのうらご
現在の活動状況 テレビ・ライブなど
芸種 漫才コント
ネタ作成者 西森洋一
現在の代表番組 ノリで行こう!!
など
過去の代表番組 鉄筋base
炎上base
モンスターエンジンのバリバリラジオ
ピカルの定理など
同期 友近ムーディ勝山(西森)
エハラマサヒロ若井おさむ(大林)
受賞歴
2007年 今宮子供えびすマンザイ新人コンクール新人漫才奨励賞
2007年 オールザッツ漫才優勝
2008年 ABCお笑い新人グランプリ新人賞
2008年 NHK上方漫才コンテスト優秀賞
2008年 BGO上方笑演芸大賞新人賞
2008年 M-1グランプリ7位
2009年 ABCお笑い新人グランプリ優秀新人賞
2009年 キングオブコント5位
2009年 M-1グランプリ7位
2010年 ABCお笑い新人グランプリ最優秀新人賞
2011年 キングオブコント3位
2012年 第1回 ytv漫才新人賞 優勝
テンプレートを表示

モンスターエンジンは、日本お笑いコンビ。所属事務所よしもとクリエイティブ・エージェンシー

メンバー[編集]

西森洋一 (にしもり よういち、 (1979-01-21) 1979年1月21日(37歳) - O型)立ち位置は向かって左、ボケ・ネタ作成担当。

  • 大阪府東大阪市出身。身長173cm、体重60kg。NSC23期生。
  • 「にのうらご」の前は「蛇腹」というコンビで活動。当時の相方はおいでやす小田[1]
  • 武智正剛(スーパーマラドーナ)率いる武智軍団に属している[2]
  • 実家が精密機械部品の工場を営んでいる。主な製品はリテーナープレート[3]
  • フォークリフトやトラックなど様々な車の運転ができる[3]
  • 実家の業種から「鉄工所ラップ」「鉄工所あるある」を得意とする。「ものすごくちょっとだけ遅刻してきた人」「日本語がわからないインド人が面接に来たとき」「弁当を食べている途中にハエが飛んできたとき」「作業中の中国人が話しかけられたとき」「職人の早い判断」などのネタがある[3]
  • 小学校6年のころ、実家の工場を継がないと父親に告げ、大阪府立西野田工業高等学校デザイン科に進んだが、結局同じような鉄工所に就職した。ある日、大きな鉄板をサンダーという機器で黙々と削っている時に突然嫌気が差したことをきっかけにお笑いの道に進む[4]
  • ゴルフが趣味[1]
  • 2008年ダイナマイト関西決勝進出[5]
  • 車やバイクが好き[1]2012年12月15日発売のドリフト天国Video Vol.73にてドリフトの練習をした。
  • 2011年6月21日、一般女性と5年越しの交際を実らせ入籍をした[6]

大林健二 (おおばやし けんじ、 (1983-04-06) 1983年4月6日(33歳) - A型)立ち位置は向かって右、ツッコミ担当。

概要[編集]

  • にのうらごとして、2007年4月まで荒牧周平(あらまき しゅうへい)と共に3人で活動していたが、荒牧の脱退により現在のコンビを結成。にのうらごとしての最後の仕事であった、自身がパーソナリティーを務めるラジオ番組を終え、その2時間後にはモンスターエンジンとして舞台に立っていた[1]
  • 西森がTBS系列で2008年3月22日に放送された『お笑いメリーゴーランド』でギャグの最高得点を叩き出した。
  • M-1グランプリ2008において、結成2年目にして初の決勝進出を果たす。
  • 2009年1月13日放送の『鉄筋base』(関西テレビ)で2009年の目標として「もう脱がない」(西森)、「僕も」(大林)とそれぞれ小さい掛け軸に直筆で墨で書いて掲げた。その宣言どおり、2009年からヒーローというネタを行っている。
  • キングオブコント2009では前年のM-1グランプリに続いて決勝進出、結果は5位だった。
  • 同年のM-1グランプリでは2年連続の決勝進出を果たす。結果は前年と同じ7位だった。
  • キングオブコント2011決勝進出。
  • baseよしもと5upよしもとに出演していたが、2012年内で卒業[11]

主なネタ[編集]

神々の遊び[編集]

二人が上半身裸、黒スパッツ姿になって「暇を持て余した神々」を演じるコント。神々の名前は西森が「メンフィス」、大林が「メンフェンティス」。人間になりすましたメンフィスに対しメンフェンティスが力を与えたり罰を与えたりするが、最後はメンフィスが「私だ」と正体を明かし、メンフェンティスが「お前だったのか」と驚愕するという内容がほとんど[12]

ゴッドハンド洋一[編集]

西森が扮する。テレビ番組のフィクションの物語という設定のコント。

受賞歴[編集]

2007年4月以前の受賞歴はにのうらごを参照。

出演番組[編集]

テレビ[編集]

現在の出演番組

過去のレギュラー番組

  1. 2011年12月23日 ゲスト:蛭子能収スタン・ハンセン
  2. 2012年7月29日 ゲスト:V.IBIGBANG)、岩佐真悠子
  3. 2012年9月9日 ゲスト:松本薫
  4. 2012年10月14日 ゲスト:川越達也
  5. 2012年11月11日 ゲスト:氷川きよし
  6. 2012年12月23日 ゲスト:諸星和己
  7. 2013年1月13日 ゲスト:西川のりおダイアン

その他の出演

他多数

CM[編集]

ラジオ[編集]

レギュラー番組

その他の出演

Web[編集]

CD[編集]

単独ライブ[編集]

  • 2008年
    • 2月23日- 「エンジン全開」(baseよしもと/大阪)※初単独
    • 10月19日 - 「エンジン全開 ~暇を持て余した神々の舞台~」(ラフォーレミュージアム原宿/東京)
  • 2009年
    • 5月27日 - 「モンスターエンジン単独ライブ」(京橋花月/大阪)
    • 6月13日 - 「モンスターエンジン単独ライブ」(ルミネtheよしもと/東京)
    • 9月6日 - 「モンスターエンジン単独ライブ」(なんばグランド花月/大阪)
  • 2010年
    • 4月9日 - 「モンスターエンジン単独ライブ ~大阪でやった前の単独ライブを東京で!~」(ルミネtheよしもと/東京)
    • 8月27日 - 「サマーエンジン」(なんばグランド花月/大阪)
  • 2011年
    • 8月24日 - 「モンスターエンジン1H単独、漫才とコント」(5upよしもと/大阪)
  • 2012年
    • 7月8日 - 「モンスターエンジン SOLO LIVE TOUR 2012」(5upよしもと/大阪)
    • 7月16日 - 「モンスターエンジン SOLO LIVE TOUR 2012」(東別院ホール/愛知)
    • 7月22日 - 「モンスターエンジン SOLO LIVE TOUR 2012」(イムズホール/福岡)
    • 7月31日 - 「モンスターエンジン SOLO LIVE TOUR 2012」(仙台Rensa/宮城)
    • 8月5日 - 「モンスターエンジン SOLO LIVE TOUR 2012」(ルミネtheよしもと/東京)
  • 2013年
    • 7月14日 - 「モンスターエンジン SOLO LIVE 2013」(ルミネtheよしもと/東京)
    • 7月29日 - 「モンスターエンジン SOLO LIVE 2013」(なんばグランド花月/大阪)
  • 2014年
    • 5月2日 - 「モンスターエンジンネタ公演2014」(なんばグランド花月/大阪)
  • 2015年
    • 3月22日 - 「モンスターエンジン1H漫才ライブ」(道頓堀ZAZA HOUSE/大阪)
    • 9月7日 - 「モンスターエンジン1hライブ」(道頓堀ZAZA HOUSE/大阪)
    • 10月25日 - 「モンスターエンジン1hライブ」(道頓堀ZAZA HOUSE/大阪)
  • 2016年
    • 3月19日 - 「モンスターエンジン1hライブ」(道頓堀ZAZA HOUSE/大阪)
    • 5月21日 - 「モンスターエンジン1hライブ」(道頓堀ZAZA HOUSE/大阪)
    • 7月24日 - 「ベストコントコレクション ~新ネタもやります。~」(大丸心斎橋劇場/大阪)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h お笑いポポロ 2009年2月号(麻布台出版社)p.67-69
  2. ^ 【ライブレポート】5upよしもとpresents Super 0crew Fes in Osaka”. よしもとニュースセンター (2012年8月25日). 2016年8月6日閲覧。
  3. ^ a b c あらびき団公式パンフレット(ワニブックス)p.136
  4. ^ やりすぎコージー』より
  5. ^ TVオンエア目前! バッファロー吾郎主催の『ダイナマイト関西2008』を徹底解剖”. マイナビニュース (2008年10月5日). 2016年8月6日閲覧。
  6. ^ モンスターエンジン西森が入籍”. お笑いナタリー (2011年6月22日). 2016年8月6日閲覧。
  7. ^ 2007年の『オールザッツ漫才』で初披露、後に『あらびき団』でも披露した
  8. ^ ギャロップ毛利とモンエン大林が大型EDMフェスで総合司会&DJ”. お笑いナタリー (2016年4月25日). 2016年8月6日閲覧。
  9. ^ モンスターエンジン大林が一般女性と結婚 夫人は妊娠4ヶ月”. オリコン (2013年8月13日). 2016年8月6日閲覧。
  10. ^ モンスターエンジン大林さんに第一子誕生、相方の西森さん「僕が責任を持ってクリケット選手に」”. 産経新聞 (2014年3月1日). 2016年8月6日閲覧。
  11. ^ ジャルジャル、モンエンら5upレギュラー続々卒業決定 大みそか集大成ライブ”. オリコン (2012年10月22日). 2016年8月6日閲覧。
  12. ^ ラリー遠田・著『この芸人を見よ!』モンスターエンジン編 ページより

外部リンク[編集]